MENU
性の悩み

どの体位が一番気持ちいい?オナニーで人気の体位を男性女性それぞれ解説

バイブおすすめランキング

あなたはいつもオナニーする時、どのような体位姿勢でしていますか?

人によってオナニーする時の体位や姿勢は全然違うことでしょう。というのもオナニーは体位によって気持ちよさが変わっていくからです。

手の動かし方は同じでも体位によって、快感ポイントが変わってくるのがオナニーの楽しい点の1つです。

その逆も然りでオナニーの体位によって体に悪影響を及ぼしてしまうこともあり得ます。

そこでこの記事では「オナニーの体位」について

  • 一般的に多いオナニーの体位
  • 悪いオナニーの体位
  • オナニーの体位を変えるメリット
  • おすすめの体位に合ったアダルトグッズ

以上のことについてご紹介していきます。

この記事を最後まで読んでいただければ、あなたに合ったオナニーの体位、気持ちいいオナニーの必要なやり方を知ることができるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 皆さんがイキやすいオナニーの体位はどれですか?
    1. 男性も女性も誰もが自分なりのオナニー体位を持っている
    2. オナニーの体位によって気持ちよさが変わると言われている
    3. いいオナニーの体位とやめた方がいいオナニーの体位について解説します
  2. 一般的に多いとされているいいオナニーの体位
    1. 男性・女性のオナニー体位を男女交えてご紹介
    2. 【女性】正常位の体勢でのオナニー
    3. 【女性】横向きで丸まった体勢でのオナニー
    4. 【女性】うつ伏せの姿勢でのオナニー
    5. 【女性】側位の体勢でのオナニー
    6. 【女性】四つん這い状態でのオナニー
    7. 【男性】仰向けの状態でのオナニー
    8. 【男性】椅子などに座ってのオナニー
    9. 【男女】立った状態でのオナニー
    10. 【男女】あぐらをかいた姿勢でのオナニー
    11. 一番気持ちいいとされているのはこの体位
  3. 悪いオナニー体位
    1. 【男性】うつ伏せの体位でのオナニー
    2. 【男女】足をピンと伸ばした体位でのオナニー
    3. この体位でのオナニーに慣れると男性の場合は膣内射精障害になる可能性がある
  4. オナニーの体位を変えるメリット
    1. 普段のオナニーとは別の場所に当たるので気持ちいい
    2. 新たな性感帯開発を行えるのでオーガズムに達せれる瞬間が増える
    3. オナニーの体位によってリラックスしてオナニーできるかが変わる
  5. 体位がわかった所でオナニーにオススメのラブグッズ
    1. Chillhana 例のバイブ
    2. 噂のピンク電マ
    3. はつまんっ!
  6. オナニーの体位を変えてよかったと思った体験談
  7. どの体位が一番気持ちいい?オナニーで人気の体位を男性女性それぞれ解説まとめ

皆さんがイキやすいオナニーの体位はどれですか?

オナニーの体位は人にとってやり方や姿勢が異なるので、イキやすいポイントは人それぞれです。あなたはどのような体位が一番気持ちいいと感じますか?

カップルズ

男性も女性も誰もが自分なりのオナニー体位を持っている

男性であっても女性であっても誰もが、自分なりのオナニー体位を持っています。人によってはイスに座りながらオナニーしたり、ベッドで横になりながらオナニーしたりとシチュエーションは様々です。

オナニーの体位によって気持ちよさが変わると言われている

同じ力加減で行うオナニーでも体位を変えることによって、気持ちよさが変わるという風に言われています。というのもオナニーの体位によっては、リラックスできる度合いが異なるので気持ちよさが全然異なるのです。なのでオナニーの体位は気持ち良くなる上で重要なものなのです。

いいオナニーの体位とやめた方がいいオナニーの体位について解説します

オナニーの体位によってはいいものと悪いものが存在します。次の見出しからは、いいオナニーと悪いオナニーのやり方について解説していきます。

一般的に多いとされているいいオナニーの体位

さて早速ここからはいいオナニー、つまり一般的にされている方が多いとされるオナニーの体位について解説していきます。

男性・女性のオナニー体位を男女交えてご紹介

オナニーの体位につきましては、男性女性に分かれてご紹介していきます。男性の方はもちろん、女性の方にもいいオナニーの体位を知ることができるので必見ですよ。

カップルズ

【女性】正常位の体勢でのオナニー

一番スタンダードな体勢でのオナニー方法です。やり方としてはまずベッドに仰向けになって寝っ転がります。あとは足をM字に開いてオナニーをするだけです。一般的なやり方ですが、人気ある体位の1つです。

正常位の体勢でオナニーするメリットとしては、一番やりやすいという点です。ベッドに寝転ぶだけでいつでもオナニーすることができて楽です。

【女性】横向きで丸まった体勢でのオナニー

横向きで丸まった姿勢でのオナニーは、正常位のオナニーと似たような姿勢で行うのが特徴ですが若干異なります。やり方としてはまず正常位と同じように仰向けになって寝転びします。その後は、体を横向きに傾けオナニーをすればOKです。

横向きになるメリットとしては、オナニーのおかずとして使うエロ動画や漫画などを見ながらオナニーをすることができる点です。正常位だとどうしても画面が見にくい状態でオナニーすることになるので、横向きの方が楽しくオナニーすることができます。

【女性】うつ伏せの姿勢でのオナニー

うつ伏せの姿勢でオナニーするためには、その名の通りうつ伏せになってクリトリスを床に押し付けて快感を与える方法です。「床オナニー」とも呼ばれています。うつ伏せのオナニーは布団の中で静かに行えるメリットがありますので、夜眠れない時とか朝起きてゆっくりする時間などに便利な体位です。

【女性】側位の体勢でのオナニー

側位というのは「横向きに寝た状態のこと」を言います。側位の状態で行うオナニーは、仰向けと同じレベルのリラックスした状態でオナニーすることができるようになります。正常位の状態と側位の状態を交互に繰り返すと、その分気持ちよさが変わることもあるのでおすすめの方法ですね。

【女性】四つん這い状態でのオナニー

四つん這いとは「両膝と両手を床につけた状態で行うオナニー」のことを言います。正常位や側位といった状態でオナニーするよりも、感度がアップするやり方として人気です。オナニーの姿勢自体はかなり恥ずかしい形になりますが、その恥ずかしいという感情も興奮してオナニーを盛り上げるためと考えれば、気持ちよさが倍増すること間違いなしです。

【男性】仰向けの状態でのオナニー

仰向けの状態でオナニーするのは、男性にとってはオーソドックスのやり方ではないでしょうか?ベッドなど寝転がって仰向けでオナニーすると、まるで女性と騎乗位をしているような気分になって興奮度が高まっていきます。

【男性】椅子などに座ってのオナニー

イスに座ってオナニーするやり方も男性にとってはオーソドックスで人気なやり方と言えるでしょう。その人気の理由としては、オナニーのおかずであるエロ動画が見やすい状態でオナニーできる点にあります。仰向けの状態のように、手でエロ動画のスマホを持つ必要はなくオナニーに全てを集中させることができます。

【男女】立った状態でのオナニー

足を地面につけて立った状態でオナニーをすることで、男性側は立ちバックの行為をして相手を犯しているような感覚、女性側は立ちバックで犯されているような感覚を味わうことができます。

【男女】あぐらをかいた姿勢でのオナニー

やり方は簡単であぐらをかきながら好きなタイミングでオナニーすればOKです。このあぐらでやるオナニーは足ピンオナニーを防ぐためにおすすめの方法です。実はこの後ご紹介しますが、足ピンオナニーはよくないオナニーとされています。

あぐらをかいていれば勝手に足をピンと伸ばすことはできないので、オナニーでついつい足ピンしてしまう方にとっては矯正の意味もあっておすすめの体位です。

一番気持ちいいとされているのはこの体位

今回紹介したいいオナニーの中で一番気持ちいいとされているのが、男性側は「イスに座ってオナニーする体位」で女性は「正常位の体位で行うオナニー」です。どちらも共通しているのが無理のない姿勢でリラックスした状態でオナニーできる点です。

悪いオナニー体位

ここからは悪いオナニーの体位についてご紹介していきます。悪いオナニーをし続けてしまうと、重要なセックスの際にイケなくなってしまうということにもなりかねませんので、もしやっている方がいれば早急に止めるようにしましょう。

【男性】うつ伏せの体位でのオナニー

うつ伏せの状態はベッドに横たわっている状態であれば、いつでも行うことができるのでついついその快感から腰を動かしてしまいがちです。たまに行うレベルであれば問題ありませんが、何度も続けてしまうとペニスに傷がついてしまう恐れがあります。

またペニスが床でのオナニーの感度に慣れてしまって、実際の行為で女性の膣に入れた際に快感を得られずイケなくなってしまうというリスクもあります。

【男女】足をピンと伸ばした体位でのオナニー

足をピンと伸ばした状態でオナニーすることは、気持ちよさ的にはかなりのものですが実際のセックスでイキにくくなってしまう可能性があります。というのも足ピンオナニーに慣れてしまうと、常に足がピンとなった状態でないとイクことができなくなってしまうからです。早い段階で我慢してやめるようにしましょう。

この体位でのオナニーに慣れると男性の場合は膣内射精障害になる可能性がある

これらの体位を繰り返してしまうと、男性は「膣内射精障害」というものになってしまうリスクがあります。膣内射精障害は簡単に言ってしまうと、女性相手とのセックスで男性側が射精できなくなってしまうことです。そのため今紹介した悪いオナニーをしている場合は、いますぐにやめて我慢するようにしましょう。

オナニーの体位を変えるメリット

ここからはオナニーの体位を変えるメリットについて紹介していきます。「同じオナニーだからわざわざ体位を変えても意味ないんじゃないの?」と思っている方は必見ですので是非ご覧ください。

普段のオナニーとは別の場所に当たるので気持ちいい

オナニーの体位を変えると、同じ力加減のオナニーでも別の場所にあたることがあるので、いつもより気持ち良くなれるメリットがあります。これは実際にやってもらうと分かるのですが、体位を変えるだけで気持ちよさが全然変わっていくのです。

気持ちよさの好みは人それぞれなので、色んな体位をやってみて自分が一番気持ちいいと思うオナニー法を見つけ出すといいと思います。

新たな性感帯開発を行えるのでオーガズムに達せれる瞬間が増える

体位を変えることで気持ちよさが異なるということもあって、新たな性感帯を開発することができたりします。自分が一番気持ちいいと思う部分を見つけ出すことができれば、あとはそこを重点的に刺激してあげることでオーガズムに達することも十分可能です。

オナニーの体位によってリラックスしてオナニーできるかが変わる

オナニーの体位によってリラックスできる度合いが異なっていきます。例えば立ちながらオナニーする体位とベッドに横になりながらのオナニーだとリラックスの度合いがかなり違います。

立ちながらだとどうしても足に負担がかかってしまうので、リラックスした状態でオナニーすることは難しいです。ベッドに横になっていれば体の負担になっている部分がないので、よりリラックスしてオナニーすることができます。

体位がわかった所でオナニーにオススメのラブグッズ

色んなオナニーの体位について知っていただいたところで、ここからはより楽しくて気持ちいいオナニーをするためのアダルトグッズについて紹介していきます。どれもオナニーを楽しくするためのおすすめとなるので、ぜひ購入を検討してみてください。

Chillhana 例のバイブ

「例のバイブ」はおすすめアダルトグッズサイトで2年連続1位を受賞した人気商品となります。例のバイブという独特な名前ということもあって、SNSでも口コミが多数掲載されていて、今ネットを中心に人気沸騰中の商品となります。

この例のバイブは、10種類のバイブレーション機能を搭載しており刺激のマンネリ化を防ぐことが可能です。それどころか人間では実現できない振動でイクという体験もできます。また多種多様なバイブレーション機能を持っていることもあって、人によっては深いオーガズムに達することも可能です。サイズもコンパクトでUSBで充電することができるので、持ち運びに便利で好きな時間にオナニーできます。

商品名Chillhana 例のバイブ
価格5,980円
充電USB充電式
特徴10種の振動で飽きない静音刺激

噂のピンク電マ

噂のピンク電マは、噂のバイブと同じくネットを中心に人気を集めているアダルトグッズです。他にも「触り心地部門」「絶妙な振動部門」「SNSで人気部門」もそれぞれ受賞している商品になります。

20種類もあるバイブレーションは、刺激のバリエーションも豊富になるので自分に合った刺激パターンを見つけやすくなります。また電マの部分は高級シリコンを利用していて、360度曲げられる仕様になっています。そのためバイブレーションの他にも、自分の好きな部分に当ててイクという体験ができます。

商品名Chillhana 噂のピンク電マ
価格5,980円
充電USB充電式
特徴20種の振動で飽きない静音刺激

はつまんっ!

「はつまんっ!」は、処女の膣内を忠実に再現して作られたキツキツのオナホールです。きつ形のオナホール業界では2022年最高傑作とも言われているオナホールです。パッケージに書かれている可愛いイラストは、有名イラスト絵師「うなさか」さんが書かれています。

挿入するとまずペニスを綺麗に包み込んでくれる子宮口が待っていて、中には360度の螺旋構造になって気持ちよさがどんどん増していきます。奥までいくと、どんどんキツくなってより気持ちいい刺激を味わうことができます。

商品名Chillhana はつまんっ!
価格5,580円
素材シリコン
特徴試行錯誤して作られた処女の膣内構造

オナニーの体位を変えてよかったと思った体験談

ここからは実際にオナニーの体位を変えた方が体位を変えてよかったなと思った体験談について紹介していきます。

僕は今までベッドに横になりながらオナニーをしていたのですが、ちょっとマンネリ化してきたので体位を変えたいなと思っていました。調べてみると立ちながらオナニーするという体位があったので早速やってみることにしました。すると今まで感じたことのない解放感で射精できて興奮度が高まりました。

立ってオナニーするのは座ってするよりも、大胆な感じで開放的な気持ちよさがすごかったです。これはちょっとハマりそうです。

私は今までオナニーは手でクリトリスをいじったりするレベルでしたが、新しい刺激が欲しいということで四つん這いになってオナニーをしてみました。すると同じオナニーのはずなのに、犯されているような気持ちになって、気持ちよさが倍増しました。

M気質である私にとっては四つん這いの姿勢は合っているなという風に感じました。実際にセックスで好きな人からバックで責められていることをイメージすると快感も倍増するので楽しいです。

最初はオナニーなんて体位を変えても対して変わらないと思っていました。ですがいざやってみると、体の向きを変えるだけで気持ちよさが変わったりしてビックリしました。私は体を横向きにしてオナニーするのが一番気持ちいいです。

体を横向きにすることで、エロ動画や画像などをスマホで見ることができるので興奮度も今までの倍以上になりました。調べてみるとまだ他にも違った体位があるみたいなので、いずれはたくさんの体位を駆使したいなと考えています。

どの体位が一番気持ちいい?オナニーで人気の体位を男性女性それぞれ解説まとめ

ここまでオナニーの体位についてご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

この記事のポイントは

  • オナニーの体位はいいものと悪いものがある
  • 同じオナニーでも体位を変えるだけで大きく変わる

です。

この記事をきっかけに新たなオナニー法を見つけ出して、あなたにとって理想的なオナニーが見つかれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。Cheeek[チーク]にはこの他にも多くの記事がございますので、是非ご覧ください。

バイブおすすめランキング