性の悩み

【自分の好み発見】最高に気持ちいいオナニーの体勢(姿勢)・体位を紹介!

バイブおすすめランキング

セックスにさまざまな体位があるように、オナニーにも多くの体勢(姿勢)があります。しかし、数多くあるため、どのような体勢(姿勢)が気持ちいいオナニーかわからないですよね。また、男性と女性では気持ち良いオナニーの体勢が異なるのでしょうか?

そこでこの記事では、「最高に気持ち良いオナニーの体勢(姿勢)」について

  • 男性のオナニーにとって良い体勢(姿勢)
  • 女性のオナニーにとって良い体勢(姿勢)
  • 体勢(姿勢)や体位の重要性
  • オナニーにおすすめな場所とは?
  • ラブグッズの活用でオナニーに新しい刺激を与える

以上のことについて解説していきます。この記事を読んでいただければ、気持ちいいオナニーの体勢(姿勢)についてだけではなく、場所やラブグッズについてもわかるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

最高に気持ちいいオナニーの体勢(姿勢)・体位をやり方を紹介!

みなさんは好きなオナニーの体勢(姿勢)はありますか? ここでは、数多くあるオナニーの体勢(姿勢)の中からオススメを紹介します。

カップルズ

【男性向け】気持ちいいオナニーの体勢(姿勢)・体位

セックスの体位のように、オナニーにも様々な体勢(姿勢)があります。オナニーはセックスと同じ体勢(姿勢)で行うのがよいです。セックスの際に勃起や射精をしやすくなるためです。ここでは男性にオススメの体勢(姿勢)について紹介していきたいと思います。

仰向けでの体勢(姿勢)でオナニー

リラックスした状態でできるオナニーのやり方となります。ベッドなどに横になって行う場合が多いためです。仰向けになる体勢(姿勢)はセックスの体位である騎乗位にあたります。勃起したペニスを掴み、上下にしごくことができることからも、やりやすいやり方のオナニーといえます。

以下は騎乗位型オナニーの特徴です。

  • 騎乗位のような擬似セックスを楽しめる
  • 足ピンオナニーを無意識でしてしまう

騎乗位さながらの擬似セックスは、腰を動かしながらオナニーをすることにより可能です。足ピンオナニーについては、やってはいけない体勢(姿勢)として、あらためてご紹介したいと思います。

椅子に座ってPCをするような体勢(姿勢)でオナニー

最も人気で、なおかつ美しい体勢(姿勢)のオナニーのやり方となります。椅子に座ってPCをするような体勢(姿勢)は、人間にとって自然な状態だと考えられるためです。対面座位や背面座位のセックス体位にあたるオナニースタイルとなります。

座位型オナニーの特徴は以下の通りです。

  • 勃起したペニスを掴みやすい
  • PCスペースで行えるため、PCでアダルトコンテンツを楽しみながらオナニーができる

勃起したペニスを掴みやすいことは、他のオナニースタイルより目立つ利点といえます。また、PC画面を最も有効に使える点においても、座ってするオナニーは他のオナニースタイルよりアドバンテージ(優位性)があるでしょう。

立ったままの体勢(姿勢)でオナニー

立ったまま女性のお尻に向かって腰を振るような感覚で楽しめるオナニーのやり方となります。セックスの体位である立ちバックにあたるためです。

騎乗位型オナニーより、さらにリアルな感覚を堪能できることが最大のメリットでしょう。

ただし、絶頂を迎える瞬間は立ったまま踏ん張ることになるため、見た目があまり良いものではありません。しかし、強い快楽や興奮を感じるオナニースタイルとして人気があります。

【前立腺・アナルを刺激】ひざ立ちの体勢(姿勢)でオナニー

実は特殊なオナニーを楽しむことができます。前立腺(アナルに挿入した際、お腹側にある小さな突起物)やアナルの刺激を取り入れることが容易なためです。スタンダード(標準)なオナニースタイルのひとつであるひざ立ち体勢(姿勢)は、セックスの体位である正常位やバックにあたります。

