MENU
性の悩み

高校生がラブホを利用できるの?ラブホテルの実態と注意点を徹底解説

子供から大人になるために誰しもが迎える「思春期」。性に目覚め、異性が気になり始める時期です。
18歳ころまで続くといわれる、思春期の締めくくりともいえる高校生になると、中学時代は出来なかった彼氏や彼女もでき始め、想像の世界だった「セックス」が現実のものとなりはじめる年代です。
そこで気になるのが、セックスが現実のものになり始めた高校生は、セックスをする場所としてラブホテルを使えるのかということ。
当記事では、そんな疑問を解決するために高校生のラブホ利用に関する以下の7点について解説していきます。

  • 高校生はラブホテルに憧れる年代
  • 高校生はラブホテルに入れるの?
  • 高校生がラブホを利用してばれたときはどうなる?
  • 高校生がラブホを利用してばれた事例
  • 高校生が知っておきたいラブホの知識
  • 高校生がバレずにラブホを利用する方法は?
  • 高校生のラブホの疑問Q&A

この記事を読めば高校生とラブホの微妙な関係が分かります。
性のスタートでもある高校時代に苦い思い出が残らないように、高校生のラブホ利用についての正しい知識を身に着けてください。

目次
  1. 大人だけが入れる空間であるラブホテルに憧れる高校生は多い
    1. お城の形をしていたりと幼少期から何かと気になってしまうラブホテル
    2. 最近ではラブホ女子会や推し会なども流行っておりさらに憧れてしまう
    3. 思春期の高校生ならラブホテルで彼女とイチャイチャしたいですよね
  2. でも、実際に高校生がラブホに入れるか心配
    1. 高校生がラブホを利用するには様々な壁があります
    2. 学校や親にバレて連絡されたらどうしよう
    3. 年齢確認されたらどうしよう
    4. 盗撮されたらどうしよう
  3. 実際にあった高校生のラブホ利用がバレた事例
    1. P活女子高生とおじさんがラブホに入り通報され逮捕
    2. 学校に連絡されて親バレ
    3. 規律の厳しい学校だと停学や退学になった事例も
  4. 高校生が行く前に知っておきたいラブホテルの知識
    1. 部屋選択のタイミング
    2. 料金を支払うタイミング
    3. 支払い方法
    4. 部屋のタイプ
  5. 絶対にバレない!高校生がラブホを利用する方法
    1. 制服ではなく私服で行く
    2. 堂々とカップルとしていく
    3. 先輩などが同じ経験をしているホテル選びをする
    4. 免許を取り車を持ちだしてから行く
  6. 高校生がラブホを利用する際の注意点
    1. 料金が高い場合があるのでしっかりリサーチしてから行く
    2. 自転車で行く際は学校のステッカーに気をつける
    3. 高校生と顔でバレてしまうかもしれないので対面でのチェックインをしないラブホを選ぶ
    4. しっかりとリスクがあることを理解した上で利用する
  7. 高校生が気になるラブホに関するQ&A
    1. ラブホテルのバイトは高校生でもできますか?
    2. ラブホは高校生でも宿泊できますか?
    3. 18歳の人と高校生でラブホに行けば止められたりしませんか?
  8. 高校生がラブホを利用できるの?ラブホテルの実態と注意点を徹底解説まとめ

大人だけが入れる空間であるラブホテルに憧れる高校生は多い

高校生とラブホの関係についてまず最初に思い浮かぶのが「高校生はラブホに入れるの?」ということです。
結論からいうと、法律上ラブホテルとして届け出をだしている風営法が適用されたホテルに高校生が入ることはできません。
だめだと言われると使ってみたくなるものですよね。
高校生にとってのラブホも同じで、ラブホテルに憧れる高校生は多いものです。

カップルズ

お城の形をしていたりと幼少期から何かと気になってしまうラブホテル

ラブホテルというと、お城の形をしていたり船の形をしていたりと人目につく外観をしているものが少なくありません。
特に高速道路周辺にあるラブホテルは個性的な外観のものが多く、幼少時に家族旅行で高速道路を使った際などは子供心に興味をもつもので、なにかと気になってしまった経験があるのではないでしょうか。

最近ではラブホ女子会や推し会なども流行っておりさらに憧れてしまう

最近ではラブホの使い方も多様化しています。ラブホでの女子会や推し会等は大流行していて、女の子同士でラブホを利用することも人気となっています。
女子会や推し会等は一部のラブホが発案して全国的に広まったものです。
こうしたアイデアに富んだ企画力もラブホの魅力の一つで、新しいことに敏感な高校生はなおさら憧れてしまいます。

思春期の高校生ならラブホテルで彼女とイチャイチャしたいですよね

「思春期」とは一般的に11歳前後から始まり、18歳頃まで続くといわれています。
今まで興味のなかった異性への興味が飛躍的に高まる思春期の、締めくくりともいえるのが高校時代です。
性に目覚めたこの時期、ラブホテルで彼女とイチャイチャしたくなるのは当然ですよね。

でも、実際に高校生がラブホに入れるか心配

法律上、ラブホテルとして届け出をだしている風営法が適用されたラブホテルに高校生が入ることはできないことは前述しました。これは例え18歳以上であっても高校在学中はラブホテルには入ることができません
それでは、高校生は絶対にラブホテルに入れないのでしょうか?
実は、ラブホテルとして届け出をだしていない「見た目はラブホテル」には入ることは、法律上の問題はありません
利用したいと思っているラブホテルがラブホテルとして届け出をだしているか確認してみてください。
中には人気のホテルに入りたくて、自分が高校生だということを隠して風営法が適用されたラブホテルを利用している高校もいるのが実態です。
そこでここでは、高校生がラブホテルを利用するにあたって、心配となることを考えていきます。

高校生がラブホを利用するには様々な壁があります

実際に高校生がラブホを利用するには様々な壁があります。
学校や親に連絡されたらどうしよう?年齢確認されないかな?ラブホは盗撮されるって聞いたことあるけど?等、高校生がラブホを利用するにあたっての心配事は枚挙にいとまがありません

カップルズ

学校や親にバレて連絡されたらどうしよう

高校生がラブホに入る際にまず最初にきになる点は、「学校や親にばれて連絡されたらどうしよう」と、いうことです。
親にバレるのも恥ずかしいし怒られるかもしれない、ましてや学校ともなれば先生に対して恥ずかしいという思いもありますが、最悪の場合停学や退学といった厳しい処分まで考えられます

年齢確認されたらどうしよう

「年齢確認されたらどうしよう」という心配もあります。
たばこやお酒を買う際にコンビニ等でもごく普通に年齢確認されるようにラブホに入る際にも年齢確認されるのではないだろうかという心配もあります。
特に風営法が適用されるラブホテルの場合は、違反するとホテル側が処罰を受ける可能性があるので、ホテルも高校生の利用については慎重になっている可能性もあります。

盗撮されたらどうしよう

これは高校生に限ったことではないのですが、ラブホを利用する際に「盗撮されたらどうしよう」という心配もあります。
AV等で盗撮ものや流出ものが出回っているのを見ると、知らない間に自分が出演してしまうのでは?と考えてしまってラブホに入れないという高校生も数多くいます。

実際にあった高校生のラブホ利用がバレた事例

それでは高校生がラブホに入ったことによるトラブルはあるのでしょうか?
ここでは、実際に高校生がラブホを利用してバレたしまったことや、大きなトラブルになった事例をいくつかご紹介していきます。

P活女子高生とおじさんがラブホに入り通報され逮捕

P活:いわゆるパパ活、食事やデートをしてお小遣いをくれるパパ的なおじ様を見つけること。援助交際との違いは肉体関係があるかないか。

女子高生がP活でおじさんとラブホにはいりおじさんが逮捕されてしまった、という例があります。
浮気調査等の際もそうですが、ラブホに入る=肉体関係とみなされます。
P活女子とパパが「肉体関係はない」と言い張っても、親からも学校からも世間からも肉体関係があったとみなされてしまいます。
警察も例外ではなく、ラブホが未成年買春と判断し警察に通報しておじさんが女子高生を買春したとして逮捕されたという事例があります。

学校に連絡されて親バレ

同じ学校に通う生徒同士のカップルがラブホに行き、学校に連絡されてしまい学校が親に注意して親バレという事例があります。
これは高校生カップルが深く考えもせずに、制服のままラブホに入ってラブホスタッフに注意されたことが発端で、彼氏のほうが切れてしまいスタッフにからみだしたのが原因でした。
さあ、これからいよいよセックスしようというときに水を差されたのですから、切れてしまう気持ちはわかりますが、絶対にやってはいけないことですね。
そもそも制服のままラブホに入ること自体が、世間をあまりに知らなさすぎる行為といえます。

規律の厳しい学校だと停学や退学になった事例も

前述したように、なにが原因で学校にバレてしまうかわかりません。
学校にバレた場合、注意だけで済む学校もありますが中には規律の厳しい学校もあり、停学処分になることもあります。また学校によっては退学にされたという事例もあるので、学校にバレるようなリスクのあるラブホ利用の仕方は避けましょう。

高校生が行く前に知っておきたいラブホテルの知識

基本的に風営法の適用されるラブホを高校生が使うことはNGです。
学校や親にバレて処分を受けることもそうですが、そもそもが法律違反なのでもしどうしても行きたいのであれば、風営法の適用されない「見た目はラブホテル」を利用するようにしましょう
とはいえ、実際に高校生が風営法の適用されるラブホテルを利用したくなる場面があるのが実態なので、ここでは高校生がラブホを利用する前に知っておきたいラブホテルの知識について解説しておきます。

部屋選択のタイミング

ラブホを利用するにあたり、まずすることはお部屋の選択です。
カップルで利用するにしても、女子会で利用するにしても可愛くて清潔感のある落ち着ける部屋を選択したいもものです。
そこでここではラブホによって違う、部屋選択の方法について説明します。

無人タッチパネル式

ラブホテルはタッチパネルでお部屋を選ぶことが多くなっています。
無人タッチパネル式は、入口で部屋と宿泊か休憩かを選べばその後はスタッフと顔を合わせることなく部屋までいけるのが特徴です。
鍵の受け渡しはなく、部屋を選ぶと選んだ部屋の鍵が開いて部屋に入ると自動的に鍵が閉まる方式が多くなっています。
一度閉まるとチェックアウトまで開かなくなるので、二人そろって入るようにしましょう。
また、例外はありますが使用中の外出が出来ない場合も多いので覚えておいてください。

フロントタッチパネル式

フロント横にタッチパネルがあり、タッチパネルでお部屋と宿泊か休憩かを選ぶ形式です。
フロントにスタッフがいるのが無人タッチパネルとの大きな相違点ですが、無人タッチパネルと同様、自動でお部屋の鍵が開く場合もあるので、その場合は無人タッチパネル式と利用方法に大きな相違点はありません。
一方、タッチパネルでお部屋を選んだあとフロントで鍵を受け取るホテルもあります。
こちらについては次にご紹介するルームキーフロント直渡し式の中でご紹介します。

ルームキーフロント直渡し式

フロント横のタッチパネルでお部屋を選んだあとフロントで鍵をうけとる場合と、お部屋が全室共通の作りになっていてホテル側で部屋の割り当てを決めたうえで「何号室にどうぞ」と部屋の鍵を渡してくれるタイプがあります。
どちらかというと一般の宿泊施設と近い方式なので、こちらのほうがなじみがあるという方も多いのではないでしょうか。

料金を支払うタイミング

次は料金を支払うタイミングについて解説していきます。
大きく分けると「前払い」と「後払い」
この二つの支払うタイミングについての特徴をみていきましょう。

前払いパターン

基本的にはラブホテルの支払いはチェックアウト時に支払う後払いが多いのですが、最近はチェックイン時に代金を支払う前払いパターンのホテルも増えてきています。
前払いパターンをとっているホテルはフロントのあるホテルが多く、フロントで代金を支払ったあと部屋の鍵をもらうことになります。

後払いパターン

チェックアウト時に料金を支払うのが後払いパターン、ラブホテルの場合、延長したり室内で飲食等のサービスを受けたりして部屋代以外の料金もかかることが多いため、先払いより後払いのホテルの方が一般的といえます。
一概には言い切れませんが後払いの場合は自動精算機を利用するホテルが多くなっています。

支払い方法

次は支払い方法について説明していきます。
支払い方法とはいっても、高校生の場合カード払いについての情報はあまり必要ないので、現金かカードか等の支払い方法ではなく、支払う方式についての説明となります。

客室精算機タイプ

客室に精算機があり、その精算機を使って支払いするタイプです。
フロントのない非接触型のホテルに多く、スタッフと顔を合わせることなく支払いができるメリットがあります。
高校生が利用するには一番安心感のあるタイプといえます。

直接部屋まで集金に来るタイプ

こちらはあまり多いタイプではなく、どちらかというと昔ながらの連れ込み旅館的な施設に見受けられます。
中には集金にきても顔を合わせなくてすむように、集金用の小窓が部屋についているタイプのホテルもあります。高校生が利用するには、このタイプのほうがありがたいですね。

フロント自動精算タイプ

フロントに自動精算機が設置してあるタイプです。
スタッフと顔を合わせることなく支払いができることは高校生にとっては大きなメリットとなります。
しかしながら、フロントで多少時間をとられるために、他の利用者と顔を合わせてしまうリスクはあります。

フロント対面精算タイプ

昔ながらのフロントでスタッフに支払いをするタイプです。
スタッフと顔を合わせることになってしまうため、高校生が利用するには少し勇気が必要になります。

エアシュータータイプ

客室精算機タイプと同様、客室でスタッフと顔を合わせずにエアーシューターというカプセルを使って支払いができるタイプです。
かなり昔に流行ったタイプで、自動精算機を新たに導入するよりもそのまま使った方が設備投資が少なくて済むので利用しているホテルが多いようです。
理由はどうであれ顔を合わせずに支払えるのは高校生にとっては大きなメリットとなります。

部屋のタイプ

ここではラブホテルの部屋のタイプについてご紹介していきます。
各タイプの特徴を理解して上手に利用してください。

ビルホテルタイプ

比較的街中に多いタイプがビルホテルタイプです。
マンションのように一つの建物の階数ごとに複数の部屋が並んでいるタイプです。
ホテルといったらこのタイプをイメージする方も多いことでしょう。

ワンルームガレージタイプ

車での利用がメインとなる比較的郊外に多いタイプです。
部屋ごとにガレージがついていて、人と顔を合わせなくてすむ非接触型のホテルとなっているのが通例です。
ホテルの中でもモーテルと呼ばれるのがこのタイプとなります。

独立戸建てタイプ

ワンルームガレージタイプのプライバシー保持を更に進化させたのがこのタイプです。
ホテルというよりもコテージというイメージで考えた方が分かりやすいかもしれません。

絶対にバレない!高校生がラブホを利用する方法

繰り返しになりますが、高校生が風営法の適用されるラブホテルに入ることは禁止されています。基本的には堂々とラブホテルに入れる年齢になるまで待ちましょう。
とはいっても、思春期である高校生が人気のラブホを利用したいと思う気持ちも分かります。
ここでは、高校生がどうしてもラブホを利用したくなった時にどうすればバレないで利用できるかという方法について考えてみましょう。

制服ではなく私服で行く

当然ですが制服ではなく私服で行きましょう。
大丈夫だろうとたかをくくり、制服を着ていったのでは「私は〇〇高校の高校生です」と宣伝しているようなものです。
未成年に利用させるとホテル側が罰せられるので、ホテルとしても利用を断るか通報するかしか方法がなくなります。

堂々とカップルとしていく

人気があるラブホに入ってみたいからと一人でいくと、一人利用可のホテルでも警戒されますし、女子会等で複数人で使おうとすると飲酒がともなう可能性も高いことから、年齢にたいしてシビアに判断されます。
また、おどおどしていると当然のように怪しまれます。
どうしてもラブホを利用したい場合は堂々とカップルとしていきましょう。

先輩などが同じ経験をしているホテル選びをする

先輩などが高校時代に利用したことがあるホテル選びをするのも、成功のコツといえます。
過去に同じ経験をしたことがある人がいるということは、年齢に対するチェックが甘い可能性があるからです。
しかし、その時の担当スタッフによっても年齢の判断基準は違いますし、利用する人の見た目にも左右されます、大丈夫だと言い切れるわけではないので「利用できる可能性が高くなる」という参考程度として考えてください。

免許を取り車を持ちだしてから行く

イメージが大切なホテルとしては、できることならお客さんとのトラブルは避けたいものです。
免許を取り車で来たお客様は18歳以上であるということは確定しますので、ホテル側から年齢についての追求をされる可能性はグンと低くなります。
ホテル側も高校生が車で来るとは思わないですよね。

高校生がラブホを利用する際の注意点

バレないための工夫をしてやっとの思いでラブホを利用する際に注意しておかなければならない点もあります。
ここでは高校生がラブホを利用する際の注意点をご紹介します。

料金が高い場合があるのでしっかりリサーチしてから行く

ラブホの料金システムは意外と複雑でわかりにくいものです。
おしゃれでサービスのいいホテル等では、料金が高い場合もあります。
昨今ではネットを見るとすぐに料金が分かるので、料金についてしっかりと調べてから行きましょう。

自転車で行く際は学校のステッカーに気をつける

日常的に使用している自転車の場合、つい忘れてしまいがちなのが学校のステッカーが貼ってあることです。
学校のステッカーは制服と同じで自分が高校生であることを宣伝しているようなものです。
ホテル側も怪しいと思えば自転車を調べる可能性もあります。
ラブホテルに行く際に、もし自転車を使うのであれば学校のステッカーに気を付けましょう。

高校生と顔でバレてしまうかもしれないので対面でのチェックインをしないラブホを選ぶ

チェックイン時やチェックアウト時、支払い時等にスタッフを顔をあわせると顔で高校生とバレてしまう可能性もあります。
多少大人びて見える高校生でも、大人からみると一目瞭然なことも。
チェックイン時等に対面しないですむ非接触型のラブホを選びましょう。

しっかりとリスクがあることを理解した上で利用する

高校生がラブホを利用するにあたって、ここでご紹介したリスク以外にも様々なリスクが考えられます。
やはり基本的には高校を卒業するまではラブホを利用しないほうが賢明です。
どうしてもラブホを使いたいのであれば、学校バレや親バレ等のリスクがあることをしっかり理解した上で利用するようにしましょう。

高校生が気になるラブホに関するQ&A

高校生がラブホを利用するために気になることは多いですよね。
ここでは高校生が気になるラブホに関するQ&Aをご紹介します。

ラブホテルのバイトは高校生でもできますか?

ラブホテルとしての届け出をし、風営法の適用されるラブホテルでのバイトは高校生では出来ません。
これは18歳になっていても同じで、18歳未満および高校在学中のラブホテルのバイトは風営法で禁止されているからです。

ラブホは高校生でも宿泊できますか?

ラブホテルとしての届け出をしていない「見た目はラブホ」であれば宿泊できます。
しかしラブホテルとして届け出をしている風営法の適用されたラブホテルには、高校生が宿泊はおろか入ることも法律で禁止されています

18歳の人と高校生でラブホに行けば止められたりしませんか?

ラブホテルとして届け出している風営法の適用されたラブホテルに高校生が入ることは禁止されています。
これは18歳以上の人が同伴でラブホテルに行く場合も同様に禁止されています。
むしろ18歳以上の人が18歳未満の人と一緒にラブホにいくと、その18歳以上の人が罰せられる可能性もあります

高校生がラブホを利用できるの?ラブホテルの実態と注意点を徹底解説まとめ

ここまで高校生のラブホ利用について説明してきましたがいかがでしたでしょうか?
高校生がラブホを利用するには、様々なリスクがあることがお分かりいただけたことと思います。

この記事のポイントは以下の7点です。

  • 高校生はラブホテルに憧れる年代
  • 高校生はラブホテルに入れるの?
  • 高校生がラブホを利用してばれたときはどうなる?
  • 高校生がラブホを利用してばれた事例
  • 高校生が知っておきたいラブホの知識
  • 高校生がバレずにラブホを利用する方法は?
  • 高校生のラブホの疑問Q&A

この記事を読んで高校生とラブホの微妙な関係について理解し、思春期の集大成「高校時代」に最高の性のスタートを切ってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
Cheeek[チーク]にはこの他にも多くの記事がございますので、是非ご覧ください。