性の悩み

クリトリスでオーガズムを感じるためのクリイキの方法を徹底解説

男性ならば誰もが一度は「女性にオーガズムを感じさせたい」、女性ならば「クリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムをしてみたい」と考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、クリトリスでオーガズムを感じさせられるのか、そもそも本当にできるのかわからないですよね。

また、そもそもクリトリスでのオーガズムと膣内でのオーガズムの違いがなんなのかわからないという方も多いと思います。

そこでこの記事では、

  • 女性のオーガズムについて
  • クリトリスでのオーガズムと膣内でのオーガズムの違い
  • クリトリスでオーガズムに達する方法について解説します。

この記事を読んでいただければ、クリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムへの疑問の解決、クリトリスでオーガズムに達する方法がわかるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも、オーガズムとは何?

オーガズムとは女性が絶頂に達することで、男性でいう射精に当たります。女性が絶頂に達した時の快感は、男性が射精したときの何倍にもなるとされています。

オーガズムに達するには、性器への物理的な刺激が有効ですが、それ以外にも心理的な興奮も重要な要素を担っています。女性は体で感じるのはもちろん、気持ちでも感じるため、オーガズムに達する上で心理的な興奮が不可欠です。
オーガズムに達すると、脳内でドーパミンやオキシトシンなどのホルモンが分泌されます。これらのホルモンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、物理的だけでなく精神的にも気持ちよくなれます。
男性は年齢とともに射精する力は弱まるとされていますが、女性はその逆です。年齢を重ねるごとにオーガズムに達しやすくなります。これは加齢とともに女性ホルモンの分泌が少なくなり、その代わり男性ホルモンの分泌が増えるためです。

実際にクリトリス・中イキでオーガズムを感じたことある人はいるのか

男性であればオナニーやセックスで男性器を刺激されることでオーガズムに達します。そのため、男性であればほぼ全ての人がオーガズムを感じたことがあると答えます。しかし、オナニーではオーガズムに達せれるけどパートナーにされると違うという話もよく聞きますよね。では、実際にパートナーにクリトリスや膣内をいじられることでクリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムを感じたことのある女性はいるのでしょうか?

カップルズ

パートナーのいる女性100人にアンケートしてみた

そこでパートナーのいる女性100人に実際にパートナーにクリトリスや膣内をいじられることでクリイキ・中イキでオーガズムを感じたことがるのかアンケートを取りました。その結果が次の通りです。

オーガズムを感じたことがある:12人

オーガズムを感じたことがない:83人

無回答:5人

【結論】ほとんどの人がクリトリスや膣内でオーガズムを感じたことない

上述のアンケートの結果によると、8割以上の女性がパートナーがクリトリスに触れたり膣内をいじってもオーガズムを感じたことがないと回答しています。年々不感症の問題等も出てきている影響やそもそもsexをしたくないと感じている男性が多くなっている世の中なのでセックステクニックのある男性と巡り会えていないなどオーガズムを感じれていない理由時は様々あると思いますので詳細まではわかりませんがほとんどの人がクリトリスや膣内でのオーガズムを未経験というのが今回の調査で判明しました。

オーガズムを感じると女性はどんな反応をするのか

女性は感じると体をビクビクさせながら喘ぐのが一般的な反応です。その際には愛液が出て腟内やそのまわりを濡らします。愛液の量は汗と同様に個人差があるため、どの段階でどの程度濡れるというのは人によって異なります。

また、感じ方や喘ぎ方も個人差があり、中には感じているのが表に出ない女性もいます。ですがそういう女性でも愛液は出て濡れるため、しっかりと体はオーガズムを感じています。

クリトリスでのオーガズムと膣内でのオーガズムの違いとは

女性がオーガズムを感じる方法としては、クリトリスでのオーガズムと膣内でのオーガズムがあるのは有名です。しかし、この2つの違いについて自信を持って説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。

また、世の中には女性をクリイキや中イキさせられないという悩みを抱える男性が多いです。ですがそれも当然です。実は女性自身もクリトリスや膣内でオーガズムを感じるメカニズムをよく分かっていないのが実情です。

そこでここからは

  • クリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムの違い
  • それぞれどのような気持ちよさなのか

について紹介します。

そもそもなぜクリトリスで感じるのか

外から見ると小さな突起物であるクリトリスは、非常に敏感で女性に強い快感をもたらします。なぜクリトリスは強い快感をもたらすのか、その理由はクリトリスに集まっている神経の数に答えがあります。クリトリスには8000以上もの性的な快感をもたらす神経が集まっています。その数は男性が持つ亀頭の2倍にもなります。亀頭を刺激された時の快感も非常に強いため、亀頭とは比べものにならないほど小さい部分に2倍以上もの神経が集まっていると考えると、男性目線からすればその快感は計り知れません。そのため、クリトリスは「人間の体で唯一、快楽をもたらすためだけの器官」だと言われています。

また、クリトリスは性的に興奮した時には大きくなってポッコリと突き出し勃起します。これは、クリトリスに送られる血液が増えて膨張するためです。興奮した時に男性器が勃起し大きくなるのと同じメカニズムです。このようなことから、性的な感覚は男性器に似ているとも言われています。

カップルズ

クリイキすると気持ちいいのか、どんな感じなのか

クリイキは体の外側にあるクリトリスを刺激してオーガズムに達することを指します。クリトリスでのオーガズムの反応の特徴としては比較的快感が浅く、余韻が短いとされています。快感は浅いですが、その気持ちよさに疑いはありません。

また、クリトリスでのオーガズムでも女性は痙攣することがあります。オーガズムに達した際に痙攣することで、女性はいつも以上の快感を得られます。

ただし、痙攣には問題があります。痙攣では普段使用しない筋肉を使うため、体へ過度な負荷がかかります。痙攣が体へ与える負荷は脳や血管、心臓にも影響する可能性があります。この問題は生死にも関わるため、注意したいです。

なぜ中イキするのか

中イキとは、パートナーとのセックス時の挿入や手マン、オナニーによる腟内への刺激でオーガズムに達することを指します。現在分かっている膣内でのオーガズムのメカニズムは以下の2つです。

内側からのクリトリスへの刺激

内側からのクリトリスへの刺激と聞いて、不思議に思った方も多いのではないでしょうか。というのも、クリトリスは女性の膣を見たときに体の表面に小さく顔を出しているためです。一般的にクリトリスは表面に見えている部分だけだと思われていますが、実は見えている部分はクリトリスの一部なのです。

クリトリスは大部分が体内に隠れてあり、体内では膣を包み込むように4本の足を出して広がっています。ペニスが膣内に挿入されることでクリトリスの陰核球が圧迫されます。そのため、挿入によって内側からもクリトリスが刺激されます。

挿入時の膣奥への刺激

もう一つのメカニズムが膣の奥への刺激です。こちらは一つ目の内側からのクリトリスへの刺激よりもイメージが湧きやすいのではないでしょうか。一般的に、挿入時には膣の奥を刺激する方が女性は感じやすいと考えている方は多い傾向にあります。そのため、膣の奥を刺激してオーガズムに達するというのは多くの人が納得できる理由でしょう。

また、Gスポットを刺激されることも要因の一つだとされています。Gスポットは膣口から子宮口の間の中間あたりにある非常に強い快感を得られる部位です。Gスポットはクリトリスの一部だという説もあります。

中イキの存在は議論となっている

しかし、膣の奥への刺激がオーガズムに繋がるという考えが正しいかどうかについては議論が分かれているというのが正直なところです。その理由は決定的な証拠がないためです。やはり体のメカニズムを証明するには決定的な証拠が必要です。

このように証拠がないことから議論が分かれてはいますが、世の中にはペニスが長い方がオーガズムに達しやすいというデータがあります。そのことから、膣の奥への刺激がオーガズムに繋がっている可能性は0ではないでしょう。また、膣の奥2/5~1/5が膣の手前に比べて反応しやすい可能性が指摘されていたり、実際に脊髄麻痺でクリトリスの感覚がない人がオーガズムに達したという記録もあります。これらの理由から、膣の奥への刺激がオーガズムに少しは関係していると言えます。

膣内でのオーガズムのメカニズムはまだまだ研究の余地があります。今回紹介した以外の要因の可能性も十分にあるため、今後が楽しみです。

まだまだ謎が多い膣内でのオーガズムですが、世の中には「膣内でのオーガズムは存在しない」という話もあります。そのように言われる理由は以下の2つです。

中イキは医学的な観点から議論の余地がある

医学的な観点では、「膣内でのオーガズムとクリトリスで感じるオーガズムは違うのか」という点で議論が争われています。挿入によってオーガズムが得られることは認知されており、中イキの存在は否定されていません。しかし、挿入によるオーガズムも結局は「クリトリスへの刺激で発生している」という意見があるため議論となっています。

女性でも膣内でのオーガズムをしたことがない人が多い

クリトリスでのオーガズムをしたことある女性は比較的多いです。その一方で膣内でのオーガズムをしたことがある女性が少ないのが現実です。皆さんも身近な女性に中イキしたことがあるか聞いてみてください。おそらく、ほとんどの女性が「したことがない」と答えるはずです。中イキしたことがある女性が一部だけであれば、必ずしも存在しているとは言えません。なぜなら膣内でのオーガズムをできる女性が特殊な例である可能性があるためです。しかし、研究が進んで膣内でのオーガズムの存在が証明されるとともに、膣内でのオーガズムのメカニズムが解明されれば膣内でのオーガズムを経験できる女性も増えるかもしれませんね。

膣内でオーガズムすると気持ちいい?どんな感じなの?

ここまでの話で中イキするとどんな感じなのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。ここからは、膣内でのオーガズムに達するとどんな感じなのかお話ししていきます。

膣内でのオーガズムをした際には、「満足感が高い」「幸福感が高い」という風に言われています。クリトリスでのオーガズムに比べ、膣内でのオーガズムをしたことがある女性は少ないことから、クリトリスでのオーガズムとどちらが満足感、幸福感が高いとは言えません。ですが、膣内でのオーガズムの場合多いのはパートナーに挿入された状態でオーガズムに達するため、いつも以上に満足感、幸福感が高くなる可能性は高そうです。このことから、膣内でのオーガズムは相当気持ちいいものであることがわかります。

アンケートによると、膣内でのオーガズムをした際の身体的特徴としては「全身がビクビクする」というのが約40%を占めており、一番多いです。この症状はクリトリスでのオーガズムをした際にも多く見られるため、女性がオーガズムに達した際に共通して起こりやすい症状のようです。この他にも、お腹だけがビクビクするという人や肛門の筋肉が収縮するという人もいるようです。このことから、女性がオーガズムに達したかどうかは、全身や腹部、肛門の筋肉の収縮で判断できます。

また、膣内でのオーガズムをした時にはプロラクチンの分泌が多くなると言われています。プロラクチンは乳管への乳分泌作用と性線抑制作用を持つホルモンで、出産後の母乳分泌で重要な役割を担っています。プロラクチンが過剰に分泌されることで、出産とは関係ない乳汁分泌や生理不順、不妊などの原因となるため、注意が必要です。

膣内でのオーガズムにはプロラクチンの分泌増という注意点もありますが、満足感・幸福感が高く、非常に気持ちいいものであると言えます。膣内でのオーガズム経験者の回答や膣内でのオーガズムをした時の身体的特徴から、快感が浅いクリトリスでのオーガズムと違い、膣内でのオーガズムでは深い快感を得られると言えそうです。

女性がクリトリスでオーガズムを感じる方法

まずはクリトリスや膣以外を丁寧に愛撫する

女性をクリトリスでオーガズムを感じさせる方法としては、まずはしっかりと女性の背中や耳などを愛撫することが大切です。メインの性感帯以外を愛撫することで女性は興奮し愛液が分泌されます。愛撫する際に大事なのが焦らすことです。クリトリスや膣に触れることなく、上半身や太ももなどから愛撫していきます。そこから徐々に太ももや膣・クリトリス周辺へと近づけます。

クリトリスを手で愛撫する

性器以外の愛撫で膣が十分に濡れてきたらクリトリスに指で触れオーガズムへ導くのも一つの方法です。トロトロに濡れている膣から愛液をすくいクリトリスへ塗り潤滑剤の代わりとしますもし濡れていない場合は指を舐め唾液で濡らしてクリトリスをいじるようにしましょう。先述したようにクリトリスは多くの神経があり非常に敏感な器官ですのでクリトリスに少しでも傷がついたりするとクリトリスが膿んだりしてしまう場合があるので注意しましょう。

相手の反応をしっかりみつつ濡れたクリトリスをくるくると指でいじったり指の腹でクリトリスをピンッと弾いたりしてクリトリスを手で愛撫しましょう女性によってはチンコのようにクリトリスをしごくのも気持ちいかもしれません。丁寧にクリトリスを愛撫をすることによってあなたの手でパートナーがクリトリスでオーガズムを感じてくれることもあるかもしれませんよ。

手で十分に愛撫したらクンニでもオーガズムを感じさせる

優しく太ももなどの膣の周りからじっくりと十分に愛撫を行い、愛液で膣を濡らした後はクンニするのがおすすめです。クンニすることでクリトリスを舌で優しく責められる上、女性がいつも以上に羞恥心を感じてオーガズムに達しやすくなります。クンニをする時にも膣の周りから舐め始めて焦らすことが大切です。

クリトリスをいきなり舐められることでも女性は快感を得られますが、膣周辺から舐めることで女性の得られる快感は、クリトリスをいきなり舐めた時以上のものになります。クンニする時には最初は弱く、優しく舐めるのが良いです。そうすることで強い力で舐める時よりも、緩やかに長い時間女性に快感を与えられ、オーガズムに達しやすくなります。

膣周辺を優しく舐めた後はクリトリスを舐めていきます。ここまでクリトリスへの攻めを焦らされていた女性は、クリトリスを攻められることで非常に強い快感を得られます。ここまでくればお分かりだと思いますが、この時にもまずはクリトリスを優しく舐めていきます。そうすることで女性のクリトリスへの快感はさらに大きくなります。クリトリスを優しく舐めて十分に焦らした後は、徐々に激しくしていきます。ここにきてクリトリスを激しく高速で舐めることで、女性はクリトリスで絶頂してオーガズムに達することができます。

日本人は外国人と比べてオーガズムを感じにくいのか

日本の女性はクリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムでオーガズムを感じたことがある人は非常に少ないと冒頭で紹介しました。では、外国人と比べると日本人はオーガズムを感じにくいのでしょうか。

オーストラリアとイギリスの女性について調べたデータを見てみると、

クリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムをしたことがない人が約10%

となっています。
つまり、外国人女性は日本人女性と違い、ほとんどの人がクリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムを経験したことがあるということになります。クリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズム経験者は多いですが、その人たちも必ずしも毎回オーガズムを感じられる訳ではありません。先程のデータを見てみると、

  • 毎回オーガズムを得る女性は約10%
  • 約半数の女性は挿入でオーガズムを得るのは2回に1回以下

ということもわかります。

このことから、外国人女性がクリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムするのは毎回ではないということです。

男性であればセックスのたびに毎回オーガズムに達しますが、女性であればクリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズム経験者でも毎回オーガズムに達する訳ではありません。

さらに、外国人女性でもクリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズム未経験者が10人に1人います。

クリトリスでオーガズムを感じるためのクリイキの方法を徹底解説のまとめ

ここまでクリトリスでオーガズムが感じられるのか解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは

  • 日本人女性は外国人女性に比べてクリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムを経験した人が少ない
  • クリトリスでのオーガズムや膣内でのオーガズムの違いについては意見が別れる
  • 女性にオーガズムを感じさせるには焦らしが大切

です。

日本人女性はオーガズムに達したことがある人はほとんどいませんでした。しかし、外国人女性も必ずしも毎回オーガズムに達する訳ではないため、今後経験する人も増えるかもしれません。

今回紹介したクリトリスでのオーガズムをさせる方法などもぜひ試してみてください。

記事執筆者セックステクニシャンみぃこ」

この記事の執筆者セックステクニシャンみぃこ
元Nsセックスアドバイザーみぃこ

専門時代からマッチングアプリにドはまりしており年間で30人以上の男性との性交渉の経験を持つ。女性のオーガズムの仕組みについてかなり熱心に研究している。自身の性経験から避妊の重要性なども専門性の高い情報を持っている また元Nsとして5年間病院で従事しており、女性の体の仕組みについては精通している