性の悩み

性癖の世界は無限大!性癖の種類と性癖に関して注意点まとめ

バイブおすすめランキング

「あの人の手が好き」「セックス中は言葉責めされたい…」など、誰でも性癖やフェチを持っていますよね。性癖は細かく分類すると、なんと100種類以上存在します。胸やお尻好きなど多くの人が持っている人気の性癖から、一歩間違えると死に至るような異常性癖と呼ばれるマニアックな性癖もあり、それによって「自分はおかしいのかな?」と悩んでいる人もいるでしょう。しかし意外にも同じような性癖を持った人は、世の中にたくさんいます。

そこでこの記事では、

  • 性癖とは
  • 自分の性癖を知るメリット
  • 世の中にある性癖一覧
  • どんな性癖があっても必ず守るべきこと

について紹介します。

これを読めば、世の中にはどんな性癖があるのかがわかり、自分だけ異常なのではと思っている人の悩みも解決するかもしれません。性癖を深く理解するために、ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. あなたのフェチ・性癖はなんですか?
    1. 人の数ほど種類があるとされている性癖
    2. 人によっては何種類も性癖やフェチを持っている人も
    3. 自分自身がどんな性癖か気になったことある人も多いはず
  2. 性癖を持っている人の性癖を感じるパターン
    1. 性癖を感じるタイミングにはさまざまなパターンがあります
    2. 対人・相手に対しての性癖を感じるパターン
    3. 対自分・自分がしている行為に対して性癖を感じるパターン
    4. 対物・物に対しての性癖を感じるパターン
    5. 対生き物・生物に対しての性癖を感じるパターン
  3. 性癖の種類や内容を知るメリット
    1. 特殊性癖や異常性癖に悩んでいる方も他にも悩んで知る人がいるので孤独じゃないと知れる
    2. パートナーの性癖が一般的ではなくとも事前知識があれば多少でも理解してあげれる
    3. 自分自身がどんな性癖かが明確にわかるので今後のオナニーやSEXに活かせれる
  4. 【性癖一覧】人気なものからマニアックなものまで性癖を全種類まとめました
    1. シトフィリア(食物性愛)
    2. スコプトフィリア(窃視性愛)
    3. スコポフィリー 【脱着窃視性愛】
    4. ズー・サディズム(動物加虐性愛)
    5. タナトフィリア(死性愛)
    6. タフェフィリア(埋葬性愛)
    7. デンドロフィリア(樹木性愛)
    8. ハイブリストフィリア(犯罪性愛)
    9. ハイポクシフィリア(窒息性愛)
    10. ピロフィリア(火炎性愛)
    11. フロツーリズム(接触性愛)
    12. ペックアティフィリア 【罪科性愛】
    13. ヘマトフィリア(血液性愛)
    14. マゾヒズム(被虐性愛)
    15. マノフィリア(手淫性愛)
    16. アクロトモフィリア 【身体欠損性愛】
    17. アコースティックフィリア(音響性愛)
    18. アナスティーマフィリア(身長差性愛)
    19. アポテムノフィリア(身体欠損性愛)
    20. アベイショフィリア 【身体障害性愛】
    21. アンドロミメトフィリア(男子性転換性愛)
    22. インセスト(近親性愛)
    23. デフロランティズム(処女性愛)
    24. トランスヴェストフィリア(性転換性愛)
    25. ネクロフィリア 【死体性愛】
    26. ノソフィリア(病症性愛)
    27. ファット・フェティシズム(肥満性愛)
    28. メイシオフィリア(妊婦性愛)
    29. メノフィリア(月経性愛)
    30. オキュロフィリア(眼球性愛)
    31. オドントフィリア(歯牙性愛)
    32. オルファクトフィリア(体臭性愛)
    33. グレイブラスネス(無毛性愛)
    34. ステノラグニア(筋肉性愛)
    35. ディスモーフォフィリア(奇形性愛)
    36. トリコフィリア(毛髪性愛)
    37. ノーズ・フェティシズム(鼻性愛)
    38. ピゴフィリア(尻部性愛)
    39. ファロフィリア(巨根性愛)
    40. フォレスキン・フェティシズム(包皮性愛)
    41. フート・フェティシズム(脚部性愛)
    42. ブレスト・フェティシズム(胸部性愛)
    43. ハイグロフィリア(分泌物性愛)
    44. ラクトフィリア(母乳性愛)
    45. エフェボフィリア(青年性愛)
    46. クロノフィリア(年齢差性愛)
    47. ジェロントフィリア(老人性愛)
    48. アガルマトフィリア(偶像性愛)
    49. アンダーウェア・フェティシズム(下着性愛)
    50. クロッシング・フェティシズム(衣服性愛)
    51. サイダロドロモフィリア(列車性愛)
    52. シュー・フェティシズム(靴性愛)
    53. スモーキング・フェティシズム(喫煙性愛)
    54. ティモフィリア(財産性愛)
    55. ミソフィリア(汚損性愛)
    56. バルーン・フェティシズム(風船性愛)
    57. ピクトフィリア(画像性愛)
    58. メカノフィリア(機械性愛)
    59. ユニフォーム・フェティシズム(制服性愛)
    60. ラバー・フェティシズム(ゴム性愛)
    61. レザー・フェティシズム(皮革性愛)
    62. アムロフィリア(疑似盲目性愛)
    63. アルゴラグニア(疼痛性愛)
    64. エンドソーマフィリア(体内進入性愛)
    65. オクロフィリア(群衆性愛)
    66. オートアサシノフィリア(自己暗殺性愛)
    67. オートガイネフィリア(女性化自己暗示性愛)
    68. カトプトロノフィリア(鏡像投影性愛)
    69. コーリオフィリア(舞踏性愛)
    70. コプロラリア(猥語性愛)
    71. シンフォフィリア(災害性愛)
    72. スードゥズーフィリア(動物擬態性愛)
    73. ゼロフィリア(嫉妬性愛)
    74. ソムノフィリア(睡眠性愛)
    75. ダクライフィリア(泣哭性愛)
    76. トランスヴェスティズム(異性装性愛)
    77. トロイリズム(三者性愛)
    78. ナレートフィリア(口述性愛)
    79. ノーモフィリア(正常性愛)
    80. バイストフィリア(強姦性愛)
    81. ハーマトフィリア(失態性愛)
    82. ヒエロフィリア(聖依性愛)
    83. フォボフィリア(恐怖性愛)
    84. ホメオヴェスティズム(同性装性愛)
    85. ボラレフィリア(丸呑性愛)
    86. ポリテロフィリア(性行為連続性愛)
    87. マクロフィリア(巨人性愛)
    88. ミクロフィリア(矮人性愛)
    89. メディカル・フェティシズム(医療性愛)
    90. アラクネフィリア(蜘蛛性愛)
    91. ズー・セクシャリズム(動物性愛)
    92. スペクトロフィリア(霊体性愛)
    93. ズーフィリア(獣姦性愛)
    94. フォーミコフィリア(昆虫性愛)
    95. ミクソピック・ズーフィリア(窃視獣姦性愛)
  5. 自分自身の性癖が分かったあなたが絶対に守るべきこと
    1. 性癖の強要は絶対にしないこと
    2. 性癖だからといって痴漢などの犯罪行為になる行為は絶対にしないこと
    3. パートナーとの性癖を全面に出す性行為の際はお互いに同意を得てから行うこと
    4. 異常性癖にもさまざまな種類がある中で自分自身の異常性癖をどうしても理解してもらえない場合はカウンセリングなどの方法を必ず試すこと
  6. 実際に僕・私が出会った珍しい性癖に関する体験談
  7. まとめ

あなたのフェチ・性癖はなんですか?

性癖やフェチは世の中に数多く存在します。その中には自分では気づかないうちに身についたものもあるでしょう。世の中の人は、どのような性癖を持っているのでしょうか。

カップルズ

人の数ほど種類があるとされている性癖

何に興奮するかは人によって違いますよね。指、血管、鎖骨フェチなど割とポピュラーなものから、人に言いにくいようなマニアックなプレイまで、世の中には人の数だけ性癖が存在します。

人によっては何種類も性癖やフェチを持っている人も

フェチや性癖は必ずしもひとつとは限りません。人によっては複数あって、それを組み合わせた時に興奮するという人もいます。もし過去付き合っていた人がセックスの時にあれこれ要求をしてきて大変だったという経験があれば、もしかしたらその人は複数の性癖を持っていたのかもしれません。

自分自身がどんな性癖か気になったことある人も多いはず

自分がどんな性癖を持っているのか気になりますよね。自覚しているものから無自覚なものまであります。セックスやオナニーをしていて、「よくわからないけど今日は興奮するな…」と感じた場合、その日の行為を思い出してみてください。自分でも気づかない性癖が隠れているかもしれませんよ。

性癖を持っている人の性癖を感じるパターン

自分がどういった性癖を持っているのか自覚している場合、どのような時にそれを感じるのでしょうか。性癖を感じるタイミングを紹介します。

性癖を感じるタイミングにはさまざまなパターンがあります

自分の性癖を感じるタイミングはそれぞれ。相手の人自身に性的興奮を感じる場合や、何かのシチュエーション、または動物や無機物など人以外に感じることもあります。

カップルズ

対人・相手に対しての性癖を感じるパターン

体のパーツや年齢、服装など、相手自身に対して興奮するパターンです。相手の好みという部分で、誰でも多少なりとも持っている性癖でしょう。見ることや触ることを楽しみ、ほとんどの場合、最終的にはセックスにつながります。

対自分・自分がしている行為に対して性癖を感じるパターン

覗く、首を絞めるなど、自分がしている(されている)行為に対して性癖を感じるパターンです。その行動から生まれる服従感や背徳感、罪悪感などの心理的要素が重要。最終目標は必ずしもセックスではなく、そのシチュエーション自体が興奮材料になります。

対物・物に対しての性癖を感じるパターン

生き物ではなく、置物やオブジェに対して性癖を感じるパターンもあります。世界には道路とセックスしたり、エッフェル塔と結婚しようとした事例も。公共のものは人に迷惑がかかってしまうことが多いですが、アダルトグッズやラブドールなど、自分の所有物に対して興奮する人もいます。

対生き物・生物に対しての性癖を感じるパターン

動物や植物など、人以外の生き物に対しての性癖もあります。動物や樹木とセックスしたいなど性的感情を抱く場合や、人間同士が愛し合うようにその生き物を愛する場合もあります。

性癖の種類や内容を知るメリット

世の中にたくさん性癖の種類があるとわかりましたが、そもそも自分の性癖を知ることはなんのメリットがあるのでしょうか。

特殊性癖や異常性癖に悩んでいる方も他にも悩んで知る人がいるので孤独じゃないと知れる

一般的に特殊性癖、異常性癖と言われる性癖を抱え、「こんなことが好きなんて自分はおかしいんじゃないか」「言っては(やっては)だめなことなのかも」と不安に思う人もいますよね。しかし調べてみると世の中には同じ趣味嗜好の人がいて、悩みを共有したりなぜそのような性癖になったのかを知ることができるかもしれません。

パートナーの性癖が一般的ではなくとも事前知識があれば多少でも理解してあげれる

もしパートナーが変わった性癖だった場合、いきなりそれを目の当たりにすると引いてしまうかもしれませんよね。パートナーからすると勇気を出してやってみたのに、理解できず傷つけてしまうかもしません。一般的な性癖ではない場合、事前に調べておくと何に喜んでくれるのか理解でき、パートナーとの距離がもっと縮まりますよ。

自分自身がどんな性癖かが明確にわかるので今後のオナニーやSEXに活かせれる

自分が何で興奮するのかを知ることができれば、今後のセックスやオナニーがより捗りますよね。まずは自分が何で興奮してどんな性癖を持っているのかを知り、セックスライフを充実させましょう。

【性癖一覧】人気なものからマニアックなものまで性癖を全種類まとめました

多くの人が持つ人気の性癖から少しハードなものまで、世の中にあふれる性癖を一覧でまとめました。

シトフィリア(食物性愛)

食物や飲料の咀嚼行為や、食物を使った性的行為への性的嗜好です。人が食べている姿や咀嚼音、お店に入った時の匂いや食べ物の見た目に興奮します。クリームやチョコレートを体に塗ったり、野菜を挿入するなどのプレイを楽しむことも。

スコプトフィリア(窃視性愛)

他人の裸や服を脱ぐ姿、セックス、オナニーを盗み見ることに対しての性的嗜好です。第三者の恥ずかしい一面を覗く罪悪感や、その無防備さに興奮します。AVでものぞきというジャンルがあり、比較的ポピュラーなフェチでしょう。

スコポフィリー 【脱着窃視性愛】

人が服を脱ぐ姿に対する性的嗜好です。脱がすのではなく相手が自分で脱いでいる姿や、更衣室など着替え姿を覗いている時に興奮します。

ズー・サディズム(動物加虐性愛)

動物に対して性的虐待や暴力を振るったり、屠殺される様子に対する性的嗜好です。残酷な行為ですが、その動物が嫌いなわけではなく、むしろ可愛いと思っているからこその行為で、支配欲を満たすことで興奮します。

タナトフィリア(死性愛)

自殺やリストカットなど死を連想させるものに対しての性的嗜好です。誰かが死にそうな(死んでしまった)シチュエーション、あるいは自分自身の死を連想するなど、死を身近に感じることに興奮します。一歩間違うと命の危険もあるフェティシズムなので、いきすぎないように注意しましょう。

タフェフィリア(埋葬性愛)

葬儀や埋葬といった、死者を弔う行為に対しての性的嗜好です。死体やその故人のことが好きなわけではなく、あくまで葬儀という行為に興奮します。大抵は生まれ育った土地の埋葬方法ですが、映画やテレビなどを見て外国や昔の埋葬方法に興奮する場合もあります。

デンドロフィリア(樹木性愛)

樹木に対しての性的嗜好です。木や花などに欲情し、大きな木に体や性器を擦り付けたり、切花の花弁に精子を出したりすることで興奮します。

ハイブリストフィリア(犯罪性愛)

その特性から、社会から批判的な目を向けられがちなハイブリストフィリア。殺人や強姦、強盗など犯罪を犯した人に対しての性的嗜好です。知名度の高い犯罪者や残忍なシリアルキラーなどに性的な興奮を感じ、中には刑務所にファンレターが届くほど熱狂的な信者がつく場合もあります。

ハイポクシフィリア(窒息性愛)

パートナーに首を絞められた、もしくは絞めてほしいとお願いしたことがあれば、ハイポクシフィリアの可能性があります。首を絞める(締められる)行為や、ビニール袋などで顔を覆われ窒息状態になった時に興奮を感じます。

ピロフィリア(火炎性愛)

放火魔が持っていることもあるという性癖ピロフィリア。炎や火を見たり、火事や放火する行為に興奮します。

フロツーリズム(接触性愛)

同意を得てない相手の体や服に自分の体を擦り付けたり、触ったりすることに対する性的嗜好です。最終的にセックスが目標の痴漢行為とは少し違い、あくまで体を擦り付けているという行為に興奮します。

ペックアティフィリア 【罪科性愛】

犯罪行為に対して興奮を覚える性的嗜好、ペックアティフィリア。犯罪を犯しているスリルや背徳感に興奮し、度が過ぎると窃盗や殺人など犯罪を犯してしまう人もいます。

ヘマトフィリア(血液性愛)

血液に対しての性的嗜好です。ヴァンパイアのように血液を飲んだり飲ませたり、匂いを嗅ぐことに興奮します。血を見るだけでも心がざわめいたり、映画の流血シーンに興奮する人はヘマトフィリアの可能性があります。

マゾヒズム(被虐性愛)

「Mっぽいよね」「SとMどっち?」友人同士でそんな会話をしたことはありませんか?Mとも呼称されるマゾヒズムは、性的嗜好の中では特に知名度が高いのではないでしょうか。肉体的、もしくは精神的に相手から責められたり、一般的には苦痛とされる感覚や辱められることに興奮します。

マノフィリア(手淫性愛)

手や腕、指への性的嗜好です。手でオナニーをする手淫という意味ではなく、人の手を触りたいと感じたり、その手で自分の性器などを触られている姿を想像することで興奮します。

アクロトモフィリア 【身体欠損性愛】

足や腕が欠損している五体不満足な身体に対しての性的嗜好です。四肢が切断されている姿や、それを補う義手、義足などに興奮します。

アコースティックフィリア(音響性愛)

特定の声や音に対しての性的嗜好を、アコースティックフィリアといえます。対象は話し声や歌声、吐息、笑い声や泣き声などさまざま。声だけではなく音楽やノイズに興奮する場合もあります。

アナスティーマフィリア(身長差性愛)

カップルには少なからず身長差があるものですが、極端に身長差があることに興奮を覚える性的嗜好が、アナスティーマフィリア。極端な身長差というのは大体30cmくらいで、女性が大きい男性を好む場合もありますし、逆に男性が小さな女性に興奮を感じることもあります。

アポテムノフィリア(身体欠損性愛)

アクロトモフィリア(身体欠損性愛)は欠損した身体への性的嗜好なのに対し、身体を欠損させようとする行為への性的嗜好がアポテムノフィリア。腕や足を切り落とすことに興奮し、四肢を破壊したい願望を持っています。

アベイショフィリア 【身体障害性愛】

身体に障害がある状態への性的嗜好です。身体が不自由で松葉杖やギプス、点滴などの医療器具をつけた人に対して興奮します。ライトなものだと眼帯姿や絆創膏をつけたパターンも。

アンドロミメトフィリア(男子性転換性愛)

女性に性転換した男性への性的嗜好です。近年セクシャルマイノリティが広く認知されてきたこともあり、ニューハーフの存在も増えてきています。女性に性転換した人とセックスしたいという願望があります。

インセスト(近親性愛)

近親縁者への性的嗜好です。近親相姦という言葉がありますが、兄弟や姉妹、親などに対して興奮します。生まれてくる子供の遺伝子的な問題や倫理観から、タブー視されている性癖でもあります。

デフロランティズム(処女性愛)

処女、もしくは処女喪失への性的嗜好です。女性にとって初めての行為である処女を奪うことに興奮し、処女である女性に対して異様な執着心があります。

トランスヴェストフィリア(性転換性愛)

性転換した人へ興奮する性的嗜好です。アンドロミメトフィリア(男子性転換性愛)は男性が女性に性転換する場合だったのに対し、トランスヴェストフィリアは女性が男性に性転換する場合も含まれています。

ネクロフィリア 【死体性愛】

死体に対しての性的嗜好です。見るだけではなく実際に挿入するなど屍姦することにも興奮します。

ノソフィリア(病症性愛)

病気や病症状態にある身体への性的嗜好です。自分が苦しんだり具合が悪いのは好きではないですが、人が吐きそうだったり苦しんでいる姿に興奮を感じます。

ファット・フェティシズム(肥満性愛)

脂肪や肥満の人へ向ける性的嗜好です。一般的にはデブ専とも呼ばれており、肥満体型の人へ魅力を感じたり、興奮します。

メイシオフィリア(妊婦性愛)

妊娠してお腹が膨らんだ状態の妊婦への性的嗜好です。ぼてっとしたお腹を指して通称ボテ腹とも呼ばれ、ボテ腹フェチという呼称も。妊婦に興奮します。

メノフィリア(月経性愛)

生理の血に対する性的嗜好。ヘマトフィリア(血液性愛)と違い、あくまで生理の血や、その血がついたナプキンなどに興奮します。

オキュロフィリア(眼球性愛)

眼球への性的嗜好です。綺麗な眼をもっと覗いてみたい、触ってみたいと眼球に執着します。セックス中に相手の眼を触ったり、舐めたりすることも。また中には眼に射精したり、挿入したい、くり抜いて自分のものにしたいと考える人もいます。

オドントフィリア(歯牙性愛)

歯や牙への性的嗜好です。歯型や噛み付く行為、抜歯など、歯に関すること全般に興奮します。

オルファクトフィリア(体臭性愛)

ある一定の体臭への性的嗜好です。セックスの最中も体臭を嗅ぐことで興奮します。体臭といってもナチュラルなものだけでなく、シャンプーや香水、フレグランスなど好みはさまざまです。

グレイブラスネス(無毛性愛)

毛が無い状態への性的嗜好です。脇毛や陰毛が無い人、または剃毛することに興奮を感じます。

ステノラグニア(筋肉性愛)

筋肉質な体型の人への性的嗜好です。ムキムキの筋肉や、鍛えて引き締まった身体を見たり触ったりすると興奮します。

ディスモーフォフィリア(奇形性愛)

奇形体型への性的嗜好です。目が一つであったり唇が曲がっていたりと、歪な形をした身体や顔の人に興奮します。

トリコフィリア(毛髪性愛)

髪の毛への性的嗜好です。匂いや感触、色、長さなど髪の毛に対して異様に執着し、興奮をします。セックス中は相手の髪の毛を触ったり、陰部に擦り付けることもあります。

ノーズ・フェティシズム(鼻性愛)

鼻や鼻孔への性的嗜好です。鼻を触ったり舐めたり、SMでいうと鼻フックなど、鼻に関する行為に興奮します。

ピゴフィリア(尻部性愛)

お尻フェチの人は一般的にも多いですが、色や形に異様なこだわりがあったり、逆にお尻以外には興味がない場合はピゴフィリアかもしれません。臀部の膨らんだ部分や割れ目が好きな場合などありますが、好みのお尻ならば顔や体がどうであれ興奮します。

ファロフィリア(巨根性愛)

ペニスが大きいことに興奮を覚える性的嗜好です。サイズが長い(太い)だけではなく、勃起の持続時間が長いことにも興奮します。大抵は女性が男性に感じる場合が多いですが、男性が男性に感じるパターンも。

フォレスキン・フェティシズム(包皮性愛)

ちんこの皮やクリトリスの皮など、包皮への性的嗜好です。皮を被っている状態はマイナスに捉えがちですが、このフェチの人はいわゆる包茎やクリの厚い皮を好み、触ったり剥いたりすることで興奮を感じます。

フート・フェティシズム(脚部性愛)

太ももやふくらはぎ、足への性的嗜好です。足フェチとも呼ばれ、比較的ポピュラーなフェティシズム。ミニスカートから出るスラッとした脚や膝小僧、足指などその形や大きさに興奮します。

ブレスト・フェティシズム(胸部性愛)

乳房や乳首に対する性的嗜好です。多くの男性にとって女性の胸は性的対象ですが、大きさや形状は関係なくあくまで胸部全体に固執し、触ったり舐めたりする時に興奮します。

ハイグロフィリア(分泌物性愛)

汗やツバ、体液など体から出る分泌物に対しての性的嗜好です。セックスの際に唾液を出しながらディープキスをしたり、汗だくになった体を舐めたりすることで興奮します。ジョギングして汗をかいている人を見て欲情することも。

ラクトフィリア(母乳性愛)

母乳、授乳への性的嗜好です。母乳を飲んだり、飲ませているところを見ることに興奮を感じます。

エフェボフィリア(青年性愛)

成人が青年期(15歳前後)の男女に性的な関心をむける性的嗜好です。青年期特有のフレッシュさや、幼さの残る体や顔に対して興奮を感じます。

クロノフィリア(年齢差性愛)

年齢差がある男女に対しての性的嗜好です。20歳、30歳ほどの極端な年齢差がある状態に興奮します。

ジェロントフィリア(老人性愛)

年齢の高い人、老人に対しての性的嗜好です。老け専、枯れ専などの呼称があり、かなり歳が離れた老人とセックスしたいと感じたり、皮膚のしわやたるみ、元気のない性器などに興奮します。

アガルマトフィリア(偶像性愛)

人形や彫刻、銅像などに対する性的嗜好です。フィギュアやラブドールなど、人の形をした像を見たり触ったり、その人形に見られながらオナニーをすることに興奮します。

アンダーウェア・フェティシズム(下着性愛)

ブラジャーやパンツ、ストッキングなど下着への性的嗜好です。匂いを嗅いだり性器に擦り付けたり、異性の下着を履くことに興奮します。

クロッシング・フェティシズム(衣服性愛)

素材や生地など衣服に対しての性的嗜好です。皮やシルクなど好みはさまざまですが、その質感や手触り、匂いなどに対して興奮します。

サイダロドロモフィリア(列車性愛)

列車や汽車、電車に対しての性的嗜好です。ただの鉄道マニアではなく、列車などを触ったり匂いを嗅ぐことで、その形や部品、構造に対して興奮します。

シュー・フェティシズム(靴性愛)

靴、靴を履いた対象への性的嗜好です。ハイヒールやピンヒール、ブーツなどに執着し、その匂いを嗅いだり舐めたりすると興奮します。

スモーキング・フェティシズム(喫煙性愛)

タバコの喫煙行為への性的嗜好です。タバコを吸う人を見たり、非喫煙者がタバコを吸ってむせる姿など、喫煙姿全般を見て興奮します。

ティモフィリア(財産性愛)

財産や資産を多く持つ人への性的嗜好です。お金自体が目当てというわけではなく、あくまでお金を持っている人に対して興奮を感じます。

ミソフィリア(汚損性愛)

汚された人間、衣類などへの性的嗜好です。使用済みの下着や衣類、あるいはシャワーを浴びずに汗や排泄物で汚れている人の体へ興奮します。

バルーン・フェティシズム(風船性愛)

風船に対しての性的嗜好です。風船が膨らんだり割れたりする姿、破裂させることに興奮を感じます。

ピクトフィリア(画像性愛)

写真や動画など、映像コンテンツへの性的嗜好です。生身の人間にはなんの感情も湧かないのに、映像に対して可愛さやエロさを感じ、興奮します。

メカノフィリア(機械性愛)

機械や工業製品への性的嗜好です。自動車やバイク、電卓やスマホなどの機械をいじったり触ったりすることで興奮します。

ユニフォーム・フェティシズム(制服性愛)

制服やコスチュームに対しての性的嗜好です。制服に触れたり、制服を着た人に対して興奮します。

ラバー・フェティシズム(ゴム性愛)

ゴム素材の衣服に対しての性的嗜好です。ゴム素材の服をまとった人、または自分がゴム素材のを服を着ることでそのツルっとした質感に興奮します。

レザー・フェティシズム(皮革性愛)

皮素材の衣服に対しての性的嗜好です。動物の皮や人工のレザーに対して、その光沢や臭いに興奮します。

アムロフィリア(疑似盲目性愛)

目隠しなど、疑似的な盲目状態への性的嗜好です。手や布で目隠しをされた上で、セックスなどの性的行為を行うことに興奮します。

アルゴラグニア(疼痛性愛)

疼痛(痛み)が伴う残虐な行為や、悪条件の環境に遭遇することへの性的嗜好です。鞭打ちやスパンキング、針責めなど痛みを伴うような行為が行われていることに興奮します。

エンドソーマフィリア(体内進入性愛)

体内に進入(侵入)すること、または侵入した物体が体内に存在する状態への性的嗜好です。人間や動物、虫などをはじめ、空想の怪物などが性器、口、耳の穴などを通して進入する(される)姿を想像したり、実際に行うことで興奮します。

オクロフィリア(群衆性愛)

群衆、大人数への性的嗜好です。複数人とのセックスや、輪姦されることに対して興奮します。

オートアサシノフィリア(自己暗殺性愛)

自分が殺される状況への性的嗜好です。誰かに自分が殺される姿を想像したり、災害など人間が介さない状況で死ぬことを想像して興奮します。

オートガイネフィリア(女性化自己暗示性愛)

男性が自分を女性だと思うことへの性的嗜好です。女性になる妄想をしたり、女性服を身に着けることで興奮します。

カトプトロノフィリア(鏡像投影性愛)

鏡やモニターに投影されることへの性的嗜好です。鏡の前でセックス、オナニーしたり、ハメ撮り映像を見ることで興奮します。

コーリオフィリア(舞踏性愛)

舞踏行為への性的嗜好です。柔らかい身体やその動きや機能美を見たり、柔軟な体勢で行うセックスに興奮します。

コプロラリア(猥語性愛)

猥褻な言葉や、罵詈雑言に性的興奮に対する性的嗜好です。セックス中に相手から言ってもらったり、自分から言ったり書いたりすることで興奮します。

シンフォフィリア(災害性愛)

対象が人間ではない、シンフォフィリア。台風や地震、津波など自然災害が起こることに対する性的嗜好です。災害が起こるタイミングでオナニーをしたり、セックスすると通常よりも興奮します。

スードゥズーフィリア(動物擬態性愛)

耳やしっぽなどをつけて、動物の擬態をすることへの性的嗜好です。動物のコスプレをしながらセックスしたり、擬人化された動物に対して興奮します。

ゼロフィリア(嫉妬性愛)

強い嫉妬への性的嗜好です。自分の彼女や妻が他の誰かに犯されているのを想像したり、実際に本人たちに頼んでセックスしているところを見ることで興奮します。AVでもNTR(寝取り/寝取られ)というジャンルがあるほどポピュラーです。

ソムノフィリア(睡眠性愛)

睡眠や昏睡、気絶した状態の相手への性的嗜好です。意識のない状態の人間を見たり、触ったりすることで興奮します。

ダクライフィリア(泣哭性愛)

泣くことや泣いている姿、涙への性的嗜好です。セックス中に泣かせたり、涙を触ったり舐めることで興奮します。

トランスヴェスティズム(異性装性愛)

異性の服やアクセサリーに対しての性的嗜好です。異性の服を着たり、アクセサリーを身につけることで興奮します。

トロイリズム(三者性愛)

夫婦、カップルのなかに第三者が加わることへの性的嗜好です。この第三者は自分とパートナーの知り合いであり、知人にパートナーを晒したり自分も加わることで興奮します。

ナレートフィリア(口述性愛)

その場の状況や行動を言葉で解説したり、ナレーションをすることへの性的嗜好です。必ずしも卑猥な言葉ではなく、あくまでも今の自分、他者の状況を口に出して話すところに興奮します。

ノーモフィリア(正常性愛)

正常な状態への性的嗜好です。ルールを遵守することに極端にこだわり、慣習や信念、心情などもきちんと守っている状況に興奮します。

バイストフィリア(強姦性愛)

強姦(レイプ)、または暴力行為で服従させることによる性的嗜好です。相手が嫌がり抵抗する姿、恐怖している姿に征服感を感じ興奮します。

ハーマトフィリア(失態性愛)

失敗や失態への性的嗜好です。失敗するのは自分の場合も相手の場合もありますが、失敗の度合いや迷惑をかけている姿に興奮します。

ヒエロフィリア(聖依性愛)

宗教、聖書などへの性的嗜好です。十字架や仏像などのシンボルを見たり、教会や寺など神聖な場所を訪れることで興奮します。

フォボフィリア(恐怖性愛)

恐怖を抱く状況に対する性的嗜好です。ホラー映画を見たり、お化け屋敷に入り恐怖を味わうことで興奮します。

ホメオヴェスティズム(同性装性愛)

同性の服やアクセサリーに対しての性的嗜好です。異性の衣服に対して興奮するトランスヴェスティズム(異性装性愛)とは反対に、同性の衣服やアクセサリーを身に付けたり、性器をこすりつけたりすることに興奮します。

ボラレフィリア(丸呑性愛)

相手の口内や胃袋の中へ丸呑みされることへの性的嗜好です。くじらや大蛇、または空想上の巨大な生物に自分が丸呑みされることを想像して興奮します。

ポリテロフィリア(性行為連続性愛)

連続で何度もセックスを繰り返すことや、多くの人とのセックスへの性的嗜好です。何度もセックスをして相手が疲れている様子や、次々と相手が変わっていく様子に興奮します。

マクロフィリア(巨人性愛)

巨大な物質に対しての性的嗜好です。大きな身体の人や、戦隊ヒーローのように突如ビル並みに巨大化する身体、または巨大な建造物などに興奮します。

ミクロフィリア(矮人性愛)

小さな物質に対しての性的嗜好です。小さな身体の人や、人形のようにミニチュアサイズの人間、または建造物などに興奮します。

メディカル・フェティシズム(医療性愛)

診察、治療などの医療行為に対する性的嗜好です。病院に行って診察してもらったり、聴診器などの医療器具を当てられる行為に興奮します。

アラクネフィリア(蜘蛛性愛)

クモやムカデ、ダンゴムシなどに代表される、節足動物への性的嗜好です。クモなど節足動物を捕まえたり、体に這わせたりすることに興奮します。

ズー・セクシャリズム(動物性愛)

異性愛、同性愛などのように、動物へ愛を向ける性的嗜好です。人が人を愛するのと同じように、動物に性的な魅力を感じます。

スペクトロフィリア(霊体性愛)

幽霊や神様、天使など実在しない存在への性的嗜好です。小説や漫画の亡くなっているキャラクターや、事故物件の幽霊などに興奮し、セックスしたいという妄想を掻き立てられます。

ズーフィリア(獣姦性愛)

獣姦への性的嗜好です。ズー・セクシャリズム(動物性愛)に比べると性的な意味合いが強く、人ではなく動物に性的に興奮し、セックスしたいと思います。

フォーミコフィリア(昆虫性愛)

昆虫が衣服、皮膚などを這うことへの性的嗜好です。昆虫の足が皮膚の上を歩いたり、触れ合うことで興奮します。噛まれたり引っ掻かれたりすることに快感を感じる人もいます。

ミクソピック・ズーフィリア(窃視獣姦性愛)

動物の交尾を覗き見することへの性的嗜好です。家畜やペットなどの交尾を見て自分も興奮します。

自分自身の性癖が分かったあなたが絶対に守るべきこと

先ほどあげた性癖一覧に、あなたが当てはまるものもあったかもしれません。ですがどんな性癖を持っていても、絶対に守らないといけないことがあります。

性癖の強要は絶対にしないこと

性癖の中には、人に理解してもらいにくいものもあります。しかし自分がほかの性癖を全て理解できないように、相手が理解できないのも当然です。分かり合えないからと言って、性癖を強要することはやめてください。人間関係が崩れたり、信頼など大切なものを失ってしまうかもしれません。自分だけが満足するのではなく、相手の気持ちも尊重しましょう。

性癖だからといって痴漢などの犯罪行為になる行為は絶対にしないこと

性的嗜好の中には、犯罪行為もあります。相手の同意なく触ったりセックスを強要すること、また同意があったとしても野外での露出、暴行などは立派な犯罪です。そうすることでしか興奮できないという気持ちがあっても、第三者に迷惑をかけるような行為は絶対にやめましょう。DVDなどフィクションの世界で疑似体験したり、自分の性癖を理解してくれる人と気をつけながら楽しんでください。

パートナーとの性癖を全面に出す性行為の際はお互いに同意を得てから行うこと

パートナーとのセックスでは自分の性癖をさらけ出したいですよね。しかし相手の同意なく行うと心理的、身体的に傷つけてしまうかもしれません。お互いにどういった性癖を持っているのかを話し合い、理解しあった上でセックスを楽しみましょう。

異常性癖にもさまざまな種類がある中で自分自身の異常性癖をどうしても理解してもらえない場合はカウンセリングなどの方法を必ず試すこと

変わった性癖を持っている人は、その多くが周囲の理解を得られず、不安やストレスを抱え込んでしまいます。「もしかしたら自分はおかしいのかも…」と自分の気持ちを押し殺し続けると、いつかどこかで爆発してしまうかもしれません。まずは一人で悩まず信頼できる人に相談したり、誰にも言えない場合はカウンセリングなどの力を借りましょう。

実際に僕・私が出会った珍しい性癖に関する体験談

世の中には、パートナーが変わった性癖を持っているという人がたくさんいます。ここではそんな珍しい性癖の体験を紹介します。

マッチングアプリで知り合った彼氏の話です。セックスする時は窓やカーテンを開けっぱなしにすることが多く、なんとなく引っかかっていたのですが、そのうち公園や道路でのセックスを強要してきました…。野外や露出プレイが好きだったんですね。最初は彼に合わせたセックスを楽しんでいましたが、だんだん要求がエスカレート。真冬の寒い日に家から全裸で来てと言われてさすがに別れました。

真冬の寒い日でなければ、彼女もまだまだ露出プレイに付き合っていてくれたのではないでしょうか。セックスには相手を思いやることも大切です。

男ですが、中性的な顔立ちのせいか、当時付き合っていた彼女とセックスする時に女装させられていました。彼女の服を借りていたのですが、そのうち興味が出て自分でも買うように。人には言いにくいですが、僕たちだけの秘密だと思うと興奮します。

きっと女装が似合うような素敵なお顔立ちなんですね。カップル同士楽しめて秘密を共有できるなんて、仲も深まりそうです。

社内恋愛の彼には変わった癖があって、コピー機でわたしのおっぱいやまんこのコピーを撮るんです。誰もいなくなったオフィスでコピー機の上に乗せて何枚か撮った後それを見せられながらセックス。M気質なので私も興奮しています

同じ会社ならではのエピソード。コピーを見せてくるということは、彼は彼でS気質なのでしょうか。お互い興奮しているのであれば最高ですが、くれぐれも上司に見つからないように気をつけて楽しんでくださいね!

まとめ

さまざまな性癖についてまとめましたがいかがでしたか?

この記事のポイントは、

  • 人に対してだけではなく動物や無機物に興奮したり、人の数だけ性癖は存在する
  • 性癖を深堀りすることで自分だけではないと安心できたり、セックスやオナニーをより楽しむことができる
  • 性癖の中には比較的ポピュラーなものから、中には犯罪や死に直結するような異常性癖まである
  • どんな性癖があっても相手に強要したり、第三者に迷惑をかけるような行動は絶対に取らないようにする

ということです。

もし理解されにくい性癖があり本当の自分を出せずに苦しんでいる場合は、信頼できる人に相談したり、受け入れてもらえるように行動してみましょう。自分の性癖を理解し、自分本位にならないよう相手の気持ちを考えるのが大切です。パートナーといい関係を築き、よりセックスやオナニーを楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Cheeek[チーク]にはこの他にも多くの記事がございますので、是非ご覧ください。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング