性の悩み

トイレで気持ちよくなれる!ウォシュレットオナニーのやり方を徹底解説

バイブおすすめランキング

皆さんは普段どんな方法でオナニーをしていますか?指や大人のおもちゃを使ったありきたりなオナニーで飽きを感じている人も多いのではないでしょうか。

最近、トイレのウォシュレット機能を使ったウォシュレットオナニーをする人が増えてきています。ウォシュレットにある「ビデ」、「おしり」などの機能を使って性感帯を責めるオナニーのことで、マニアの間で気持ちよさと人気を誇っています。

そこでこの記事では

  • ウォシュレットオナニーの概要と人気の理由
  • ウォシュレットオナニーの正しいやり方【女性版】
  • ウォシュレットオナニーの正しいやり方【男性版】
  • ウォシュレットオナニーで気を付けるべき注意点

について詳しく解説します。

この記事を読んで頂ければ、単純にオナニーの種類が増えるだけでなく、これまでとは違った角度でオナニーを楽しむことができること間違いありません。ぜひ最後までご覧ください。

あなたはウォシュレットオナニーを知っていますか?

そもそも皆さんはウォシュレットオナニーを知っていますか?大まかに説明すると、ウォシュレットの水をクリトリスやアナルといった性感帯に当てて気持ちよくなるオナニー方法のことをいいます。また、温かい水を使うことから、ウォシュレットのことを別名「シャワートイレ」と呼びます。そのため、ウォシュレットオナニーのことを「シャワートイレオナニー」と呼ぶことももちろんあります。

ウォシュレットオナニーのことをなんとなく知っている人もいれば、まったく何のことか見当もつかない人もいるのではないでしょうか。そこで、ウォシュレットオナニーの概要から人気の秘訣を説明します。

カップルズ

ウォシュレットオナニーとは

ウォシュレットオナニーとは、ウォシュレットで出てくる水の強さや体に当たる場所を変えながらクリトリスやアナルなどの性感帯を刺激してオーガズムを感じるためのオナニーのことをいいます。

やり方はシャワーの水を性感帯に当てて気持ちよくなるシャワーオナニーとほとんど一緒ですが、場所が違います。ゆったりとリラックスできるお風呂とは違い、長時間いることや、声も出しにくい状況でのオナニーの緊迫感もウォシュレットオナニーの良さの1つといえます。

なぜそこまで気持ちいいと人気なのか?

トイレでウォシュレットオナニーという一見マニアックで本当に気持ちいいのか疑問になりますが、その気持ちよさと人気は男女ともに絶大です。なぜなのでしょうか?

トイレで気軽にできるから

学校や職場など、1人の空間が確保できない場所でムラムラしたときに、確実に1人になれる場所はトイレしかありません。近年、ウォシュレットを搭載したトイレがどんどん設置されてきているため、家、学校、職場など、気軽な場所でウォシュレットオナニーができることが人気の理由の1つといえます。

また、オナニーは本来自分のパーソナルスペースでするべき行為です。ましては他人が利用するトイレでオナニーをするという背徳感から感じる気持ちよさも人気の理由に間違いありません。

妊婦の方や手を汚したくない方にはおすすめ

指や大人のおもちゃでオナニーするときは、どうしても指やおもちゃが濡れたり汚れてしまったりと、オナニー後の後処理が面倒ですよね。

しかし、ウォシュレットオナニーであれば、水はそのまま便器に流すことができますし、濡れた部分をトイレットペーパーで拭いて便器に流せるため、性器付近の汚れを気にする妊婦さんを始めとする、手を汚したくない方にはおすすめのオナニー方法となっています。

また、ウォシュレットの水は本来おしりを清潔にするために使われるため、一定の清潔さが確保されていることも汚れを気にする人にとっては嬉しいオナニー方法だといえます。

女性だけでなく男性もハマる人が増えている

ウォシュレットオナニーは女性だけのものではありません。アナルを開発している、しようよしている男性にとってもぴったりのオナニー方法です。アナルに直接当たる水によるぞわぞわした感じがアナル責めを彷彿とさせ、男女問わずMの方にぴったりのオナニーとなっています。

トイレで気持ちよくなれるウォシュレットオナニーのやり方

ここからは気持ちいいウォシュレットオナニーのやり方について解説していきます。基本的なやり方についてまとめたので、ぜひ参考にしてウォシュレットオナニーを試してください。

シャワートイレでのオナニーのやり方【女性の場合】

基本的には普段トイレでウォシュレットを使うやり方とほぼ同じです。ただ、水を当てる場所だったり、水の勢いを変えながら気持ちいい部分を刺激してオーガズムを感じます。特に女性の場合はクリトリスを刺激することが多いため、水を当てる場所の工夫が必要になってきます。詳しいウォシュレットオナニーのやり方については以下をご覧ください。

女性の場合【ビデ】で行う

ウォシュレットにも「おしり」、「やわらか」、「ビデ」といったお使いのウォシュレットによって様々な種類があります。その中でも「ビデ」はおしりよりも前方向に水が噴水されるように設計されているため、ちょうどクリトリスの位置に水を当てることができます。そのため、女性のウォシュレットオナニーの場合は「ビデ」を使うことをおすすめします。

クリトリスに当たるように位置の調整を行う

普通に「ビデ」を使うと尿が排出されるクリトリスよりも下の部分に水が当たるため、水がクリトリスに当たるよう体の位置の調整を行う必要があります。方法としては、座っている状態から、少し前に進んで体を前に傾けて便座との間に角度をつけることによって噴水された水を直接クリトリスに当てることができます。

また、マニアックな方法になりますが、立った状態で便座にまたがることで直接クリトリスに水を当てることもできます。こちらの方が水が跳ね返るなどのリスクもありますが、興奮度は格段に上がります。

もちろん、お使いのウォシュレットによっては「洗浄位置」ボタンで噴水される水の位置を調節できますが、クリトリスに水を当てることが目的ですので、上手に「洗浄位置」ボタンを駆使してベストな場所を模索するようにしてください。

最初は痛いかもしれないので弱めの刺激から始める

クリトリスは敏感な場所であるため、オナニー初心者の方は特に水の勢いの強さに注意が必要です。前にウォシュレットを利用していた人が水の勢い最大の設定にしており、それに気づかずクリトリスを刺激してしまった場合、クリトリスに激痛が走り、「痛い!」と悶絶してしまうため、ウォシュレットを使う前は必ず設定を確認するようにしましょう。

どのウォシュレットも「水勢」などの名前で水の勢いを調節することが可能なため、「痛い!」と感じる前に、はじめは弱めの設定からクリトリスを刺激してあげましょう。

自分にとっての最強の水圧を見つける

オナニーに慣れている人もいれば、慣れていない人もいるため、水圧の選択は人それぞれといえます。自分のクリトリスの敏感さや、気持ちよさによって自分だけのお気に入りの水圧を見つけるようにしましょう。

家でウォシュレットオナニーを行う時は慣れた水圧で行うことができますが、外のトイレで行う時はウォシュレットの機械が異なることが考えられるため、弱い水圧から徐々に強めていき、気持ちいい水圧を見つけるようにしてください。

温水でやらないとびっくりしてしまうので注意

冷え性の方もいれば暑がりな人もいるため、人によって噴水される水の温度の好みはバラバラです。そのため、冷水のままでウォシュレットを使うと体がびっくりしてしまい、ムラムラも萎えてしまうこともあるため、必ず水の温度設定が温水になっていることを確認してから使うようにしましょう。特に妊婦の方はご自身だけでなくお腹の中にいる赤ちゃんにも影響が及ぼしやすいため注意が必要です。

これもウォシュレットの機能によりますが段階ごとの水の温度を調節できることがほとんどですので、自分の気持ちい温水になるよう設定してウォシュレットオナニーを楽しむようにしましょう。

ウォシュレットオナニーのやり方【男性の場合】

次に、男性の場合のウォシュレットオナニーのやり方について解説します。男性のオナニーはペニスを刺激してオーガズムを感じる方法が主流なため、ペニス以外で快感を味わうことは少ないはずです。

そこで、ウォシュレットオナニーのような新しいオナニー方法を見つけることで、さらなる気持ちよさを体験することができます。また、アナルを刺激するため、男性はもちろん女性も体験することができます。

カップルズ

基本的に男性のシャワートイレオナニーはお尻で感じれる人がするもの

男性は女性と違ってクリトリスが無いため、ウォシュレットオナニー(シャワートイレオナニー)はアナルを刺激して気持ちよくなる人のためのオナニー方法です。

直接アナルに水を当ててゾクゾクとした気持ちよさが味わえるため、アナル開発されている人、これから開発したいと考えている人だけでなく、Mの方にもおすすめのオナニー方法といえます。

男性の場合ビデではなく【おしり】の方で刺激する

女性はクリトリスを刺激するために「ビデ」機能を使いましたが、男性はおしりを刺激するため、「ビデ」ではなく「おしり」を設定します。「おしり」は便座に対して垂直に水が噴水されるため、アナルに直接刺激することができます。

また、ウォシュレットの機能にもよりますが「やわらか」という設定が存在するものもあります。空気を含んだやわらかめの水を噴水するため、「おしり」で出てくる水よりもソフトな感触でアナルを刺激することができるため、始めたての人におすすめの設定と言えます。

最初は弱い水圧からだんだん調整していく

アナルはクリトリスほど敏感な部分ではありませんが、初めから強い水圧で刺激するとびっくりしたり、気持ちよさよりも痛みが伴う可能性があるため、最初は弱い水圧でだんだん調節していくようにしましょう。

これも女性版と同様に「水勢」ボタンで水圧の強さを調節することが可能なため、自分の気持ちよさに合った水圧を選ぶようにしましょう。

ウォシュレットオナニーをやる際の注意点

ここではウォシュレットオナニーをやる際の注意点について説明していきます。トイレは不特定多数の人が利用するため、衛生面での注意が必要です。今から説明する注意点を無視してウォシュレットオナニーをし続けると、炎症などの病気を引き起こす可能性があるため、必ず気を付けるようにしてください。

ウォシュレットノズルが不衛生だと膣やアナルによくないのでしっかり掃除する

ウォシュレットノズルから出てくる水はおしりの洗浄に使われるため清潔といえます。しかし、水は清潔でもウォシュレットノズルに汚れがあれば当然出てくる水も汚れてしまいます。

ウォシュレットノズルが不衛生のまま使用してしまうと、膣やアナルも不衛生となってしまい、何らかの病気になるリスクが高まるため、定期的にウォシュレットノズルを掃除することをおすすめします。

終わった後はしっかり水を出し切らないと膣炎になってしまう恐れがある

ウォシュレットオナニーが終わった後も注意が必要です。クリトリス付近に水を噴射するため、膣内にもウォシュレットの水が入り込むことがあります。たとえウォシュレットノズルを清潔に保っていたとしても、目に見えない細菌が付着している可能性があるため、ウォシュレットオナニーが終わった後は、しっかりと膣やアナルから水を出し切るようにしましょう。

また、性器の周りについた水もトイレットペーパーで拭き取るなどして炎症などの病気を防ぐようにしましょう。

ウォシュレットの接続方法によっては性感染症の恐れもあるので注意

ウォシュレットから出てくる水は「水道直圧式」、「ポンプ給水タイプ」の2種類のいずれかの方法で出てくることが一般的です。使っている種類によっては性感染症などの病気になる可能性があるため、ぜひお使いのウォシュレットの設定を確認してから利用するようにしてください。

水道直圧式

水道直圧式のタイプは、私たちが水道をひねって出てくる水のように、水道からの水をウォシュレットに繋げて水を噴水するシステムのことです。現在、ほとんどのウォシュレットが水道直圧式を採用しており、比較的清潔な水が使われていることがほとんどです。

ポンプ給水タイプ

ポンプ給水タイプは、お風呂でたまった水などをポンプでつないで再利用するシステムです。ひと昔前では、このタイプのウォシュレットが使われることが多かったです。

水を再利用するため、水の前の使われ方によっては性感染症はもちろん、最近流行りの新型コロナウイルスにも感染する恐れがあるため、このタイプのウォシュレットを利用する時は注意がいつ用といえます。

他の利用者にも配慮したウォシュレットオナニーをする

トイレは不特定多数の人が使うものであり、あなた1人が使うものではありません。そのため、汚れ、声の大きさ、利用時間などの点に注意して利用するようにしましょう。

水が便器や床に飛び散ったら清潔に拭く

ウォシュレットオナニーをしていれば、性感帯に当たった水が便器や床に飛び散ることもあります。そのまま放置しておくと、他に利用する人が不快な気持ちになったり、感染症のリスクも考えられるため、しっかりと水を拭き取り、清潔な状態で他の人に利用してもらうようにしてください。

喘ぎ声と長時間の利用はほどほどに

ウォシュレットオナニーのあまりの気持ちよさに喘ぎ声を我慢できない人もいると思います。だからといって我慢せずに大きな喘ぎ声でオナニーをしていると、外にいる人から引かれてしまったり、不都合なことになってしまう可能性があるため、抑えた声で行うようにしましょう。

また、長時間トイレにこもってオナニーをしていると、怪しまれることはもちろん、他にトイレを使いたい人の妨げになるため、マナーを守ってウォシュレットオナニーをするようにしてください。

トイレで気持ちよくなれる!ウォシュレットオナニーのやり方を徹底解説まとめ

ここまでウォシュレットオナニーのやり方や注意点について徹底解説してきましたがいかがだったでしょうか。

この記事のポイントは

  • ウォシュレットオナニーとは、トイレのウォシュレット機能を使ったオナニー方法で男女共に気持ちよさと人気を誇っている
  • 「ビデ」、「おしり」機能を使って水圧や水温を調節しながら性感帯を刺激する
  • 感染症にならないようウォシュレットと性器を清潔な状態に保つ

です。

この記事を参考にしてウォシュレットオナニーという新しいオナニー方法にチャレンジして気持ちよくなっていただければ幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング