性の悩み

ハマる人が続出?歯ブラシオナニーの魅力と正しいやり方と注意点

バイブおすすめランキング

歯ブラシを見ながら1度はこれをオナニーに使えるんじゃないか?と思った人は多いんじゃないでしょうか?

毛の柔らかさやグリップの形と長さ、電動歯ブラシの場合は振動の強さ。これをオナニーに使うと気持ちいいかもしれないと考えた人も多いでしょう。

実は、歯ブラシオナニーとしてSNSでも話題になるほど歯ブラシはオナニーとの相性が抜群なんです。実際にその快感にハマる人も多く、方法や魅力を報告する人も多数います。

そこでこの記事は、「歯ブラシオナニー」について

  • 歯ブラシオナニーの魅力とメリット
  • 自分に合った歯ブラシの選び方
  • 歯ブラシオナニーの正しい使用方法
  • 歯ブラシオナニーをする際の注意点

以上のことについて詳しく解説していきます。

この記事を読めば、自分に合った歯ブラシの選び方や方法が分かるようになり、またパートナーとセックスをする際も普段と違ったセックスができるため、エロい雰囲気が倍増して盛り上がるようになります。
ぜひ、最後までご覧ください。

男性・女性に人気の歯ブラシオナニーって?

オナニーにはさまざまな方法があります。1番手軽にできる、手や指を使ったオナニーやネットショップで購入しやすくなったオナホールやバイブなどのアダルトグッズがオーソドックスなオナニーのやり方です。

しかし、オナニーをしていくうちに指やアダルトグッズでは物足りなくなり、普段とは違った刺激を求める人が数多く存在します。

そして、そんな普段とは違った刺激を求める人たちが、日用品を使ってオナニーをするのに人気なのが歯ブラシオナニーなんです。

カップルズ

歯ブラシオナニーとは

歯ブラシオナニーとは、もちろん読んで字の如く歯ブラシを使ってオナニーをすることです。この呼び方はTwitterなどのSNSや、5chなどの掲示板サイトなどでもポピュラーな呼び方で、歯ブラシオナニーが一般的に広まっている証拠でもあります。

また、歯ブラシを使ったオナニーといっても、やり方や使用する歯ブラシの種類などでいろいろと楽しみ方が変わるため、男女共に満足できる魅力的なオナニーなんです。

手軽さゆえに始める人が多数

さまざまな楽しみ方がある上に、歯ブラシオナニーならではのメリットが多く、購入もしやすいため手軽に始めることができます。

そして、その手軽さも相まって歯ブラシオナニーをすることのハードルが低いため始める人が多く、ネット上でも歯ブラシオナニーをする人が集まるコミュニティが作られるほどの人気なんです。

歯ブラシオナニーのメリット

それでは、歯ブラシオナニーならではのメリットを紹介します。
歯ブラシオナニーには多くのメリットがあります。そのため、日用品を使ったオナニーの中でも、初心者に安心ではじめやすいオナニーなんです。

まだ歯ブラシオナニーを始めたことがないとか、歯ブラシオナニーに興味があるけど怖さがあったり、日用品を使うことに抵抗がある人は必見です!

アダルトグッズだとバレない

まず、大きなメリットとして、歯ブラシオナニーのための歯ブラシを購入する際も、家の中に置いておく際も、それをオナニーとして使うとは誰にも分かりません。

洗面所やお風呂場に置いていても、それはどこの家庭でもある当たり前のことだからです。誰もオナニーのために置いているとは考えないでしょう。
数が多いとか、何故部屋の中に置いているのかと聞かれても、掃除をするためという言い訳もできます。

そのため、アダルトグッズと違って隠す必要がないので、隠し場所を探したり、隠し場所がバレないか心配したりなど無駄に気を遣う必要がありません。
また、使い古して処分する際も周りを気にしなくていいので非常に便利です。

安くコスパよく手に入る

歯ブラシは安いもので100円程度あればいろいろな種類が手に入ります。電動歯ブラシであっても1000円あれば十分満足できるものが購入できます。

アダルトグッズはピンからキリまでありますが、だいたい1000円から高いもので数千円するものまであるので、歯ブラシのほうが圧倒的にコスパが良いのです。

また、ドラッグストアや100円ショップなどさまざまな場所で購入できる便利さや、硬さや形、大きさなどを実際に手に取って確認できるのも魅力の1つですね。これもアダルトグッズを購入する際との大きな違いです。

カップルズ

防水なのでお風呂でも使える

歯ブラシは使う際に濡れるものという前提で作られているので、電動歯ブラシであっても防水加工は必ず施されていると思って構いません。

電動のもの以外であれば湯船の中でも使えるので、湯船に浸かりながらオナニーすることも可能です。

そのままお風呂場に置いておくことも可能ですので、お風呂に入っていてふとした時に使いたいと思った時に非常に便利です。

普段使用している日用品で自慰行為してる興奮を味わえる

そして、日用品をオナニーの道具として使っている背徳感も味わいながらオナニーするので、普段とは違った興奮を感じることができます。

特にお風呂場でオナニーする時は、歯ブラシオナニーしている自分のエロい姿が目に入るのでさらに興奮してしまいます。

歯ブラシオナニーにおすすめの歯ブラシの選び方

それでは、歯ブラシオナニーに最適な歯ブラシの選び方を紹介します。
歯ブラシオナニーの種類はさまざまなので、目的に合った歯ブラシや傷つけないように安全を考えて選ぶようにしましょう。

歯ブラシはアダルトグッズよりも種類が豊富で手に入れやすいので、形状や長さなど自分に合った最高の1本を見つける楽しさもあります。

最初は柔らかめの毛のソフトタイプ

歯ブラシオナニーをしたことがない初心者は、まずは毛が柔らかいソフトタイプを選びましょう。

毛の部分で乳首やクリトリスなどを刺激するので、はじめから毛が硬いものを選ぶと傷がつきやすく危険です。

また、柔らかめといってもメーカーによって柔らかさの基準が違いますので、より優しい毛を探してみましょう。

歯ブラシの毛先は丸いラウンド毛がおすすめ

歯ブラシの先は、ラウンド毛という毛先が丸いタイプのものとテーパー毛という毛先がとがったタイプのものがあります。

毛先がとがったテーパー毛は先端が細いため粘膜に細かい傷がつきやすく、炎症の原因やバイ菌が入り込んで病気の原因にもなります。

粘膜を守るためにも、毛先が丸いタイプのラウンド毛をおすすめします。

持ちやすさや形で選ぶ

歯ブラシの柄の部分は真っ直ぐなものから凹凸が付いているもの、グリップしやすくカーブがついているものなど、いろいろな形があります。

柄の部分の凹凸は、おまんこやアナルに挿入した際に当たる部分で気持ち良さが変わるのでいろいろと試してみるのもいいでしょう。また、柄の部分の硬さの確認も重要です。

また、オナニーする際に持ちやすいものがおすすめです。注意点は、歯磨きをする時と違った角度で持つので、普段の歯磨きで持ちやすいからといって同じ歯ブラシを選ぶと、オナニーの時は持ちにくかったということも考えられます。

電動かそうでないかで選ぶ

手磨きタイプか電動タイプのものでオナニーの楽しみ方も違ってきます。また、電動でも音波タイプもありますので、どういった使い方をするのかを考えてから購入しましょう。

電動タイプはバイブの代わりとしても十分に楽しめますし、音波タイプは振動が繊細なので、音波ならではの振動が病みつきになる人も多いですね。

購入する際は、電動や音波は手磨きタイプと違って価格も高いので、慎重に考えましょう。

注意点は、ネットで購入してしまうと実際の振動がどんなものか分かりません。届いてみたら振動が思った以上に強く、痛くて使えないということもあるので、店頭で購入することをおすすめします。

どんな自慰行為をするかによって選ぶのがおすすめ

チクニーをするのか、亀頭やクリトリスを中心に刺激するのか、それとも膣内やアナルに挿入するのかで選ぶ歯ブラシが変わってきます。

また、お風呂場で使うのか部屋で使うのかによっても合う歯ブラシと合わないはがあるので、どういう自慰行為をするのかを想定して選びましょう。

人によっては乳首用とおまんこ用、挿入用と毛先用など用途によって複数を所持して使い分けるといった人も存在するほどです。

歯ブラシオナニーで責める部位と責め方

それでは、実際に歯ブラシオナニーをする際にどの部位をどんな風に責めればいいのかを紹介します。

男性も女性もどこをどういう責め方をすれば気持ちいいかを見つけると最高のオナニーができます。また、歯ブラシをどれくらいの強さで使うのが気持ちいいかを知っておくと、パートナーとのセックスの際も気持ちいいセックスをすることができます。

【男女】歯ブラシで乳首オナニー(チクニー)

男女共に乳首の先端を刺激する「チクニー」があります。

これは毛先を使って優しくたたいたり擦ったりして刺激します。
ゴシゴシ擦るより、毛先が触れるか触れないかほどの距離で撫でるように刺激しましょう。
気持ちよすぎて強く擦ってしまわないように注意が必要です。

また、女性の場合はおっぱいのGスポットと言われる、スペンス乳腺を刺激するのもいいでしょう。スペンス乳腺の開発に柔らかい毛先が役に立ちます。

【女性】歯ブラシでクリトリスオナニー(クリオナ)

女性の場合はクリトリスのオナニー、通称「クリオナ」の際に歯ブラシが活躍します。

クリオナでは、歯ブラシの毛の部分でクリトリスを撫でるように刺激します。
粘膜の部分なのでまだ濡れていない、もしくは濡れはじめの時は優しく慎重に刺激することが大事です。
はじめは、皮を剥いたクリトリスに直接当てないようにして、皮の外から刺激して痛みが出ないように注意しましょう。

慣れてくると毛先で刺激するだけでイってしまう、「クリイキ」を経験することも可能です。

【女性】歯ブラシでおまんこを責める

おまんこを責める時はバリエーションが豊富でいろいろな責め方が楽しめます。

まずは、毛先でおまんこの周りを擦るように撫でていきます。できるだけ外側から穴のほうに向かってゆっくり擦っていきましょう。

歯ブラシの柄の部分を挿入しても気持ちいいですね。この時、柄の部分の形によって膣内に当たる所が違ってくるので、自分が気持ちいいと思う歯ブラシを見つけましょう。個人差がありますが、歯ブラシオナニーで初めて潮吹きした女性もいるほどです。
最高の1本が見つかると、歯ブラシオナニーをすることにハマること間違いなしです。

注意点は興奮しすぎて、ピストンをしている時に挿入する角度が変わってしまい膣内を傷つける可能性があることです。歯ブラシはペニスよりも硬いのでピストンの速さに気を付けながら動かしましょう。

【男性】歯ブラシで亀頭を責める

男性は、毛先で亀頭を刺激するのがオーソドックスな歯ブラシオナニーです。

尿道口や裏筋、カリの部分を責めるのもいいですね。
極めていくと、歯ブラシで亀頭を責めるだけで射精することも可能です。

しかし、特に裏筋の部分を擦る場合は注意が必要です。
裏筋をきつく擦りすぎると痛みが出たり、切れてしまうこともあります。切れてしまうと、尿道口に近い所なので排尿時にばい菌が入る可能性が高くなり、化膿したり病気の原因にもなりかねません。

【男女】歯ブラシでアナルを責める

最後は、アナルを責めるのもおすすめです。アナルは自分で刺激しても気持ちよさを感じにくい部分ですが、歯ブラシを使うことによって自分では味わえない快感を得ることができます。

アナルやその周辺を毛先で撫でるのもいいですし、柄の部分を挿入してもいいでしょう。
柄の部分を挿入する際は、いきなり突っ込まずにしっかりと時間をかけてアナルを充分ほぐしてから挿入することが大事です。

男女共に楽しむことができるので、パートナーとのセックスの際にどうすれば気持ちいいかを確認しながらオナニーするのもいいかもしれませんね。

歯ブラシオナニーの注意点

では、歯ブラシオナニーをする時の注意点を紹介します。

歯ブラシは、アダルトグッズと違ってオナニーをすることを想定して作られているわけではありません。
そのため、使用する場合には安全に注意が必要だということも理解しておきましょう。

擦り過ぎには要注意

前述した通り、興奮しすぎて擦りすぎには要注意です。
オナニーの際に興奮しすぎて感覚が分からなくなってしまうこともありますが、特に注意が必要なのは、パートナーを責めている時に強く擦ってしまうことです。

せっかく盛り上がったセックスに水を差してしまうことになりますし、なにより大事なパートナーを傷つけてしまってはいけません。
そうならないためにも、普段のオナニーでどれくらいの強さで擦ってしまうと痛くなるのかを把握するようにしましょう。メーカーによって毛の硬さが違ってきますので、普段使っている歯ブラシと同じものを揃えるようにすることをおすすめします。

普段の歯磨きに使用しているものは使わない

絶対にしてはいけないのが、普段の歯磨きに使用しているものをオナニーにも使うことです。普段の歯磨きに使う歯ブラシは衛生的にオナニーに使うのは非常に危険です。

オナニーをする前に洗うからいいかと、軽い気持ちで使用すると歯ブラシに残ったばい菌が粘膜に付着し、病気の原因になるからです。

綺麗に洗ったつもりでも歯磨きをした歯ブラシには雑菌が残っています。オナニー用として歯ブラシを別に用意しましょう。もちろん、オナニーをする前やした後の歯ブラシもきちんと洗って清潔に保つように心がけてください。

挿入するならコンドーム着用がベスト

おまんこやアナルに挿入する際はコンドームを着用しましょう。
膣内は非常にデリケートなので柄の部分が直接当たらないようにして、衛生面という観点からも安心してオナニーに集中できますし、電動歯ブラシの場合は濡れたおまんこから歯ブラシを守るという意味でも、コンドームの使用をおすすめします。

安い電動歯ブラシは防水加工が甘く、気持ち良すぎて潮を吹いた時にずぶ濡れになってしまうと故障の原因にもなります。故障した電動歯ブラシをそのまま使い続けるのは危険です。

また、硬い素材で膣内やアナルの中などの粘膜を傷つけないようにするためにも、コンドームを着用してデリケートな部分を守りましょう。

ハマる人が続出?歯ブラシオナニーの魅力と正しいやり方と注意点まとめ

ここまで歯ブラシオナニーについて解説しましたがいかがでしたでしょうか?

この記事のポイントは

  • 歯ブラシオナニーには毛先や柄の部分を使って手では味わえない快感を得ることができる
  • 乳首やクリトリスなど、刺激する部分や方法で合う歯ブラシが違ってくる
  • パートナーとのセックスに活かせることができ、気持ちよさが倍増する
  • 常に清潔に保ち、怪我や病気などを防止することで安心して歯ブラシオナニーができる

です。
アダルトグッズを購入するよりも安価で、オナニーをする道具ということがバレにくく手軽に始めることができるなど、歯ブラシオナニーにはメリットがたくさんありますね。
また、歯ブラシオナニーをマスターすれば、パートナーとのセックスにも大活躍すること間違いなしです。ぜひ、自分に合った歯ブラシを見つけてオナニーライフを楽しんでください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング