性の悩み

【女性にモテる体位】駅弁セックスとは?おすすめのやり方と注意点

バイブおすすめランキング

「駅弁ってAVで見たことあるけどすごく大変そう」「カッコいいし憧れるけど自分でもできるかな」と見た目の派手さや憧れはあるものの少し抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

男なら一度は憧れをもつ駅弁。                          「大変そうだけど一度は試してみたい!」「女性に良いところを見せたい!男をあげたい!」と心の内に秘めてる人も少なくないはずです。

実は駅弁って女性からとても人気のある体位なんです!                「とはいっても出来る自信がないよ」と思っている方でも大丈夫です!

一見ハードに見える駅弁もちょっとしたコツを掴めばできるようになります。ですので自信がない人でも大丈夫ですよ。

当記事では

  • 駅弁の説明とやり方
  • 駅弁をするとどんな良いことがあるのか
  • 駅弁を成功させるコツ
  • 駅弁をするうえで注意したいこと

を順番に解説していきます。

女性からモテたい!気持ちよくさせたい!と思ってる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次
  1. 女性から非常に人気の体位である【駅弁セックス】って?
    1. 駅弁セックスとは
    2. 駅弁セックスの名前の由来は?英語ではなんて言うの?
    3. なぜここまで人気の体位なのか?
  2. 男性と女性で駅弁の捉え方が違う
    1. 男性目線では駅弁は気持ちいいけど疲れるものと言った印象
    2. 女性目線では守ってくれるや力強さに包み込まれる安心感と気持ちよさがある印象
    3. 男性の方がメインで行う立位になっていますので男性側の意見は非常にわかります
    4. 女性は駅弁で男性の逞しさを判断していると言っても過言ではないかもしれません
  3. セックス時における駅弁のメリット
    1. 奥まで入るので深い挿入感を得ることができる
    2. 男性がパワー自慢できる
    3. AVなどでしか見ない体位なので印象に残りやすい
    4. マンネリ化してしまった性行為のスパイスに
  4. 男性が駅弁をしやすい人
    1. ミニマムで小柄な女性
    2. 細くてスタイルの良い女性
    3. 筋肉のあるゲイの男性であれば男性同士でのプレイももちろん可能
  5. おすすめの駅弁セックスのやり方
    1. オーソドックスな正面からの駅弁セックス
    2. 背面(バック)の向きでする逆駅弁セックス
    3. どちらにも共通して言えるのはピストンの方向を意識することが大事
  6. 駅弁セックスの注意点
    1. パートナーを落とさないように注意する
    2. 駅弁でのエッチのしすぎで腰を痛めないように注意する
    3. パートナーを下ろす時には一番細心の注意を払う
  7. 【女性にモテる体位】駅弁セックスとは?おすすめのやり方と注意点まとめ

女性から非常に人気の体位である【駅弁セックス】って?

まだまだ駅弁を経験をしている人は少ないのが事実ではありますが、実は数ある体位の中でも駅弁は非常に人気の体位って知ってましたか? ここからは駅弁はどういうものなのか?と人気の理由について解説していきます。

カップルズ

駅弁セックスとは

駅弁セックスとは、立ったままの状態で行う体位「対面立位」の1種で、駅弁売りのように男性が女性を抱えた状態でセックスをすることを言います。

姿形が駅弁を売る販売員に似ていることで、AV監督の村西さんが「駅弁」と名付けたことから有名になったと言われております。

元々は「四十八手」の中の「樽立ち(やぐらだち)」と呼ばれる体位で、江戸時代から親しまれてきたものです。

駅弁セックスの名前の由来は?英語ではなんて言うの?

駅弁セックスの名前の由来は言葉の通り、駅で売られている弁当の「駅弁」からきてます。

現在では見かけないですが、以前は「駅弁売り」と呼ばれる販売員が首からぶら下げた大きな箱に入れた弁当を手渡しで売っていました。 その姿が似ているといったことが由来とされています。

英語で使う場合は「Standing missionary」と言います。英語だと「駅弁」をそのまま訳すわけではないので気を付けましょう。

なぜここまで人気の体位なのか?

駅弁がここまで人気になった理由はいくつかあるのでまとめてみました。

  • 体の密着度が高く安心感を感じる
  • 男性に抱きかかえてもらい興奮度が上がる
  • 奥まで挿入されるので気持ちが良い
  • 男性の「男らしさ」を感じる
  • 膣の普段と違う場所が刺激され快感

 

男性と女性で駅弁の捉え方が違う

女性に人気の駅弁ですが、男性と女性とではとらえ方が違うことをご存じですか?ここでは駅弁に対する男女別の印象の違いをお伝えしていきます。

男性目線では駅弁は気持ちいいけど疲れるものと言った印象

男性側の目線で一番先に思い浮かべるのが体力的なことではないでしょうか? 客観的に見るとエロさもあって気持ちがいいけど、ハードで疲れるといったイメージが先行してしまう人が多いようです。

カップルズ

女性目線では守ってくれるや力強さに包み込まれる安心感と気持ちよさがある印象

一方で女性側の目線は男性と違ってきます。

女性からみた駅弁は密着性が高いことや男性に抱きかかえられる力強さを感じることから、「守られてる」といった意見も多く、包み込まれるような「安心感」と「気持ち良さ」をもつ印象にあります。

男性の方がメインで行う立位になっていますので男性側の意見は非常にわかります

駅弁は見た目からも想像できるように、男性がメインになって行う立位です。      ですので体の負担も大きく疲れるものといったイメージが先行してしまう男性側の意見は非常に分かります。

女性は駅弁で男性の逞しさを判断していると言っても過言ではないかもしれません

駅弁は見た目からも想像できる通り、駅弁はかなり力強さを感じる体位です。女性にとっては、男性が駅弁をできるかどうかは逞しさを判断する基準になっていると言っても過言ではありません。

つまり男性側にとっては男の格を上げるチャンスとも言えるわけです。

セックス時における駅弁のメリット

ここまで駅弁とはどんなもので、男女での捉え方が違うことまで理解していただいたかと思います。駅弁はただ男が大変といったイメージをもつ人も多いかと思います。

ですが、メリットもたくさんあります。ここからはどんな良いことがあるのかを解説していきますね。

奥まで入るので深い挿入感を得ることができる

駅弁の大きなメリットは深い挿入感ではないでしょうか。女性の体と重力も加わることで奥深くまで入っていきます。

つまり駅弁は他の体位に比べて女性の膣の奥まで入るのが大きな特徴です。ですので深い挿入感で快感を得やすいのがメリットとなります。

男性がパワー自慢できる

駅弁は真っ先に男の力強さをイメージする人も多いと思います。ご想像通りでまさに駅弁は男性のパワーを発揮して自慢ができる絶好のチャンスといえます。

しっかりと女性を支えパワーを見せることで、男らしく頼もしい姿を自慢することができます。

AVなどでしか見ない体位なので印象に残りやすい

駅弁は実際にやっている人がいるのか?と疑っている人も多いのではないでしょうか。 AVでしかお目にかかれないものだと思われがちなので、とても印象に残りやすく思い出に刻まれます。 女性にとって忘れられない時間になることでしょう。

マンネリ化してしまった性行為のスパイスに

正常位や騎乗位などいつも同じ体位でエッチをしていると、どうしてもマンネリ化してくるものです。

そんな状態の時に、刺激の強い駅弁は性行為のスパイスとなります。 密着感が高くお互いが感じてる姿も見れてエロさもあるので愛も深まりやすいです。 これでマンネリ雰囲気から脱出できます。

男性が駅弁をしやすい人

「僕でもできるかな」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。ですが安心してください!駅弁をしやすいタイプが存在するので相性のいい人を選ぶようにすれば問題ないですよ。

ここからは、うまくできるか不安を感じてる方の成功率を上げるために、駅弁をしやすい人のタイプを解説していきます。

ミニマムで小柄な女性

女性を持ち上げる男性からすると「ちゃんと持ち上げられるかな?」といった不安もでてくるかと思います。 であればミニマムで小柄な女性を選ぶと良いでしょう。

具体的には身長150cm~155cmくらいで体重は45kgほどの女性を選ぶと、比較的力に自信がない人でも駅弁をしやすいです。

細くてスタイルの良い女性

細くてスタイルの良い女性も駅弁をしやすいタイプといえます。なぜなら駅弁は抱きかかえる事ができないと始まらないからです。

スタイルの良い女性だと腰周りがすっきりしているため抱きかかえやすく駅弁プレイがとてもスムーズにできます。

筋肉のあるゲイの男性であれば男性同士でのプレイももちろん可能

駅弁は女性と男性のペアでしかできないものかと思われがちですが男性同士のゲイプレイも可能ですよ。

筋肉のあるゲイ男性であれば男性同士の駅弁はもちろんですが、お互いに筋肉に自信があれば相互プレイも可能とします。

おすすめの駅弁セックスのやり方

ここまで駅弁のメリットも、駅弁のしやすい人もご理解いただけたと思います。ここから本題の駅弁セックスのやり方について解説していきます。

基本的な駅弁から、少しアレンジをした駅弁までのやり方を分かりやすく解説しますので一緒に見ていきましょう。

オーソドックスな正面からの駅弁セックス

駅弁のオーソドックスなやり方は正面で行われるのですが、2通りの方法があるので順番に紹介していきます。

1. 持ち上げてから挿入するパターン

  1. まずお互いが向かい合わせに立ちます
  2. 男性が女性の両脚を持ち上げ
  3. 態勢を安定させ落ち着かせたらペニスを挿入します
  4. 全て整ったら腰を動かしてピストン運動をします

 

2. 挿入してから持ち上げるパターン

  1. 男性は椅子などに座り、女性は男性の上にまたがり対面座位の状態でペニスを挿入します
  2. 女性は男性の首に手をまわし、しっかりとつかみ
  3. 男性はその状態のまま立ち上がります
  4. 腰を動かしてピストン運動をします

 

以上基本的な2つの方法を紹介しましたが、初心者におすすめなのは2番の挿入してから持ち上げるパターンです。

背面(バック)の向きでする逆駅弁セックス

駅弁を少しアレンジした「逆駅弁」もおすすめです。逆駅弁セックスは正面でやる駅弁の逆、つまり背面(バック)の向きでおこないます。

  1. 男性に対して女性は背面(バック)の状態になって立ち、ペニスを奥まで挿入
  2. 挿入したら男性を抱き、女性は男性のお尻や太ももあたりにしがみつき
  3. 安定し落ち着いた状態で女性を持ち上げ
  4. 腰を動かしてピストン運動をします

 

女性側は持ち上げられる時、M字開脚をするイメージをもつと良いでしょう。とてもバランスを崩しやすいプレイですので近くにベッド等の柔らかい素材がある場所で行うようにしてください。

どちらにも共通して言えるのはピストンの方向を意識することが大事

駅弁、逆駅弁のどちらをするにしても大事なのはピストンの方向です。駅弁は、正常位や騎乗位など他の体位に比べて膣の向きを変えやすい特徴があります。

足の広げ方を少し変えるだけで挿入する角度が大きく変わってきます。深く挿入される角度で入ったら、基本的にピストンの動きや方向は男性側に任せて女性側は軽く調整をするイメージでやると良いでしょう。

お互いに動いてしまうとズレてしまったりとチグハグになってしまいます。

駅弁セックスの注意点

駅弁セックスは性行為の中でも難易度が高い分注意すべきことがあります。ここからはこれだけは注意してやってほしい点を3つご紹介します。駅弁は軽々しくやってしまうと危険もあるので必ず最後まで見てくださいね。

パートナーを落とさないように注意する

バランスを崩したり、男女がうまくかみ合わなかったりするだけで女性を落としてしまう可能性があるので注意する必要があります。

女性はしっかりと男性にしがみつき、男性は女性を支え最後まで離さないようにすることが重要です。万が一のことも考えて、ベッドの近くや柔らかい素材のある安全な場所で行うようにしましょう。

とくに女性を落としやすい瞬間

  • お風呂場など足元が不安定な場所で行う
  • 汗で手が滑る
  • イキそうになる、イクなどふと油断をした時
  • 最初の立ち上がり時

 

以上のことに細心の注意をはらって行うようにしてください。

駅弁でのエッチのしすぎで腰を痛めないように注意する

駅弁はとても腰を痛めやすい体位です。エッチのしすぎで腰を痛めないように気を付けましょう。

とくに男性側の腰の負担が大きいので、少しでも違和感を感じたら休止したり、長時間の駅弁を控えるなど腰への負担を軽くしていきましょう。

「どうしてもやりたいけど、腰が気になる」といった方は少し見栄えは悪いですがコルセットなど腰をカバーするものを巻いてすると負担が軽くなりますよ。

パートナーを下ろす時には一番細心の注意を払う

特に気を付けたいのがパートナーを下す時。

駅弁も無事に終えて最後パートナーを下す時は油断をしやすいので細心の注意を払う必要があります。男性の体力も使い切り、汗もかいてることですのでうっかり女性を落としやすいから気を付けましょう。

【女性にモテる体位】駅弁セックスとは?おすすめのやり方と注意点まとめ

いかがでしたでしょうか?あまり現実的に感じれなかった駅弁も少しできそうかも!といった気持ちになっていただけたのではないでしょうか。

ポイントをおさらいすると

  • 女性に人気の駅弁は男の逞しさをみせる格上げチャンス
  • 駅弁のメリットは4つ!深い挿入感、男性のパワー自慢、印象に残る時間を過ごせる、セックスのマンネリ防止
  • 駅弁をしやすい人を選ぶのであれば、ミニマムで小柄な女性や細身の女性。男性同士でもプレイが可能
  • ノーマル駅弁と逆駅弁はピストンの方向を意識することが大事
  • 注意するべきことは3つ!パートナーを落とさないように気を付ける、エッチのしすぎで腰を痛めないようにする、パートナー下す時はとくに注意を払う

以上となります。

実際にイメージするのと、やるのではうまくいかないところもあるかと思いますが、コツさえ掴んでしまえば難しいことはないです。ぜひ今回のポイントをしっかりおさえて試してみてくださいね。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング