性の悩み

【M男・S女は大喜び】フェラや手コキで寸止めプレイをする方法とリスク

バイブおすすめランキング

女性のみなさんは彼氏の性癖を知っていますか?実は、彼氏がM男だということを知らないという女性が多いんです。男性は、M男だということを恥ずかしいとか、彼女の前では強いイメージを持って欲しいという理由で隠すことがあります。

縄で拘束したり、痛めつけるような激しいSMプレイは苦手というカップルも、手軽に男性をいじめることができる手コキやフェラでの寸止めプレイは、密かに人気のプレイでもあります。

そして、今の彼氏も実はM男だったということも充分にあり得ます。そんな時にM男が喜ぶフェラや手コキで寸止めプレイをすると今よりセックスライフを深く楽しめることもできるのです。

この記事では「フェラや手コキでの寸止めプレイ」について

  • フェラや手コキの寸止めの方法
  • 寸止めすることによる危険性
  • 寸止めに関してのみなさんの声

以上のことについて解説していきます。

この記事を読めば、寸止めについての正しい知識ややり方が分かるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

【M男は大喜び】フェラや手コキで寸止めされると大興奮してしまう理由

M男はフェラや手コキをされていて、すぐにイカされるよりイキそうな時に寸止めされると大興奮してしまいます。その理由を詳しく紹介しましょう。

理由が分かれば、どういうシチュエーションでM男が喜ぶのかが分かり、責めのバリエーションも増やせて、セックスの時に彼氏をより虜にできます。寸止めをして彼氏をコントロールすることができれば、貴女のフェラや手コキでなければイケないということにもできます。

カップルズ

イク直前の気持ちよさが何回も味わえる

男性が気持ちよさを感じる時は射精する時です。詳しくいうと、射精感が高まって射精する直前に気持ちよさを感じます。ということは、射精する直前の気持ちいい時間を持続させることができれば快感がずっと続き、男性が強い快感を得ることができるのです。

寸止めをすることによって、「もうイク」という瞬間をなんとでも味わえることができます。もちろん、射精した瞬間が1番気持ちいい瞬間なので、その直前で止められるのはM男にとってはたまらない快感を得ることができるわけです。

射精できないつらさも快感になる

もうイキそう、でもしごくのを止められてイケない。それを何回もされたら、早くイカせてほしくてたまらなくなってしまいます。特にM男は女性から弄ばれていると思うと興奮が増します。

そして、射精の瞬間が1番気持ちいいのですが、その直前でフェラや手コキを止められる辛さも、回数を重ねていくことによって快感に変わってきます。

女性は焦らしプレイが好きといいますが、男性も同じです。してほしいことをストレートにされるよりも、焦らし続けてからしてほしいことをされるほうが、得られる快感も多くなります。

我慢しまくった後の射精の開放感がハンパない

何度もイカされそうになってからの射精は、普通に射精するより何倍も気持ちよく感じます。男性は我慢して射精する時のほうが射精に集中して頭が真っ白になるほどです。この快感を覚えてしまうと、寸止めが病みつきになってしまいます。

射精した後も快感が長く続き、射精できた解放感でしばらく何も考えられないほどの強い快感を得ることができます。女性も男性が快感に浸っているのを見ると、自分のフェラや手コキでこんなに気持ちよくなってくれたと満足感を得ることができます。

自分でするより、女性(彼女)にしてもらうことにより拘束感があり倍感じやすくなる

オナニーをする際も寸止めは有効ですが、女性にしてもらうほうが倍以上に感じることができます。もちろん、射精をコントロールしやすいのは自分でするほうが確実ですが、快感を得るということに関しては女性のフェラや手コキにはかないません。

その理由は、フェラや手コキの物理的な気持ちよさもありますが、心理的な部分が多く、女性にコントロールされているという拘束感と、寸止めを楽しんでいる女性の表情がM男にとっては、非常に興奮をしてしまうからなのです。

射精を焦らされることを快感とするよりも、女性から責められているということに快感を得るのがM男の特徴ですね。

フェラや手コキを寸止めプレイする方法

それでは、具体的にフェラや手コキの際に寸止めプレイをする方法を詳しく説明します。
難しいやり方やテクニックは必要なく、誰でもすぐに実践できるので、機会があればさっそく試してみましょう。

どの方法も共通して言えるのは、男性をしっかり観察することです。男性がどういう状態にあるのかをしっかり見極めることができれば、極限まで寸止めすることができます。これができれば、彼氏は他の女性では味わうことのできない快感を彼女から得ることができるので、浮気防止にもなります。

カップルズ

①男性(彼氏)のイク直前のサイン・特徴を把握する

男性がイク時に体にどういうサインが出るのか?普段から観察してみましょう。もちろん挿入中は女性も気持ちよく感じているので観察する余裕はありませんが、手コキやフェラの最中にしっかりと見ることができます。

男性がイク直前は、イク前の気持ちよさそうにしていた時に比べて力が入ったり声が出にくそうだったり、顔の表情が違ったりとさまざまな特徴が現れます。しかし、具体的な特徴は個人差があり、絶対にこうなるというわけではありませので、普段からパートナーがイク瞬間の特徴を把握しておきましょう。

その時、イク直前の様子だけでなく射精感が高まってきている段階も把握できればベストです。ただ、射精感が高まっているかを見抜くには彼氏との経験を、特にフェラや手コキを何度も重ねる必要があるので、焦らずじっくりと観察しましょう。

②男性がイキそうになるとフェラ・手コキを10秒間止める

イク直前の特徴が出たらフェラや手コキを10秒間止めてみましょう。男性からしてみると、イキたいのにイケない苦悶の時間です。このタイミングを把握することが寸止めの効果に関わってきます。

止めるのが早すぎたら効果はありませんし、遅すぎたら射精してしまいますので、女性はベストのタイミングを測るのに男性のことをしっかりと観察しなければいけません。

イク寸前の特徴をしっかり把握して、ギリギリで止めることができるようにしましょう。彼氏にイカせてほしいと懇願されるようになればコントロールできていると判断して良いでしょう。

③10秒間経つと、フェラ・手コキを始める

イク寸前で止めることができたら、フェラや手コキを再開しましょう。彼氏の反応を見ながら充分に射精感がおさまってからが良いでしょう。この時、はじめはゆっくりとピストンすることが大切です。

あまり急にピストンしすぎると、射精感が急激に高まってすぐに射精してしまいます。しっかりと様子を見ながら充分に射精感がおさまるのを見極めてゆっくり刺激することで、何度も寸止めプレイができます。

男性の射精を寸止めすることによる危険性

次に、寸止めプレイをすることによる危険性を紹介します。強い快感を得ることができる寸止めですが、あまりやりすぎると弊害も出てきてしまいます。

毎回寸止めをするのは避けて、適度に期間を空けましょう。強い刺激も慣れてしまっては快感を得ることができませんし、場合によっては男性に強い負担がかかり、セックスを楽しむどころではなくなってしまうからです。フェラや手コキによる寸止めによって起こり得る危険性は以下の通りです。

【逆行性射精】が起こる可能性がある

逆行性射精とは精液が陰茎の先から出ずに膀胱内に出てしまう状態です。なぜこのようなことが起きるのかというと、射精する時に、尿道口付近にある膀胱の一部である尿道括約筋が閉じるのですが、射精を我慢してしまうことで、開いたままになることがあります。

すると、膀胱に精液が流れ込んでしまいます。もちろんすぐに排出されるので問題ありませんが、継続すると炎症の原因になったり、最悪の場合は不妊の原因にもなりかねません。そもそも射精を止めてしまうということが不自然なことなので、体のためにも過度な寸止めはおすすめしません。

金たまや裏筋に痛みが出てくる

勃起する時にはちんこや金たまに大量の血液が流れ込みます。そして、射精が終わると一気に血液が引いていきます。寸止めプレイをして勃起状態を長時間継続していると、金たまなどに強い負担がかかります。そのため、何度も寸止めプレイをしていると金たまや裏筋に痛みを伴う恐れがあります。

また、射精時には金たまが陰茎のほうに引っ張られます。寸止めを何度もしていると、金たまが常に引っ張られている状態になり、これも金たまに負担が掛かってしまい、痛みの原因になってしまいます。

男性器(ちんこ)内部が痛む

金たまや裏筋以外でも男性器の全てに負担がかかるので、ちんこの内部も痛みがある場合があります。尿道ギリギリで我慢してしまうと、尿道炎になる恐れもあるので、過度な寸止めは厳禁です。

セックスの最中に痛みを感じると、不安を感じセックスを楽しめないばかりか勃起しなくなるということも考えられます。女性も満足できずに終わってまうことになりますので、痛みが出る前に射精することをおすすめします。

みなさんの声を紹介

フェラや手コキでの寸止めプレイをしているみなさんの声を紹介します。やりすぎは危険ですが、適度にするのは快感が増すのでおすすめです。

そして、意外にも寸止めプレイを効果的に使っている女性が多いのも特筆すべきポイントです。S感を出したい女性が道具を使わずに気軽にM男をいじめることができるので人気のようです。

Sっ気のある女性がよく言う感想が、イクのを我慢している顔をみるのが可愛いということです。普段の男性とは違う一面を見るのが母性本能をくすぐられるのでしょうか。

M男をいじめて我慢できない顔を見ることができるのに寸止めプレイはsexに効果的ですね。

手コキではなく、フェラの時に寸止めする女性も多いようです。フェラのほうが、イキそうな時にちんこの変化を素早く感じ取れるので、ギリギリのところで止めやすいんです。

責めの時に寸止めをした後で、男性から理性が飛んだ状態で襲われるのも女性にとっては興奮が増すようです。普段のsexがより激しくなり女性も満足できますね。

https://twitter.com/Shinita_1019/status/1511214214601670657?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1511214214601670657%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fpublish.twitter.com%2F%3Fquery%3Dhttps3A2F2Ftwitter.com2FShinita_10192Fstatus2F1511214214601670657widget%3DTweet

M男の最大の責められかたの一つに寸止めがあります。フェラや手コキで女性から射精をコントロールされるのは、自分を支配されているようで興奮度が非常に増します。

その時に、女性は楽しそうな表情や、少し悪い表情をしているとM男は喜びます。男性が気持ちいいから寸止めをしているのではなく、女性が男性を弄びたいから寸止めをしているというシチュエーションが、よりセックスを盛り上げます。

フェラや手コキで寸止めプレイをする方法とリスクのまとめ

ここまでフェラや手コキで寸止めプレイをする方法とリスクを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事のポイントは

  • 男性のイク直前の特徴をよく観察することで効果的な寸止めを行うことができる
  • 過度な寸止めは、尿道炎や不妊の原因にもなるので控える
  • 寸止めを行うことで興奮できる男女が多く存在する

です。
寸止め自体はM男に効果的ですし、女性も男性が興奮している顔を見ることができるので、今までのセックスライフをより豊かにすることができます。
しかし、激しすぎる過度な寸止めは男性の体に大きな負担が掛かりますので、適度な間隔を空けてお互いが楽しめるようにしましょう。
最後までご覧いただきありがとうございました。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング