性の悩み

学生からサラリーマンまで!絶対にバレないおすすめのオナニーの場所

バイブおすすめランキング

自宅のリビング?自分の部屋?皆さんはそれぞれオナニーするお気に入りの場所がありますよね。中にはリラックスしてオナニーできる場所がないという方もいるのではないでしょうか。

  • この記事では家でのオナニーにおすすめな場所
  • 野外でのオナニーにおすすめな場所
  • 学生や社会人がオナニーするのにおすすめな場所

を紹介します!

ぜひこの記事を参考にして、お気に入りの場所を見つけてオナニーライフを充実させてください。

目次
  1. あなたはどんな場所でオナニーをするのが好きですか?
    1. なかなかオナニーする場所がない人が多い
    2. 女性も男性も普段しない場所でする自慰行為は格別に興奮できる
  2. バレずらくこっそりできるおすすめのオナニースポット(お家編)
    1. 既婚者だと家以外でする機会があまり無い
    2. 自宅・マイルームでオナニー
    3. バスルーム
    4. ベットの中でオナニー
    5. トイレでオナニー
    6. 擬似露出プレイ?人のいないリビングで堂々とオナニー
  3. 不謹慎だけど最高に興奮するドキドキなオナニースポット(外出時編)
    1. ここではしちゃダメなのに!って場所であるほど興奮するもの
    2. 神社・お寺
    3. スーパーのトイレ
    4. 公園で野外露出自慰行為
    5. 公共の多目的トイレ
    6. 車の車内
    7. 証明写真機の中
  4. 室内なのでちょっと安心の家以外オナニーの場所
    1. リラックスできる分気持ちいいと感じれる
    2. ラブホテル
    3. ビジネスホテル
    4. ネカフェ
  5. 中学生や高校生が困っている場合が多い
    1. 女子高生や男子高校生などは多感な時期だけどどこですればいいか悩みが多い
    2. 学校の男子トイレ・女子トイレ
    3. 学校の体育館倉庫
    4. 教室でこっそりオナニー
  6. サラリーマンやOLの方におすすめのオナニースポット
    1. 会社の屋上
    2. 会社の給湯室
    3. 会社の会議室
  7. 学生からサラリーマンまで!絶対にバレないおすすめのオナニーの場所まとめ

あなたはどんな場所でオナニーをするのが好きですか?

家のトイレや自分の部屋、はたまた家のベランダなど、誰しもオナニーをするお気に入りの場所があります。慣れ親しんだお気に入りの場所でのオナニーはリラックスでき、他の場所でするオナニー以上に気持ちいいものとなります。この記事の読者の皆さんはどんな場所がお気に入りですか?

カップルズ

なかなかオナニーする場所がない人が多い

人間の三大欲求の一つである性欲を満たすのに欠かせないオナニー。毎日、あるいは1日に何回もするという方もいるなど、頻度は人によって様々です。しかし世の中には「リラックスしてオナニーする場所がない」「どこでオナニーすればいいかわからない」という方も数多くいます。リラックスしてなければ、気持ちいいオナニーもできません。

女性も男性も普段しない場所でする自慰行為は格別に興奮できる

オナニーをする場所がある人でも、いつも同じ場所でしているとマンネリ化します。そんな時には普段とは違う場所でのオナニーがおすすめです。普段しない場所でするオナニーは、女性男性問わず、格別に興奮してオナニーできます。

バレずらくこっそりできるおすすめのオナニースポット(お家編)

実はお家の中にも、バレずに隠れてオナニーできる場所が沢山あります。その中から、いくつかおすすめの場所を紹介します。

既婚者だと家以外でする機会があまり無い

独り身の方であれば家で自由なオナニーライフを送れることはもちろん、家以外でも自由にオナニーできます。しかし既婚者の方だと、帰宅が遅くなってしまえば浮気などを疑われる可能性もあります。そのため、なかなか家以外でオナニーする機会がありません。家の中でバレずにオナニーできる場所を抑えておけば、既婚者の方もこれまで以上に快適なオナニーライフを送れることでしょう。

自宅・マイルームでオナニー

マイルームでのオナニーは鉄板です。マイルームはその名の通り、自分だけのプライベート空間です。プライベートが確保されている部屋の中でなら、リラックスしてオナニーに集中できます。

カップルズ

バスルーム

バスルームも、隠れてオナニーするのに向いている空間です。入浴中であれば誰かが入ってくることも滅多にありません。さらに、シャワーの音で誤魔化せるため、女性の方も心置きなくオナニーできます。また、オナニーの後にはすぐに体を洗えるため一石二鳥です。ここだけ見れば、一見快適に思えるバスルームでのオナニーですが、次の2点に注意しなければなりません。

後処理

オナニーをすれば、その時に出た精子を処理しなければなりませんが、精子にはお湯で温まると固まる性質があります。固まった精子は排水溝に詰まりやすい上、髪の毛に絡まると手に負えません。バスルームでオナニーする際には、精子を水で流すか、ティッシュなどに出すようにしましょう。

入浴時間

オナニーにはある程度時間がかかります。そのため、オナニーの分だけ入浴時間が長くなり、家族に怪しまれる恐れがあります。事務的で淡白なオナニーをすれば時間も掛からず性欲も満たせます。しかし、せっかくオナニーするのであれば満足できるオナニーをしたいですよね。そんな時におすすめなのが、入浴前にオカズを探しておくことです。あらかじめオカズを見つけていれば、その分オナニーの時間を削減できます。短い時間で満足できるオナニーをするためにも、入浴前にオカズを探しておくことがおすすめです。

ベットの中でオナニー

ベットの中であれば下半身を露出させずにオナニーができ、家族にもバレにくいです。また、就寝中であることを装えるため、部屋に誰かが来ることも考えにくいです。しかし、ベットの中でのオナニーも、バスルーム同様に注意点がいくつかあります。

布の音

オナニーの際には手を動かすため、布の擦れる音が発生します。あまりにも不自然に擦れる音がしていると、家族にも怪しまれるかもしれません。

愛液や我慢汁でシーツが濡れる

女性はオナニーの際に愛液が出るため、シーツなどを濡らしてしまう可能性があります。もし隠れてオナニー出来ていても、濡れたシーツから家族にバレてしまうということも考えられます。男性も我慢汁が出るため、他人事ではありません。

陰毛

オナニー時は陰部を露出するため、普段以上に陰毛が落ちてしまいます。気づけばシーツの上が陰毛だらけということも考えられるため、定期的にシーツの上を掃除するようにしましょう。

トイレでオナニー

トイレは誰かが来ることもなく、その場で処理もできるため、絶好のオナニースポットです。さらに、オナニーのついでにトイレも済ませられます。ただし、トイレという狭い密室空間にはオナニー後の独特な匂いが残ることもあるため、その点には注意が必要です。

擬似露出プレイ?人のいないリビングで堂々とオナニー

自宅での家族との交流の場であるリビングでは、普段はなかなかオナニーできません。しかし、だからこそリビングでのオナニーは、スリルのある最高に興奮するオナニーとなるでしょう。いつ家族から見られるかわからないスリルの中でのオナニーはまさしく擬似露出プレイと言えます。

不謹慎だけど最高に興奮するドキドキなオナニースポット(外出時編)

不謹慎な場所でのオナニーは、その罪悪感とドキドキ感故に最高に興奮するオナニーとなります。

ここではしちゃダメなのに!って場所であるほど興奮するもの

家以外でのオナニースポットを考えると、普通はオナニーしてはダメな場所ばかりです。しかし、ここではしちゃダメなのに!って場所であるほど興奮してしまうもの。そのため、最高に興奮する気持ちいいオナニーができるでしょう。では、実際にどこでするのが良いのでしょうか。

神社・お寺

神社やお寺でのオナニーはまさしく不謹慎そのものです。バチが当たらないかドキドキしながらするオナニーは罪悪感を感じますが、それも最高の興奮要素となるでしょう。また、神社やお寺でのオナニーは野外でするため、バレないように隠れてするというハラハラ感も持ち合わせています。

スーパーのトイレ

スーパーのトイレでのオナニーは、家以外では比較的難易度の低いオナニースポットです。トイレに他の人がいない時はリラックスしたオナニーができ、他の人が入ってきた時には、バレないように隠れてドキドキ感を感じながらオナニーできます。また、スーパーへの買い物で外出する頻度は誰しも多いもの。買い物で外出したついでにオナニーできるというのは嬉しいですね。

公園で野外露出自慰行為

公園での野外露出自慰行為は、スリルと罪悪感を併せ持つ最高に興奮するものとなります。万が一誰かに見つかってしまえば、警察に捕まるというスリルは興奮を高める最高のスパイスとなるでしょう。

公共の多目的トイレ

公共の多目的トイレは、車いす使用者の利用も考慮して、広々としたスペースや手すりなどが加えられています。世の中には、多目的トイレでしかトイレできない方も多くいます。そのため、多目的トイレをオナニーのために占領するというのはかなりの罪悪感です。広々としたスペースや手すりのある多目的トイレでは、通常のトイレでは考えられないような様々な体勢での自由なオナニーが可能です。その自由度はまさしく多目的と言えるでしょう。

また、多目的以外の普通のトイレでのオナニーもおすすめです。駅や街中であれば数も多いため、通勤などで駅に寄った際に気軽にオナニーできます。普通のトイレでのオナニーは、多目的トイレに比べてバレるリスクが高いため、興奮度は高くなります。

車の車内

車の車内は慣れ親しんだプライベート空間であるため、リラックスしてオナニーできます。また、それと同時にある意味野外でもあるので、通行人にバレないようにオナニーするというスリルも味わえます。ただし、車内でのオナニーは見つかれば逮捕される恐れもあります。そのため、街中や繁華街など人が多い場所は避け、周囲への注意をより一層払ってオナニーしましょう。

証明写真機の中

証明写真機の使用中は、外から見えないようにカーテンを閉めるため、比較的バレにくいです。また、大音量で案内音声も流れており、音も気にせずオナニーに勤しめます。しかし、証明写真機は鍵をかけられるわけではないため、誰かに突然開けられるという可能性もあります。

室内なのでちょっと安心の家以外オナニーの場所

先程までは外でのオナニースポットを紹介しましたが、実は家以外でも室内でオナニーできる場所があります。

リラックスできる分気持ちいいと感じれる

室内でのオナニー最大のメリットは、やはり安心感です。野外でのオナニーと違い、スリルからの興奮はないですが、その分リラックスしてオナニーできます。リラックスした状態でのオナニーもそれだけ気持ちいいものなので、十分に満足できます。

ラブホテル

オナニーは1人でこっそり行うものだという認識が強くないですか?しかし、パートナーがオナニーしている姿を見ることで、いつも以上に興奮することもあります。ラブホテルは、大きなベットや大きなテレビ、アダルトビデオなどが充実しています。さらに、部屋の掃除はホテルの方がしてくれるため、女性の方も後処理を考えずにベットの上で思い切りオナニーできます。以上の点から、オナニーを見せ合う相互オナニーをするのにラブホテルは適しています。パートナーや知人と相互オナニーをしたいと思った際には、ぜひラブホテルを活用してください。また、実はラブホテルは1人でも利用可能です。1人でオナニーをしたいときにもラブホテルの利用を考えてみてください。

ビジネスホテル

ビジネスホテルは、家以外の場所で最もバレにくいオナニースポットと言えます。部屋はもちろん完全な個室の上、途中で誰かが入ってくることもありません。また、部屋に風呂やトイレもあるので、後処理も便利です。ビジネスホテルであれば、最高にリラックスしたオナニーが楽しめるでしょう。

ネカフェ

ネカフェは室内ではありますが、ラブホテルやビジネスホテルに比べると、あまりリラックスできません。ネカフェは隣との壁が非常に薄く、行為中の音が隣に聞こえる可能性が非常に高いです。また、監視カメラが設置されていることも多いため、バレるリスクもあります。バレた場合には出禁になったり、最悪の場合逮捕されることもあるため、細心の注意を払わなければなりません。

中学生や高校生が困っている場合が多い

オナニーをする場所は、実は中学生や女子高生、男子高校生が困っている場合が多いです。学校や部活動、勉強で忙しい中学生や高校生は時間や場所の制限が社会人に比べて多いためです。

女子高生や男子高校生などは多感な時期だけどどこですればいいか悩みが多い

女子高生や男子高校生は思春期真っ只中で非常に多感な時期です。そのため精への関心も強く、オナニーの頻度も多い傾向にあります。しかし、部活動や勉強に追われていることから、学校と家の往復で1日が終わってしまうことがほとんどです。では、多感な時期の女子高生や男子高校生はどこでオナニーすれば良いのでしょうか。

学校の男子トイレ・女子トイレ

学校にいる時間の多い学生には、学校の男子トイレや女子トイレでのオナニーがおすすめです。学校ではオナニー後の後処理に困るため、そのまま処理できるトイレが打って付けという訳です。学生は授業中にトイレへ行くのは難しいことから、学校のトイレでオナニーするタイミングは休み時間や放課後ということになります。しかし、休み時間はトイレの利用者も多いため、他の学生にバレるリスクも高いです。

また、学校では大便器を使うのが恥ずかしいという文化が根付いていることも多いです。そのため、男子は休み時間にトイレの大便器を使うと目立ってしまいます。ただし、女子トイレは全て個室であるため、女子高生は男子高校生よりもトイレでのオナニーのハードルが低いです。

学校の体育館倉庫

学校の体育館倉庫は体育や部活動の時間以外は人が来ないため、学校の中では定番のオナニースポットと言えます。しかし、学校によっては鍵が開いていないこともあるので、事前に施錠のチェックや、隠れる場所などを確認しておくことが重要です。

教室でこっそりオナニー

あえて人が集まっている教室でオナニーするのも一つの手です。教室であれば誰も席を立たない授業中にすることも可能で、時間を問わず好きなタイミングでオナニーできます。しかし、授業中は基本的に静かなため、音が目立たないよう慎重にオナニーしなければなりません。また、陰部を露出させることも難しいので、オナニーの方法はもちろん、後処理なども難易度が高くなっています。ただし、放課後であれば教室に残る生徒も少なく、先生も職員室や部活動の指導に行っていることがほとんどです。もちろん、席の移動なども自由なため、周囲からバレにくい場所を見つけてこっそりオナニーをすることも可能です。

サラリーマンやOLの方におすすめのオナニースポット

サラリーマンやOLの方は日中は会社にいることが多く、帰宅後は疲れているため、オナニーに集中できないということも多いです。さらに、仕事中にムラムラしてしまうと仕事にも集中できなくなるため、業務にも支障をきたします。以上のことから、サラリーマンやOLの方は、会社内での定番のオナニースポットを見つけておくと良いです。

会社の屋上

会社の屋上は会社内では絶好のオナニースポットです。時間を選べば人が来ることはありませんし、野外でオナニーをするというシチュエーションに興奮もします。また、屋上であれば見晴らしもいいため、最高のロケーションを眺めながらのオナニーは格別でしょう。

会社の給湯室

会社の給湯室はオナニーの穴場スポットです。物音がしていても何ら不自然ではないため、多少の音は気にせずにオナニーに勤しめます。一つ欠点を挙げるとすれば後処理に困ることです。出した後のティッシュをそのままゴミ箱に捨ててしまうと、匂いでバレてしまうこともあります。そのため、出した後のティッシュはトイレに流すなど、後処理には細心の注意を払いましょう。女性であればそのような欠点はないため、絶好のオナニースポットと言えます。

会社の会議室

会社の会議室は会社内でも使われる機会が限定的なため、社内スケジュールを把握しておけば安心してオナニーできる場所です。一度入ってしまえば最高の空間ですが、使用機会が限定的ゆえに出入りを見られると怪しまれます。会議室への出入りの際は、周囲を確認して入るのがおすすめです。

学生からサラリーマンまで!絶対にバレないおすすめのオナニーの場所まとめ

ここまで、おすすめのオナニースポットを様々な条件別に紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

この記事のポイントは

  • 既婚者や学生、社会人にはオナニーをする場所について悩みがある
  • 家の中にも隠れてオナニーできる場所がある
  • 不謹慎な場所や公共の場でのオナニーはリスクがあるが、その分興奮する
  • 室内など、リラックスできる場所でのオナニーも気持ちいい
  • 家以外でのオナニーはバレないように注意が必要

です。

この記事で身近な様々な場所が絶好のオナニースポットとなることがわかっていただけたと思います。ぜひこの記事を参考に、自分の周りでの隠れオナニースポットを見つけ、充実した性生活を送ってください。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング