ラブホコラム

初めての人必見!ラブホテルの使い方を完全ガイド!入り方から全て解説します!

初めてのラブホテル!女性をリードしたい男性も無知じゃちょっと不安な女性も楽しみの反面不安がありますよね。

今更人には聞きずらい…ラブホテルってどんな所なのー?

という不安を全部なくして楽しいひと時を過ごしましょう。最初は誰でも初めてです!

情報を仕入れてお得に素敵にラブホテルタイムを満喫しましょう♪



不安①:自分にあったラブホテルを選ぶ方法

一つの町にも何個ものラブホテルがあります。大切な女性と行くラブホテルの選び方を解説します!

カップルズ

利用形態ごとの値段で選ぶ!休憩がお得!

ラブホテルには色々な料金形態がありますので、一つずつ整理しながらチェックしていきましょう!

料金設定

基本的には2名1室料金で設定されています。3名以上利用できるラブホテルの場合は人数分の割増料金が発生します。

ラブホテルによっては『同一料金』のところもありますが、多くのラブホテルで「利用する曜日」「部屋のランク」によって料金設定を行っています。

【利用する曜日による料金設定】

  • 平日料金…月曜日~木曜日
  • 休日料金…金曜日~日曜日・祝日・祝前日
  • 特別料金…年末年始・大型連休・クリスマス等

平日料金に比べて休日・特別料金の方が高めに設定されている事が多くあります。

【部屋のランクによる料金設定】

ラブホテルの部屋を見ると、『Aタイプ』『Bタイプ』『Cタイプ』や『スタンダード』『スイート』『VIP』などお部屋ごとにランク付けされている事があります。これは部屋の広さや設備の違い等で分けられている為、上のランクに行けば行くほど料金が高くなります。

料金が上がる分豪華になって行くので、普段は平均的な部屋を利用して特別な日にちょっと贅沢をしてみる!というような使い方をしてみるのも楽しみ方の一つかもしれません。

利用時間

どのようなシーンでどのような使い方をするかを選択できるのがラブホテルです。

デートの途中で少しだけゆっくりしよう!となれば『休憩利用』。今日は泊まりでゆっくりしよう!となれば『宿泊利用』。1日中ゆっくりまったりしたいなぁ!という日には『サービスタイム利用』がおすすめです。

【休憩料金】

ラブホテルにより決められた基本時間(1時間~)があります。基本時間内で利用する場合は休憩料金で利用できます。

基本時間を過ぎると延長料金が加算されます。ラブホテルによりますが、15分毎・30分毎・60分毎…と様々なので利用前に確認しましょう。

【宿泊利用】

〈1部〇時~〇時〉〈2部〇時~〇時〉〈チェックインより〇時間〉と書かれていることがあります。ラブホテルで夕飯を食べたりチェックインしてから外出(ホテルにより可・不可があります)して夕飯を食べに行く場合は1部を利用して早めの時間から利用する事ができます。夕飯を食べてからゆっくりチェックインする場合は2部も利用できます。

最大利用時間が決まっているので時間のロスがないようにどちらか選ぶとより長く楽しめますよ!

【サービスタイム】

別名フリータイムです。〈〇時~〇時チェックインより〇時間利用〉〈〇時~〇時の間で最大〇時間利用〉と書いてある事が多いです。宿泊はしないけど長くゆっくり利用したい場合はサービスタイムをチェックするといいでしょう。

【フレックスタイム】

〈チェックインより〇時間利用〇円〉という通り、入室から退室までの時間が決まっておらず利用した時間分が料金として発生します。なので延長料金がかかることがなく、時間を気にせず好きなように利用できます。一部のラブホテルではフレックスタイムも導入されているようです。




ホテルの雰囲気や内装で選ぶ!リゾートな雰囲気のホテルがある!?

全国に数多くあるラブホテルですが、それぞれコンセプトを持って作られています。実際のラブホテルを例に挙げて紹介します。気になったら是非検索してみてください。

【リゾート】バリ島のリゾートホテルのような作りです。プチ旅行気分を味わえます。 例)ホテルバリアンリゾート(東京都.神奈川県.千葉県.大阪府)

【豪華】ザ・ラブホテルというようなラグジュアリーな作りです。 例)HOTEL GRANSKY(東京都墨田区) HOTEL&SPA AMPIO(茨城県水戸市)

【和モダン】和をメインにデザインされています。日本人はもちろん、外国の方でも楽しめる作りです。 例)宿屋 湯島御宿(東京都文京区) HOTEL 乱(福岡県福岡市)

【スタイリッシュ】ゴテゴテしてなく高級感があるデザインです。 例)DESING HOTEL IROHA 六本木(東京都港区) HOTEL CONTINENTAL(福井県敦賀市)

【いろいろ楽しめる】部屋ごとにコンセプトを持っているラブホテルもあります。毎回新しい部屋を楽しめます。例) HOTEL BRiO(京都府京都市) SARA 錦糸町(東京都墨田区)

他にも様々なコンセプトやデザインがあります。どのラブホテルも清潔感はもちろんのこと、魅力的な内装とワクワクする雰囲気で出迎えてくれます。ラブホテルを探す段階から楽しませてくれます!



利用のアクセス手段で選ぶ!ホテルには2種類のパターンがある!

ラブホテルには【フロントタイプ】と【モーテル・戸建てタイプ】があるのをご存知ですか?違いをまとめました。

【フロント】 〈タイプ〉 【モーテル・戸建て】
ビル・タワー型 ワンルームワンガレージ型
多い 部屋数 少ない
フロントor自動精算 精算 自動精算
都市部(ホテル街) 場所 郊外
高層 高さ 低層(1~2階建て)

フロントタイプは駅近など交通の便が整っている所に多い為駐車場は台数が少なかったりなかったりします。一方モーテル・戸建て型は郊外に多く、車がないと行けないような所に多い為1部屋に1つ以上の駐車場が用意されている所が多いです。

どのような手段で行くかによって使い分けるといいですね。普段フロント型を多く利用する方はたまにモーテル型を使うと新鮮でおもしろいかもしれません。

不安②:ラブホテルに入る方法!支払い方法は?

お金を払うタイミングは?どこでどうやって?人に会うのは恥ずかしい!なんて不安を一気に解消しましょう。

退室時に全額払う【後払い】タイプと、入室前に基本料金を払う【前払い】タイプがあります。前払いの場合、ルームサービスの利用や延長料金の発生などで後からお金を使ったときのみ差額分を退室時に払う必要があります。

支払い方法はどんなものがあるのか見て行きましょう。

フロント精算!このタイプが実は最初は不安!顔見える??




ビジネスホテルや他のホテルと同じでフロントに人がいてそこで払うタイプです。ラブホテルにはいり入口付近にあるタッチパネルでお部屋を選び、フロントで鍵をもらい入室して退室時にフロントに鍵を返して精算をすることがほとんどです。

ラブホテルにもよりますが、フロントの受付部分に目隠しのカバーがついていて受付の人と顔を合わせず済む場合と普通のホテルのようにフロントがオープンになっている場合があります。

恥ずかしさもあるかもしれませんが、人と接することで利用方法や料金の詳細など疑問を持った時にすぐに聞けるので安心感がありますよ!

自動精算機!このタイプが多い!一番楽で恥ずかしくない!

客室の出入り口付近に自動精算機が設置されていて退室時に料金を支払うタイプです。機械に精算ボタンがあるので、退室時に精算ボタンを押して表示された金額の支払いが完了すると鍵が開くシステムとなっています。

フロント型でも自動精算機システムが多いですが、モーテル型のラブホテルだとほとんどが自動精算機での支払いになります。

ラブホテルであまり人と顔を合わせたくない方は自動精算機があるラブホテルを選びましょう。調べてみると「自動精算機 有」「客室精算機」等書いてある場合もあるのでラブホテルにはいるまでどっちか分からずドキドキ…ってことがなくなります!

エアシューター精算!昔のタイプで今は少ない!

エアシューターって聞いたことありますか?病院などでカルテを運ぶのに使われていたりもするみたいですが、昔はいろいろな場面で使われていたみたいです。

フロントと客室を繋いでいる装置があり、専用のカプセルにお金を入れてそれをフロントに機械を使って送ります。今はあまり見かけることがなくたまたまはいったラブホテルがエアシューターだったら少し戸惑ってしまいそうですよね。

実際には、途中で詰まってしまったりカプセルが割れてお金がこぼれてしまったりとお客様に迷惑をかけることがたまにあるようなのでエアシューターでの支払いは減ってきているようです。

一度使ってみたい!という方は調べると出てくるので体験してみるのもおもしろそうですね! ホテル UFO(千葉県千葉市) HOTEL CHRISTMAS FOREST GARDEN(熊本県阿蘇郡)では使われているようですよ。

 

他にもフロントに自動精算機が設置されている【フロント自動精算機】タイプや、退室時にフロントに電話をするとスタッフが部屋まで来て対面や集金用の小窓を使い精算する【集金】タイプもあります。行きたいラブホテルの精算方法が自分たちに合っているか確認しておくと安心できます。

ちょっぴり不安なラブホテルのQ&A

ラブホテルに関して基本的な事は分かったけど、もっと細かく知りたいですよね。持って行った方がいい物があるのか、せっかく言ったのに満室だったらどうしよう…という不安の解消と楽しめるプランを教えちゃいます。

ラブホテルは予約することができる??




全てのラブホテルが可能ではありませんが、ラブホテルによって予約ができるところもあります。行きたいラブホテルを調べてみましょう。予約の方法としては3つあります。

【電話予約】行きたいラブホテルに直接電話をかけて予約する方法です。スタッフと直接話せるので質問や希望などを詳しく伝えることができます。

【サイト予約】ラブホテルの公式サイトから予約する方法です。ラブホテルを調べていて行ってみたい所を見つけたらそのサイトの予約フォームから予約することができるので比較的簡単です。予約フォームがあるかどうかの確認が必要になります。

【予約サイト】ハッピーホテルやカップルズなどのラブホテル専用の検索サイトがあります。検索して気に入ったところがあればそこから予約できるラブホテルもあります。予約サイトによってはポイントが貯まる制度もあるので、お得に利用したい場合やよく利用する場合はおすすめです。

ラブホテルによって予約ができるかどうかだけではなく予約の仕方も違うのでしっかり確認してから予約しましょう。予約をしておけば「空いてなかった」という失敗は起こらないので安心できますよ!

ラブホテルにはゴムがすでに用意されているの?

ラブホテルにはだいたい1個は用意されています。サービスで2個以上用意しているところやフロントにお願いすると追加で用意してくれるところもあります。ラブホテルのゴムを使う事に抵抗がなければありがたく頂戴しましょう。

しかし中には不安を持っている方もいると思います。「穴が開けられている」なんて噂を聞いたことがある方もいるかもしれません。

実際ラブホテルは清掃毎にゴム等を新しい物に交換してくれる所もあります。全てのラブホテルがそうとは限りませんが、交換してくれている所なら人が触った心配もないしましてや穴が開いている心配もありません。

それでも気になる方や好みのゴムがある方、サイズが心配な方は自分で持って行くことをおすすめします!2人が何も気にせず安心して楽しい時間を過ごせる事を優先しましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グラマラスバタフライ ホット1000 12個入り<コンドーム>〔避妊用品〕
価格:520円(税込、送料無料) (2019/6/29時点)

楽天で購入

 

 

ラブホテルは綺麗?アメニティーとか充実?設備は?

基本的にラブホテルには清掃をしてくれる方がいるので常に綺麗に利用できるようになっています。「髪の毛が落ちていた」「忘れ物があった」等がないようにしっかり点検してくれています。もしも気になる点があった場合はフロントに電話をして対処してもらいましょう。

【アメニティ類】ラブホテルによって様々なサービスが行われています。必要最低限そろっている所もあれば「え?こんなものまで使っていいの?」と感動を覚える物まで様々です。

ラブホテルには手ぶらで行けるように無料サービスや無料レンタル、販売品などが揃っている所がほとんどです。これらの情報もラブホテルのサイトに載っているのでどんな物が揃っているか確認しましょう。

髪に優しいドライヤーやヘアアイロン類があったり、シャンプー・コンディショナー、ボディソープの種類が豊富で選んで好きなものを使えるサービスや入浴剤バイキングで好きな物を使えるサービスなど女性に嬉しいサービスを行っているところもあります。ただし敏感肌の方や肌が弱い方など普段使っている物でないといけない事情がある方は必ず持参しましょう。選べるリストの中に使える物がなくて困る事がないように下調べと準備が必要です。

【設備】気になる設備ですが、本当に驚く設備が揃っています。全室完備の物から限定設備まで様々です。ラブホテルによって変わってくるのでお部屋選びの際に確認してみましょう。

代表的な例で言うと、

【全室完備】テレビ/映画や少し大人の番組が見れるVOD/持込用冷蔵庫/電子レンジ/コンビニBOX(販売品はホテルによる) など…

【限定設備】岩盤浴・サウナ/レインボーバス・ジェットバス/露天風呂/天蓋ベッド/回転ベッド/マッサージチェア/美顔器 など…

是非確認して楽しい時間を過ごしてください♪

女子会の開催できるの?どんな感じの雰囲気?

2013年頃から少しずつ浸透してきた『ラブホ女子会』ですが、詳しく知りたい方やラブホテルでの女子会にちょっと抵抗がある方もまだ多いかと思います。

ラブホテルって本当に非現実的な世界が広がっていますよね。キラキラしていたりメルヘンチックだったり…せっかくなので彼とだけではなく友達同士でワイワイするのも楽しそうじゃないですか?「自宅で騒ぐのは家族や近所の迷惑になっちゃう」「カラオケでオールって疲れちゃうしお風呂はいれない」「お酒を飲みながらガールズトークで盛り上がりたい」こんな悩みを一気に解決できるのが『ラブホ女子会』なんです!

ラブホテルなので隣の部屋に気を遣う必要もなく、カラオケが付いている部屋もあり、広いお風呂やラブホテルによっては露天風呂があり、おいしいご飯や種類豊富なお酒を用意してくれるラブホテルもあります。とにかく良いとこ取りなんです!

https://www.instagram.com/p/Byyoi_Vl8xe/?utm_source=ig_web_copy_link

ラブホテルによってはプランの中に『女子会プラン』を用意している所もあります。キラキラしたお部屋でお揃いのルームウェアを着て写真を撮れば思い出にもインスタ映えにもなる事間違いなしです♪男女だけではなく女性同士の思い出作りにもぴったりですよ!

今のラブホテルは本当に綺麗に清掃されていて衛生面での心配もほとんどありません。一度友達と利用してみてはいかがですか?

初めてのラブホテルの使い方のまとめ

いかがでしたか?

  • ラブホテルにより利用方法設備は様々
  • 種類が多い為好みのラブホテルはきっと見つかる
  • 大事なのは下調べ

ラブホテルの雰囲気から支払い方法、サービス・設備までほんとにラブホテルによって様々なんですよね。その分新しいラブホテルに行くときの楽しみが増します!それぞれのラブホテルの特徴を把握して最高のひと時を楽しみましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

Cheeek[チーク]にはこの他にも多くの記事がございますので、是非ご覧ください。