性の悩み

オナニーを我慢するおな禁のメリット・デメリットや我慢する方法まで紹介!

バイブおすすめランキング

オナニーを我慢する(おな禁)最適な期間はあるの? と疑問に感じたことがあるのではないでしょうか。しかし、何日間性欲を我慢すれば良いかよくわかりませんよね。そもそも、オナニーを我慢することとおな禁は違うのでしょうか? また、メリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょう。

そこでこの記事では、「オナニーを我慢する(おな禁)メリット・デメリット」について

  • オナニーを我慢とおな禁の意味と期間
  • 男性のおな禁に関するメリットとデメリット
  • 女性のおな禁に関するメリットとデメリット
  • オナニーを我慢する(おな禁)方法
  • オナニーを我慢する(おな禁)ことについての疑問

以上のことについて解説していきます。この記事を読んでいただければ、オナニーを我慢する(おな禁)意味や方法だけでなく、関係する疑問の答えについてもわかるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

オナニーを我慢とは

オナニーを我慢することとおな禁は何が違うのでしょうか? ここではおな禁の意味について解説します

カップルズ

オナニーを我慢とおな禁は同じ意味なのか

似ているが非なるものとなります。そもそも、禁止と我慢では意味が異なるためです。たとえば、公共の場で全裸になることは法律で禁止されています。対して、公共の場で全裸になることを我慢することは、個人の意志によるものです。このように、本来2つの言葉は違う意味合いを持っています。おな禁は、誰かに禁じられているかのように錯覚し、自制を促す効果があります。

オナニーを我慢することとおな禁は厳密には違うが、同じような意味合いがあると覚えておきましょう。

一般的に7日間オナニーを我慢すればおな禁と言われている

7日間を超えるおな禁にはメリットがありません

テストステロンの分泌は射精後7日目に向かって、徐々に上昇します。しかし、7日目を境に分泌量は一気に下降します。テストステロン(男性ホルモンの代表格)とは、筋肉質な体型やしっかり骨格などを構成するために重要なホルモンのことです。つまり、男性の魅力を高めるために行うおな禁は、1週間を超える期間で続ける意味はありません。

オナニーを我慢(おな禁)の効果やメリットを男女別に紹介

ここまで、オナニーを我慢する(おな禁)意味について解説しました。効果やメリットはどのようなものがあるのでしょうか? また、男女で違いがあるかについても解説します。

男性がオナニーを我慢(おな禁)の効果やメリット

ここでは、男性がオナニーを我慢する(おな禁)ことにより得られる効果とメリットについて解説します。

肌が綺麗になる

オナニーを我慢する(おな禁)ことにより、肌が綺麗になります。

以下のような効果があり、基礎代謝が向上するためです。

  • テストステロンの分泌量が増える
  • 良質な睡眠が取れる
  • 体内の栄養素が無駄に排出されない

結果、体内の老廃物を排出するデトックス効果が高まるでしょう。これにより、肌荒れやニキビ・吹き出物の発症が抑えられ、肌は綺麗になるということです。女性に人気な清潔感を手に入れるために、オナニーを我慢(おな禁)してみましょう。

集中力が向上する

オナニーを我慢する(おな禁)ことは、集中力を高めることに繋がります。先述したとおり、オナニーを我慢する(おな禁)ことにより、睡眠の質を向上することが可能です。睡眠の質は集中力と深い関係があります。寝不足の状態では、人間の脳のパフォーマンスは半分以下になるとされています。

したがって、集中力を向上させるためには、オナニーを我慢し、十分な睡眠を取る必要があるといえます。

体力が温存できる

オナニーは体力を激しく消費します。カロリーを大量に消費するためです。実は、400mを走りきるほどの疲労を感じるものがオナニーと言われています。日頃からオナニーを行う習慣がある方は、この疲労感をいつも感じていることになります。

そのため、オナニーを我慢する(おな禁)ことは疲労感を和らげることに繋がります。

人間のエネルギーは無限ではありません。オナニーを我慢(おな禁)して、体力を温存し、疲れを回復しましょう。

快感を感じやすくなる

1週間1度のペースでオナニーを行う方は、それ以上のペースでオナニーを行う方と比べて、快感を得やすいです。理由は至って単純で、オナニーの回数が多いと、快感に慣れてマンネリになるためです。セックスもまた同じとなりますが、マンネリや快感への鈍化はイケない・ペニスが立たないなどの複数のデメリットが存在します。そのため、快感に鈍くなることは多くの方が避けたいと感じるでしょう。

オナニーを我慢する(おな禁)ことは感度を取り戻すことに繋がり、快感を得やすくなると覚えておきましょう。

女性がオナニーを我慢(おな禁)の効果やメリット

男性だけではなく、女性にもオナニーを我慢することにより得られる効果があります。ここでは、効果の他に、メリットについてもあわせて解説します。

生活習慣が改善されて無駄な時間を削減できる

オナニーが習慣になってしまうことはおすすめできません。オナニーが生活習慣になることで、本来有効に使える時間が損失するためです。女性がオナニーをする場合、男性に比べて準備の時間や後片付けに時間がかかるでしょう。オナニーは感度をあげたり、自身の体を開発するうえで必要です。しかし、毎日オナニーすることは生活習慣を乱す観点からおすすめできません。オナニーを我慢する(おな禁)ことにより、睡眠時間を増やすなど、生活のリズムを整えることの方が重要です。自律神経の働きを整えることは、体のコンディションを良好にします。

無駄な時間を削減し、良好な体でオナニーを適度に楽しみましょう

オナニー、セックスの時に絶頂を感じやすくなる

これは男性と同じ理由となりますが、刺激への慣れを防ぐメリットがあります。女性にとって、オナニーは自分の体の感度を磨くことに繋がりますが、それは同時に刺激への慣れもともなうためです。たとえば、毎日のオナニーを繰り返した場合は最初の数日は感度をあげる働きがあります。しかし、必ず刺激や感度にも慣れが生じ、結果として同じ度合いの快感は持続しません。オナニーやセックスで絶頂を感じることが困難になります。

つまり、女性であっても、男性のように適度なオナニーを我慢する(おな禁)の期間は必要だといえます。

定期的な禁欲を心掛け、オナニーやセックスの快感を高め、絶頂を楽しみましょう

愛液が出やすく、すぐ濡れる

愛液が出やすくなります。

オナニーを我慢する(おな禁)ことは、刺激や感度が敏感になるためです。

愛液とは、女性が性的に興奮すると膣から出る分泌液です。この愛液は刺激と感度にリンクしています。つまり、強い興奮は愛液の量にある程度の影響を及ぼすということです。マンネリや刺激への慣れについては先述のとおり、感度の低下を引き起こします。オナニーを我慢する(おな禁)ことは、これらの要素を向上させるでしょう。すぐに濡れる体づくりに必要なことだといえるでしょう。

オナニーを我慢(おな禁)のデメリットとは

ここまで、オナニーを我慢する(おな禁)メリットについて解説してきました。しかし、オナニーを我慢することはよいことばかりではありません。ここでは、オナニーを我慢する(おな禁)のデメリットについても解説していきます。

カップルズ

男性がオナニーを我慢(おな禁)のデメリット

男性はオナニーを我慢する(おな禁)デメリットが女性よりも多いです。どのようなデメリットがあるのでしょうか? ここでは、男性がオナニーを我慢する(おな禁)デメリットについて解説していきます。

ストレスが溜まる

ストレス発散の一役を担っているオナニーを我慢することはストレスになります。

そもそも、我慢するという行為自体はストレスが溜まるためです。

とくに、オナニーが日課になっている男性の場合はオナニーを我慢する(おな禁)ことは苦行となるでしょう。この場合は新しいストレス発散方法を見つけましょう。球技や格闘技、水泳などの運動がおすすめです。また、スポーツが好きではない場合も、料理や映画鑑賞など、気分転換ができるものを見つけましょう。ストレスは健康を損なう理由になります。オナニーの代替になるものを見つけることが大切です。

射精が早くなりやすい

オナニーやセックスの際に、射精が早くなります。

刺激に敏感になるためです。

長期間に渡るオナニーを我慢する(おな禁)ことをおすすめできない理由のひとつです。物理的な刺激にも弱くなりますが、精神的な刺激の耐性も下がります。つまり、長期間ペニスを使用しないことは早漏を引き起こす可能性があるというわけです。しかし、7日目までの禁欲はこのデメリットを避けることも可能でしょう。

精子の生命能力が低下する

1週間以上のオナニーを我慢する(おな禁)ことは、精子の生命能力を低下させます。

体が精子をこれ以上作る必要がないと判断するためです。

精子は通常、毎日生成されます。そして、約3ヶ月の成長期間を経て、体内で生存できる期間が約3日間です。この3日間で排出されなかった精子は受精機能を持たず、体内に吸収されるか、尿により排出されます。しかし、それは受精機能を持たないもの全てが対象となるわけではありません。また、古い精子は新しい精子の運度を妨げる働きがあるようです。これらのことより、長期間オナニーを我慢する(おな禁)ことはおすすめできません。

変なタイミングで勃起する

避けづらい要因となりますが、オナニーを我慢する(おな禁)ことは変なタイミングで勃起するかもしれないリスクが潜みます。

刺激への耐性が低下するためです。

男性のみなさんはこれに一度は悩まされたかと思います。学生時代の授業終わりの挨拶の時、腰が引けた状態での起立など。勃起を女性に気づかれた時の絶望感は凄まじいものでしょう。このような状態に陥らないためにも、長期に渡るおな禁はおすすめできません1週間までの禁欲を実行し、刺激への耐性低下を最小限にとどめましょう。

女性がオナニーを我慢(おな禁)のデメリット

女性にもオナニーを我慢する(おな禁)デメリットが存在します。男性に比べると少ないデメリットとなりますが、どのようなものがあるか解説していきます。

ストレスが溜まる

オナニーがストレス発散の役割を果たしていた場合は、オナニーを我慢する(おな禁)ことでストレスが溜まります。

ストレス発散の方法をひとつ失うためです。

嫌な気分になったり、気持ちが落ちてしまった場合に、オナニーをしていた女性はこれにあたります。オナニーを我慢する(おな禁)ことに取り組む場合は、趣味に使う時間を増やしましょう。趣味がない女性は、ウォーキングやジョギングなどが手軽に始めれてよいです。ストレス発散の方法を増やすことは体によいことです。オナニーにより、行っていたストレス発散を他のものに置き換えてください。そうすることにより、オナニーを我慢する(おな禁)ことやストレスとうまく付き合っていくことが可能でしょう。

精神的に取り乱す

これは先述したストレスとも関係があります。オナニーにより、精神の安定を維持していた場合は、ストレスにより精神の乱れが生じるためです。

また、ホルモンバランスの乱れも考えられます

この場合、ストレスの発散はもちろんとなりますが、十分な食事や睡眠により体のコンディションを整えましょう。体の不調は心の乱れに直結します。その他にも、ピルの服用を検討するのもよいでしょう。ここでは、デメリットについて割愛させてもらいますが、ピルの服用はホルモンの正常な分泌を助ける効果があります。これらを上手く活用し、オナニーを我慢する(おな禁)ことと上手に付き合いましょう。無理をしないことが最も大切です。 

オナニーを我慢(おな禁)するにはどういう方法があるのか

オナニーを我慢する(おな禁)に大切なことは、環境と意識を別のことに向けることです。ここでは、具体的な方法について解説していきます。

部屋にあるおかずを隠す

目につくところに、自身が興奮する要素があるものを置かないことが大切です。欲望(性欲)の自制は非常に精神力を必要とするためです。

以下のようなものを隠すところから始めましょう

  • アダルトコンテンツの本
  • アダルトグッズ
  • 男性誌
  • エロ描写のある漫画やDVD
  • 露出した女性が載っているもの

これらを生活から取り除きましょう。これらはオナニーを我慢する(おな禁)際には毒となります。抑えなければいけない欲望(性欲)が、自制心に牙を向けるためです。オナニーを我慢する(おな禁)の際に大切なことは、環境を整備することとなります。整った環境で生活することで、禁欲という目標を達成できるでしょう。

趣味や仕事に没頭して忙しくする

毎日を忙しく生きることが成功の助けとなります。人間は別のことに没頭すると、その他のことに意識を向けることがなくなる傾向にあるためです。たとえば、趣味や仕事に没頭してみましょう。

趣味に時間を使いのめり込むことや仕事に全力で励むことは、禁欲を達成するうえで有効な手段です。

オナニーができないことを忘れることさえできます。このように意識をせずに目標を達成することは非常に楽です。また、生活にはりが生まれ、これまで以上に楽しい時間を過ごせるでしょう。禁欲後のオナニーやセックスの楽しみや快感もさらに高まるでしょう。

オナニーを我慢(おな禁)に関する質問コーナー

ここでは、オナニーを我慢する(おな禁)ことについて、気になる疑問についてお答えしていきます。

何日間オナニーを我慢すれば1番快感なの?

1週間となります。先述したとおり、男性ホルモンであるテストステロンのピークは7日目のためです。

頂点に達した時に解放することが、最も快感に繋がります。

また、女性も1週間おきのオナニーをおすすめします。感度を下げずに、開発や絶頂を楽しむためです。何事も適度に楽しむことが、最大の幸福を得られるでしょう。

オナニーを我慢(おな禁)すると痛みがでるって本当?

本当です。欧米ではブルーボールズという言葉が存在しています。ブルーボールズとは、男性が性的興奮の欲求を満たせない場合に、睾丸に一時的な不快感と鈍い痛みが残されることです。ただし、有害ではなく、悪影響はほとんどないとされています。また、科学的な裏付けが明確に存在しないようです。つまり、痛みについては報告されているが、実証できる根拠がないということです。

証明はされていないが、専門用語が存在するため、オナニーを我慢する(おな禁)ことにより、痛みがある可能性は存在するといえます。

オナニーを我慢(おな禁)すればモテるって本当?

本当です。

理由は以下のように複数あります

  • 男性らしいや女性らしい体つきになる
  • 肌や髪、体臭が改善される
  • 精神力の強さが自信になる

これらは一例しかし、モテる要素です。健康で、心身ともに充実していることは誰もが好意的に受け取ります。清潔感があることも性別に関わらず、重要な要素でしょう。外見も内面もどちらも優れた人間がモテることは必然です。オナニーを我慢する(おな禁)により、それらを手に入れましょう。

結論:オナニーを我慢するオナ禁には良いことも悪いこともある。

ここまでオナニーを我慢する(おな禁)にはメリットやデメリットがさまざまにあると解説してきました。みなさんはこの記事を読んで、オナニーを我慢しようと思いましたか? 何日もオナニーができないことは苦痛ですよね。しかし、筆者は我慢する派です。デメリットについては十分理解していますが、得られるメリットが多くあるためです。また、デメリットについては1週間サイクルのオナニーにより、軽減できるものがあります。

そして、我慢した欲望(性欲)を一気に解放する快感を知っています。

みなさんもぜひ一度は試してみてください。オナニーを我慢する(おな禁)の魅力に気づかされることとなるでしょう。

オナニーを我慢するメリット・デメリットのまとめ

ここまでオナニーを我慢する(おな禁)メリット・デメリットについて解説してきましたがいかがでしたか?

この記事のポイントは

  • オナニーを我慢≒おな禁(ほぼ等しい)
  • オナニーを我慢する(おな禁)期間は1週間が最適
  • メリットは脳や体が整うことや感度が上がること
  • デメリットはストレスが溜まることやさまざまな乱れ
  • おな禁の方法は部屋や生活の整えと他のことに没頭すること

です。

今回はオナニーを我慢する(おな禁)メリット・デメリットについて多くの話をしてきました。みなさんへ魅力を十分に伝えられたかと思います。また、本記事ではオナニーを我慢する(おな禁)方法や疑問にも触れてきました。今回はさらに筆者の私的見解も加えて、1週間サイクルのオナニーをおすすめしています。オナニーを我慢する(おな禁)ことにより、欲望の開放感を味わってみてください。そうすれば、さらに快楽の世界を存分に満喫できるかと思います。これまでより多くの幸福な時間を過ごされることを願っております。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Cheeekではこの他にも多くの記事がございます。

ぜひご覧ください。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング