MENU
性の悩み

こっそりオナニー成功するカギとは?バレずにできる方法を紹介!

バイブおすすめランキング

オナニーをする際、他の人の目が気になる方も多いはず。特に家族や恋人と住んでいる場合、「いかにこっそりとオナニーをするか?」という問題を解決しないと気持ちよくオナニーができないかもしれません。

そこでこの記事では、以下のポイントについて紹介します。

  • こっそりとオナニーをする方法
  • 男女別にこっそりとオナニーができる場所
  • こっそりとオナニーする上での注意点
  • こっそりとオナニーすることは病気かどうか

最後まで読むことでこっそりとオナニーする上でのポイントが把握できるため、ぜひ読んでみてください。

こっそりオナニーを上手にする方法とは?

彼氏・彼女や家族にバレないようオナニーをする方法としては、主に以下の4つが挙げられます。

  • 早朝・深夜にする
  • 同居人がいないタイミングを狙う
  • 服の影を利用する
  • 物陰を利用する
カップルズ

早朝・深夜にする

早朝や深夜のような人が少ない時間はオナニーにぴったりな時間です。家族も寝ている場合が高いため、ゆっくりとオナニーできるでしょう。

ただし、声や物音などに注意する必要があります。あまりにも声が大きかったりバイブの音が大きかったりすると、バレてしまうかもしれません。その対策として、布団の中でしたり声を我慢したりするようにしましょう。

同居人がいないタイミングを狙う

こっそりとオナニーするためには、その空間に誰もいないのがベストです。そのため、恋人や家族など同居人がいないタイミングを狙ってオナニーするようにしましょう。あらかじめ外出時間をわかっていれば、オナニーできるタイミングも把握できるはずです。

時間を決めてオナニーをする

オナニーをする際は、のんびりせずに時間を決めてするのがおすすめです。オカズ探しに時間がかかったり時間をかけてオナニーをしていると、途中で誰かに見られてしまう恐れがあります。

そのようなことを防ぐためにも、できれば時間を決めてオナニーするようにしましょう。そうすることで、確実に安全な時間帯でオナニーを楽しめます。

物陰を利用する

オナニーをしているとバレないようにするために、デスクやカーテンなどの物陰を利用しましょう。さすがに会社でのオナニーはリスクが高すぎるのでおすすめできませんが、物陰を利用することでバレにくくなります。

男女共通でこっそりオナニーできそうな場所とは?

こっそりとオナニーできる場所は、意外と性別を問わないものです。そこで男女共通でこっそりとオナニーができそうな場所を複数紹介します。

カップルズ

自宅でこっそりオナニー

まず自宅でオナニーする場合は、以下のスポットが挙げられます。

だれもいないリビングでこっそりオナニー

大胆にしたいのであれば、リビングでオナニーすると良いでしょう。開放的な気分でオナニーできる上に、テレビでAVを流しながらオナニーすることも可能です。ただし、同居人が帰宅した際にすぐバレてしまう恐れがあるため、確実に一人の時間を狙ってオナニーしましょう。

布団の中でこっそりオナニー

同居人がいる状態でオナニーするのであれば、布団の中がおすすめです。布団の中であれば、掛け布団のおかげでバレにくくなります。しかし、イッてしまった場合の処理が非常に面倒くさくなるという欠点があります。

彼氏・彼女が寝ている横でこっそりオナニー

スリルを楽しむなら、彼氏や彼女の隣でオナニーしてみてはいかがでしょうか。バレないように声を我慢してオナニーするため、通常のオナニーよりも興奮できるでしょう。仮にバレても、相手次第ではそのままセックスという流れに発展するかもしれません。

ベランダでこっそりオナニー

ベランダでオナニーも1つのアイデアです。特に高層マンション住んでいる場合、高すぎて地上から何をやっているのかわかりません。そのため、ベランダでオナニーしても案外バレないかもしれません。しかし、一軒家やマンションが密着している場合、局部を露出したとして警察沙汰になる恐れがあります。

会社(職場・オフィス)で仕事中にこっそりオナニー

ハイリスクなオナニーとして、職場でのオナニーも挙げられます。場合によっては、仕事中にもこっそりとオナニーができるかもしれません。

トイレでこっそりオナニー

職場でオナニーする場合、一番安全なところとしてトイレが挙げられます。トイレは四方を囲まれている、声さえ出ていなければバレません。その上、ティッシュペーパーがあるため、イッた後に局部をきれいにすることも可能です。

早朝のオフィスでオナニー

誰もいない空間を狙うという意味で、早朝のオフィスでオナニーができる場合もあります。ただ、監視カメラに写ってしまう恐れがあるでしょう。また、人によっては早朝からオナニーすることにあまり興奮しない方もいるかも知れません。

夜間のオフィスでこっそりオナニー

早朝ではなく、夜のオフィスでこっそりとオナニーすることもできます。特に自分だけオフィスに残っている状況ならば、少しくらい声を出してもバレないかもしれません。もしするのであれば、バレないようにするためにもきちんとオフィスをきれいにしてから家に帰りましょう。

デスクの下でこっそりオナニー

デスクは下半身がかくれるため、こっそりとオナニーすることも可能です。多くの人がいるからこそ、なおさら興奮するかもしれません。しかし、バレたときのリスクが高すぎることにも気をつけましょう。

野外(大衆の場)でこっそりオナニー

野外でこっそりオナニーと聞くと矛盾しているように思えるかもしれませんが、いくつかオナニーできる場所があります。一体どのようなところなのでしょうか。

多目的トイレでこっそりオナニー

多目的トイレはスペースが広いこともあり、オナニーしやすい空間です。もちろん、本来の目的とは違う用途での利用なのであまりおすすめできませんが、誰も利用しないような時間帯を狙って多目的トイレでオナニーすると良いでしょう。

友達・恋人・会社の人との旅先のホテルでこっそりオナニー

もし会社の出張や彼氏・彼女との旅行でホテルを利用するのであれば、その際にオナニーするのはどうでしょうか。特にそれぞれ別々の部屋に宿泊しているのであれば、開放的なオナニーも可能です。ただし、あまりにも声が大きいとバレてしまう恐れがあります。

旅先のホテルでのオナニーは他にもメリットがあり、少し汚くても問題ないということが挙げられます。掃除はホテルのスタッフがしてくれるため、ベッドを少し濡らしてしまってもそこまで問題ありません。

【興奮するに違いない】野外(大衆の場)でこっそりオナニー

野外でこっそりオナニーできる場所は他にもあり、特に以下のスポットは予想以上に興奮できるかもしれません。

飛行機内のトイレでこっそりオナニー

飛行機内のトイレは狭いですが、さくっとオナニーしたいときにぴったりです。特に乗客が寝ている時間帯ならば、オナニー中にトイレが開いているかどうか確認する人も少ないでしょう。ただ、堂々とオカズを探せないため、「どう興奮させるか?」が問題となるかもしれません。

駐車場に停めて車の中でこっそりオナニー

車の中でのオナニーはよくあるものであり、窓ガラスを隠したり人気のないところに駐車したりすれば、意外とバレずにオナニーできます。その上、車ならばシートを倒すこともできるため、寝っ転がった状態でオナニーすることも可能です。

こっそりオナニーでの注意点とは

こっそりとオナニーできる場所は複数ありますが、いくつか注意すべきポイントもあります。そこまで考慮した上で、実践してみましょう。

射精したら形跡を残さないこと

男性の場合、「射精をどうするか?」が重要になります。そのままティッシュに包んで捨てるのも良いですが、ティッシュの量でバレてしまう恐れがあります。そのため、射精したら形跡を残さないようにしましょう

匂いを残さないこと

こっそりとオナニーできる場所は匂いがこもりやすい場所が多いため、消臭を忘れないようにしましょう。例えば、消臭スプレーを使ったり窓を開けて空気を入れ替えたりなどが挙げられます

こっそりオナニーするのは病気なの?

「こっそりとオナニーしてしまうのは何か病気の病気?」と思うかもしれませんが、そのようなことはないため、安心して大丈夫です。こっそりとオナニーするからといって病気ではないため、不安になる必要はありません。

こっそりオナニー成功する方法や場所の紹介まとめ

今回は、こっそりとオナニーできる場所や注意点などを紹介しました。飛行機内のトイレや車の中だけではなく、うまくいけば仕事中にオナニーすることも可能です。そのため、刺激を求めている方であれば、あえてこっそりとオナニーしたくなるかもしれません。

ただ、その分のリスクもあるため、他の人に迷惑をかけないようなオナニーを心がけましょう。

バイブおすすめランキング