MENU
アダルトグッズ

【安いし気持ちいい】オナホールの代用をできるものを紹介

バイブおすすめランキング

オナホールを使ったオナニーは手でするオナニーと違ってより深い快感を味わうことができる反面、購入すると結構なお金がかかってしまうので毎回使うとなるとかなりの出費です。

もしそんなオナホを自宅で安くそれも簡単に自作、代用できるとしたら、あなたのオナニーライフが一段階も二段階も向上することは間違いないでしょう。

実は代用や自作できるオナホにはビニール袋を使うものやお肉を使うものまでかなりの種類があり、自作オナホユーザーも意外と多く、密かな人気を集めています。

そこで今回の記事ではお金をかけずにあなたを快感に誘う自作オナホールやオナホールの代用品について以下の3点について解説していきます。

  • オナホール(オナホ)自作(0円)・自家製にするメリット
  • オナホール(オナホ)の代わりになるオナホの作り方と使い方
  • オナホール(オナホ)を代用した人の体験談

本記事を読めば、あなたも自作オナホの世界にハマッてしまうこと間違いなし。自宅にあるもので簡単に作れるオナホールも紹介しているので、今日からより気持ちいオナニーを味わうこともできます。

オナホール自作(0円)・自家製にするメリット

今、密かなブームになっている自作オナホールやオナホールの代用品ですが、数々のメリットがあるからこそ人気になっています。

オナホールを自作、代用するメリットはたくさんありますが、その中でも主に以下のようなメリットがあげられるでしょう。

  • 日用品や家の道具を使って代用するので家族にバレずに気持ちいいオナニーできる
  • 自分の手を使ってオナニーをするより格段に気持ちいい
  • 使う物によっては簡易に作ることができる
  • 自作しているものは自分好みにアレンジできる
  • オナホール(オナホ)を購入するより格段に安くオナニーを楽しむことができる

ここではそれぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

カップルズ

日用品や家の道具を使うので家族にバレずに気持ちいいオナニーできる

もしオナホールを購入したとすると、それを家族から隠しておかなくてはいけません。万が一隠しているオナホールが家族にバレたらと考えると一人暮らしでない限りオナホールを購入するのはリスクが高いですよね。

その点、自作のオナホールは日用品や自宅にある道具を代用してオナホールを作るので家族にバレてしまうリスクがありません。家族バレを気にせずオナホールを使ったオナニーができるのは嬉しいですね。

自分の手を使ってオナニーをするより格段に気持ちいい

自作のものであってもオナホールを使ってのオナニーは自分の手を使ってするオナニーよりも格段に気持ちが良いです。自分の手でするオナニーにマンネリを感じているのであれば、自作オナホールを使って新しい刺激にチャレンジするのも良いですよ。

使う物によっては簡易に作ることができる

オナホールを自作するとなるとかなり手間がかかるのではと考える人も多いでしょう。しかし使うものによってはわずか2~3分で制作できるものもあり、かなり簡易に作ることができますし、代用する道具も自宅で簡単に手に入るものが多いです。

オナニーをしたいと思ってから作り始めても良いくらい簡単に時間をかけずに作れるものも多いので作り方を知っておいて損はないでしょう。

自作しているので自分好みにアレンジできる

市販のオナホールだとサイズも決まっています。キツすぎて痛いものや、逆に大きすぎて気持ち良くないものなどが大半であり、自分のペニスにぴったり合ったオナホールを見つけるのは至難の業です。

その点、自作したオナホールであれば自分のペニスにぴったり合うように挿入口を調整するなどのアレンジが容易にできます。最高に気持ちい具合のオナホールを作れるところも自作オナホールの魅力の1つでしょう。

カップルズ

オナホールを購入するより格段に安くオナニーを楽しむことができる

オナホールを自作することで、購入するより格段に安くオナニーを楽しめることは大きなメリットです。中にはわずか数円の出費で制作できる自作オナホールもあります。これなら毎日オナホールを使ったオナニーを楽しんでも出費を気にする必要はないですよね。

オナホールの代わりになるオナホの作り方と使い方

それではここから、オナホールの代わりになる自作オナホールの種類、またその作り方と使い方を解説していきます。ここではなんと10種類もの自作オナホールを紹介するので是非色々と試してもらってあなたに合った自作オナホールを見つけてください。

ビニール袋を使うオナホ

ビニール袋を使った自作オナホはどんな家にもあるビニール袋を1枚使うだけでできてしまう超お手軽な自作オナホです。

ビニール1枚で簡単に作れてしまうので、これから自作オナホに挑戦してみようという方にもおすすめできます。

ビニール袋を使うオナホの作り方

ビニール袋を代用したオナホの作り方の手順です。

  1. 縦半分に折ったビニール袋をテープで留めて筒状にする
  2. ビニール袋の中にお湯を入れる
  3. ビニール袋の口を輪ゴムで留める

まずはビニール袋の口を上にした状態で左右半分に折り、端をテープで留めて筒状にします。テープは使用時に破れるのを防ぐために、厚手の布テープなど強度があるものを選ぶようにしましょう。

次にビニール袋の中にお湯を注ぎ込みます。あまり入れすぎるとお湯がこぼれてしまうので注意しましょう。お湯の温度は人肌より少し暖かいくらいの40℃前後が良いでしょう。あまり熱すぎると火傷をしてしまう恐れがあります。お湯の温度に関してはあなたが気持ちいいと感じる温度を追求していっても良いでしょう。

お湯を入れ終えたら、ビニール袋の口を輪ゴムで留めます。この時留め方が甘いとオナニー中にお湯が漏れてきてしまうのでしっかりと留めるようにしましょう。

これでビニール袋を使ったオナホールの完成です。

ビニール袋を使う方法

それでは実際にビニール袋で作ったオナホールを使用してみましょう。

まずは自分のペニスやオナホールの内側にたっぷりとローションを塗ります。ビニール袋は摩擦が強く、ローションを付けずに挿入してしまうと滑りが悪くペニスが痛くなってしまう可能性があります。また、動かしている間にペニスと擦れてビニールが破れてしまうかもしれません。

ローションを塗ったら、ゴムで縛った側とは反対の袋の底にできた割れ目にペニスを挿入して手でビニールを握りながらスライドさせてオナニーをします。人肌に温まったお湯がビニール越しにペニスを包む感覚はなんとも気持ちが良くてハマッてしまうこと間違いなしです。

湿布を温めトロトロにして使うオナホ

湿布は水分を含むことで驚くほどトロトロになります。このトロトロになったシップは女性のアソコの感覚に凄く近いので、まるでセックスをしているような感覚を味わえるオナホールができてしまいます。

作り方も非常に簡単なので是非とも試してみて頂きたいです。

湿布を温めトロトロにして使うオナホの作り方

湿布を代用したオナホの作り方の手順です。

湿布をお湯に浸ける

湿布を40℃くらいのお湯に数時間浸けておきます。だいたい2~3時間くらいが目安ですが、色々と試してあなたに合ったプルプル具合になる時間を探ってみても良いかもしれません。

少し時間はかかりますが手順はたったこれだけです。

湿布を温めトロトロにして使う方法

プルプルになった湿布をペニスに巻き付けてオナニーをするだけです。湿布1枚でペニスを包んでもいいですし、湿布を2枚使ってペニスを挟むようにオナニーをすればより強い快感を得ることができるでしょう。

こんにゃくを使うオナホ

こんにゃくを代用したオナホは古くから日本で愛されてきた自作オナホの1つです。こんにゃくはスーパーなどで簡単に手に入りますし、値段もそこまで高くないのでお財布にも優しいです。

作り方も非常に簡単なので自作オナホデビューにはもってこいといえるでしょう。

こんにゃくを使うオナホの作り方

こんにゃくを使うオナホの作り方の手順です。

  1. こんにゃくを綺麗に洗う
  2. こんにゃくに切り込みを入れる
  3. こんにゃくをお湯に浸し人肌くらいに温める

まずはこんにゃくを綺麗に洗っていきます。こんにゃくには独特な臭いがあり、綺麗に洗っていないものを使ってオナニーをするとペニスがこんにゃく臭くなってしまいます。またオナニー中にこんにゃく臭が漂ってしまうとオナニーに集中できないので臭みが取れるまでしっかり洗いましょう。

次にこんにゃくの側面、長方形の短辺側に包丁などでペニスが入るくらいの切り込みをいれます。この時、こんにゃくを貫通させて筒状にしてもいいです。お好みの切り込みを入れましょう。

続いてこんにゃくをを少し熱めのお湯に浸し人肌くらいまで温めます。この時、こんにゃくを熱くし過ぎると火傷をしてしまうかもしれないので注意してください。

以上でこんにゃくを使ったオナホールの完成です。

こんにゃくを使う方法

こんにゃくを使ったオナニーの方法も実に簡単です。こんにゃくオナホールの切り込みを入れた部分にペニスを挿入して、あなたの好きなようにピストンさせるだけです。こんにゃくをタオルで巻けばよりしごきやすくなるのでおすすめです。

こんにゃく自体が結構スベスベなのでピストンしている時の独特な感覚は癖になってしまいます。

片栗粉を使うオナホ

片栗粉を代用したオナホはネットを中心にレシピが広まっていき、今や自作オナホの中でもかなり有名なオナホールになりました。

有名になるだけあってその気持ちよさは一押しです。

少し制作に手間がかかるのですが、このオナホールで得られる快感はその手間を惜しんででも味わってもらいたいほどです。

片栗粉を使うオナホの作り方

片栗粉を使うオナホの作り方の手順です。

  1. 水と片栗粉を準備する
  2. 水と片栗粉を混ぜ合わせる。
  3. 耐熱容器の真ん中に棒状のものを差し込む
  4. 冷蔵庫で1時間寝かせる

まずは水と片栗粉を3:1の割合で準備します。これはあくまでも目安量なので硬めの感触が好みであれば片栗粉を多めに、柔らかめの感触が好みであれば水を多めにしましょう。

次に鍋で水を沸かしたら、水で溶いた片栗粉をかき混ぜながら鍋に入れていきます。完全に混ぜ合わさったら火を止めて耐熱容器に移します。この時、耐熱容器はあなたのペニスがしっかり収まるくらい深い容器が理想です。マグカップなどでは少し深さが足りないので耐熱のコップなどが良いでしょう。

耐熱容器を置いておくと中の片栗粉がどんどん固まっていきます。棒状のものがしっかり自立できるくらい固まったら、棒状のものを中心に差し込みましょう。この時、自分のペニスよりも細いものを突き刺すようにしましょう。そうすることで後で挿入する際に適度な圧を感じることができます。

全ての工程が完了したら後は冷蔵庫で1時間寝かせることで片栗粉を完全に固めます。固まったら容器から片栗粉を取り出し、突き刺していた棒状のものを抜いて完成です。

片栗粉を使うオナホの方法

片栗粉で作ったオナホールの使用方法ですが、まずは自分のペニスやオナホールの内側にたっぷりとローションを塗りましょう。後は棒を抜いてできた穴にペニスを挿入して気持ちよくなるようにピストンさせるだけです。

片栗粉を使ったオナホールですが、突き刺す棒の大きさと片栗粉の硬さを極めれば自分のペニスにぴったりとくっつく最高のオナホールを作ることができます。是非色々と試してみて最高のオナホのレシピを完成させてください。

ゼリーを加工して使うオナホ

こちらは100均等で購入できるゼリーを代用したオナホールです。

少し手間はかかるのですが、吸水性ポリマーの感触はオナニーに最適でとても気持ち良いので挑戦する価値はあります。

作り方

ゼリーを加工してを使うオナホの作り方の手順です。

  1. 紙コップなどに園芸用ゼリーを詰め込んでいく
  2. コンドームを被せる

まずは紙コップなどの簡易的な容器に園芸用ゼリーを詰め込んでいきます。この時縁いっぱいまで詰め込むのがコツです。

次に容器の上からコンドームを被せていき、コンドームが取れないようにテープなどでしっかりと固定します。コンドームはできれば厚手のものを使用するようにしましょう。

以上でゼリーを加工して使うオナホールの完成です。

オナニーする方法

コンドームを付けた所にペニスを挿入して、好きなようにピストンをするだけです。園芸用ゼリーのプルプル感がペニスに伝わり想像以上の快感を得ることができるでしょう。

更にこのオナホールはコンドームを取り換えるだけで何度でも使用可能なのでかなり経済的なのも嬉しい点です。

【パイズリみたい】ゴム手袋を使うオナホ

ゴム手袋を代用してオナホールを作ると、まるでパイズリをしてもらっているかのような感覚をお手軽に味わうことができます。

パイズリ好きなあなたには是非とも作ってもらいたいオナホールです。

作り方

ゴム手袋を使うオナホの作り方の手順です。

ゴム手袋にお湯を入れて膨らませる

ゴム手袋にお湯を注ぎ込んでいき膨らせていきましょう。この時お湯が熱すぎるとペニスを火傷してしまう危険があるので40℃前後の人肌程度の暖かさにするのが良いでしょう。ある程度お湯を注ぎ終わったら、お湯が漏れないようにしっかりと口を結びます。

これだけでゴム手袋を使ったオナホールの完成です。

オナニーする方法

お湯を注いだゴム手袋にローションをかけて好きなようにペニスを擦りつけてみてください。まるでおっぱいのような柔らかさのゴム手袋にペニスを擦りつけることでパイズリをしてもらっているかのような感触を味わうことができます。

紙コップを使うオナホ

紙コップを代用したオナホは簡単に、本格的なオナホールを自作することができるので非常におすすめです。制作にひと手間かかりますが、逆に言えばひと手間かけるだけで本格的なオナホができる一品とも言えるでしょう。

作り方

紙コップを使うオナホの作り方の手順です。

  1. ゴム手袋をスポンジで挟み紙コップに押し込む
  2. ゴム手袋の口を広げ、紙コップの口を覆う

まずはゴム手袋をスポンジ2枚で挟み、それを紙コップに押し込んでいきます。スポンジは紙コップに完全に収まるくらいまで押し込み、ゴム手袋は口の部分が少しはみ出るくらいで良いです。

次に少しはみ出たゴム手袋の口を広げ、紙コップの口を覆うようにして固定します。テープなどを利用して動かないようしっかり固定すると良いでしょう。

以上で紙コップを利用したオナホールの完成です。

オナニーする方法

ゴム手袋の口の部分にペニスを挿入していきます。この時滑りが悪ければローションをかけると良いでしょう。後は好きなようにピストンするだけで、まるでマンコに挿入しているような快感を得ることができます。

【即席でできる】タオルを使うオナホ

いつもと違ったオナニーがしたい。けどオナホを自作するのは面倒だという方におすすめなのが、この即席でできるタオルオナホです。

タオルと輪ゴムさえあればすぐにできてしまう簡易オナホールなのでお手軽にいつもとは違たオナニーができちゃいます。

タオルを使うオナホ作り方

タオルを代用するオナホの作り方の手順です。

  1. ペニスをタオルで包む
  2. 口の部分を輪ゴムで縛り固定する。

まずはペニスをタオルで包んであげます。この時巻き数を多くすればするほど、いつものオナニーとは違ったふわふわ感を楽しむことができます。

次に口の部分が崩れないように輪ゴムで縛って固定をします。場合によっては何本も輪ゴムを使うことで、より強い締め付け感を楽しむことができるでしょう。

オナニーする方法

ペニスを包んだタオルオナホを上下にピストンさせるだけです。いつもの手コキとは違うふわふわ感があなたをより強い快楽へと導いてくれることでしょう。

またローションを垂らせばまた違ったヌルヌル感を楽しむことができますが、時間が経つとタオルがローションをほとんど吸収してしまうのであまりオススメはできません。

枕・エアクッションを使うオナホ

枕を代用したオナホは非常に簡単に作ることができます。

ただしオナホとして使用した枕を再度枕として使用するのは衛生的にも精神的にも難しいと思うので、いらなくなった枕や捨てる予定の枕でおこなうようにしましょう。

枕・エアクッションを使うオナホの作り方

枕・エアクッションを二つ折りにする

枕またはエアクッションを二つ折りにします。

実はこれだけで枕・エアクッションを使ったオナホールの完成です。

オナニーする方法

二つ折りにした枕・エアクッションの間に自分のペニスを挿入して、枕を手で固定したまま腰を振ることでペニスをピストンさせます。

自分の手でペニスをしごくわけではなく、腰を振ってピストンさせるのでよりセックスに近い感覚を味わうことができます。

肉を使うオナホ

肉を代用したオナホはよりマンコに近い快感を得ることができるので、自作オナホを使ったオナニーの中でも最高ランクの気持ちよさです。

しかしこんにゃくや片栗粉を使ったオナホールに比べると少々値が張りますので上級者向けと言っても良いでしょう。

それでもオナホールを実際に購入するよりは安く制作できるので、今までとは違う快感を味わいたい時は試してみる価値ありです。

肉を使うオナホの作り方

  1. お肉に自分のペニスが挿入できるくらいの切り込みを入れる
  2. お肉を人肌くらいの温度まで温める。

 

まずはお肉に自分のペニスが挿入できるくらいのサイズの切り込みを入れます。あなたのペニスが入るくらいのサイズのお肉を買う必要があるので、レバーの塊などがおすすめです。

次にレンジなどでお肉を人肌くらいの温度まで温めます。この時、温めすぎてしまうとお肉が固くなってしまいオナニーしても気持ちよくなくなるので注意してください。

オナニーする方法

切り込みをいれたところにペニスを挿入していきます。キツかったり滑りが悪かったりする場合はローションを塗ってみても良いでしょう。

後は好きなようにピストンしてください。本物のマンコに近い質のお肉なのでまるでマンコに挿入しているかのような快感を味わうことができます。

オナホールを代用した人の体験談

それではここで、実際に自作のオナホールを使用した人の体験談を一部抜粋してご紹介します。実際に使ったうえでの感想なので、あなたがこれから使用しようと思っている自作オナホの参考になること間違いなしです。

湿布オナホは気持ちよかったゾ

湿布オナホは気持ちよかったとの感想がありました。やはりあのプルプルの湿布でオナニーをすると気持ちいようです。

片栗粉Xの使用報告

・気持ち良さ 普通に気持ちいい

・耐久性 激しくするとすぐ壊れる。握るだけで徐々に壊れるので早めにフィニッシュさせた方が良い。

片栗粉Xというと、本記事でもご紹介した片栗粉を使って作ったオナホールの総称です。気持ちよさは文句なしのようですが少し耐久性が不安な部分があるようです。

こんにゃくオナホ、クッソ気持ちいいけどちんこと手がものすごくこんにゃく臭くなる

こちらはこんにゃくを使ったオナホを使用した感想です。気持ちよさは申し分ないようですが、こんにゃく臭さが気になったようですね。本記事でも解説しましたが作る前にこんにゃくを綺麗に洗うことが大切です。

自作オナホといえば高校の頃にせっかく片栗粉Xを作ったのに固まるまで待ちきれずデロデロのまま試用して部屋の床ベッショベショにしたことがある

こちらも片栗粉で作ったオナホを使用した人の感想です。固まるまでしっかり時間をおかないとお部屋が大変なことになるみたいですね。早まる気持ちをぐっと抑えて制作することが肝心です。

【安いし気持ちいい】オナホールの代用をできるものを紹介のまとめ

今回はオナホールの代用として、安価で手軽に作ることができる自作のオナホールについて解説していきました。

この記事のポイントは

  • オナホール(オナホ)自作(0円)・自家製にするメリット
  • オナホール(オナホ)の代わりになるオナホの作り方と使い方
  • オナホール(オナホ)を代用した人の体験談

となります。

ほとんどお金をかけることなく、手軽にいつものオナニーとは違う快感を得られるものから、中には市販のオナホールに負けずとも劣らないクオリティのめちゃくちゃ気持ち良いものまで数々の自作オナホールがありましたね。

あなたも当記事を参考にして自分に合った最高のオナホールを自作してオナニーライフをよりエンジョイしてみてはいかがでしょうか。

バイブおすすめランキング