MENU
性の悩み

気持ちいいけど覚えない方がいい足ピンオナニーとは?直し方まで徹底解説

「足ピンオナニーをやめられない。」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

足ピンオナニーは通常のオナニーに比べ絶頂に達しやすく、とても気持ちいいですよね。

「短い時間でイケるのでついやってしまう。」なんて方も多いのではないでしょうか。

しかし、足ピンオナニーにはデメリットもあります。

足ピンが習慣化している方は要注意です。

この記事では

  • そもそも足ピンオナニーとはどういったものなのか。
  • 足ピンオナニーがダメと言われる理由
  • 足ピンオナニーの直し方

を解説しています。

自覚がないあなたも、無意識に足ピンオナニーをしているかもしれませんよ。

でもこの記事を読めば原因・改善策が分かるので大丈夫です。

是非最後までお読みください。

目次
  1. 自分の快感を優先しすぎて「足ピン」していませんか?
    1. 足ピンオナニーとは
    2. 足ピン問題は男性も女性も悩んでいる問題
    3. 男性の場合膣内射精障害になってしまうことも
  2. 足ピンオナニーはなぜダメなのか
    1. パートナーとのセックスでイケない
    2. 足ピンの体勢でしか気持ちよく感じれなくなる
  3. なんで足ピンオナニーが癖になってしまうの?原因は?
    1. 足ピンオナニーはクリトリスをいじる外イキと相性がいいから
    2. 勃起力が弱まっている時でも足ピンオナニーだと勃起状態がキープされるから
    3. 下半身の性器周辺の筋肉が緊張&収縮するのが刺激になるから
  4. 足ピンオナニーを克服・改善したいけど直し方は?コツはあるの?
    1. 男性と女性ではオナニーの仕方が違う
    2. 女性が足ピンオナニーを改善するためにおすすめの体勢
    3. 男性が足ピンオナニーを改善するためにおすすめの体勢
    4. 力を入れずにリラックスして気持ちよくなるようにする
    5. 足じゃなく腰に力を入れてイクようにする
    6. 足ピン以外でも気持ちいいと覚えさせるのがコツであり重要
  5. 足ピンオナニー以外の性感帯開発方法
    1. クリトリス以外の性感帯を見つけて気持ちよくなる
    2. アダルトグッズで開発の練習
  6. 足ピンオナニー防止におすすめのアダルトグッズ
    1. 例のバイブ
    2. 例の吸うやつ
    3. 噂の電マ
  7. 気持ちいいけど覚えない方がいい足ピンオナニーとは?直し方まで徹底解説まとめ

自分の快感を優先しすぎて「足ピン」していませんか?

足ピンオナニーは、とても気持ちいいですよね。通常のオナニーより短い時間でイクことができるし、日頃からしている方は多いのではないでしょうか。

最初に「そもそも足ピンオナニーって何?」って方もいると思うので、まず足ピンオナニーとはどういったものなのか解説していきます。自分はやっていないか、確認してみてくださいね。

カップルズ

足ピンオナニーとは

足ピンオナニーとは、文字通り足をピンと伸ばしてオナニーをするやり方。足を伸ばすことによって下半身の筋肉が緊張状態になり、通常のオナニーに比べ簡単にイクことが出来ます。しっかりとオナニーの仕方を勉強せずに始めてしまい、無意識に足ピンオナニーが身についてしまっている方が多いそうです。

足ピン問題は男性も女性も悩んでいる問題

「足ピンオナニーがやめられない」と悩みを抱えている方は少なくありません。足ピンに慣れると、「セックスや他のオナニーでイケない」などのデメリットも出てきます。足ピンしていると自覚のある方は、少しずつでも克服していくようにしましょう。克服法は後述します。

男性の場合膣内射精障害になってしまうことも

足ピンを続けると男性の場合、膣内射精障害になってしまう可能性もあります。膣内射精障害とは、オナニーではイケるのに女性の膣内ではイケないことです。足ピンオナニーの刺激に慣れてしまって、女性の膣内では刺激が足りなくなってしまうことが原因です。

足ピンオナニーはなぜダメなのか

「足ピンオナニーはダメ」ってよく聞きますが、どうしてなのでしょうか。理由を以下で解説します。

パートナーとのセックスでイケない

日頃から足ピンオナニーをしていると、パートナーとのセックスでイケなくなってしまいます。セックスでは足を伸ばす体位が少ないため、正常位でオーガズムに達しないまま終わってしまうなんてことも。パートナーとのセックスが上手くいかないと、関係が悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。

カップルズ

足ピンの体勢でしか気持ちよく感じれなくなる

足ピンオナニーが習慣化すると「足ピンじゃないとオーガズムを得られない」と体が認識してしまうため、他のオナニーでは感じられなくなってしまいます。下半身に力を入れないように意識して、オナニーをすることが大切です。

なんで足ピンオナニーが癖になってしまうの?原因は?

なぜ男性女性ともにやめた方がいいと言われている足ピンオナニーの状態で癖付いてしまうのでしょうか?

足ピンオナニーはクリトリスをいじる外イキと相性がいいから

女性のオナニーはクリトリスの刺激で気持ち良くなる外イキオナニーがアダルトグッズなどのアイテムも使うことなく手軽にできるし人気で主流とされています。その外イキオナニーを足ピンすることによりさらに手軽に気持ちよくさせてしまう行為が足ピンオナニーなのです。

勃起力が弱まっている時でも足ピンオナニーだと勃起状態がキープされるから

男性の中でも「今ムラついてはいるけどなんか立ちが悪いな?」と感じた瞬間があるのではないでしょうか?そう言った瞬間にでも気持ち良くなれるのが足ピンオナニーなのです。フルじゃないにしてもある程度の血流が集まった半勃起のタイミングで足ピンオナニーをすると血流が集まり筋肉の緊張で他に回っていくことがありません。そういったオナニーが原因で癖になってやめれなくなる男性も増えています

下半身の性器周辺の筋肉が緊張&収縮するのが刺激になるから

これは男女ともに共通するのですが基本的にイく瞬間というものは下半身の筋肉の緊張&収縮によってより深いオーガズムを味わえるように無意識に行われています。その瞬間を意識することで手軽に作れてしまうのであればみんなやってしまいますよね?それが足ピンオナニーの正体だという認識で間違い無いです。

足ピンオナニーを克服・改善したいけど直し方は?コツはあるの?

足ピンオナニーがダメな理由を理解していただけたところで、次は克服・改善方法について解説していきます。一つずつ試せばきっと直せるので実践してみて下さい。

男性と女性ではオナニーの仕方が違う

男性と女性では、そもそもオナニーのやり方が違います。体勢や刺激の仕方も異なるので、自分が普段どのようにオナニーをしているのか考えてみましょう。

女性が足ピンオナニーを改善するためにおすすめの体勢

女性が足ピンしないもしくはしづらいオナニーの体勢をご紹介します。

正常位(M字開脚)

正常位の体勢は、足が曲がっているので足ピンの改善に有効です。クリトリスやGスポットを刺激しながら、疑似セックスを楽しめるのでオススメ。足ピンを直したい方に、最初に試してほしい体勢ですね。

四つん這いでのオナニーを行う

四つん這いでのセルフプレジャーは足を伸ばすことが出来ないので、足ピン改善に適した体勢です。恥ずかしい体勢でオナニーしていることで、性的興奮も高まりますよ。四つん這いの体勢はアダルトグッズも使いやすいので、性感帯開発も出来ます。

男性が足ピンオナニーを改善するためにおすすめの体勢

男性が足ピンしづらいもしくはしないような体制をご紹介していきます

あぐら式

あぐらをかく体勢で、オナニーを行います。あぐらは瞑想や座禅をするときにも使われ、人間がかなりリラックスできる体勢と言えます。そのため、脱力する感覚を掴みやすいです。足が組み合っていて伸ばすことが出来ないので、足ピン改善にオススメの体勢です。

椅子に座ってオナニーを行う

椅子に座ると、楽な体勢でオナニーを行えるのでオススメ。アダルトビデオを見ながらのオナニーなんかも、しやすいですよ。自然に力を抜く感覚が意識でき、足ピン改善に繋がりますよ。

力を入れずにリラックスして気持ちよくなるようにする

足ピンオナニーは意図的に下半身の筋肉を緊張状態に持っていき、イキやすくする方法です。しかし、力を入れなくても快感を得ることは出来ます。普段のオナニーやセックスをするときに力を抜く感覚を意識する練習をしてみましょう。

足じゃなく腰に力を入れてイクようにする

足に力を入れると、イク時に収縮する骨盤底筋を緊張状態にできるのでイキやすいです。しかし骨盤底筋は、腰に力を入れて膣を閉めることでも緊張状態にもっていくことが出来ます。この感覚を掴めば、膣トレにもなりいろんな体位で快感を得られるようになりますよ。

足ピン以外でも気持ちいいと覚えさせるのがコツであり重要

足ピンが習慣化していると、体が「足ピンじゃないと絶頂することが出来ない」と認識してしまいます。足ピン以外でも気持ちいいと、体に覚えさせるのがコツです。オナニーをするときに、下半身の力を抜くように意識してみましょう。

足ピンオナニー以外の性感帯開発方法

足ピンオナニー以外の性感帯開発方法を紹介します。性感帯が開発出来ると足ピンの克服にも繋がるので、自分の気持ちいい場所を見つけてみてください。

クリトリス以外の性感帯を見つけて気持ちよくなる

クリトリス以外の性感帯を見つけることによって、オナニーだけでなくセックスの感度もかなり上がります。以下で紹介していきます。

中イキ(膣イキ)

膣内の性感帯でイク方法で、「膣イキ」とも呼ばれます。Gスポットやポルチオと呼ばれる性感帯を刺激します。中イキを経験したことのない人は多いですが、外イキよりも快感は深いです。

Gスポット

Gスポットは、膣内に指を挿入して第二関節あたりにある性感帯。ザラザラとした感触が特徴です。Gスポットで得られる快感は「おしっこが出そう」「足が痙攣して力が入らなくなる」など個人差があります。潮吹きもしやすいスポットです。

奥イキ

膣の奥の部分、子宮の入り口付近のスポットです。ポルチオで得られるオーガズムは快感が深く、「第二のGスポット」と言われています。指の挿入では届きずらいので、バイブを使うことをオススメします。ポルチオを責めるのに特化したバイブもありますよ。

乳首

男性も女性も開発することで乳首を刺激するだけで、イクことが出来ます。最初は服の上から刺激し、慣れてきたら直接乳首を刺激しましょう。乳首の開発が出来たら、感じやすい場所が増えセックスの感度も上がりますよ。

アダルトグッズで開発の練習

足ピンオナニーがなかなかやめられない方は、アダルトグッズで性感帯開発の練習がオススメです。

足ピンオナニー防止におすすめのアダルトグッズ

足ピンオナニー防止におすすめのアダルトグッズを、3つ厳選して紹介します。どれも気持ちよくオススメなので、是非試してみて下さいね。

例のバイブ

おすすめアダルトグッズサイトで2年連続1位を受賞。「SNSで人気部門」「中イキ部門」「絶妙な振動部門」で三冠を達成した人気商品です。10種類のバイブレーションから好みの振動を選ぶことが可能で、深いオーガズムを体験できます。また、A,U,Gの女性3大スポットを同時刺激することも出来ます。膣イキしたい方にとてもオススメな商品です。

商品名Chillhana 例のバイブ
価格5,980円
機能10種類のバイブレーション、3点突起部分がA・U・G性感帯を刺激、静音振動
特徴3つのスポットを同時刺激出来るので、性感帯の開発にピッタリ。深いオーガズムを経験できます。

例の吸うやつ

現在SNSで人気沸騰中の商品。おすすめアダルトグッズサイトでランキング1位を受賞のほか、「クリ吸引部門」「Gスポ刺激部門」「SNSで人気部門」でも三冠を達成しています。7つの吸引パターンと、7つのバイブレーションによりオーガズムをもたらします。持ち運びやすいサイズ感なので、旅行や出張先にも持って行けますよ。100%防水も付いているので、お風呂場でオナニーしたい方にオススメです。

商品名例の吸うやつ
価格6,980円
機能7つの吸引パターンと7つのバイブレーション、多種多様な静音振動
特徴ローター、クリ吸引、電マ、バイブの4つのアダルトグッズの機能をこれ1本に集約しています。最高に気持ち良いこと間違いなしです。

噂の電マ

おすすめグッズサイトで2年連続1位を受賞。「触り心地部門」「絶妙な振動部門」「SNSで人気部門」で三冠を達成しています。20種類のバイブレーションモードを搭載していて、純粋な振動を体験することが出来ます。100%防水設計なのでお風呂でも使用可能なのが嬉しいですね。

商品名Chillhana 噂の電マ
価格5,980円
機能20種類のバイブレーションモード、静音振動
特徴ヘッドが360度曲げられるので、自分の気持ちいい部分にピンポイントで当てられます。防水設計なので潮を吹いてしまっても、すぐ水洗いできますよ。

気持ちいいけど覚えない方がいい足ピンオナニーとは?直し方まで徹底解説まとめ

今回は足ピンオナニーがダメな理由と、直し方について書いてきました。

ポイントは

  • 足ピンオナニーが習慣化すると、パートナーとのセックスでイケなくなる。
  • 克服には力を入れないでオナニーすることが大事。
  • セルフプレジャーのときに、足を閉じないようにするのが改善のコツ。

です。

足ピンオナニーが改善されれば、パートナーとのセックスも感度が爆上がりしますよ。

是非紹介した改善法を試してみて下さいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。