MENU
性の悩み

江戸時代の人はどんなセックスをしていたの?生まれた言葉や文化を徹底解説

「江戸時代の人たちってどんなセックスをしていたんだろう?」とふと思ったことはありませんか?今では当たり前にあるアダルトグッズやラブホテルが江戸時代では充実していなかったためいまいち江戸時代のセックスがイメージしづらいかと思います。

そのためもしかしたら江戸時代のセックスをイメージ的にいってしまうと、江戸時代は現代よりも性に疎かったという印象があるのではないでしょうか?

確かに江戸時代は今と違って階級というものが歴史上存在していて、女性よりも男性の方が優位に立っていた時代でありました。そのため女性が自由に恋愛ができなかったりするということもあったかと思います。

そこでこの記事では「江戸時代の人たちが行っていたセックス事情」について

  • 現代と江戸時代との恋愛観・セックスについての意識
  • 江戸時代の男女たちはどのようなセックスをしていたのか
  • 江戸時代に生まれた体位や言葉、文化
  • パートナーがいない人がやっていた性欲の発散法

以上のことについて解説していきます。

この記事を最後まで読んでいただくことで、江戸時代の男女たちがどのようなセックスをしていたのかその歴史が分かるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 現代と江戸時代との恋愛観やセックスについての意識はどのくらい違うの?
    1. 江戸時代は男性優位で身分制度や階級がまだ厳しい時代
    2. 上流階級の人は今のような自由恋愛は基本的には禁止
    3. 庶民の恋愛は自由恋愛はできるが金銭的に厳しい場合が多かった
    4. 江戸時代の人々は結婚もしくは婚約後にセックスをすることが多かった
    5. 庶民が生活している長屋の中でのセックスは子供や近所の目もあり基本することはなかった
  2. 江戸時代の人はどんな場所でセックスをしていたの?
    1. 基本的には江戸時代では野外でのセックスがベター
    2. 今でいう河川敷の土手の物陰
    3. 畑や山の中でのセックスをする人も
    4. 少しお金がある人はラブホテルのような施設「出会い茶屋」の室内でセックスをしていた
  3. 江戸時代の上流階級の人々はセックスに対しての意識が高かった
    1. 結婚や初体験の年齢も今よりも圧倒的に若い江戸時代
    2. 夫となる男性を飽きさせないようにすることが女性の使命
    3. 結婚の前に春画(現代のエロ漫画)の絵を見て勉強したとされている
    4. 生理中でできない時は手コキやフェラで抜いてあげることも
    5. 避妊目的でアナルSEXをすることもあったそう
  4. 江戸時代に性に貪欲ゆえに生まれた体位や言葉たち
    1. 江戸48手
    2. セックスを意味する とぼす・乳繰(ちちく)る・まぐわう
    3. タコの吸盤のように吸い付いてくる名器のことを蛸つび(たこつび)という呼び方で呼ぶことも
  5. 江戸時代のパートナーに恵まれない人たちのセックス事情
    1. 現代も風俗街としても有名な高級風俗吉原遊郭でセックス
    2. 長屋で行われている吉原よりもリーズナブルな風俗もあったとされている
    3. 男娼と呼ばれる今では一般的な女性用風俗も存在していた
  6. 江戸時代の人はどんなセックスをしていたの?生まれた言葉や文化を徹底解説まとめ

現代と江戸時代との恋愛観やセックスについての意識はどのくらい違うの?

まずは現代と江戸時代とで恋愛観やセックスについてどのような意識、イメージを持っていたのかについて紹介していきます。

カップルズ

江戸時代は男性優位で身分制度や階級がまだ厳しい時代

そもそも江戸時代の日本は今と違って身分制度や階級が存在していて、今のような恋愛に関する自由がほとんどありませんでした。特に女性は男性よりも自由の幅が狭く、勝手に結婚相手が決められてしまうことをしばしばありました。

現代では、どんな女性であっても自由に相手を決めて恋愛することができるので、自由の有無が江戸時代と異なる点であると言えます。

上流階級の人は今のような自由恋愛は基本的には禁止

江戸時代で上級階級いわゆるお金持ちの親から生まれるような人は、下流階級の人よりも自由な恋愛が禁止されていた文化がありました。というのも上級階級の人に生まれた子供は、親によって政略結婚をさせられてしまうことが多かったからです。上級階級であれば贅沢な生活ができることは間違いないですが、その分自由に恋愛ができなかったのです。

庶民の恋愛は自由恋愛はできるが金銭的に厳しい場合が多かった

一方庶民として生まれた人は、上流階級の人と比べて自由に恋愛をすることができました。しかし庶民の人は自由に恋愛ができる分、金銭的に厳しいというデメリットがありました。仮に好きな人と巡り会えたとしても、その人も階級が低い庶民であれば一緒に生活するのもギリギリなぐらいでした。

江戸時代の人々は結婚もしくは婚約後にセックスをすることが多かった

江戸時代の人々は結婚して夫婦になった後にセックスをすることが多くありました。というのも江戸時代では子供を作るためにセックスをすることが多かったからです。江戸時代の夫婦間ではセックスの快感というよりも、子孫を増やすことに喜びを持っていた人が多かったのです。

また江戸時代では妊娠するリスクが高かったことも理由に挙げられます。今のようなコンドームという避妊具のようなものがありましたが、当時の避妊具はかなりの高級品で売られており購入できる人は一部のお金持ちだけでした。

こういった理由もあって江戸時代の人々は、結婚した後もしくは婚約後にセックスをするような人が多かったのです。いくら快感の娯楽であったとしても妊娠してしまっては大きなリスクを負うことになるので結婚後にセックスする人が多かったんですね。

カップルズ

庶民が生活している長屋の中でのセックスは子供や近所の目もあり基本することはなかった

江戸時代の庶民が暮らす長屋は、近所から見られやすかったり声も聞こえてしまうということもあって、長屋でセックスする人はほぼありませんでした。江戸時代で庶民が暮らす家というのは、今よりもだいぶセキュリティが甘い家でした。

家の鍵なんてありませんし、壁も薄いのでちょっとした物音もまる聞こえです。そんな状態でセックスなんて恥ずかしい行為はできないでしょう。特にすでに子供がいるような家であればバレずにセックスするのなんて至難の業です。

では江戸時代の庶民はどこでセックスをしていたのでしょうか?それは次の見出しにて紹介していきたいと思います。

江戸時代の人はどんな場所でセックスをしていたの?

ここからは日本の江戸時代の人たちがどのような場所でセックスをしていたのかについて紹介していきます。現代では自宅やラブホテルでセックスをするのがオーソドックスですが江戸時代はどうだったのでしょうか?

基本的には江戸時代では野外でのセックスがベター

なんと江戸時代の人たちは野外でプレイするのが一般的でした。「え、野外の方が人にバレやすいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、江戸時代は野外よりも家の中でセックスする方がバレるリスクが高かったのです。そのため庶民のほとんどがセックスをする際は、外に出てする人が多かったんです。

現代では外でセックスをしようものなら警察に公然わいせつ罪で逮捕されてしまいます。江戸時代と違って至る所に街灯があるので、簡単にバレてしまいます。しかし江戸時代の庶民は街灯がなくて夜は今以上に暗いということもあって外でセックスするのが一般的だったのです。これを見ると、いかに江戸時代の人たちが開放的なセックスを楽しんでいたことがよく分かりますね。

そんな開放的なセックスが当たり前にされていたと思うとかなりビックリしますよね。

今でいう河川敷の土手の物陰

具体的に江戸時代の人たちが野外でセックスをしていた場所の1つは、河川敷の土手の物陰です。夜の河川敷であれば、人がくることも少なかったので野外セックスにはもってこいだったのでしょうね。

また河川敷の近くにある土手の物陰も周りにバレずにセックスするのにもってこいの場所でした。

畑や山の中でのセックスをする人も

人によっては畑や山の中でセックスをする人もいました。畑や山の中では、木や草むらがいいカモフラージュになって周りにバレるリスクが少ないです。特に山であれば、近くに住んでいる人が少ないので、声も気にせず出せたことでしょう。

少しお金がある人はラブホテルのような施設「出会い茶屋」の室内でセックスをしていた

今の時代では、当たり前のようにラブホテルがたくさんあります。現代でセックスをする際には、基本的に家かラブホテルが主流ですよね。先ほど江戸時代は野外でセックスするのが一般的とお話ししたので「江戸時代にラブホテルなんてない」と思われた方も多いと思います。

ですが江戸時代にも「出会い茶屋」と言われる今でいうラブホテルが存在していました。出会い茶屋という場所は、男女が密会する場所であり健全なカップルよりも特に不倫カップルの人が利用するのが多かったみたいです。

しかしそんな江戸時代のラブホテルである出会い茶屋は気軽に行けるような場所ではなく、お金を持っている人だけが利用できる高級の場所でした。そのため江戸時代の人たちでもお金持ちの人は、野外ではなく出会い茶屋でセックスを楽しんでいました。

江戸時代の上流階級の人々はセックスに対しての意識が高かった

江戸時代の人たちの中でも上級階級の人々は、セックスに対しての意識が高かったです。これはどういうことなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

結婚や初体験の年齢も今よりも圧倒的に若い江戸時代

江戸時代で生まれた人の初体験の年齢は「15〜16歳」が平均的でした。現代では「約20歳前後」が初体験の平均であるので、いかに江戸時代の初体験が圧倒的に若いということが分かるかと思います。

また結婚の時期も江戸時代は早くて「約24歳」が平均でした。現代では30歳が平均となっているので江戸時代の人は結婚と初体験ともに年齢がかなり早いことがお分かりいただけると思います。

夫となる男性を飽きさせないようにすることが女性の使命

江戸時代では女性よりも男性の方が優位に立っていた男尊女卑という考え方が主流だったので、女性は男性を飽きさせないように努力することが求められていました。男性側に飽きられてしまうと、場合によっては女性は捨てられてしまうこともあったので、いかにして男性を喜ばせれるかが女性の使命でありました。

江戸時代の女性は専業主婦として一般的な家事を行うのが使命としてありましたが、それ以外にも男性を満足させるための努力をしなければいけないという立場にもあったのです。

結婚の前に春画(現代のエロ漫画)の絵を見て勉強したとされている

江戸時代で上流階級に生まれた人たちは、結婚前に「春画」という今でいうエロ漫画の絵を見て性教育を受けていました。「どのようにセックスをするのか?」について漫画のような絵で表現をして江戸時代の女性はその絵を見ながら勉強をしていました。この春画という絵は若い女性が見るにはかなり刺激的なものでありました。

生理中でできない時は手コキやフェラで抜いてあげることも

女性が生理中であるときは、セックスができませんでしたが男性側は生理中でもおかまいなしにしたくなる時があります。そういった時に女性は、セックスができない代わりに手コキやフェラを行って奉仕をする必要がありました。というのも女性は男性側を飽きさせないように努力する必要があったからです。いかに男性側に飽きられないようにするために、生理中であっても奉仕をする必要がありました。

そしてただ手コキやフェラをするだけでは、いずれ男に飽きられてしまうことになるのでテクニックを日々鍛えていくことも求められていました。現代でも女性が男性に奉仕することはよくあるのでこの文化は現代と似ていることが分かりますね。

避妊目的でアナルSEXをすることもあったそう

江戸時代の男性の中には「純粋にセックスを楽しみたいけど、セックスによって妊娠するのはちょっと・・」そう考えている人の中には、避妊目的でアナルセックスをすることもあったみたいです。アナルであれば妊娠するリスクがなかったからですね。

しかしアナルでセックスしても妊娠はしませんが、その分病気になってしまうリスクも多々あります。実際に江戸時代では性病にかかってしまう人が多くいました。江戸時代の風俗嬢である遊女の間では、性病になって初めて一人前になれるという考え方もあったみたいです。今では考えられませんね。

江戸時代に性に貪欲ゆえに生まれた体位や言葉たち

江戸時代の人たちにとって、セックスという行為は何事にも変えられない娯楽の1つでありました。そのため江戸時代の人たちは性に貪欲である人が多くいました。そんな性に貪欲ゆえに生まれた体位や言葉が存在します。ここではそんな江戸時代に生まれた体位や言葉について紹介していきます。

江戸48手

48手という言葉を聞いたことはありませんか?48手とは48種類のセックスの体位のことを言ってこの言葉は江戸時代から生まれたため「江戸48手」とも言われています。江戸時代にこの48手が生まれたということは、かなり性に貪欲だったことがお分かりいただけると思います。

セックスを意味する とぼす・乳繰(ちちく)る・まぐわう

「とぼす、乳繰る、まぐわう」という言葉は全てセックスという意味になります。今でいう抱くやエッチするといった遠回しな呼び方のことですね。「今日はとぼさせてくれ」といった感じで会話や呼び方として使っていたみたいです。

タコの吸盤のように吸い付いてくる名器のことを蛸つび(たこつび)という呼び方で呼ぶことも

女性のまんこによっては男性を虜にする名器と呼ばれるものが存在します。江戸時代にもそのような名器の概念があって「蛸つび」と読んでいました。この蛸つびはその名の通り、タコのことを指しており、まるでタコの吸盤のようにまんこがペニスに吸い付いてくるような感覚からこの名前が浸透していました。

江戸時代のパートナーに恵まれない人たちのセックス事情

性行為がかなりお盛んだった江戸時代ですが、中にはなかなか女性と巡り合う機会がなくセックスができないような人たちもいました。そんなパートナーがいない男性が、どのようにして性欲を発散させていたのでしょうか?ここではパートナーに恵まれなかった男性のセックス事情について紹介していきます。

現代も風俗街としても有名な高級風俗吉原遊郭でセックス

セックスするパートナーがいない男性は、今でいう風俗に行って性欲を発散させていました。特に人気高級風俗である吉原遊郭で性欲を発散させるのが、江戸時代では人気を集めていました。この吉原は現代の風俗街でも有名です。

江戸時代で吉原遊郭を利用する流れは、現代とほぼ同じでソープランドに似たような流れになります。性的なサービスを受けられることはもちろん、お酒を飲みながら会話を楽しんだりと自由な利用ができました。

長屋で行われている吉原よりもリーズナブルな風俗もあったとされている

江戸時代の風俗といえば、吉原というのがかなり有名ですが吉原はかなりお高めの風俗でありました。そのため階級が低いような人たちが利用するにはかなりハードルが高い場所でありました。なので江戸時代には吉原よりもかなり値段がリーズナブルな風俗もいくつか存在していたと言われています。

パートナーがいなくてお金に余裕がない方は、値段がリーズナブルな風俗で性欲を発散させていたのです。

男娼と呼ばれる今では一般的な女性用風俗も存在していた

江戸時代には「男娼」というものがありました。男娼とは売春する男性あるいは売春される男性のことを言います。売春された男性は、不特定多数の女性と相手をすることになるので今でいう女性用風俗のことを男娼と言いました。

しかし女性用風俗を利用するためには、高額のお金を用意しなければいけなかったため利用する人はそこまで多くはありませんでした。そのため江戸時代にはあまり浸透しませんでした。

江戸時代の人はどんなセックスをしていたの?生まれた言葉や文化を徹底解説まとめ

これまで「江戸時代の人たちが行っていたセックス事情」について解説していきましたがいかがでしたでしょうか?

この記事のポイントは

  • 現代と江戸時代とではかなりセックスの認識が違っている
  • 江戸時代の方が結婚や初体験の歳が若い
  • 江戸時代は現代よりも性に貪欲だった

です。

ここまで読んでいただいた方は江戸時代にどのようなセックスをしていたのか?現代とどのように違うのかが明確にご理解いただけたかと思います。今回の内容を豆知識として友達同士で語り合うと面白いかもしれませんよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。Cheeek[チーク]にはこの他にも多くの記事がございますので、是非ご覧ください。