性の悩み

これであなたもカーセックスマスター!カーSEXで人気の体位と準備品

バイブおすすめランキング

カーセックスという行為に、誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

しかし、実際にやったことがある人はもちろん、カーセックスをしたことがあるという話を知人から聞いたことも、あまりないのではないでしょうか。

また、AVなどでは見たことがあっても、実際にはどのようにカーセックスをすればいいのか、何に気をつければいいのかが分かりませんよね。

そこでこの記事では、

  • カーセックスをする上で抑えておくべきポイント
  • カーセックスの前に準備しておくもの
  • カーセックスで人気の体位
  • カーセックスの注意点

について紹介します。

この記事を読んでいただければ、カーセックスはどうやってすればいいのか、カーセックスに向いている体位などが分かります!この記事を読んで、ぜひカーセックスに挑戦してみてください。

目次
  1. カーセックスをする際に体位に困ることってないですか?
    1. ドライブデート中にムラついて盛り上がる瞬間ってありますよね
    2. いざ本番となった時にスマートに動けないのはちょっとダサい
    3. カーセックスで使えるおすすめの体位をご紹介していきます
  2. カーセックスの体位を選ぶ際の抑えておきたいポイント
    1. 天井に当たらないような体位を選ぶ
    2. 車種や車のサイズに合わせた体位にする
    3. 密着できる体位を選ぶ
    4. 車の前側でするのか後部座席でするのかによって変わる
  3. 大切な愛車を汚さない・他の人にバレないために準備しておくべくグッズ
    1. ウエットティッシュ
    2. ティッシュ
    3. サンシェード
    4. 車用カーテン
    5. 折りたたみマットレス
    6. 結露取り
    7. 消臭スプレー
  4. カーセックスで人気の体位一覧
    1. 対面座位
    2. 騎乗位
    3. 正常位
    4. バック
    5. 寝バック
    6. 松葉崩し
    7. 屈曲位
    8. 背面騎乗位
    9. 側位
  5. カーセックスをする際の注意点
    1. クンニなどの前戯がしづらい分キスや雰囲気作りで濡らすように意識する
    2. 気持ちいいのに夢中になりすぎて周囲にバレないように注意する
    3. しっかりと準備をして初めての車内エッチの際におどおどしないように注意する
    4. 変な体勢や仕方で足や腰を攣ったりしないように注意する
  6. これであなたもカーセックスマスター!カーSEXで人気の体位と準備品まとめ

カーセックスをする際に体位に困ることってないですか?

カーセックスという言葉はよく耳にしますが、いざやってみると体勢がキツくて体位に困った経験、多くの人があるのではないでしょうか。普段は広々と感じている車内もセックスとなれば話は別。想像以上に狭くて苦労してしまいます。

カップルズ

ドライブデート中にムラついて盛り上がる瞬間ってありますよね

定番デートの1つであるドライブデートは男女ともに人気です。そんなドライブデートの最中に夜景の綺麗な場所など、雰囲気の良い場所に行った際にはついついムラムラして盛り上がることがよくあります。

そうなった時にはホテルに行くというのも手段の1つですが、ホテルの移動中に気持ちが盛り下がることもしばしばあります。そのため、カーセックスであれば良い雰囲気を保ったままセックスに移れるため、非常に人気です。

いざ本番となった時にスマートに動けないのはちょっとダサい

しかし、いざ本番となった時にスマートに動けないのは少しダサく、せっかく作った雰囲気も台無しになってしまいます。読者の皆さんも「自分は大丈夫」と考えているかもしれませんが、上述したようにカーセックスの際には車内がいつも以上に狭く感じてしまいます。そのため、初めてのカーセックスでスマートに動けず雰囲気が台無しになったというのはあるあるなんです。

そうならないためにも、この記事を読んでカーセックスに対するイメージを膨らませておきましょう。

カーセックスで使えるおすすめの体位をご紹介していきます

カーセックスの際に一番窮屈さを感じるのが本番中です。いつもの体位でしようとしてもなかなか上手くいかないというのはよくある話です。そのため、カーセックスを無事乗り切るためには、カーセックスに向いている大尉をしっかりと把握しておくことが大切です。

ここからはカーセックスで使えるおすすめの体位を紹介していくので、皆さん必見です。

カーセックスの体位を選ぶ際の抑えておきたいポイント

カーセックスの体位を選ぶうえで押さえておくべきポイントがいくつかあります。この記事では、そんな中から特に押さえておくべき4つのポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

天井に当たらないような体位を選ぶ

カーセックスはシートや荷室で行いますが、シートや荷室の上に足を乗せて座ると、思っている以上に天井が近く感じ、すぐの頭が当たってしまいます。カーセックス中に頭が頻繁に天井に当たってしまうとなかなか集中できません。そのため、カーセックスの際に抑えておくべきポイントの1つ目は、天井に当たらないような体位を選ぶことです。

天井に当たらない体位であれば、社内でも窮屈さを感じることなく恋人とのセックスに集中できます。

カップルズ

車種や車のサイズに合わせた体位にする

車種によって車のサイズは様々で、それによってできる体位、できない体位というのが出てきます。そのため、一概に毎回毎回同じ体位で行えば良いというわけではなく、その時々の車種や車のサイズに合わせて体位を選択する柔軟性も必要です。

ドライブデートなどに行く際には、事前にその日乗る車を把握することができるため、インターネットで車内の広さを調べるなどして、イメージを膨らませておくと良いでしょう。

密着できる体位を選ぶ

車の中はスペースが限られているため、カーセックスではいつも以上に密着できる体位を選ぶと間違いないです。密着できる体位であればスペースをあまり使わず、天井の低さなども気になりません。

さらに、セックス中終始密着できることで、いつも以上に濃厚なセックスを行えそうです。

車の前側でするのか後部座席でするのかによって変わる

カーセックスでの体位は、車の前側でするのか後部座席でするのかによって変わります。車の前側であれば基本的にはシートに座った状態で行うことになりますが、後部座席であればシートを倒すこともできるため、車の前側よりは自由な体位が可能です。

個人的には車の前側よりも後部座席をお勧めします。というのも、後部座席の窓はスモークがかかっており、外からは見えにくい仕様になっていることが多いためです。一方、車の前側は見えやすい窓にしなければならないと法律で決まっているため、どうしても外側から見えやすくなってしまっています。

大切な愛車を汚さない・他の人にバレないために準備しておくべくグッズ

カーセックスをして心と身体が満足しても、車が汚れてしまうと嫌ですよね。射精後の賢者モードも相まっていつも以上に憂鬱な気持ちで掃除することになりそうです。そんなことを避けるためにも、大切な愛車を汚さないように事前に準備しておくといいグッズがあります。

また、事前の準備により他の人にバレないようにもできるため、しっかりと行うようにしましょう。

ウエットティッシュ

ウエットティッシュはカーセックスにおいて最も重要なアイテムの1つです。カーセックス後にチンコやマンコを拭くときはもちろん、カーセックスによって汚れてしまった部分を拭くのにも最適です。

また、カーセックスの際には事前に手を洗うのが難しいということもしばしばです。そんな時にもウエットティッシュがあれば、清潔な状態でセックスを愉しめます。

ティッシュ

ティッシュもカーセックス時の必須アイテムの1つです。手マンした後の手を拭く時や、使用後のコンドームを処理する時など様々な場面での活躍が容易に思いつきます。さらに、タオルがない時などにはシートにティッシュを敷くことで、シートに愛液がつくのを防ぐことも可能です。

サンシェード

上述したように、車のフロントガラスは内側からだけでなく外側からも見えやすくなっています。そのため、フロントガラスになんの対策も施さずにカーセックスをしてしまえば、外からは丸見えになってしまいます。そんな時に活躍するのがサンシェードです。普段は日中の日除けとして活躍するサンシェードですが、カーセックス時にはフロントガラスを覆うことで外からにプライバシー保護に役立ちます。

車用カーテン

後部座席のガラスはフロントガラスよりはプライバシーが保護されていますが、それでも見えてしまうことがあります。外から完全にみられないようにしたい時には車用カーテンがおすすめです。車用カーテンを付ければ外からの視線を完全シャットアウトできます。

ただし1つ注意点があります。それは、車用カーテンを閉めている車は少し怪しく目立ってしまうことです。そのため、周囲からはカーセックスをしているという目で見られることもあります。

折りたたみマットレス

シートだと幅が狭いし、荷室だと床が硬い。そんな時にあると便利なのが折りたたみマットレスです。マットレスがあれば幅を気にすることなく柔らかい床でカーセックスできます。さらに折りたたみ式であるため普段は邪魔になることもありません。

結露取り

カーセックスは窓を閉め切って完全な密室で行うため、ガラスに結露が溜まります。結露が溜まると外側から中が見えなくなるという点では良いのですが、いざ移動しようとした際に車を動かすことができません。そんな時に結露取りがあればカーセックス後にもすぐに移動可能です。

消臭スプレー

セックスをした後は、その場に少し独特の臭いが残ってしまいます。もしそのままの状態で知人を乗せてしまった時には、カーセックスがバレてしまう原因となることも考えられます。そのため、車には消臭スプレーを用意しておき、カーセックスの後にはすぐに吹きかけましょう。

カーセックスで人気の体位一覧

ここまでカーセックスの前に準備しておくといい物について紹介してきました。ここからはいよいよカーセックスで人気の体位を紹介していきます。ぜひこれから紹介する体位の中から自分の車に合わせた体位を選んでみてください。

対面座位

まずは対面座位です。この体位は女性が男性の足の上に跨り、お互いに向き合って抱き合うような体位です。対面座位であればそのままシートに座った状態で行え、カーセックスで最も人気な体位の1つです。

騎乗位

騎乗位は男性が寝転び、女性がその上に跨る体位で、こちらも人気の高い体位です。騎乗位は天井にゆとりのある車で行うのがおすすめですが、天井の低い車でも出来ないことはありません。天井の低い車の場合は、女性に少し前屈みになってもらうと良いでしょう。

正常位

続いてはセックスで最も定番の体位である正常位です。正常位は荷室はもちろん、シートの上でも行えることから、どのような車でもおすすめできる体位です。正常位では抱き合う形にもなりやすく、周囲から隠れて行う時にも使える体位です。

バック

バックは身体の可動域が限られている車内であっても、比較的行いやすい体位です。バックも荷室とシートを問わず行えますが、男性が起き上がった状態で行うため天井を気にしなければなりません。そのため、カーセックスの際には女性に抱きつくような形で行うのがおすすめです。そうすることで天井を気にしなくてもよくなるだけでなく、密着することができ、満足度の高いセックスに繋がります。

寝バック

バックで窮屈な時には寝バックを活用しましょう。寝バックであれば高さを気にせずに行うことが可能です。さらに、寝バックはいつも以上に奥まで突くことができる体位としても有名です。そのため、動きが制限されることで女性がいつもよりは満足しにくいカーセックスにおいても、女性に気持ちいいと思ってもらえます。

松葉崩し

松葉崩しは正常位の変形スタイルで、女性の足を上げて男女が交差する体位です。車内で松葉崩しをする際には、荷室か、男性がシートから片足を下ろした状態であればやりやすいです。

松葉崩しには女性の足を男性の太腿や腰の高さまで上げる「ソフト松葉」と、女性の足を男性の肩まで上げる「ハード松葉」がありますが、より狭いスペースで行える「ソフト松葉」をカーセックスではおすすめします。

屈曲位

屈曲位は身体を二つ折りにした女性に、男性が覆い被さるような体位です。正常位の流れで行える体位で比較的やりやすいですが、女性がいつも以上に足を上げる必要があるため、屈曲位をする前には天井の高さをしっかりと気にしてあげてください。

背面騎乗位

背面騎乗位はその名の通り、女性が男性に背中を向けて行う騎乗位です。背面騎乗位は男性をシートに座らせたまま行うことができ、車内でも実現しやすい体位です。さらに、そのままの流れでバックに持ち込むこともでき、車内で様々な体位を試したい時にはおすすめです。

側位

側位は男女が横向きに寝たまま挿入する体位です。男女ともに寝転ぶ必要があるため、シートの上では難しく、荷室で行わなければならない体位です。側位は男女の密着度が他の体位に比べて高く、狭いスペースで行うカーセックスでは重宝される体位です。

カーセックスをする際の注意点

ここまでカーセックスで事前に準備するべきものから、カーセックスで人気の体位まで紹介してきました。これらを抑えておけば安心してカーセックスをできるように思いますが、やはりカーセックスにも注意しておくべき点がいくつかあります。

そこでここからはカーセックスをする際の注意点を紹介します。

クンニなどの前戯がしづらい分キスや雰囲気作りで濡らすように意識する

カーセックスでは使えるスペースが非常に限られているため、クンニなどの前戯がしづらい環境です。女性を濡らす時にクンニに頼れない分、キスや雰囲気作りを入念に行うことで濡らすことを意識しましょう。やはり女性が十分に濡れていないと、自分だけでなく相手も満足のいくセックスはできません。いつも以上にキスをしたり雰囲気に気を遣うことで、女性をエッチな気分にさせてあげましょう。

気持ちいいのに夢中になりすぎて周囲にバレないように注意する

カーセックスも通常のセックス同様に気持ちいいです。しかし、その気持ちよさに夢中になるあまり興奮して、激しくなりすぎてはなりません。もし激しくなりすぎると、車が揺れてしまったり音が外に漏れ、周囲にバレることもあります。もし周囲にバレてしまうと自分はもちろん、相手の女性も辱めを受けてしまいます。そのため、興奮はできる限り抑え、相手に安心感を与えられるようなカーセックスにしましょう。

しかし、中には周囲にバレるかもしれないというスリルを楽しめる方もいます。カーセックスをする上で周囲にバレないようにしつつ、相手がスリルを楽しめる方であれば、そのスリルを一緒に楽しむのも良いかもしれません。

しっかりと準備をして初めての車内エッチの際におどおどしないように注意する

カーセックスの前には、本記事で紹介したアイテムを事前に準備したり、車の室内空間の確認など、事前の準備をしっかりと行っておきましょう。もし準備が十分にできていなかったら、何か想定外の事態が発生した際におどおどしてしまいます。そんな姿を見せてしまったら、せっかく良い雰囲気になっていても台無しになってしまいます。たとえ初めてのカーセックスでも、初めてなことを感じさせないような堂々とした行動を取りましょう。

また、カーセックスをする時には、車をどこかの駐車場に停めることが多いかと思います。そのため、駐車場の事前確認も必須です。もし人が多かったり、長時間の駐車がNGな場合にはセックスどころではなくなってしまいます。

変な体勢や仕方で足や腰を攣ったりしないように注意する

カーセックスは車内の限られた空間で行います。そのため、いつものセックスのつもりで動いていると、変な体勢や無理のある仕方になってしまい、足や腰を攣ることが多いです。事前に車内でも無理のない体勢や仕方を把握し、自分にも優しいカーセックスにしましょう。

これであなたもカーセックスマスター!カーSEXで人気の体位と準備品まとめ

ここまでカーセックスのやり方や注意点、人気の体位について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは、

  • 車内の広さや必要な物など、事前準備が大切
  • シートや荷室など、する場所によっておすすめの体位は異なる
  • いつも以上に雰囲気作りが大切

です。

カーセックスでは、事前準備が非常に大切であることが分かりました。もし事前準備をしていなければ、相手の女性にダサいところを見せてしまうため、せっかくのカーセックスが台無しになってしまいます。しっかりと事前準備を行い、満足のいくカーセックスライフを満喫してください。

Cheeekでは、この他にもさまざまな記事を掲載しておりますので、ぜひ他の記事もご覧になってみてください。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング