性の悩み

【ハマるに違いない】寝る前のオナニーってどんな効果あるの?

バイブおすすめランキング

寝る前のオナニーが心身の健康にとって、いい影響を与えることをご存じでしたか。とはいえ、実際のところオナニーのメリットについて、日本ではあまりオープンに語られていないのが実情ですので、知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

この記事のポイントは、

  • 寝る前のオナニーのメリット
  • 寝る前のオナニーを最高に盛り上げる方法
  • 寝る前のオナニーのデメリット

になります。

ここではオナニーをもっと興奮させる為に用意しておきたいおすすめのグッズや、オナニーのやりすぎが身体にもたらす悪影響について、さらにみんながオナニーをしたくなる時間帯がいつなのかをお話ししていきます。

オナニーの認識を気持ちがいい行為だけで終わらせるのではなく、健康にとってメリットがあり必要な行為であることを知り、日々の生活をもっと充実させていきませんか。

寝る前のオナニーって効果ある?メリットは?

オナニーをすると、男性も女性も共通していい影響をもたらしてくれることがわかっています。ここでは寝る前にオナニーをするとどんなメリットがあるのかについてご紹介していきます。

カップルズ

寝る前にオナニーをした時の効果とメリット

オナニーが私たちにもたらす効果やメリットとはどんなことがあるのでしょうか。

1日の最後に最高の興奮を感じることができる

寝る前にオナニーをすると、最高の瞬間を感じて1日を締めくくることができます。たとえその日大変な事があっても、ポジティブな気持ちで終わらせることができますので、次の日は明るい気分で物事に取り組める、オナニーはいわば日常に活力を与えてくれる役割があるといえるでしょう。

一気に性欲を発散できる

オナニーをすると溜まった性欲を発散することが出来て、気分もたちまちスッキリすることができます。性欲は男女問わず誰にでもあるものです。日本は性に関してあまりオープンな国ではないからか、オナニーに背徳感を感じる人が多いかと思います。ですが、寝る前のオナニーは身体にいい影響を与える行為でもあるので、健康の為だと考えてみるといいのではないでしょうか。

溜めていた分一気に射精できる

射精はいわば排泄行為の一種だと言われています。溜めていた分を心の中のモヤモヤした気持ちと一緒にシコることで出し切ってしまえば気分は晴れ晴れ。我慢した時間が長いほど射精した時の快感は高まるものです。また、射精した後はたちまち気持ちが落ち着いて余計な雑念が消えるため、他のことに気持ちを集中しやすくなります。

心地よい疲れで寝付きが良くなる

寝る前のオナニーによってエネルギーを使った身体は、ほどよく力が抜けている状態のため入眠しやすくなります。またオナニーは「オキシトシン(愛情ホルモン)」を分泌させる効果があります。オキシトシンは飼ってるペットを抱っこした時と同じように幸せを感じられる効果があるといわれてます。

また人間はストレスを感じると、コルチゾールと呼ばれるホルモンが過剰分泌すると言われていますが、オナニーで快感を得ると、コルチゾールが抑制されることがわかっています。

寝る前のオナニーはこれらの働きによって、不安感やストレスを和らげてくれる効果があるので、リラックスした気持ちで眠ることができます。

快眠できスッキリとした目覚めになる

リラックスした状態で眠ると副交感神経が優位に働きますので、眠りの質が高まって身体の疲れをしっかり取ることができる為、翌朝気持ちよく目覚めることができるでしょう。

人間は行動しているときに「交感神経」、休むときは「副交感神経」が交互に働くことで自律神経のバランスが保たれています。睡眠時に交感神経が優位に働いている場合、身体が緊張した状態で眠ることになるため疲れが残ってしまいます。

リラックスした状態でしっかり快眠できるので、寝る前のオナニーはメリットが大きいと言えるでしょう。

寝る前のオナニーを更に興奮させる工夫とは?

ここではオナニーがもっと盛り上がるための、興奮させる方法についてご紹介していきます。

部屋を薄暗くする

部屋を薄暗くすることで、自分の中にある想像力を膨らませて楽しむという方法は、すでに経験済みかもしれませんが、あえてここでご紹介したいと思います。

暗闇の中であなたは自分の好きなシチュエーションを設定します。次は好きな人や好みのAVを思い浮かべて、お相手を想像しながら本番さながらに思い切りストーリーを思い描きましょう。まるで自分の部屋で素敵な誰かとセックスをしているような感覚になり、オナニーをより楽しめる事は間違いないはずです。

あくまでもフィクションなので、ありえない話でも問題ありません。よりリアルな設定にこだわるのも、SF超大作でもアラブの大富豪でもすべては監督である、あなたの自由です。

お気に入りのアロマオイルを焚く

アロマの香りによってさまざまな気分に変えてくれる効果が期待できます。例えば「ジャスミン」の香りは、リラックス効果やホルモンバランスを整えてくれるため心を落ち着かせてくれます。寝る前に焚いて安眠への導入剤として使うのも有効的です。また、少量であれば催淫剤にもなりますので、オナニーの気分を高めるために使用することもできます。

そのほか女性ホルモンと似た働きをすると言われている「クラリセージ」もホルモンバランスを整えながら、気持ちを落ち着かせる効果と幸福感を感じさせてくれる効果を併せ持ったアロマです。

その時の気分に合わせて好きな香りを選んでみてはいかがでしょうか。

照明でアクセントをつける

オナニーを更に興奮させる工夫として、視覚によってムードを高める方法も効果的だと言えます。

オレンジのような温かみのある照明やラブホをイメージさせるピンクの照明など、部屋の印象にアクセントをつけることで、気持ちを徐々に高めることができます。セックスをしているときのような雰囲気へ自分好みに演出することで、より気持ちを盛り上げていきましょう。

カップルズ

VRを活用する

視覚による効果的な方法で動画を利用する人は多いかと思います。今回寝る前のオナニーを更に興奮させる工夫としておすすめしたいのは、VRで動画を楽しむ方法です。

アダルトVRは目の前に人がいるような臨場感を味わうことができます。本当にセックスをしているような感覚になり、興奮する気持ちを高めて最高の絶頂を迎えることができるでしょう。VRゴーグルがあれば、あとはスマホをセットするだけなので、気軽に楽しむことができますね。

寝る前のオナニーのデメリットは?健康に関係ある?

やりすぎると身体によくないという話を聞きますが、オナニーをすることで健康にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

深夜までオナニーしてしまい、睡眠不足(不眠)になる

ついついやめられなくなって夜更かしをしていませんか。性欲の源であるテストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、夜から徐々に分泌量が増えると言われています。そのため夜にモヤッとした気持ちになる人はテストステロンの分泌量が多いと考えられます。これは男性に限らず女性にも言えることのようです。

しかし睡眠不足や不眠は翌日のパフォーマンスに影響を与えてしまいます。昨日の疲れをしっかりと取るために睡眠不足は大敵です。寝る前のオナニーは適度に行うようにしましょう。

ニキビや肌荒れになる

男性の場合オナニーをすると、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが増加して、皮脂が過剰に分泌されます。寝る前にオナニーをすると、皮脂が肌に残ったままの状態で睡眠をするため、ニキビや肌荒れを起こしてしまうということがわかっています。もしもニキビや肌荒れが気になるという方は肌トラブルを抑えるために、オナニーの頻度を控える方がいいでしょう。

女性の場合はオナニーで体温が上昇して血行が良くなるため、代謝が上がり美肌に効果があると言われております。ニキビや肌荒れの原因とはならないようですね。

ブルーライトの見過ぎになる

スマホを観始めると、たくさん魅力的な動画や画像があって夢中になって楽しめますよね。とはいえブルーライトは日中の光と同じくらいの強さがあり、スマホを見続けると交感神経が優位になるため、なかなか寝付けなくなってしまいます。

ついつい見過ぎてしまう方には、ブルーライトの刺激をカットしてくれるシールをスマホに貼ったり、ブルーライトをカットするメガネを掛けて対策してみるのはいかがでしょうか。

後処理に困る

皆さんはオナニーの後処理はどうしていますか。一人暮らしなら多少処理が雑であっても困ることは少ないかと思いますが、問題は家族と同居している場合です。親や兄弟にオナニーしたことがバレてしまい、気まずい思いをすることは避けたいですよね。

まず危ないのは、処理に使用したティッシュをそのままゴミ箱に捨ててしまうケースです。独特な臭いを発するためバレてしまう可能性が高いでしょう。

バレない後処理の方法として、

  • 小袋に入れてから捨てる(お菓子の袋でもOK)
  • 水に流せるティッシュで処理してトイレに流す
  • 生ごみと一緒に捨てる

と臭いでバレる事態を防ぐことができます。

寝る前のオナニーで何か症状がでた場合どうしたらいいの?

オナニーの最中、または翌日に身体に不調を感じたことはありませんか。オナニーは適度に行えば身体にいい影響を与えますが、自分の体調の良し悪しによって毒となる場合もあります。

寝る前のオナニーで睡眠不足(不眠)になった場合

睡眠不足や不眠をなくしたいのならオナニーの頻度を控える必要があるでしょう。寝不足では日中の仕事や勉強が差し支えてしまう恐れがありますので、オナニーのし過ぎには注意が必要です。

また、連続でオナニーしてしまうと、肝心の本番で射精できなくなる可能性があります。1番気を付けたいのは身体が刺激を求めてしまいオナニーに依存するようになることです。依存症は病気なので治療が必要になってしまいます。もしも最近寝不足気味だと感じたら、2日に1回程度に抑えていくといいでしょう。

寝る前のオナニーで寝起きが悪くなった場合

たっぷり寝たはずなのに朝起きたら身体がだるいと感じる理由の一つは、疲れがたまっている証拠だと言えます。原因として考えられることは、オナニーのし過ぎによる自律神経の乱れと、ブルーライトが原因で眠りが浅い状態になってしまったからだと考えられます。

疲れを残さないために、副交感神経が優位な状態で眠ることが大切だということは、すでにお話しした通りですが、ようは眠る前にリラックスすることが大事だということ。

オナニーをすると体温が上昇しますので、部屋の温度を低めにして上がった体温と興奮を冷ますことで、気持ちを落ち着かせて眠りやすくなるでしょう。また、スマホから出ているブルーライトの光は睡眠の質を下げてしまいますので、スマホを見ながらシコるのは就寝の30分前までにしておいた方がいいでしょう。

寝る前のオナニーで頭痛や倦怠感がでた場合

オナニーの最中やオーガズム後すぐの頭痛は性的興奮による血圧の上昇が原因だと言われています。悪化すると脳内出血を起こす恐れがありますので、痛みを感じたらオナニーを続けるのは控えるようにしましょう。痛みは市販の頭痛薬で鎮めることができますが、めまいや吐き気を催した場合は病院へ行って、一度見てもらった方がいいでしょう。

翌日の朝にだるさを感じる場合は、

  • 疲労がたまっている
  • 睡眠の質が落ちている
  • 亜鉛が不足している

だと考えられます。

仕事でのストレスなどで寝る前に考え事をしていることはありませんか。寝る前にリラックスした状態で眠りにつかないと、浅い眠りとなってしまい疲れが残ったまま朝を迎えるという状態になってしまいます。浅い眠りの原因は、オナニーで交感神経が優位になっている状態だからです。寝る前のオナニーを控えることで疲れをとることができるでしょう。

射精すると体内の亜鉛が大量に消費されることがわかっています。亜鉛には疲労回復効果がありますので、オナニーのし過ぎは「亜鉛不足=疲労感」の場合も考えられます。亜鉛は体内で作られるものではないので、サプリや亜鉛を含んだ食べ物を積極的に取って、疲労を残さないようにしていきたいですね。

※亜鉛を含む食べ物…牡蠣・豚レバー・大豆・卵など

1番興奮する時間帯はいつ?

皆さんがオナニーがしたくなる時間帯は1日の中でいつが多いですか?どんな時にしたくなるのでしょうか。今回、男女別で調査した結果をまとめましたのでご覧ください。

男性が1番興奮する時間帯

男性はいつオナニーしたいと思っているのでしょうか。

65%の男性が夜(深夜)にオナニーしている

多くの男性は深夜、つまり寝る前にオナニーを行っています。夜なら誰かが部屋に入ってくる心配もないですし、朝は時間がないからなど理由はさまざまです。オナニーはストレスを和らげて眠りを深めてくれる快眠効果がありますので、寝る前のオナニーでリラックスしている方が多いのでしょうか。

25%の男性が早朝(出勤前・登校前)にオナニーしている

オナニーをすると仕事や授業に集中できるからといった前向きな理由から、夜は仕事や勉強などで疲れているからそんな気分になれない…などさまざまあります。しかし夢中になってやりすぎると遅刻の恐れや、逆に疲れてしまうことがありますので、適度に行うようにしましょう。

10%の男性が昼にオナニーしている

昼にオナニーをする男性がいることに驚きですが、前述の朝のオナニーと理由は同じで、午後からの集中力を上げる効果があるといいます。昼食後はどうしても眠くなりがちですよね。そんなだるい時間を昼のオナニーで解消することができますよ。

女性が1番興奮する時間帯

では女性はいつオナニーをしているのでしょうか?

70%の女性が夜(深夜)にオナニーしている

女性の場合も深夜にオナニーをする人が多いという結果に。ストレスを和らげる効果があることや、オナニーで体温が上昇するので入眠しやすくなるからという理由が多いようですね。またオナニーに集中したいために、時間を気にしなくてもいい深夜の時間帯にするという方も。

25%の女性が昼にオナニーしている

仕事中の場合はオナニーをするのが難しいかと思いますが、その背徳感を感じたくて昼間にオナニーをする方もいるようです。また主婦の場合は家に誰もいないタイミングが昼間のため、この時間帯に行為を楽しんでいるという方がいるようですね。

5%の女性が早朝(出勤前・登校前)にオナニーしている

朝起きてムラムラした気分をスッキリさせるためだったり、日中の気分の浮き沈みが解消されたりと、女性が朝にオナニーを行う理由も気持ちを切り替えるための場合が多いですね。また朝の方が気持ちいいという人もいるようです。

寝る前のオナニーは本当に興奮し効果あるのか?のまとめ

いかがでしたか?

  • 寝る前のオナニーはストレスを和らげてくれる
  • 自律神経が整い快眠でスッキリ目覚めることができる
  • 男女共通で寝る前にオナニーする人が多い

寝る前のオナニーは、健康的な心身を保つためにとても必要なものだということがわかりました。やりすぎると身体に負担がかかる場合がありますので、適度に行うことがポイントです。寝る前のオナニーには快眠効果があり、翌日のパフォーマンスを最高の状態にしてくれます。これを知ったあなたもきっと、寝る前のオナニーにハマって行くことは間違いないでしょう。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング