性の悩み

クソビッチってどういう意味?メリットデメリットから付き合い方まで解説

身近にクソビッチがいる、あるいはクソビッチと体の関係をもったことがある人はいませんか?クソビッチと関わると面倒ごとが多いため、女性からはあまり良いイメージを持たれていません。しかし男性にとっては、なぜか離れられないような不思議な魅力を持っています。

この記事では、

  • クソビッチとはどういう女性を指すのか
  • 一般的なクソビッチのイメージ
  • クソビッチの特徴
  • クソビッチの良い面、悪い面

などについて解説しています。

これを読めば、「周りにいるあの子も実はクソビッチだった!」と気付くことができるかもしれません。身の回りで起きた、クソビッチに関するエピソードも併せて紹介します。クソビッチとうまく付き合っていきたい人は必見です。ぜひ最後までご覧ください。

女性は嫌いな人種?クソビッチって何?

そもそも、クソビッチとは一体なんなのか。同性である女性からは敬遠されがちで、まさに女が嫌いな女の典型。そんなクソビッチがどのような人種なのかを解説していきます。

カップルズ

ラップバトルなどでもディスりとしてよく使われるクソビッチという言葉

ラップバトルでは相手をけなしたり、侮辱したりするディスりが定番ですよね。そんなディスりの中で、クソビッチという言葉を聞くことがよくあります。まれに男性にも使われますが主に対女性に使われることが多く、悪態をつく時に使われる言葉です。

そもそもクソビッチとは

クソビッチは主に英語圏で、女性を罵る時に使います。「あいつまじクソだわ!」のように、「クソ」には人格を否定するような意味が込められていますよね。更に「ビッチ」に関しては、日本では性に奔放な女性というニュアンスで使われています。つまりクソビッチは嫌いな女性に対して、「性格の悪くて男関係が派手な女」という意味で使われる言葉です。

元は英語の「Fuxxin Bicth!」から来ている

海外ドラマや映画で、「Fuxxin Bicth!」という表現を見たことはありませんか?ケンカをしてカッとなった人が、女性に向けて使っています。「Fuxxin」は「クソっ!」という怒りの感嘆詞、「Bicth」は元々「メス犬」を表し、人間の女性を蔑む言葉です。それから「性悪な女」「嫌な女」という意味が込められ、英語圏ではそのように使われるように。更にそこから転じ日本では「性に奔放な女」「ふしだらな女」など、男関係にだらしない女性に使われる言葉として広がりました。

クソビッチの類義語ってどんなものがあるの?

クソビッチには、類義語がいくつか存在します。あまり大差のなく使われているイメージですが、少しニュアンスの違いがあります。クソビッチの類義語には、どのような言葉があるのでしょうか。

ヤリマン

ヤリマンは男性とすぐセックスしたり、経験人数が多い女性を指します。付き合っていない男性ともセックスができて、貞操観念が低い女性です。周りからは、「誰とでもセックスする女」というレッテルを貼られています。

カップルズ

クソビッチとヤリマンの違い

クソビッチとヤリマンは同じように扱われますが、実は似て非なるもの。性格に微妙な違いがあり、周りからどう思われているのかもそれぞれ異なります。どのような違いがあるのでしょうか。

クソビッチ

すぐセックスするということだけではなく、男性からセクシーなイメージを持たれやすいクソビッチ。男性に対する言動や距離の近さ、服装がエロいなど、全体的に性を匂わせる雰囲気があるでしょう。また、後先考えず周囲の男性と手当たり次第寝てしまいます。そのため狭いコミュニティで男性に手を出し、トラブルになることも多いです。自分から誘っておいて何かあれば被害者ぶるため、同性からも嫌われがち。

ヤリマン

単純に男性経験が多いヤリマン。性に奔放で好奇心旺盛なので、ポジティブなマインドを持っています。セックスした男性をネタにして面白い話に昇華したりと、同性からの評価は高いです。面倒事は避けたいので、基本的に違うコミュニティの男性とセックスします。男性に依存することもなく、さっぱりとした付き合い方をするのがヤリマンです。

アバズレ

アバズレは漢字で「阿婆擦れ」と書き、女性に対する蔑称です。日本では江戸時代にはすでに使われており、主に常識がなく、品行が悪くて厚かましい人という意味合いで使われています。人の彼氏を寝取る、複数の男性と付き合うなど、性に対しても常識がないアバズレ。現在では、クソビッチと同じようなニュアンスで使っている人もいます。

淫乱女

淫乱女は文字通り、性的にみだれている女性のことです。セックスが好きで性的好奇心が強いため、アブノーマルなプレイを受け入れることもあります。下ネタも大好きで、性欲のままに行動するのが淫乱女です。

一般的な「クソビッチ」のイメージ

一般的には、クソビッチはどのような印象を持たれているのでしょうか。実際はそうではなくても、周囲から思われがちなクソビッチのイメージを解説します。

誰とでもすぐヤらせてくれる

クソビッチは、セックスが大好き。そのため少し優しくされたり、言い寄られただけで誰とでもすぐヤらせてくれるイメージがあります。また性的なアピールもうまく、「寂しいからセックスしよう」「寒いからくっつこう」など、セックスするための理由探しも上手です。

何か病気を持っているかもしれない

不特定多数の男性と、性的関係を持っているクソビッチ。そのため、性病など何かしらの病気を持っていると思われがちです。人によりますが、コンドームをつけずにセックスしたり、異変があっても病院へ行かないクソビッチもいます。そのため何か病気を持っているかもしれないというイメージは、ある意味正当なものでしょう。

セックス好きでエロい

クソビッチは、セックスが大好きです。またボディタッチも多く露出の高い服装をしているなど、全体的にエロを匂わせているイメージがあります。男性からすると、エロい雰囲気をまとっている女性は本能を刺激されますよね。クソビッチには、「ちょっとせまったらヤレる!」と思わせるような隙があります。

ギャルに多いイメージ

メイクやファッションが派手なギャル。見た目の雰囲気で、「遊んでそう」と思われることが多く、クソビッチが多いイメージです。また、ギャルは人と仲良くなるのも得意なので、男性との距離も近いためそのように思われることが多いでしょう。しかし、もちろんメイクやファッションが好きなだけでギャルをやっている人もいます。派手だけど身持ちが硬いということもあるので、話して判断しましょう。

セフレにはいいけど彼女にするのはちょっと…

クソビッチは、セフレにはとても好都合。時間やお金をかけずセックスまでたどりつけるので、コスパもいいです。しかし、そんな軽々しい女性を自分の彼女にしたいという男性はいませんよね。誰とでもセックスしたり露出の高い服で出歩くなど、自分以外の男性にも性を匂わせる行動をとるクソビッチ。そんな女性に恋愛感情は湧かないため、男性からは都合よくキープできる存在だと扱われてしまいます。

簡単に生中出しさせてくれそう

クソビッチは、セックスすることに慣れています。アブノーマルなプレイもしているイメージなので、「生中出しさせてほしい!」と頼むと簡単にさせてくれそうですよね。押しに弱いところもあるので、2、3回押してみると折れてくれるかもしれません。生中出しへのハードルは低そうです。

クソビッチと呼ばれる女性の特徴

クソビッチは大学や会社、飲みの場など身近な場所に存在しています。どのような特徴があるのでしょうか。

承認欲求が強い

クソビッチは、自己肯定感が低めで承認欲求が強いのが特徴です。自分に自信がないからこそ、他人に求められることに価値を見出します。SNSでは自慢や自撮り、匂わせ投稿をしがち。恋愛においても、イケメンやお金持ちなど、ステータスの高い男性を好みます。

露出が多い

クソビッチは男性の気を引くために、露出の多い服を着がち。トレンドに左右されず、背中や胸元が大きく空いていたり布面積の少ない服を好んで着ています。またボディラインに沿ってピタッとした服など、男性の視線を集めるような服装が多いです。

ボディタッチが多い

クソビッチな女性は、とにかく男性へのスキンシップが多め。一緒に話している時はもちろん、席を立つ瞬間や戻ってきた時など、隙あればボディタッチをします。男性は身体に触れられることでドキドキとし、性的感情を意識しますよね。クソビッチはボディタッチをすることで色気を匂わせ、すぐに体の関係に持っていこうとします。

メンヘラ女子

クソビッチの女性は、精神的に自立していないメンヘラな性格の人が多いです。自分がしっかりしてないからこそ、人に依存しがち。かまってちゃん気質で自己主張が強く、情緒不安定です。そのため男性が自分を見てくれないと、すぐ機嫌が悪くなります。いわゆる「めんどくさい女」のレッテルを貼られる女性です。すぐセックスできる便利な存在ではありますが、扱いを間違えるとトラブルを引き起こす可能性もあるので気をつけましょう。

男性からの押しに弱い

男性から求められることに重点をおいているので、押しの強い言動をされるとNOとは言えないのがクソビッチ。自分の意思を無視してでも男性の言うことに従うため、それが体目的なだけだったとしても関係なくセックスしてしまいます。「その場が楽しければそれでいいや」「気持ちよくなれるならどうなってもよし」と楽観的に考えているため、押されると簡単に流されてしまうでしょう。

お酒好き

クソビッチとお酒は、切っても切り離せない存在といっても過言ではありません。お酒を飲むと、いつも以上にボディタッチが増えたり理性が緩んだりしますよね。ほろ酔い気分で気持ちも大胆になり、クソビッチは性的アピールがしやすくなります。そもそも飲み会には多くの男性が集まるため、クソビッチにとっては狩り場のようなもの。お酒が大好きなのは、クソビッチの大きな特徴です。

男性を手のひらで転がすのが上手い

クソビッチにとって、男性が寄ってくることは日常茶飯事。そのため男性の扱いに慣れており、思うように手のひらで転がすのが上手いです。「酔っちゃったから迎えにきて?」「頼れるのはあなただけなの」など、わがままを言ったり可愛く甘えたりと、絶妙に男心をくすぐります。男性としては、「可愛いなぁ」「仕方ないなぁ」と思って許してしまいますよね。そうやって気づけばクソビッチの手のひらの上、ということも珍しくありません。

男性にとってクソビッチは良い面も悪い面もある

同性受けがわるいクソビッチですが、男性にとっては良い面も悪い面もあります。身近にクソビッチがいるという人は、ぜひこちらに照らし合わせてみてください。

クソビッチが男性にとっていい面

クソビッチの一番良いところといえば、やはり簡単にセックスさせてくれるというところ。男性の最終的な目的は、結局セックスできるかどうかですよね。しかしそのためには時間や労力をかける必要がありますが、クソビッチだとセックスまでのプロセスが短いです。しかも見た目に気をつかっていてモテる女性も多いので、みんなが羨むような美女とセックスできる可能性も。簡単に可愛い女性とセックスできるというところは、男性にとって大きなメリットでしょう。

クソビッチが男性にとって悪い面

クソビッチはいろいろな男性と関係をもつため、落とそうと躍起になると逆に振り回されてしまう可能性があります。時間や労力をかけたのにセックスもできないとなると、ただ疲れるだけですよね。クソビッチとは、適度な距離感を持って付き合うようにしましょう。またクソビッチには、メンヘラで自己中心的な人が多いです。夜中に連絡がきたり、他の男性絡みのトラブルに巻き込まれることもあるので注意してください。

付き合い方を考えないと自分自身が損してしまう可能性がある

クソビッチは、あくまで簡単にセックスさせてくれる女性として扱わないと、自分自身が損してしまう可能性があります。なんでも言うことに応えたり、彼女と同じように優しく接してしまうと、自分のペースを乱され精神的にも負担がかかります。無理なものは無理と伝え、線引きをしながら付き合いましょう。

クソビッチと付き合う時に心得ておきたいこと

いつの間にかクソビッチに本気になって、真面目に付き合いたいと思うこともあるでしょう。しかしある程度覚悟しておかないと、不用意に傷ついてしまうことも。ここではクソビッチと付き合う時に、心得ておきたいことを紹介します。

浮気は日常茶飯事

クソビッチというだけあって、複数の男性との関係はもはや当たり前。仕事や私生活がちょっと忙しくなった時など、構ってあげられない隙にすぐに浮気されるということもザラにあります。自分に一途になって欲しいと思っても、つい男性を寄せ付ける行動をしてしまうのがクソビッチ。常に他の男性の影がチラつくことを覚悟して付き合わなければなりません。

性病の危険性があるので気を付ける

複数の男性とセックスをしているクソビッチは、当然ですが性病にかかるリスクも高いです。不特定多数の男性とセックスしている場合、性病の種類やいつ感染したのかも特定できませんよね。そのため万が一自分に感染したとしても、そのタイミングや原因がわかりません。治療に時間がかかったり、下手をすると一生治らないような病気に感染してしまう可能性もあるので気をつけましょう。

期待しすぎや依存しすぎはNG

クソビッチと付き合う上で、過度の期待や依存はNGです。疑似恋愛のようなものを楽しむならまだしも、「ビッチなところはいつか変わってくれる」「ずっと好きでいてくれる」と思っていると、どんどん沼にハマって抜け出せなくなってしまいます。「この子はこういう女性なんだ」と、しっかりと線引きして付き合いましょう。

クソビッチに関する体験談

気付いていないだけで、クソビッチは意外にも近くにいるかもしれません。ここでは、クソビッチに出会った人達の体験談を紹介します。

大学のサークルの飲み会にいた女の子。最初は気づかなかったですが、隣に来てびっくり!胸元もがっつり空いている服だしスカートも短めで、かなりドキドキしました。しかもそのあと二次会でカラオケに行ったら、僕の膝の上に乗って歌ったり踊ったりし始めたんです。髪の匂いとか体のラインを直に感じて、正直めっちゃ興奮しました!机の下ではマイクを持っている手と逆の手を繋いできたり…。「これはいける!」と思って2人で抜け出してすぐセックスしました。でも後日聞いたら、なんと僕以外でもサークルの男数人とヤっていると発覚。クソビッチでした。

露出が多く、ボディタッチも過剰なまさに典型的なクソビッチ。皆いるのに見えないところで手を繋くという、ドキドキしたシチュエーション作りもお手のものですね。しかし狭いコミュニティで手を出しているようなので、後々トラブルになる可能性も高いでしょう。早めにクソビッチの本性に気づけて、ある意味良かった案件です。

相席屋で出会った女の子ですが、可愛いしセックスの相性も良かったので付き合うことに。でもかなり振り回されました。深夜2時に「お迎えにきて」と言われたり、仕事でちょっと連絡が取れないだけでも「不安にさせないで」と言われたり。2週間くらい会えないことがあったのですが、その間に僕の同僚と浮気されていました。同僚を紹介した僕も悪いですが、ちょっとの間も我慢できないのか?と思いました。「寂しかったから」と言い訳されましたけど男がいないとダメな子なんだなと。情緒不安定でめんどくさいしとんだクソビッチでした。

メンヘラで情緒不安定なのは、クソビッチの大きな特徴でもあります。そのまま付き合っていたら、自分の生活のペースも乱され疲れが溜まる一方です。同僚と浮気されていたのは気まずいですが、それがなくてもそのうち誰かと浮気している様子が目に浮かびます。

最近まで付き合っていた子がクソビッチだったんですよね。甘えてきたりちょっとワガママだったりと可愛いところがいっぱいあったんですけど、酔っ払ったら男にベタベタするタイプで。一緒に飲みに行ってるのに、他の男を「かっこいい!」と褒めるのにモヤモヤ。結局誰でも良いんじゃないかなと思って別れました。共通の友達が多いので別れた後の話も入ってきますが、相変わらずいろいろな男に媚を売っているらしいです。

クソビッチは、男性を持ち上げるのが大得意。ある程度見た目がよくてワガママを聞いてくれるような人であれば、全力で落としにかかります。とは言え、一緒に飲みに行っているのに別の男性を褒められるのは嫌ですよね。慣れていない男性だと、簡単にこの罠にかかってしまうこともあるので気をつけましょう。

気になっている女の子が、絶対クソビッチなのわかってるのに抜け出せません。めちゃめちゃ男友達多いしモテる感じなのに、ヤれそうでヤれない!2人でご飯へ行けたと思ったら今度はみんなで飲もうと言ったり、でもみんなでいる時にくっついてきたり…。かなり翻弄されています。きっと男慣れしてるしクソビッチだからやめとけと思いつつ、誘われたら行っちゃいます。彼女にしたら絶対苦労すると思うけど、もう沼にハマりかけています。

こちらはクソビッチに翻弄されている男性。ヤれそうでヤれないのは、絶妙なテクニックがいるのでかなり男慣れしているクソビッチでしょう。本気になっても相手が変わらない限り幸せはないので、傷つかないうちに諦めることをオススメします。

クソビッチってどういう意味?メリットデメリットから付き合い方まで解説まとめ

クソビッチについてまとめましたがいかがでしょうか。

この記事のポイントは、

  • クソビッチは女性を罵る言葉で、日本では男関係にだらしない女性によく使われている
  • クソビッチは、セックスが大好きで派手に遊んでいそうなイメージがある
  • クソビッチは露出やボディタッチが多く、男性を翻弄する存在である
  • 簡単にセックスさせてくれるというメリットもあるが、メンヘラで男性を振り回すことも多いため適度な距離を持って付き合うことが大切

ということです。

クソビッチは男関係にだらしなく、なにかとトラブルを巻き起こすので同性である女性からは嫌われがち。しかし男性からすると、簡単にセックスができる都合のいい存在であるということがわかりました。もちろん付き合い方を間違えると、束縛されたり性病にかかったりとデメリットもあります。周りにクソビッチがいるという人は、程よい距離感で関係を楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Cheeek[チーク]にはこの他にも多くの記事がございますので、是非ご覧ください。