MENU
恋愛テク PR

どうしても復縁したい時にするべき行動と絶対ダメなNG行動とは

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

失恋や別れは非常に辛い経験です。特に、どうしても復縁したいと思っている場合、その気持ちは一層強くなることでしょう。

しかし、復縁には様々な要素が絡み合い、単純な道のりではありません。どうしても復縁したいと思っているときは、どうすれば効果的なのでしょうか。

そこでこの記事ではどうしても復縁したいときの方法について

  • どうしても復縁したい理由
  • どうしても復縁したいときにできる行動
  • どうしても復縁したいときのNG行動

以上のことについて解説していきます。

どうしても復縁したいとき、感情を整理し、思いをはっきりさせれば、復縁するために何をすればいいのかがよくわかります。是非最後までご覧ください。

目次
  1. どうしても復縁したいってどうゆうとき?
    1. 元彼氏、元彼女がいい人過ぎて忘れられない
    2. この人を逃したら、もう結婚の可能性はないと思った
    3. 復縁したいと思ったら、必要に応じて行動をしていかなかればなりません
  2. 恋人とどうしても復縁したい時にするべきこと
    1. 元彼や元カノと冷却期間を設けて冷静になる
    2. 別れてしまった原因について見つめ直す
    3. 過去にけじめをつけて立ち直る
  3. 恋人とどうしても復縁したい時に意識したいこと
    1. 相手と復縁したいと、潜在意識に強く刷り込む
    2. 早く結果を求めようとせずに一つ一つ解決する問題に取り組む
    3. 自分磨きをして自分に自身を持てるようにする
    4. 男性と女性で恋愛観は違うと認識する
  4. 恋人とどうしても復縁したい時のNG行動
    1. 焦って何も変わらないまま行動する
    2. LINEが既読無視されても追いラインをする
    3. 別れたことを周りに言いふらして外堀を埋めようとする
  5. どうしても復縁したい恋人へのアプローチ方法
    1. 音信不通なら、きっかけをつくって連絡先を繋げてもらう
    2. SNSを更新して変わった自分をアピールする
    3. 連絡がつくようになったら、友達になれるように軽い話題から話す
    4. 徐々に深い話題も出していき、信頼できる関係性になる
    5. ある程度友達として時間が経ったら、思い切って気持ちを告白する
  6. どうしても復縁したい時にするべき行動と絶対ダメなNG行動とはのまとめ

どうしても復縁したいってどうゆうとき?

一度別れた相手でも、どうしても復縁したいと思うことがあります。復縁を望む気持ちは、別れた相手との関係に深く根ざしていることがあります。どうしても復縁したいときはどういった時なのでしょうか。

カップルズ

元彼氏、元彼女がいい人過ぎて忘れられない

別れてもなお、相手への未練や深い愛情が残っている場合、復縁の希望が湧くことがあります。特に元彼氏、元彼女がいい人すぎて、この人以上の付き合いは考えられないといった場合、どうしても復縁したいと思うようになります。元彼氏や元彼女がいい人であったと感じることは、忘れがたい思い出を残すものです。新しい人と出会っても、元彼氏・元彼女と比べてしまい、結局復縁を考えるようになります。

この人を逃したら、もう結婚の可能性はないと思った

一度別れたけれども、この人を逃したら、もう結婚の可能性はないと思った時に復縁したくなります。新しく恋をしたくても、出会いが無かったり、付き合っても結婚の可能性がないと、昔の恋を思い出しがちです。恋愛関係で結婚できそうな人を逃したと感じることは、非常に強い感情であり、将来の結婚に対する焦りや不安を引き起こすことがあります。こうしたあせりからも復縁を望むようになります。

復縁したいと思ったら、必要に応じて行動をしていかなかればなりません

復縁を望む場合、積極的な行動が求められます。どうしても復縁したいと思ったら、状況に合わせて、必要に応じた行動をしていかなければなりません。一度終わった恋は、どちらかが働きかけないことには、復活させることは難しいでしょう。復縁したと思った時から、すぐ行動するようにしましょう。

恋人とどうしても復縁したい時にするべきこと

復縁を望む場合、自分の行動を変えることで、復縁に一歩近づくことができます。必ず成功するわけではなく、相手の気持ちや状況によっては復縁できないこともあるので注意が必要です。恋人とどうしても復縁したい時にするべきことを紹介します。

元彼や元カノと冷却期間を設けて冷静になる

元彼や元カノと冷却期間を設けて、一度冷静になりましょう。元彼や元カノと冷却期間を設けることは、感情を整理し冷静になるためには有益な方法です。冷却期間は最大1ヵ月程度にしましょう。別れた直後は感情が高ぶっていることがよくあります。冷却期間を利用して、自分の感情を整理し、冷静に考える時間を与えましょう。一人の時間を大切にし、自分と向き合う時間を持ちましょう。趣味や興味を追求し、自分自身の充実感を高めることが重要です。冷却期間を通じて、復縁に対する本音を冷静に考えることが重要です。感情だけでなく、冷静な判断も含めて考慮しましょう。

カップルズ

別れてしまった原因について見つめ直す

別れてしまった原因を見つめ直すことは、今後の成長や健全な関係を築くために重要です。別れた原因について感情を整理し、冷静に考えることが必要です。別れの原因に自分の行動や態度が関わっている場合、その欠点がどこかわかっておきましょう。自己成長の一環として改善点を見つけることが重要です。お互いの未来へのビジョンや、価値観が合致しているかを見直しましょう。未来について考えていることの違いが原因であれば、それを受け入れるかどうかを考えます。別れた理由が分かっていると、復縁した後同じ理由で別れることがありません。

過去にけじめをつけて立ち直る

ずっと失恋を引きずっていると、くよくよしていると思われてしまいます。くよくよせず、けじめをつけて立ち直りましょう。過去の出来事に対する感情を受け入れましょう。悲しみ、怒り、失望など、どんな嫌な感情でも自分を否定せずに感じることが大切です。過去にこだわることなく、未来に向けて焦点を当てましょう。どうしても立ち直れない人は、おまじないを試すこともできます。おまじないは1つの区切りをつけることができ、新しいことを始めるきっかけにもなります。新しい目標や夢に向かって前進することが、立ち直る第一歩です。

恋人とどうしても復縁したい時に意識したいこと

恋人とどうしても復縁したいとき、些細なことを意識しておくとより復縁に近づけます。復縁するために意識したいことを紹介します。

相手と復縁したいと、潜在意識に強く刷り込む

潜在意識へのメッセージを刷り込むことは、自分の意識や行動に影響を与えることがあります。繰り返し自分に対してポジティブな言葉を使いましょう。どうしても復縁したいと言い続けることで、自然と復縁に向けた行動をとることができます。毎日の感情や思考を日記に書き込むことで、潜在意識に働きかけることができます。潜在意識に摺りこむ最大の良さは、自分でも知らないうちに復縁に向けた行動ができることです。感情を整理し、復縁への意欲を強化する手段として活用できます。復縁に対するポジティブなエネルギーを持つ音楽や言葉を選んで聴くことで、潜在意識に良い影響を与えます。

早く結果を求めようとせずに一つ一つ解決する問題に取り組む

復縁はすぐ叶えられるものではありません。早く復縁しようとせず、少しずつ取り組んでいきましょう。問題に取り組む際に焦らず、一つ一つ着実に解決していくことは、確実に復縁するために重要なことです。焦ってしまうと、相手にもプレッシャーがかかってしまい、間違った判断をしてしまうことがあります。復縁の過程で予期せぬ変化があるかもしれません。こうした変化には柔軟で臨機応変な対応が求められますが、急がずに対処していきましょう。

自分磨きをして自分に自身を持てるようにする

自分磨きを通じて自己肯定感を高め、自分に自信を持つことは、豊かな人間関係や成功への一歩となります。良い食事、適切な睡眠、運動など、健康的な生活習慣を取り入れましょう。体調が良いと気分も安定し、自信がつきやすくなります。新しい趣味やアクティビティに挑戦してみましょう。自分の興味を広げ、新たな経験から自信を得ることができます。自分の外見に気を使い、清潔感を保つことで、自己満足感が高まります。服装や髪型、メイクなどに気を使いましょう。自分磨きをすると、自分に自信を持てるようになるだけではなく、他の人から見た魅力も倍増させることができます。

男性と女性で恋愛観は違うと認識する

同じ人間ではありますが、男性と女性で恋愛観は違います。男性と女性の恋愛観には、文化や社会的背景、個々の経験などからくる違いがあります。男性は一般的には感情を控えめに表現することが多い傾向がありますが、女性は感情をよりオープンに表現することが一般的です。このように、男性と女性での恋愛観の違いを分かっておくと、相手の動きをより把握しやすくなります。脈ありか脈なしかもすぐわかるようになります。

恋人とどうしても復縁したい時のNG行動

復縁を望む際には、注意深い行動が求められます。一方が不快に感じたり、プレッシャーを感じるような行動は、逆効果となる可能性があります。NG行動をしてしまうと、復縁したくてもできないまま終わってしまいます。どうしても復縁したい時のNG行動を紹介します。

焦って何も変わらないまま行動する

焦りは人生のさまざまな局面で感じる感情ですが、特に恋愛や問題解決の際に焦って行動することは、望ましくない結果を招く可能性があります。焦りが何も変わらないままの行動につながることがあるため、冷静に行動しましょう。焦りが高まると、疲れやストレスが増えることがあります。適切な休息やリラックスをとりながら、心身のバランスを保つことが大切です。何も変わらないままアプロ―チしてしまうと、チャンスはあっても復縁できないでしょう。急いで行動することが重要な場面もあれば、冷静に計画を立てたり、状況を分析したりすることが必要な場面もあります。

LINEが既読無視されても追いラインをする

相手に対してしつこくメッセージや電話をかけることは避けましょう。プライバシーと個人の空間を尊重することが大切です。相手がLINEを既読無視している場合、それに追いLINEをすることは慎重に考えるべきです。無視された場合、相手が今忙しい、気分が良くない、または何らかの理由で返信できない可能性があります。追いLINEを続けることは、相手にとってストレスや不快感を与える可能性が高まります。自分が好きだと思っていても、相手がまだ好きかどうかはわかりません。もし追いLINEを考えている場合は、相手の状況や関係性を冷静に検討した上で行動することが重要です。自分の感情や期待を抑え、相手の意思を尊重しましょう。

別れたことを周りに言いふらして外堀を埋めようとする

別れたことを周りに言いふらすことは、感情の爆発や相手へのリベンジといった動機で行われることがありますが、この行動は長期的には良い結果を生むことは少ないです。感情を爆発させたり、相手を非難したりすることは、問題を解決する手段とはなりません。むしろ状況を悪化させる可能性があります。別れたことを周りに言いふらして、相手の人気を落とすようなことをしてしまうと、自分の人気も落ちてしまいます。大人らしく、冷静で成熟した印象を与えることが重要です。感情的な爆発は逆に不安定さをアピールすることになりかねません。言葉が広まるスピードは非常に速いです。一度広まると、情報が誇張されたり、変質したりすることがあります。

どうしても復縁したい恋人へのアプローチ方法

誠実で理解のあるアプローチがより良い結果を生む可能性があります。どうしても復縁したい恋人へのアプローチ方法を紹介します。

音信不通なら、きっかけをつくって連絡先を繋げてもらう

音信不通で終わってしまう恋愛もあります。音信不通なら、友達や仕事仲間などからきっかけを作ってもらい、連絡先をつなげてもらいましょう。共通の友人を通じて、相手の近況や様子を尋ねることができます。友人を介してメッセージを伝え、状況を知りたい旨を伝えることができます。相手が音信不通な状態であれば、相手には心理的な距離がある可能性があります。この距離を理解し、急かさずに慎重にアプローチすることが大切です。相手が連絡を取りたくない理由がある場合、無理に迫ることは逆効果となります。相手が準備ができるまで待つことも大切です。共通の友人やイベントを通じて、自然な形で再び顔を合わせる機会を作ることができます。集まりやイベントに参加して、リラックスした雰囲気でコミュニケーションを取りやすくすることができます。

SNSを更新して変わった自分をアピールする

SNSを利用して変わった自分をアピールすることは、復縁を考えている場合や新しいスタートを切りたい時などに有効な手段です。SNS上で、ポジティブな変化や成長に焦点を当てましょう。例えば、趣味の開始、新しいスキルの獲得、健康的なライフスタイルの取り組みなどをシェアすることで、良い印象を与えることができます。プロフィール写真や投稿のスタイルを見直し、洗練されたイメージを演出することで、変わった自分をアピールできます。清潔感や自信を感じさせる要素を取り入れましょう。 友情や家族愛を感じさせる投稿をすることで、人間関係が大切であることをアピールできます。ただし、変化を演出する際は自然体でいることが重要です。強制的な変化や他人との比較によるアピールは逆効果となることがあります。

連絡がつくようになったら、友達になれるように軽い話題から話す

音信不通で別れて、連絡がつくようになったら、友達から始めるようにしましょう。即復縁は考えないようにしましょう。素敵な友達になるためには、軽いトピックからスタートして、相手との共通点を見つけることが大切です。相手と共通の興味や趣味を見つけることは、会話を弾ませる効果的な方法です。最近の出来事やニュース、興味深い出来事について話題にすることで、自然な流れで会話が広がります。相手の趣味や週末の遊びについて質問することで、共感しやすい話題を見つけることができます。軽いユーモアを交えることで、リラックスした雰囲気を作り出し、会話を楽しく進めることができます。会話が進むにつれて、相手がどんな話題に興味を持っているかや、共感できる点がどこにあるかを感じながら、徐々に深い話題にも踏み込んでいくと良いでしょう。

徐々に深い話題も出していき、信頼できる関係性になる

信頼できる関係性を築くためには、徐々に深い話題に踏み込むことが重要です。深い話題に入る前に、相手の感情に共感し、理解を示すことが大切です。相手がどんな気持ちでいるのかを尋ね、リスペクトしましょう。仕事やプライベートのことを話すと、親近感がわいてきます。深い話題に入る際には、自分から率直でオープンな態度で話すことが信頼を築く一環です。自分の経験や考えをシェアしましょう。相手が深い話題をシェアする際には、共感を示しましょう。相手が感じていることや経験に対して理解と共感を示すことで、信頼感が深まります。深い話題に入る際には、相手にも質問を投げかけ、相手の意見や経験を引き出すことが大切です。対話が双方向であることが信頼を築く鍵です。深い話題だけでなく、感謝の気持ちやポジティブな要素もシェアすることで、バランスを保ちながら信頼を築くことができます。

ある程度友達として時間が経ったら、思い切って気持ちを告白する

ある程度友達として会話するようになったら、タイミングを見計らって、思い切って気持ちを告白しましょう。友達としての信頼関係が築かれ、会話していて楽しく、幸せだなと思うようになった時がベストです。タイミングはよく考えて、友達として十分仲良くできるぐらいになってから告白するようにしましょう。気持ちを告白する前に、自分の気持ちを整理しましょう。なぜ彼女に気持ちを伝えたいのか、どのような関係を築きたいのかを考え明確にしておくことが重要です。 告白の際は、率直で誠実な言葉を使いましょう。複雑な表現や演出よりも、真実の気持ちを伝えることが大切です。告白の際には、今後どのような関係を築いていきたいかについても考えておきましょう。相手にとっても良い未来への期待を示すことが重要です。何がどう幸せだったのかを伝えると、告白の具体性が増します。

どうしても復縁したい時にするべき行動と絶対ダメなNG行動とはのまとめ

ここまでどうしても復縁したいときの対処法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは

  • 相手が良かったなどの理由でどうしても復縁したいときがある
  • どうしても復縁したいときはゆっくり行動するといい
  • どうしても復縁したいときに焦るのはNG

です。

どうしても復縁したいときは、慎重に行動するようにしましょう。着実にこなしていけば、一度別れたとしても復縁することは可能です。

Cheeekではこの他にも多くの記事がございます。是非ご覧ください。

PR

この記事には商品PRが含まれています