正常位(バック)型オナニーの特徴は以下の通りです。

  • 背筋を伸ばすことにより、オーガズムを得やすい
  • ペニスに刺激を与えるだけではなく、前立腺やアナルにも刺激を与えやすい
  • ドライオーガズムを楽しめる

ドライオーガズムとは、射精をしないオーガズムを指します。これは、女性の絶頂時の感覚に近いものです。したがって、男性であっても何度も連続してイクことが可能です。

ただし、いくつかの注意点があります。

  • まずは排便を済ませて、しっかり洗浄する
  • ローションなどの潤滑剤が必要
  • 衛生の観点ため、指サックや薄手の手袋が必要
  • 射精しないために、ペニスには触れない

このように、ペニスかアナルへの刺激を選択できることが、正常位(バック)型オナニーの独自の特徴といえます。

【女性向け】気持ちいいオナニーの体勢(姿勢)・体位

オナニーの体勢(姿勢)は無意識に同じとなることが多いです。しかし、同じ体勢(姿勢)で行うオナニーはマンネリ化へ繋がり、刺激が弱くなるでしょう。そこで、ここでは女性におすすめな体勢(姿勢)について紹介していきたいと思います。

【クリイキ必至】仰向けに寝てM字開脚の体勢(姿勢)オナニー

床に体を預けることにより、リラックスしやすい体勢(姿勢)のオナニーのやり方です。就寝時の体勢(姿勢)と同じで、なおかつベッドの上で行うことが多いためです。仰向けになる体勢(姿勢)はセックスの体位である正常位にあたります。セックスやオナニーではオーソドックス(正統派)な型です。

以下は正常位型オナニーの特徴となります。

  • 取り組みやすい
  • 興奮を促す工夫がある
  • 個人差はあるが、膣に指が届きにくい

興奮を促す工夫とは、足元に鏡を置いて自分の姿を見ることにより、恥じらいを感じられるというものです。また、顔横でエロい動画を流して楽しむこともできます。オススメする最大の理由は、セックスの体位として基本的な体勢であるためです。仰向けでオナニーによるクリイキをすることは、セックスの最中に絶頂を迎えるきっかけになるでしょう。

うつ伏せの体勢(姿勢)で床オナニー

クリトリスが敏感で、痛くなることが多い方にオススメなオナニーのやり方です。

うつ伏せの体勢(姿勢)でクリトリスを床に押し付けて刺激する床オナニーは、指やアダルトグッズによるオナニーより刺激が優しいためです。床オナニーの体勢(姿勢)はセックスの体位である寝バックにあたります。寝バックと比較すると、動きの激しさを自分で調整することが可能です。

床オナニーの特徴は以下の通りとなります。

  • 安心感に包まれて快感を楽しめる
  • 濡れやすい女性はタオルなどの準備があると安心
  • 下半身や足に力が入りやすく、翌日に筋肉痛の可能性がある

布団の中で行える床オナニーは安心感を感じることができます。うつ伏せになることで行う床オナニーは、床やベットのシーツを汚さないためにタオルなどの敷物を用意するようにしましょう。汚れが気になり、快感に集中できないのでは本末転倒です。

四つん這いの体勢(姿勢)でオナニー

 腰の高さを調整することにより、膣口が開きやすい場所を探せるオナニーのやり方です。そのため、自身の体を把握することができます。四つん這い体勢(姿勢)のオナニーはセックスの体位であるバックにあたります。バックと異なる点は、腰高さの調整を自分の意志で行えることです。

以下はバック型オナニーの特徴となります。

  • 恥ずかしい体勢になることで得られる興奮
  • 擬似セックスをアダルトグッズの挿入で楽しめる
  • 体を床に面することがないため、自由の幅が広がる
  • 人目を気にしないタイミングや場所で行う必要がある

クリオナ(クリトリスオナニー)とは違う快感を楽しむ場合に向いています。

膣内の刺激を求める方へオススメです。

ただし、四つん這いの体勢(姿勢)は、人目につく可能性があるタイミングや場所ではやめましょう。目立つ体勢となるので、ごまかすことが困難です。1人の夜や、快楽の世界に没頭できる環境で楽しむことを推奨します。

ヤンキー座りの体勢(姿勢)でオナニー

アダルトグッズなどの道具を使うオナニーをオススメします。

手や指だけでは気持ちよくなるのが困難なためです。セックスの体位である騎乗位にあたるこのオナニーは、体勢(姿勢)の性質上、長時間は体に負担がかかります。そこでオススメしたいのが、枕やクッションを使うことです。身近なものなので、新たに用意しなければならない可能性は低いと思います。太ももで枕を挟み、クリトリスや膣口を擦り付けるように腰を動かしましょう。汚れが気になる場合は、床オナニーでご紹介した、タオルなどの敷物を用意してください。

また、騎乗位型オナニーの王道である設置型ディルドを使うと良いでしょう。

ディルドとは男性器のような形状をしたアダルトグッズです。他のオナニー方法と比べると体力的にハードと感じるかと思います。しかし、ダイエットやエクササイズの効果もあります。人によっては一石二鳥と言えるでしょう。実は騎乗位型オナニーは、闇雲に腰を振っても気持ちよくはありません。したがって、自分の気持ち良いポイントを知る必要があります。ポイントを探すためにも騎乗位型オナニーはおすすめです。また、セックスの騎乗位の際に、男性に喜ばれる腰つかいを知る機会にも繋がります。練習の意味も兼ねてチャレンジしてみてください。

オナニーする時にやってはいけない体勢(姿勢)ってあるの?

オナニーの際についついやってしまう、オススメできない体勢(姿勢)があります。ここでは、どうしてやってはいけないかについて解説します。

同じパターンを繰り返してオナニー

同じパターンによるオナニーはオススメできません。

マンネリ(同じことを繰り返す)は刺激の感度を鈍らせるためです。

初めてオナニーした時のことを思い出してみてください。最初は非常に刺激的だったと思います。しかし、いつしかその強い刺激は慣れにより、失われてしまったと思いませんか? 人間は順応力の高い生き物です。同じことを繰り返すことは、刺激の感度を徐々に鈍らせてしまいます。したがって、いくつかのオナニー方法を取り入れて楽しむことをオススメします。選択の幅を広げ、気づきや知識を得ることは、オナニーのみにならず豊かなセックスに繋がるでしょう。

足ピンの状態でのオナニー

足ピンの状態でオナニーを続けると、セックスでイケなくなる可能性があります。毎日続けることにより、イキ癖がつくためです。このイキ癖は、セックスの際に同じ状態でなければ絶頂に達することができなくなるものです。

つまり、足ピンできない体勢(姿勢)である正常位やバックなどでオーガズムを得ることができなくなります

セックスやオナニーはリラックスした状態で行うことが大切です。変な癖をつけ、集中力を欠く恐れのある足ピンはやめましょう。

カップルズ

床でオナニー

女性のオススメのオナニー方法としてご紹介した床オナニーは、男性にはおすすめできません。足ピンオナニーと並ぶ、大変危険なオナニー方法のためです。男性の場合、床にペニスを押し付ける刺激による高い快感度を得られます。

しかし、床オナニーを続けると以下のようなリスクがともないます

  • 射精障害
  • 勃起不全(ED)
  • ペニスの変形

3つのリスクは大変な問題となります。床オナニーは強い刺激を得られるがゆえに、セックスでは刺激が足りずイケない場合が増えます。また、自重による圧迫に耐えられるほど、ペニス(海綿体断裂の可能性がある)は強くありません。性器は繊細なものだと再認識してください。床オナニーは、得られるものより失うものの方が多いオナニー方法だといえます。

オナニーの体勢(姿勢)・体位は関係ある?セックスの状況と似せた方がいい?

2つの疑問を感じたことがある人は多いでしょう。そこで、ここではオナニーとセックスの関係について解説していきます。

オナニーの体勢(姿勢)・体位は気持ちよさに関係あるのか

オナニーの体勢(姿勢)とセックスの体位は関係があります

セックスとオナニーの状況はリンクすることにより、どちらも最大限に楽しめるためです。オナニーとセックスは切り離して考える方が多いでしょう。確かにひとりで取り組むものと、2人で協力するものでは、手順や方法も異なるかもしれません。また、楽しむと楽しませるという意識の違いもあるかと思います。

しかし、セックスを想定した自慰行為が大切です。

技術の向上はもちろん、気持ちのよいポイントを知ることは、セックスを豊かにするためです。では、豊かになったセックスはオナニーに何をもたらすでしょうか? 良いセックスの記憶がオナニーの興奮度をあげます。このように、快楽と幸福の循環がオナニーとセックスに関係があり、気持ち良さへと繋がると言えるでしょう。

セックスは体位が大切!オナニーも体勢(姿勢)・体位が大切!!

さまざまな体位や体勢(姿勢)を身につけることは、マンネリを遠ざけることになります。

パターンを固定しないことにより、刺激が失われることを防ぐためです。

先述した通り、人は順応する生き物です。新しい刺激に徐々に慣れ、刺激に鈍くなります。初めてのセックスで感じた高揚感、緊張など、多くの刺激は繰り返しにより失われてしまいます。刺激をできる限り失わないためには、パターン化しないことや新しいものを取り入れる工夫が必要です。このように、複数の体位や体勢(姿勢)を知ることは、非常に大切なことだといえます。

さらに気持ちいいを感じたい方への体勢(姿勢)との組み合わせを紹介!

ここまでオナニーの体勢(姿勢)について説明してきました。しかし、オナニーの楽しみ方は何も方法だけではありません。ここでは、場所やアダルトグッズについてご紹介します。

場所を組み合わせてオナニー

オナニーと場所の掛け合わせも、気持ち良さを増す要素としてオススメです。ここでは、自宅のスペースを利用したオナニーについてご紹介していきます。

定番のベッド

ベッドは多くの方が好むオナニースペースです。

最もリラックスした状態でオナニーを行えるためです。

布団や枕を使ったオナニーから安心感を得られます。また、ベッドスペースは寝るための場所であることから、静かで落ち着く環境であることが多いでしょう。オナニーを楽しむ場所として最適な環境といえます。

ダイニングテーブル・椅子

ダイニングテーブルや椅子もオススメです。椅子などに座ってオナニーを行うのに最適なスペースのためです。また、ダイニングテーブルが置かれるスペースは、同居人がいる方にとって共有スペースでしょう。

普段は複数の人と使用するスペースをひとりの時にオナニースペースとして利用することは、興奮が増すかと思います。

同居人が帰ってきて、見つかったらどうしようという緊張感が興奮へと変換される場合もあります。

台所

エロい動画で、多く目にするシチュエーションの台所もオススメのひとつです。

同じシチュエーションのエロい動画を見ることにより、興奮度が増すためです。

また、異性の同居人が料理している姿を想像することにより、背徳感を得られます。普段使われる生活スペースはオナニーにとって、非現実の空間に早変わりします。日常とは異なる時間を楽しみましょう。

【最高にエロい】場所組み合わせてオナニー

自宅以外の場所はさらに高い刺激を得られるでしょう。ただし、リスクやマナーについて注意する必要があります。それらに十分気をつけて楽しんでください。ここでは、自宅以外で楽しむオナニースペースについてご紹介します。

公衆トイレ(多目的トイレ)

ドキドキしながらオナニーを楽しめるスペースのひとつです。

人がトイレの個室に近づいてくるかもしれないという緊張感の中でオナニーをするためです。

エロい動画を見ながらする際は、音が外の人に聞こえるかもしれないといった点も興奮に繋がるでしょう。しかし、衛生上良くないことを理解する必要があります。また、警備員への通報などがあることも認識しなければなりません。それらのことに細心の注意を払い、オナニーを楽しんでください。

学校の教室

社会人のみなさんには難しい場所となりますが、学校の教室も興奮するオナニースペースでしょう。

学びの場を利用したオナニーは背徳感を得られるためです。

日常で自分が利用する教室であれば、非現実な環境がさらに興奮を高めるでしょう。しかし、学校の教室や周辺に人がいないか十分に確認する必要があります。万が一見つかってしまうと、後日噂になることは間違いないでしょう。また、マナーが欠如していると人ため避けられるリスクがあります。学校の教室でのオナニーは気をつけて行ってください。

車の中

カーセックスでお馴染みの、車の中での行為も人気です。

人通りに気をつけなければならないことが、興奮に繋がるためです。

オナニーの際に見るエロい動画はカーセックスものがオススメです。よりリアルな擬似セックスが楽しめるでしょう。ただし、先述したとおり、人通りには十分気をつけてください。通報されるケースがあります。カーオナニーを楽しむ際は、人通りに気をつけるだけではなく、目につかないよう工夫することも大切です。

【おすすめ商品も紹介】性器をより刺激するラブグッズを組み合わせてオナニー

オナニーにより、さらなる刺激を求める場合はラブグッズを使うのもひとつの手です。通常とは異なる刺激を楽しむことが可能となります。そこで、今回は2つのラブグッズを紹介します。

Chillhana 例のバイブ

おすすめアダルトグッズサイト2年連続1位を受賞。中イキ部門・絶妙な振動部門・SNS人気部門でも三冠を達成した実力派バイブ。テクニシャンでも再現できないと言われる純粋な刺激を楽しむことができます。10種類の静音刺激(バイブレーション)から選択が可能なためです。A.U.Gの3スポットを同時に刺激することが特徴。絶頂を迎えることが難しい女性におすすめの一品となります。味わったことのない快感に身を任せてみましょう。

商品名

Chillhana 例のバイブ

価格5,980円
仕様3スポット刺激
特徴完全防水 USB充電対応

天下一穴

2018年9月に発売。FANZAやNLCのアダルトグッズ通販サイトで品薄になるほど人気の商品です。女性器の肉感を再現しており、奥まで挿入した時に子宮口へ接触したかのような感覚を得られます。亀頭に吸い付くような構造のためです。また、挿入感のリアルさは感じられないものの、独特の刺激が味わえるでしょう。肉感を重視する男性にオススメの一品となります。

商品名天下一穴
価格1,847円
サイズ(幅×奥行×高さ) :縦175×横70×奥行き70mm
特徴非貫通式、2層構造

オナニーの体勢(姿勢)・体位はたくさんあるまとめ

ここまでオナニーの体勢(姿勢)について解説してきましたがいかがでしたか?

この記事のポイントは

  • 男性のオナニーは仰向け・椅子に座って・立ったまま・ひざ立ちの体勢(姿勢)がオススメ
  • 女性のオナニーは仰向け・うつ伏せ・四つん這い・ヤンキー座りの体勢(姿勢)がオススメ
  • オナニーの時に避けるべき体勢(姿勢)は足ピン・床オナニー(男性)
  • オナニーの体勢(姿勢)とセックスの体位には、循環の関係性がある
  • ラブグッズやいつもと違う場所を取り入れることは新しい刺激を得られる

です。

今回はオナニーの体勢(姿勢)について多くの話をしてきました。オススメのやり方や組み合わせについて、みなさんへ魅力を十分に伝えられたかと思います。また、本記事では体勢(姿勢)や体位をリンクさせることにより、相乗効果を発揮することにも触れてきました。いくつかのオススメできないものを意識して、注意点にだけ気をつけていただければ、快楽の世界を存分に満喫できるかと思います。いいオナニーはいいセックスに繋げることができます。リスクやマナーには十分に配慮し、充実した時間や素敵な時を過ごしてください。より多くの幸福な時間を過ごされることを願っております。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Cheeekではこの他にも多くの記事がございます。

ぜひご覧ください。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング