性の悩み

オナ禁中の汁遊びについて徹底解説!汁遊びのメリットとデメリット

みなさんはオナ禁したことはありますか?オナ禁はテストステロンが増え男らしくなったり、自制心が強くなったりと、メリットがたくさんありますので、これまでやってみたという方も多いのではないでしょうか。

そんなオナ禁中、「汁遊び」という行為によってオナ禁を無理なく実施できるをご存知でしょうか?どうしてもオナニーを我慢できない人は、汁遊びによって射精欲を抑えている人がいます。

今回の記事は、

  • オナ禁中の汁遊びとは何か
  • オナ禁中にする汁遊びのメリットとデメリット
  • オナ禁中に汁遊びしてしまう人の悩み
  • オナ禁中の汁遊びをしてしまう状況から脱出する方法

をご紹介していきます。汁遊びする人もしない人も、今後のオナニーライフの参考になりますのでぜひ最後まで読んでいってください!

オナ禁中に汁遊びはしちゃだめなの?

汁遊びは射精を伴わないため、オナ禁している人にとって魅力的な行為だと思われがちですが、そもそも汁遊びは行っていいものなのでしょうか?

カップルズ

汁遊びとはそもそもなに?

そもそも汁遊びとは、男性器であるペニスを長時間(およそ30分以上)勃起させ、射精するぎりぎりでとどめる行為です。「汁遊び」の「汁」は我慢汁のことを指します。

勃起状態で寸止めして射精をしたいのに我慢していると、どんどんと我慢汁が溢れてきます。この我慢汁を無駄に出して遊ぶ、という意味で「汁遊び」と呼ばれるようになったと言われています。

射精をしないからオナ禁中でも汁遊びなら大丈夫?

上述のように、汁遊びは射精をしないため、オナ禁中でも問題ないと思う人が多く存在します。

そもそもオナ禁には、メリットが多く存在しています。肌が綺麗になったり精神的に安定したり、寝つきが良くなったり体調が良くなったりと、多数のメリットがあり、その為、オナ禁をしようと思う男性は多いのです。

男性にとってメリットだらけの行為であるオナ禁ですが、どうしてもオナニーしたくなり、汁遊びをしてしまう事も多いようです。そんな汁遊びはオナ禁中でもしていいのでしょうか?

オナ禁中の汁遊びに関するお話を徹底解説

今回はそんなオナ禁中の汁遊びに関するお話を追求していきたいと思います。現在オナ禁している人やこれからオナ禁しようとしている人、汁遊びをしてる人やしてみたい人も、みなさんチェックしていってくださいね。

オナ禁中に汁遊びをしている人はどれくらいいるの?

オナニーの代わりに汁遊びしている人がいるのはたしかですが、実際オナ禁中に汁遊びしている人はどれくらいいるのでしょうか?

オナ禁中我慢汁がでてしまうという人は割と多い

オナ禁中は、いつもより我慢汁が出やすくなります。我慢汁は、射精する前に出る透明な液体ですが、普段からオナニーによって刺激を受けていたペニスが急にオナ禁によって刺激が与えられなくなるため、ちょっとしたことでも我慢汁が出やすくなります。

オナニーのように物理的な刺激がなくても、エロ動画を見たり、エロいことを考えただけでも脳が反応して交尾準備の指令を出すため、我慢汁が出てしまいます。

カップルズ

オナ禁中は基本的にオナニーに関する行為はしないという人の方が多い

どんなに我慢汁が出てしまっても、汁遊びのようなオナニーに関するエロい行為はしないという人の方が多いのが実態です。そもそも汁遊びは、普通のオナニーと比べると知名度が低く、特別なきっかけがない限りほとんどの人が知らないのです。

どんなプレイなのか知らないのであれば、やり方も知りようがありません。汁遊びは、したことがなければやり方も知らないという人が非常に多く、一部のマニアが行っているプレイになります。

むしろ汁遊びにハマってオナ禁を続けているという人もいる

しかし、汁遊びを知ることにより、汁遊びの虜になってしまう人も少なくありません。オナ禁=射精禁止という考えで行っている人が多いため、射精はしないけど、ちょっと刺激が欲しいと思い汁遊びをしてしまうのです。

この焦ったいムズムズした感覚が病みつきになり、ついついペニスに手が伸びてしまい、汁遊びを楽しんでしまう男性も多いようです。

オナ禁中に汁遊びをするメリットとデメリット

ではこのオナ禁中に汁遊びするメリットおよびデメリットはどのようなものがあるでしょうか?それぞれ3つずつご紹介していきます。

オナ禁中に汁遊びをするメリット

まずはオナ禁中に汁遊びをするメリットを3つご紹介します。

普通の射精するオナニーより気持ちいいと感じる人もいる

まずは、普通の射精するオナニーよりも気持ちいいと思う人もいることです。汁遊びは通常の射精と違って、性的な興奮が長続きするのが特徴であり、敏感なペニスをいじって射精しないで気持ちよくなるというものです。

よくエロ動画やAVでみる、寸止めする感覚がずっと続くのが汁遊びというイメージです。射精するのを我慢する快感と、どんどん溢れてくる我慢汁が視覚的にもエロいプレイで、特にM気質な人はたまらなく気持ちよくなれるでしょう。

オナ禁によるムラムラが逆に興奮の材料になる

人は自分で抑制したり、周りからダメと言われたりするものは、やってしまいたくなる生き物です。オナ禁している人にとって、この抑制は大きなムラムラを生み出す効果があります。

このとめどなく湧き出るムラムラを利用することによって、オナ禁していることが逆に興奮材料なり、通常のオナニーよりも刺激的なものにすることが可能です。

通常のオナニーでは満足できなくなっている人や、新たな性的興奮を覚えたいという人は、オナ禁して汁遊びすることにより、新たな境地を開けるかもしれません。

射精をしないのでリセット対象にならない

オナ禁しすぎてどうしてもオナニーしてしまいたいという人でも、汁遊びは射精を伴わないため、リセット対象にはなりません。

オナ禁にはリセットが必要と言われています。一説によると、オナ禁はテストステロン値が上げる効果がありますが、7日目をピークにしてその後は下降すると言われています。つまり7日以上のオナ禁は意味がないということになります。

諸説ありますが、7日を目標にしている人にとって、3〜5日はオナニーしたくてたまらない、とても辛い状況です。この状況を汁遊びによって乗り越えることが可能となります。

オナ禁中に汁遊びをするデメリット

続いてオナ禁中に汁遊びをするデメリットを3つご紹介していきます。

射精障害になる可能性がある

汁遊びにハマり何度も繰り返すと、いざという時にちゃんと射精ができなくなってしまう射精障害になってしまう可能性があります。体や脳が、ペニスにある程度に刺激が加わっても「興奮はするし勃起はするけど、射精はしないもの」と覚えてしまい、射精ができなくなってしまうのです。

汁遊びにより、セックスをしていてもなかなか射精できない体になってしまい、射精障害や遅漏になってしまう可能性が高くなります。また、射精できたとしてもあまり満足のいけない中途半端な射精になってしまったりすることもあります。

ペニスが傷つくリスクがある

汁遊びは通常のオナニーとは異なり、長時間の勃起が必要であり、通常よりも刺激を与える時間が長くなるため、ペニスを傷つけやすくなっています。事前に手をしっかりと洗ってから汁遊びに取り掛かる人はなかなかいません。汚い手でペニスをいじると、粘膜などが傷つく可能性があるのです。

また、ペニスが勃起をしている最中は、血液は循環せずずっとペニスに収まったままになります。血液が体内を長時間循環していないことを考えると、身体やペニスに大きな負荷をかけてしまうことになります。

ホルモンバランスが乱れてしまう

ホルモンというのは、オナニーやエッチなどエロいことを意識してしまうと動きが活発になります。その状態を30分以上、長時間行ってしまうと身体に悪影響を及ぼすと言われています。

このホルモンバランスの乱れは、体調不調を引き起こしたり、肌荒れの原因や精神面で不安定につながってしまったりします。

オナ禁中汁遊びをしてしまう人の悩み

オナ禁中の汁遊びのメリットとデメリットをそれぞれご紹介しましたが、ここからは実際にオナ禁中汁遊びしてしまう人の悩みをご紹介していきます。

エロいものが目に入るとつい性欲をおさえられなくなってしまう

汁遊びは、理性よりも本能を優先させます。その為、汁遊びを短時間で繰り返し何度も行っていると、どんどんと性欲が溜まり、どんどん性欲が理性よりも強くなってきてしまい、エロいものが目に入ると性欲を抑えられなくなってしまうのです。

特に汁遊びが終わった直後が、一番性欲が強くなると言われています。性欲を溜めすぎてしまうと欲求不満によるストレスが溜まってきてしまう恐れもありますので気をつけるようにしましょう。

我慢汁だけなら大丈夫かもと甘えてしまう

汁遊びを何度か体験してしまうと、汁遊びの気持ち良さから抜け出せなくなってしまい、全力で楽しみたいと頻繁に思うようになってしまいます。そのため、オナ禁中でも我慢汁を出すだけなら大丈夫だろうと思うようになってしまい、甘えてしまう人が多いようです。

汁遊びは射精と紙一重であり、少し油断すると最後に射精してしまうケースもよくあります。可能であれば、我慢汁を出すことも抑えることを心がけることをオススメします。

汁遊びだけで止まらず結局最後までオナニーをしてしまう

慣れている人であればうまく汁遊びできると思いますが、初心者が汁遊びで途中で止めることはなかなか難しいことです。どうしても汁遊びだけで止まらず、オナニーして射精までしたくなってしまいます。

汁遊びをしたいだけであれば好きなようにすれば良いですが、オナ禁を目的としている人であれば安易な気持ちで汁遊びするのは禁物です。それなりの覚悟を持って、オナ禁をやり切るという気持ちを忘れずに汁遊びするようにしましょう。

オナ禁中の汁遊びをしてしまう状況から脱出する方法

最後にオナ禁中にどうしても汁遊びをしてしまう人に向けて、そんな状況から脱出し、オナ禁を成功させるポイントをご紹介していきます。全て無料ですぐにチャレンジできるものですので、ぜひ参考にしてみてください。

オナ禁の目的や期日を明確にする

オナ禁をしようと考えている人や、今オナ禁をしている人は、オナ禁の目的や期日など、ルールを明確にして臨むようにしましょう。人間は目的やいつまでやると言った期日などのルールを設けた方が、先を見据えながら強い意志を持って取り組むことができます。

もし仮に汁遊びをしたくなってしまった時には、せっかくこれまでオナ禁してきたのに、リセットされてしまう!と強く念じましょう。その際には、オナ禁を成功し、目標達成した時の自分の姿を最大限にイメージしてみてください。オナ禁したことによって自分が輝いている姿や自分はやればできる姿などです。そして妄想したその姿は、汁遊びすることによって叶わないものとなってしまう事を自分に言い聞かせるのです。

汁遊びしたくなった時の対処法を考えておく

どんなに汁遊びしないぞ!と思っても、どうしてもしたくなるときはあると思います。そんなときは、何か行動を起こして無理やり頭から離れさせるような、対処法を考えておくようにしましょう。

他に熱中していることをする

無理なくオナ禁するためには、ぜひとも汁遊び以外に熱中していることに取り組みましょう。他に無料で熱中できるものがあれば、暇を持て余しているから汁遊びをしよう、という発想がなくなるおすすめの方法です。

熱中するものはスポーツやアウトドアなど、すぐに汁遊びできないような環境でするものがおすすめです。ゲームや読書などのインドアなものですと、無意識のうちにペニスを握ってしまい、汁遊びをしてしまう可能性があります。

運動を行う

定期的に運動を行うというのも、無理なく汁遊びから離れるおすすめの方法です。特に頻繁に汁遊びする人は、この時間を運動に変えると体力がつくなどのメリットが得られる可能性があるのでおすすめです。

ただ、自分の力だけでは運動する習慣をつけるのは相当難しいと思います。そんな人におすすめなのが、ジムに通うことです。ジムだと一緒に運動できる仲間が見つかることもありますので、一人だとなかなか続かない人でも、モチベーションが保ちやすくなるでしょう。汁遊びをしないためにも、また運動不足解消のためにも、ジム通いはおすすめです。

外に出てリフレッシュする

熱中するものがなく、どうしても運動したくないという人は、単純に外に出てリフレッシュすることもおすすめです。部屋で暇をしているとどうしてもエロいことを考えがちになりますので、いっそのこと外に出て深呼吸してみてください。頭の中が無になり、ある程度の性欲であれば抑えられる効果があるはずです。

外に出ればお日様にあたり、セロトニンも分泌され前向きな意識になりますので、オナ禁や汁遊び禁止も「がんばるぞ」という気持ちになれることでしょう。

汁遊びをするなら射精をしたほうが身体への負担も少ない!

これだけ対策をうっても、どうしても汁遊びをしたくなってしまった時には、ストレスを溜めないという意味でも、思う存分汁遊びを楽しんで、最後に射精してみるようにしましょう。

汁遊びはリスクを伴います。射精障害などにならないように、汁遊びを楽しんだ後には絶対に射精をして終わるようにすると、心に決めましょう。

オナ禁中に汁遊びをしていたがその後オナ禁に成功した男性の体験談

「汁遊び」という行為があることを知った。オナ禁中魔が差してしまい、汁遊びをしてしまうというのもよくあるシチュエーションであるということを聞き、とても興味を持った。過去にもオナ禁はしたことあるが、忍耐力が必要な行為であり、忍耐力のない俺は油断しているとついペニスに手が伸びてしまっていた。そんな俺にも汁遊びをしてオナ禁できるのか気になった。

オナ禁4日目。毎日オナニーばっかりしていた俺にとって、もう4日で限界だったため、さっそく汁遊びを開始。久々にペニスに感じる刺激は、些細なものでもとても気持ちがいい。射精するギリギリまでしごき、一気に解放することによって感じられる焦らされ感は、オナニーするよりも気持ちがいいのではないかと思うほどであった。

今では汁遊びにハマってしまい、実際射精するオナニーは2週間に1回程度と激減することに成功した。

どんなに忍耐力がなくても、オナ禁中の工夫がオナ禁成功への第一歩です。みなさんも無理のない範囲で挑戦してみてください。

私は自分の限界まで我慢してから射精する、「焦らしオナニー」が大好きした。焦らせば焦らすほど射精時の快感が強まり、いつも好んでプレイしています。

ある日オナ禁は体によく、男らしくなれるという話を聞き、実施してみることにしました。日が経つにつれ、オナニー欲が出てきてしまい、どうにかならないか考えていましたところ、焦らしオナニーで射精しないように楽しもうと考えました。

この考えが大成功。時間の許す限り焦らしプレイを楽しみ、性欲を抑えていました。しかし、あまり焦らしすぎるとペニスに負担がかかり、いくら射精時に凄まじい快感が得られるからといって無理しすぎるのは控えた方がよさそうです。

汁遊びのような焦らしプレイはM素質の人にとって快感であることに間違いはありませんが、汁遊び自体さまざまなリスクを伴いますので、十分注意するようにしましょう。

オナ禁中の汁遊びについて徹底解説!汁遊びのメリットとデメリットのまとめ

いかがだったでしょうか?これまで汁遊びを知らなかった人も、汁遊びに慣れている人も、改めて汁遊びについて理解を深めることができたのではないでしょうか?

今回の記事のポイントは

  • オナ禁中汁遊びする人は少ないが、やる人はいる
  • 汁遊びは通常のオナニーとは異なる快感がある
  • 汁遊びは射精障害などのリスクを伴う

です。ぜひ今回の記事を参考にし、自分の体と相談しながら汁遊びを楽しんでください。最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事執筆者プロオナホーラーやすし」

この記事の執筆者プロオナホーラーやすし
プロオナホーラー/オナホコレクター

私は、出張時に全国の風俗巡りをする30代の会社員名前はやすし。風俗利用するため、全国のラブホテルにも精通している。出張がない時は家でオナホオナニーに勤しむあまり、50種類以上のオナホールを使用したことがある。そんな僕が最高のオナホールのおすすめを紹介しよう。知り合いのアダルトショップでも話を聞き作成したランキングをお楽しみくだせえ!