性の悩み

処女の人に痛みなく気持ちいい手マンをする方法!前戯が一番大切!

バイブおすすめランキング

女性の膣の中に指を入れて快楽を与える手マンは、体の関係があれば、セックスのプレイの一つとして楽しむ人が多いでしょう。しかし、膣への刺激に慣れていない処女の人の場合は、手マンをすると痛がられないか、と不安に思う人も多いのではないでしょうか。

前戯は、相手の緊張をほぐすためにとても大切な行為です。もちろん、手マンを前戯に取り入れることも大切ですが、相手の女性が不快に感じないように配慮しなければ、気持ち良いセックスはできませんよね。

この記事では、

  • 処女膜についてなど処女の人に手マンをするなら知っておきたい知識
  • 手マンで処女をイカせる方法やテクニック
  • 処女の人を相手に手マンやセックスをするときに注意するべきポイント

を知ることができます。

手マンに対する考え方や、気持ち良くなるための方法はそれぞれ違います。しかし、ある程度の知識や気持ち良くなる方法を知っておけば、相手に好感を持ってもらえるはずです。処女の人と関係を持つのであれば、尚更、手マンについて知っておきましょう。ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてください。

処女に手マンをして大丈夫なのか

処女の人に手マンしても大丈なのか、と思う方も少なくありません。しかし、手マンは、処女だけでなく、経験がある女性が相手でも注意をする必要があるプレイです。手マンは、膣の中に指を入れる行為のため、衛生面への配慮をしましょう。

手マンをする前には、手をしっかり洗ったり、爪を整えたり、など清潔な状態にしてください。男性は指がゴツゴツしていたり、太かったり、と膣を傷つけてしまう場合があります。手マンで膣に傷をつけないためにも、手を清潔な状態にしておくことが大切です。

カップルズ

処女膜とは

初めてセックスをする女性には、処女膜があると言われています。膣の中にある膜をイメージする人も多いでしょう。実際には、膣内に軽く蓋をしているようなイメージで、小さな穴があいているの部分があります。

また、とても薄いため、正確にどれが処女膜なのかを判断するのは難しいです。処女膜の形状は人それぞれ異なりますが、一般的には三日月状だと言われています。大きさも人によって異なり、幕にあいている穴の数も違うので注意しましょう。

処女だからといって出血すすわけではない

セックス未経験の女性の膣にペニスを挿入すると、出血すると思っている方は多いでしょう。それは、処女膜が敗れるため、出血すると言われているからです。しかし、初めて性行為を経験したからといって、必ずしも出血するわけではありません。

実は、処女膜は、日頃の生活中で破れてしまう可能性が大いにあります。とても薄い膜になっているため、乗馬やサイクリングなど、激しい運動で処女膜を喪失することもあるでしょう。また、タンポンの使用やオナニーによって、処女膜が破れてしまう場合もあります。結論、処女膜はとてもデリケートですから、初めてのセックスでペニスを挿入する前に、破れてしまう可能性は高いです。

生理の出血と、勘違いしてしまうケースも稀にあります。生理周期を管理できるアプリに登録して、出血理由を把握するための工夫をしておくのもおすすめです。最近の機能では、生理周期だけでなく、性行為を行った日を登録でき、体の変化に気付きやすいサービスを利用できます。

痛がっているかもしれないから女性の反応をしっかり見る

処女の人は、膣を触った経験があまりなく、未開発の状態です。自分でオナニーをしている女性でも、クリトリスへの刺激がメインで、膣に指やアダルトグッズを挿入する人は少ないでしょう。そのため、いきなり激しく手マンをしてしまうと、痛いと感じる人が多いです。

彼女の反応をしっかり確認しながら、手マンをするペースや力加減などを工夫する必要があります。さらに、処女の人で膣が未開発の場合は、手マンをしても濡れにくい可能性が高いです。濡れていない状態で手マンをしてしまうと、余計に痛いと感じやすくなってしまうため注意しましょう。

彼女の反応をみながら、緊張をほぐすように、エッチを進めていくと良いでしょう。

処女をいかせる手マンをする時に重要なこと

処女の人は、まだ体が開発されていないためいかせることができないのでは、と感じる男性も多いのではないでしょうか。しかし、処女の人でもイカせるための工夫をすれば、快楽を感じてもらえます。

そこで、処女の人を手マンでいかせるために重要なポイントをまとめました。彼女を手マンでいかせたいなら、ぜひ、参考にしてください。

甘い雰囲気作り

エッチをする時は、女性は雰囲気を大切にしています。いつもと変わらない場所や、なんとなく流れで初めてsexをしてしまうと、気持ちが盛り上がりません。セックスをはじめる目には、スキンシップをしたり、しっかりと彼女への気持ちを伝えて下さい。相手を思いやる気遣いや心をほぐす言葉を使い、甘いムードを漂わせることで、彼女の気持ちを盛り上げましょう。

また、sexをする場所も、甘い雰囲気作りに重要です。人によってどういう雰囲気が好みなのかは違いますが、特別なムードを作るなら、ホテルを利用するのも良いでしょう。最近ではラブホテルでも、ムードのある施設が多いため、甘い雰囲気を作りたい時におすすめです。リラックスできる空間が好みの彼女であれば、どちらかの自宅でも問題ないでしょう。

処女を喪失するわけですから、女性が自分は大切にされていると思える甘い雰囲気を作り、特別な体験にする工夫が重要です。甘い雰囲気を作ると、女性をイカせることにつながるので、SEXや手マンの準備段階として忘れない下さいね。

カップルズ

前戯の愛撫の時間を長めにし、不安を和らげる

前戯は、極上のセックスをする上で欠かせません。そして、処女の人が初体験をする場合は、いつも以上に前戯に力を入れる必要があります。いきなり膣を触ったり、手マンをしたりしても、感じにくいです。キスや胸を触るなど、手マンをする前に、じっくりと時間をかけて愛撫をしましょう。

男性がゆっくり時間をかけて愛撫をすることで、彼女の緊張がほぐれ、不安を和らげられます。不安を感じたままだと、感じにくくなり、女性をイカせることは難しいです。まずは、不安を和らげてあげる工夫をして、手マンを気持ちよく感じてもらえるようにしましょう。

女性を大切に扱い、体だけでなく、こわばった心もほぐす気持ちで向き合ってください。

【セックスにも応用できる】処女に不安を感じさせずイカせる手マンをするやり方・方法

初めて性行為をする時は、誰でも不安を感じるものです。処女の女性でだけでなく、男性でも童貞の時は、性行為に不安を感じるでしょう。不安を感じているとイキにくくなってしまうため、やり方や方法で工夫することが大事です。

ここからは、処女が不安を感じないで、手マンでイカせるやり方や方法を解説します。SEXにも応用できる方法です。ぜひ、確認して、女性を虜にするテクニックとして活用してください。

①初めは下着の上からまんこを撫でる

不安を感じている状態で、いきなり女性器に直接触ったり、指を入れたりするのは厳禁です。気持ち良くなるどころか、反対に不快感を与えてしまうため、まずは、下着の上から優しい手つきで、女性器を撫でるようにしましょう。

押さえつけたり、強い力を入れたりせず、優しく撫でるのがポイントです。直接触るのではなく、焦らすように下着の上から撫でると、快楽が高めるメリットもあります。

最初は、相手の不安を和らげることをイメージしながら、優しく女性器を撫でてあげてくださいね。

②直接、女性器全体を触る

下着の上から優しく手で撫でて相手が慣れてきたら、次は、直接女性器を触ります。この時も強い力をかけるのではなく、優しく触ることを意識しましょう。同じ場所ばかり触らないで、女性器全体を触るのも大事なポイントです。

まだ、指を入れないで、あくまで女性器全体を触ることを意識しましょう。

③クリトリスを軽く振動させて刺激をする

愛撫や女性器全体を触られることに慣れたら、クリトリスを刺激していきます。また、愛撫で女性器が濡れているかどうかも、しっかり確認しておきましょう。手マンをする時はもちろん、クリトリスを愛撫する際も、全く濡れていない状態でするのはおすすめできません。

そして、クリトリスを触る時は、強く刺激しないで、軽く振動させるように注意しましょう。敏感な部分なので強く刺激すると、相手が驚いてしまう可能性があります。また、クリトリスの皮を剥いて刺激するのは控えましょう。クリトリスの皮を剥いて触ると気持ち良くなってもらいやすいですが、処女の人には刺激が強すぎます。まずは、触られることに慣れてもらうために、強い刺激を与えないように注意してください。

④彼女の様子を見ながらゆっくり指入れをする

クリトリスを軽く刺激してあげ、女性の体の準備ができたら、ゆっくり指を入れていきます。一般的には、2本の指で女性器を攻めるテクニックが手マンはです。しかし、処女の人に手マンをする場合は、いきなり2本の指を入れるのはハードルが高いでしょう。

まずは、女性の様子を見ながら、一本の指だけをゆっくり入れましょう。手マンは、男性器を入れるよりも力加減がしやすく、相手の様子を確認しやすいです。緊張や痛みで指がなかなか入らないこともあるかもしれませんが、相手のペースに合わせて指を入れてください。

また、相手が痛がるようであれば、中指や人差し指ではなく、小指で様子をみるやり方もおすすめです。大前提として、膣をしっかり濡らすように前戯をしてから、指を入れることも忘れないでくださいね。

⑤指を挿入し10秒間静止させる

指が入ったら、すぐに動かしたくなるかもしれませんが、焦ってはいけません。いきなり動かしてしまうと、痛みを感じてしまう可能性があるため、指が奥まで入ってもすぐには動かさないでください。

指を挿入後は、10秒間静止させましょう。初めて膣に挿入する場合は、指が入っている感覚に慣れるために少し時間が必要です。指を10秒間静止させてから、次のステップに進みましょう。

⑥ゆっくり手を動かす

エッチな動画では、高速で手マンをする男性を目にすることもあります。しかし、最初から激しく指を動かしてしまうと膣にダメージを与えてしまうかもしれません。特に、処女の場合は、指入れができるだけでも大きな進歩です。手マンをする時は、ゆっくり手を動かすように注意してください。

激しく指をピストンさせると、摩擦で痛みを感じる場合もあります。極力指の出し入れをしないで、ゆっくり手を動かすようにしましょう。また、指を動かすと言うよりは、膣内のツボを刺激して快楽に慣れてもらう方法が最適です。

処女・H童貞にしてはいけないNGなこと

誰でも初めての体験は不安が多く、失敗をしてしまうこともあるでしょう。そこで、処女やH童貞にしてはいけないNGポイントをまとめました。大切な場面で失敗を防ぐためにも、ぜひチェックしておいてくださいね。

前戯なしで手マンやセックスをしてしまう

セックスは、男性を挿入するだけの行為ではありません。前戯を疎かにして手マンやセックスをしてしまうと、気持ちよさが半減してしまいます。相手が処女の人の場合は、前戯なしで行為を進めてしまうと、痛みを感じやすくなってしまうため、特にデメリットが大きいです。

手マンをするのなら、しっかり前戯をして、女性器が濡らしてあげてください。女性が十分に濡れている状態なら、手マンやセックスに進んでもOKでしょう。

いきなりエッチしようと襲ってしまう

セックスは、相手への思いやりが大切です。雰囲気作りをしないで、いきなり襲いかかってしまうと、女性が怖がってしまいます。10代の頃や大学生など若い世代は、エッチをしたい気持ちが高まる日もあるかもしれませんが、いきなり押し倒したり、女性器を触ったりするのは控えましょう。

セックスに慣れていてお互い気持ちが高まっている状態なら、いきなりエッチをするシチュエーションもOKかもしれません。しかし、処女や大学生のH童貞の場合は、経験や余裕がなくいきなりエッチをすると、失敗の原因になりやすいため注意しましょう。

初めてなのに、強く刺激してしまうこと

愛撫や膣を触られる感覚に慣れていない場合は、強い刺激を与えると良くありません。処女の人の場合は、オナニーの経験があったとしても、強く刺激されると痛みを感じやすいでしょう。初めて性行為をする相手に愛撫する時は、「ゆっくり」「優しく」が鉄則です。

初めてでも優しい刺激であれば、相手を受け入れやすいです。また、刺激が強くて違和感があっても、言葉に出して言いにくい女性もいます。「痛くない?」「触り方大丈夫?」など、優しい言葉をかけ、相手に配慮しながら愛撫すると良いでしょう。

「痛い」と言っているのに強要してしまうこと

相手が「痛い」と主張しているのに、無理矢理に手マンをしたり、セックスをしようとしたりするのは良くありません。処女の場合は、手マンやセックスを怖いと感じている人も多いです。初めて自分の体の中に指が入いるわけですから、恐怖を感じても仕方ありません。

そんな状況で「痛い」思いをしている上に、行為を強要されるとセックスや手マンに対して、恐怖心が増してしまいます。また、痛いと感じている場合は、膣に傷がついている可能性もあるでしょう。相手の体への負担や衛生面を考えても、痛みがある時は、無理矢理行為をつづけるのは良くありません。

「痛くしてごめんね」「次はもっと優しくするね」など、相手をいたわる言葉をかけてあげましょう。濡れにくい体質の場合は、ローションを使って滑りを良くする方法がおすすめです。膣をしっかり濡らすようにすると、不快感を与えにくいでしょう。さらに、事前準備として、爪の手入れをしておくと、相手に痛みを与える可能性を軽減できますよ。

みなさんのお悩みを解消

手マンは、女性を気持ち良くなるテクニックの一つです。セックスで手マンをする機会がある男女も多いでしょう。しかし、相手や自分が処女だからこそ感じる、手マンに対する不安や疑問があるのではないでしょうか。

ここでは、手マンに対する悩みを解消できる情報をまとめました。

Q,処女です。彼氏と手マンをしてもらいました。手マンで処女膜がなくなることはあるのでしょうか?

処女膜は、大きさや形など、それそれ個人差があるものです。人によっては日常生活の中で、処女膜が破れることもあります。そのため、手マンでも処女膜がなくなる可能性は否定できません。

処女の場合は、男性が乱暴に手マンをしないように注意した方が良いでしょう。もし不安であれば、手マンではなく、愛撫で様子をみる方法もおすすめです。キスや女性器を優しく愛撫するなど、スキンシップをとって、手マンやセックスに対する心の準備をすると良いですよ。

Q.手マンで処女かどうかわかるもんなんですか?

処女膜は、デリケートな部分で扱い方が難しいです。そのため、触って確認することは困難でしょう。人それぞれ処女膜の特徴も違うため、手マンをしても処女かどうか、正確に判断するのは難しいです。

ただし、人によっては、指を入れた感覚で処女膜を確認できることもあるそうです。膣に指を入れても処女膜があると、それ以上奥に入らない場合があります。しかし、処女は指を入れるだけでも痛みを感じやすいです。処女膜を確認する前に、痛みを感じることで処女かどうかわかる相手もいるかもしれません。

Q,処女で、初体験の時って手マンやクンニ、SEXが気持ちいいと感じますか?

指入れるをする手マンや男性器を挿入するセックスは、処女の場合は、気持ちいいよりも先に痛いという感覚の方が強いかもしれません。どちらも慣れてくれば気持ち良くなるかもしれませんが、慣れるまでの期間は個人差があります。初体験で気持ちいいと感じることもあれば、数回体験していく中で快楽を実感できる人もいるでしょう。

しかし、相手の上級者でテクニックがあれば、処女でも気持ちいいと感じる可能性があります。特に、クンニは痛みを感じないため、テクニック次第で気持ちいと感じやすい方法でしょう。

セックスは、相性や相手との関係性も気持ち良くなる大切なポイントです。相手の様子を見ながら、関係を進めていくのが良いのではないでしょうか。

処女の人に痛みなく気持ちいい手マンをする方法!のまとめ

処女の人に痛みなく手マンをする方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

最後にこの記事のポイントをまとめると

  • 処女に気持ち良くなってもらうためには前戯が大切
  • 手マンやセックスへの不安を解消させるテクニックを活用する
  • 無理矢理や強引な手マンは痛み感じやすいので注意

以上となります。

手マンは、膣が開発されていれば気持ち良くなりやすいプレイですが、慣れるまでは相手への配慮が大切です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング