恋愛テク

日本のエロ用語を英語で使うときのフレーズを詳しく解説!

普段使っているエロ用語、英語ではどんな言い方をするんだろうと思ったことはないですか?

この記事では、学校や英会話教室では教えてくれないエロ用語の英語での表現について解説していきます。教科書には載っていないエッチなスラングも紹介していきますよ。

普段使ってるエロ用語は英語でなんて言うの?

エロいと感じるものは世界共通です。海外のAVも日本のAVもエロいと感じるところは同じです。でも同じ映像や仕草を思い浮かべても、言語が違うと伝わるものも伝わりません。

カップルズ

普段使ってるエロ用語は海外だとどんな言われ方をしてるのか気になりませんか?

日本語でも男性の陰部をチンチンとかちんこと表現したり、女性の胸のことをおっぱいと言ったりします。チンチンもおっぱいも日本語では通じますが、体の部位の正式名称かと言われると違います。

このように、正式名称ではないけれどエロ用語として通じる日本語は多いです。同じように英語でも正式な言葉ではないけれど、エロ用語として使われている表現がたくさんあります。そして、そう言ったエッチな言葉は学校では教えてくれません。

教えてくれないとなると、どんな英語のエロ用語があるのだろうと気になってきませんか?

エロ用語を英語で直訳すると意味や使い方が変わる

エロ用語の中には英訳すると意味や使い方が変わってくるものもあります。

例えばhoney potという言葉です。直訳すると甘い壺です。蜂蜜がたっぷり入っている壺なのかな?という印象の言葉ですね。しかしこれも英語版のエロ用語です。

実はこのhoney potという言葉は女性の膣を表す言葉なのです。甘い蜜の詰まった魅惑的なものという意味で使われます。なかなか粋な表現ですよね。

このように英語を直訳すると意味や使い方が違うけど、実はエロ用語として使われている英単語は結構あるんです。

明日から使える英語版のエロ用語について詳しく解説

この記事では明日から使える英語版のエロ用語について詳しく解説していきます。雑学として使えるのはもちろん、海外の動画サイトでエロ画像を検索する時にも役立ちます。

英語版エロ用語を知らないうちに会話の中で使ってしまうと、突然下ネタをぶっ込んできた変な人になってしまいます。特に海外では注意が必要な言葉もあります。下ネタを回避するという意味でも知っておいて損はないですよ。

英語のエロ用語が使える瞬間

でも実際英語のエロ用語を知っていても使う場面ってないんじゃない?という意見が聞こえてきます。たしかに、日本にいる分にはそこまで出番は多くないかもしれません。でも使える場面は意外とあったりします。

下ネタ話のタネ

まずは英語版エロ用語を会話のタネとして使ってみましょう。合コンやキャバクラなどで使えそうです。エロは万国共通ですし。お酒が入っている場面では盛り上がる話題の一つです。

これ知ってる?という感じで披露して、下ネタな話題に持っていくのはいかがでしょうか?会話のきっかけが豆知識的な話題だと女の子も入ってきやすくなります。下心ありな会話をしたい時のきっかけの一つにしてみてはいかがでしょうか?

カップルズ

雑学

単純に雑学の一つとして披露するのもいいでしょう。海外のドラ目や映画を見ていると意外とエロ用語はよく出てきます。海外ドラマとして人気なSEX AND THE CITYの中でも女性たちの会話の中でよく出てきていました。

日本語訳で見てしまうとわからないですが、字幕で見ていると「ん?今のなんていう英語だ?」となったりします。そう言ったときにそれは英語版のエロ用語だよとさらっと言えたらかっこいいですよね。ちょっと英語ができる人みたいな感じになれます。

海外の風俗

海外旅行に行ったら海外の風俗にも行ってみたい!という男性もいるでしょう。オランダの飾り窓とか有名ですよね。

普段日本では風俗に行かなくても、有名な海外の風俗街に行ったら試してみてもいいかなという気持ちになります。そんな時に好みの女の子を探したり、してみたいプレイを伝えるのにはやはり英語で説明できた方がベストです。

そう言った時に英語版エロ用語の知識があると、とでも役立ちます。

海外サイトでエロ動画やイラストを探すとき

海外に行かなくとも英語版エロ用語の使う場面はあります。それは海外サイトでエロ動画やイラストを探す時です。海外のエロ動画やイラストにはモザイクがかかっていなかったり、日本のものよりも激しかったりと日本にはない作品が多くあります。

海外サイトも日本のサイトで検索する時と同じように、キーワード検索ができるものが多いです。そういった時に英語版エロ用語を知っているとスムーズに検索することができます。

海外もののエロ動画やイラストが好きな人には必須の知識かもしれません。

日本でよく使われるエロ用語の英語訳一覧

ではさっそく英語版エロ用語を紹介していきます。はじめに日本でもよく使われるエロ用語の英語版を集めました。みていきましょう。

体位のエロ用語の英語訳

まずは体位を表すエロ用語の英語訳から紹介していきます。画像や動画検索でもよく使われる単語ですよ。

体位全般は基本○○positionと訳す

体位を表す言葉を英語訳すると、基本〇〇positionとなります。positionは正常位とか騎乗位のだと思うといいでしょう。日本語でも正常位や騎乗位など位がつくように英語でもpositionが後ろについてきます。覚えやすいですね。

正常位:missionaly position

正常位は英語でmissionary positionと言います。「missionary(ミッショナリー)」とは宣教師という意味です。どうして宣教師のポジションなのかというのは、はっきりしておらず、海外の人も疑問に思っているのだとか。

missionaly positionという由来ついてはさまざまな説があるようです。その由来の説には「快楽のための性行為が禁止されていた中世キリスト教社会で、唯一許されていた体位だったから」というものや、「動物的ではなく人間らしい体位として宣教師がすすめた」という説などがあります。

どうやらエロ用語にも長い歴史があるようです。

騎乗位:cow girl positon

騎乗位は英語でcow girl positionと言います。cow girl(カウガール)とはカウボーイの女性版のことです。馬にまたがっている女性という意味ですね。まさに騎乗位の英語版という表現です。

騎乗位は他にもwoman on topやriding positionと表現することもあります。ですが一番有名なのはcow girl positionのようです。

後背位:back position.doggy position

後背位つまりバックはそのままback positionと表現します。後ろからという意味ですね。このback positionでも十分通じますが、もっとポピュラーな表現として使われるエロ用語がdoggy positionです。

doggyとは犬のことです。つまりdoggy positionとは犬のやり方といった意味です。動物の交尾はほとんどバックですからね。犬みたいなやり方と言われてもおかしくはないでしょう。

側位:side by side position

側位は英語ではside by side positionと言います。side by side並んで・平行といった意味があります。男女の体が平行に並んで行う体位という意味で使われます。

他にも男女の交差した足がハサミ(scissors)みたいだからとscissors positionということもあるようです。

座位/立位:sitting/standing position

座位は英語でsitting positionと訳されます。立位standing positionです。割とそのままな表現の英語版エロ用語ですね。

ちなみに男性が女性を持ち上げる駅弁という体位は、The body builderと言われているようです。ボディービルダーみたいな筋肉ムキムキな男性でないとできない体位という意味なのでしょうか?わかりやすい表現だなと思いました。

動画を探すときに使える英語でのエロ用語

次は動画を探すときに使える英語版エロ用語を紹介していきます。海外サイトでのキーワード検索で使ってみてください。

スラングも多いので常用には注意

エロ用語にはスラングも多いです。スラングとは英語の「俗語」のことで、ネイティブスピーカーが友達同士などの親しい間柄で使われる砕けた表現です。 軽い会話やチャットなどで使われることが多く、ビジネスや文書などフォーマルな場では使いません。

学校や英会話教室では教えてくれない表現です。というか使わなくても会話は十分に成田rちます。ネイティブ並みに話したいということでなければ、エロ用語を使いこなすまでのレベルにならなくて大丈夫です。

ですが言ってはいけない表現はあります。それを避けるという意味で知っておいた方が得策でしょう。

エロ動画:porn

pornとはエロ動画のことを指します。検索サイトでpornと入力するとエロ動画のサイトがたくさん出てきます。後ろに「無料」と入れれば無料で見れるサイトが出てきますし、金髪と入れれば、ブロンドヘアの女性のエロ動画がたくさん出てきます。

エロい:naughty

英語でエロいを表現するならnaughtyが良いでしょう。ニュアンス的にはSっ気のあるエロさという感じで、海外女優さんのセクシーなエロさを表現する時に使われることの多い表現です。

さらにスラング表現を掘り下げていくと、”naughty”はスペルが長く面倒なので、”norty”と略されるなんてこともあります

触手:tentacles

tentaclesとは節のない触手・触腕を指します。タコやイカのようなニュルニュルした触手のことですね。アニメやイラストで人気の触手ですが、海外でも人気があるようです。

tentaclesで調べれば、日本以外の触手モノのエロ動画が見つかるかもしれません。

丸い・ぽっちゃり:Plump,chuppy

ふくよかな女性Plump womanと表現します。「Plump(プランプ)」は肉付きの良いという意味です。

その他にも「ぽっちゃり」を意味する「chubby(チャビー)」や、「デブ」にあたる「fat」、「大きい」の意味の「big」も使うことがあるようです。

女性らしい、丸みのある体型を肯定的に表す単語としてはcurvy(カーヴィー)という表現もあります。太っているというよりは、ムチッとした曲線美のグラマラスなニュアンスなので、言われても嫌な感じはしないようです。

日本語と同じで丸い・ぽっちゃりはニュアンスを間違えると悪口になります。会話で使う時は注意して使いましょう。

がりがり:skinny

タイトなジーンズのことをスキニージーンズと言ったりしますよね。英語でのskinnyはガリガリという意味になります。痩せているというよりも骨と皮しか無いような、痩せこけたイメージが近いです。

ほっそりしているという意味のニュアンスなら、slimslender、Thinと表現することのほうが多いです。

無修正:uncensored

uncensoredとは制限や修正がされていない、無検閲のという意味の形容詞です。 完全版や無修正版、という意味で用いられることもあります。

制限がされていないエロ動画=無修正のエロ動画というわけです。このuncensoredと他の単語を組み合わせれば、無修正の海外エロ動画を探す時に役立ちます。

部位を表す英語のエロ用語

次は体の部位を表す英語のエロ用語を紹介していきます。こちらも検索ワードとして役立ちそうな単語です。

まんこ:vagina,pussyなど

英語で膣はvaginaと表現しますし、女性器はfemale genitaliaと表現するのが一般的です。でも日本語でエッチな話をする時に膣とか女性器ということはあまり無いですよね?もっと砕けた俗称を使うことが多いです。

それは英語も同じで、女性の陰部をさすエロ用語としてpussycuntのようなスラングを使う場合が多いです。まんこあそこといったニュアンスです。

そのほか割れ目を意味するような隠語で「crack(亀裂)」「lips(唇)」「peach(桃)」といった表現をすることもあるようです。

ちんこ:dick

男性の性器の直訳だとmale genitalia、陰茎はpenisです。ですが、日本語でも「ちんこ」や「ちんちん」など男性器の呼び名がいろいろあるように、英語でも呼び方は色々あります。

cockdickと言ったスラングがエロ用語として使われることが多いです。cockは雄鶏や水道の蛇口といった意味もありますが、性的な意味となるとちんこというニュアンスです。

またdickはちんぽこといったニュアンスのスラングです。どちらも下品な言い方なのでフォーマルな場面では使わないエロ用語です。

おっぱい:breast.tits,

おっぱいの正式名称は胸もしくは乳房ですよね。英語に直訳するとbreastになります。

ではエロ用語ではどうでしょうか?boobstitsおっぱいといったニュアンスのスラングになります。また巨乳を表すエロ用語として「Big boobs」や「melon」が使われます。

お尻:booty / buns

お尻の英語はHipと習った人はほとんどでしょう。ですが、実際にはアメリカ英語では butt、イギリス英語ではbottombumが使われることが多いようです 。どの語も、友達や家族などとの会話で日常的に使われます。日本語の「おしり」という感じでカジュアルな表現です。

エロ用語ではbootybunsが使われることが多いです。特にbootyは女性のお尻を意味します。またbunは丸いパンといった意味もあります。ハンバーガーのバンズですね。お尻は二つに割れているので複数形にしてbunsとなるわけです。

そのほかassというエロ用語もあります。こちらは日本語も「ケツ」よりも下品な表現になります。映画を見ていると時々出てきますが、日常会話では使ってはいけない表現です。

実は日本語のまま定着している英語のエロ用語

英語版のエロ用語の中には日本語のまま定着しているエロ用語もあります。意外な単語が英語版エロ用語になっていますよ。みていきましょう。

絶対領域:zettai-ryoiki

まずは絶対領域zettai-ryoikiです。ニーハイソックスとミニスカートの間から覗く太もものことですね。普通のミニスカートよりもニーハイと組み合わせることによって、太もものエロさが増した状態です。

このエロさを表すエロ用語は英語ではなかったようで、日本語のままzettai-ryoikiと呼ばれています。

ぶっかけ:bukkake

セックスの最終段階で女性の顔や体に精子をぶっかける行為をぶっかけと呼びますが、これは英語でもbukkakeです。日本のAVのタイトルなどで使われるぶっかけをそのまま使っているようです。

特に英語では顔射の意味で使われることが多いです。

ロリ:loli

幼女は英語でlittle girlです。ですが、エロい意味で幼女を指すのはlolitaです。ロリコンとかのロリですね。性的な意味合いの幼女趣味と言った意味で使われます。

日本のエロアニメやゲーム:Hentai

Hentaiは欧米の一部のマニアが日本製の18禁のアニメや漫画、ゲーム、さらには同人やフィギュアなど、一連のオタク系サブカルメディア類全般を指して使っている言葉です。

また時には性的な意味合いの含まれない日本製のオタク系サブカルをまとめてHENTAIと呼ぶこともあるようです。海外ではオタクを変態として捉えているようです。ちょっと悲しいですね。

セックスにまつわるエロ用語

次はセックスにまつわるエロ用語についてです。海外の風俗で使えそうなエロ用語を紹介していきます。

フェラ:blow job

blow jobとは日本語でフェラチオのことです。blowとは何かを吹くという意味です。jobは仕事という意味なので「何かをふく仕事」というのが直訳になります。

エロ用語としては、ペニスを吹くように加える様子を表すとしてフェラチオという意味になります。

中出し:cream pie

正確にはスペース抜きでCreampieと表現します。精子が膣からとろりと流れている様子を表現したスラングです。ちょっとおしゃれな言い方だなとも思ってしまいますよね。

お菓子のクリームパイのことを言いたいのであればスペースを間に入れればOKです。一時期、有名な日本のファストフードで『大人のクリームパイ』という商品があったのですが、英語圏の人からは下品だ!と騒がれていました。

顔射:fasial

顔射を意味するfacial cum(shot)が省略された形のスラングです。先ほど紹介したbukkake(ぶっかけ)と同じように使われます。

顔を表す英単語のfacialと間違えないようにしたいものです。

胸射:pearl necklace

胸に精子をかけることはpearl necklaceと表現します。精子の飛んだ様子がパールのネックレスみたいだということでしょうか?これもなんだかおしゃれな言い回しですが、使うタイミングを間違えると、一大事になってしまいそうです。

イラマチオ:gagging

gaggingは「話ができないように猿ぐつわをかませる」や「〔パイプなどを〕詰まらせる」といった意味の英単語です。ですがエロ用語として使うときは、イラマチオの意味になります。

ペニスを咥えさせて話ができないように喉奥まで詰まらせるという意味ではぴったりなスラングです。ただ日本の女性同様、海外の女性にも好まれないプレイの一つではあります。

海外の風俗で使えるエロ用語の英語フレーズ5選

次は海外の風俗で使えるエロ用語の英語フレーズです。簡単な英語なので風俗以外の場面でも使えますよ。ぜひ覚えておきましょう!

合計いくらですか?:How much is the total?

風俗に行くと。あれもこれもとオプションをつけたくなりますよね?まして海外でハメを外そうとしている時なら、いつもより多くオプションをつけがちです。そんな時、いったい合計いくらなんだろう?と思ったりしませんか?

そんな時に使えるのがこの「How much is the total?」です。会計を確認するときに使ってみましょう。

安くしてくれませんか?:After discount please.

合計の金額を聞いて思ったより高かった!という時に使えるのが「After discount please.」です。海外では風俗以外でも高額な値段をふっかけられていることがあります。値段交渉する時に使ってみましょう。

イキそうなとき:Im comming!

イキそうなときに使えるのが「I’m comming!」です。日本語では「いく」ですが英語だと「来る」なんですね。快感がやってくると言った感じなのでしょうか?

イキそうな時って余裕もなくなりがちですが、すらっと英語で出てきたらかっこいいですよ。

相手を褒めたい時:You are so ○○

相手を褒めたいときに使えるのは「You are so ○○」です。〇〇のところはbeautiful(美しい)でもいいし、cute(かわいい)でもいいでしょう。soのところにアクセントを置くと「とっても」というところを強調できるので、気持ちのこもった言葉になります。

風俗以外でも女性を褒めるときに使える英文です。

2回戦目がしたい時:Second round OK?

せっかくの海外での風俗。テンション上がって2回戦目をしたくなることもあるでしょう。そう言ったときは「Second round OK?」と言って2回戦目を申し込みましょう。

お店によっては断られたり追加料金になる可能性もありますが、言ってみるのはタダです。とりあえず行ってみましょう。

英語のエロ用語を使うときの注意点

最後に英語のエロ用語を使う時の注意点について紹介していきます。知らないうちに誰かを侮辱していたり、言ってはいけないことを言わないように注意点は確認しておきましょう。

多用するとネタとして薄れるのでここぞというときに使うこと

雑学として飲み会や合コンで披露するなら多用しすぎてはいけません。たとえ違う単語を披露したとしても。またこのネタかと思われてしまい、面白さが薄れてしまいます。

一度話して受けたネタをもう一度話したくなる気持ちはわかりますが、新鮮さを維持するのであればここぞというときに披露するくらいの方が良いでしょう。

英会話にはほぼ使えないと思った方がい

英語版エロ用語は日常会話としての英会話には、ほとんど使えないと思った方が良いでしょう。

とてもフランクな友達との会話にエロ用語が出てくることはあるかもしれません。しかしそこまでの会話ができるとなると、ほぼネイティブです。ここで紹介したようなエロ用語はもう知ってるよというレベルの人の会話です。

普通の日本人がエロ用語まで使いこなすとなると、相当な努力が必要です。ちょっと海外旅行に行ったくらいでは、ほぼエロ用語は使わないと思っていた方が良いでしょう。

使ってみたくなる気持ちはわかりますが、エロ画像の検索に役立てるくらいに留めておいた方が無難です。

文化圏によっては差別語になる可能性もあるのでしっかりと意味を勉強すること

エロ用語は文化圏によっては差別語になる可能性もあります。なのでエロ用語は意味もしっかり理解した上で使いましょう。英語圏では特定の使ってはいけない表現が存在します。公の場で使おうものなら激しく叱責されるのは避けられません。

日本語でも公式の場でチンコとかおっぱいとか言わないですよね?同じように英語圏でもエロ用語は公式な場での会話としてふさわしく無い単語です。「禁句とは知らずに使ってしまっていた」なんて事態に陥らないように、知識だけは持っておくようにしましょう。

日本のエロ用語って英語で使うときの定番フレーズを詳しく解説!まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 日本語と同じように英語にもエロ用語は存在する
  • 英語版エロ用語を知っていると会話のネタになるし、エロ動画を検索したいときに役立つ
  • 英語版のエロ用語には独特な言い回しのものから、日本語がそのまま定着したものまである
  • エロ用語は使い方を間違えると差別的な意味になるので注意が必要

以上のポイントを中心に英語版のエロ用語について解説してきました。

エロ動画の検索だけじゃなく、海外ドラマなどにも出てくるエロ用語です。覚えておいて損はないですよ。最後までご覧いただきありがとうございました。