性の悩み

フェラで歯が当たる方へ、フェラが上達する方法を解説

バイブおすすめランキング

女性にフェラをされて嬉しくない男性はいませんよね。彼氏の気持ちいい顔を見たいからと、フェラを頑張る女性は多いはず。

「でも、フェラをするとペニスに歯が当たってしまう。歯が当たらないように上手にフェラをする方法が知りたい。」

と、悩みを抱えている女性は少なくないはず。エッチ中、彼氏に痛い思いはさせたくないですよね。

この記事では、そんな女性のために

  • フェラの時にペニスに歯が当たってしまう原因
  • 歯が当たらない対処法
  • フェラの練習方法

を解説しています。これを読めばあなたもフェラのテクニックが爆上がりして、パートナーの喜ぶ顔が見れますよ。

是非最後までお読みください。

目次
  1. 男性はフェラで性器(ちんこ)に歯が当たるとめちゃ痛い!
  2. フェラの時に歯が当たる原因は何なのか
    1. 女性が疲れている
    2. シンプルに男性器(ちんこ)がデカい
    3. 経験が少なくてフェラに慣れていない
    4. 舌をうまく使えていない
  3. 男性器(ちんこ)の構造を理解しよう
  4. フェラの時に歯が当たりやすい男性器(ちんこ)の部分は【亀頭】と【カリ】
  5. フェラで歯が当たらない対処法を伝授
    1. 男性器(ちんこ)の構造を理解してフェラをする
    2. 唇を歯にかぶせてフェラをする
    3. 「ほ」を言うように口を開いてフェラをする
    4. 唾液をたくさんだして摩擦を減らしフェラをする
  6. 歯を立てずに気持ちよくフェラをするための練習法
    1. 男性器以外のハーモニカやバナナを使って練習する
    2. 口を大きく開ける練習をする
    3. 飴で舌を自由に動かす練習をする
    4. ペットボトルを使い吸引力の練習
    5. 水を飲んでえずかない練習
  7. 実は、フェラの練習はキスにも応用できる
  8. 男性を虜にする更に気持ちいいフェラのやり方
    1. フェラ中に舌を「らりるれろ」を発音するように動かす
    2. 舌で男性器(ちんこ)をぺろぺろしながらフェラをする
    3. たくさん水を飲んで唾液量を増やす
  9. みなさんの疑問・質問を集めてみた!
    1. フェラしてもらった後、歯でちんこが傷ついていたらどうしたらいいですか?
    2. 歯に矯正器具をつけて上手にフェラできますか?
  10. 【まとめ】歯に当てずに上手にフェラをしよう!

男性はフェラで性器(ちんこ)に歯が当たるとめちゃ痛い!

フェラでちんこに歯が当たると、男性は女性が思っているよりも痛みを感じます。

竿の部分は厚い皮に覆われているのでそこまで痛くありませんが、カリと亀頭は皮が薄く歯が当たるとかなり痛いです。

歯は30本以上ある固い骨なので、当たると傷をつけてしまう恐れがあります。歯を当てないように意識して、フェラをすることが大切です。

フェラの時に歯が当たる原因は何なのか

そもそもフェラの時に、ちんこに歯が当たる原因は何なのでしょうか。原因が分からないと、対処も難しいですよね。一つずつ見てみましょう。

カップルズ

女性が疲れている

まず一つ目の原因として挙げられるのは、女性が疲れてしまっているパターンです。仕事が忙しかったり、体が疲れている状態で口を大きく開け続けるのは難しいですよね。ちんこを咥える以外にも亀頭や裏筋を舐めるなど、口を大きく開けなくて済むやり方に変えましょう。

「ごめん。今日疲れてるの。」と正直に話せば、パートナーも分かってくれるはずです。

シンプルに男性器(ちんこ)がデカい

シンプルに彼氏の男性器が大きいことによって、歯が当たってしまうパターンもあります。日本人男性のペニスの大きさの平均は、勃起時で13センチと言われていますが、大きい人だと17~18センチほどあります。その場合、小顔で口が元々大きくない女性は、咥えることが難しいです。

上記と同じく別の方法に切り替えましょう。

経験が少なくてフェラに慣れていない

男性との経験が少なくフェラに慣れていないと、テクニックがなく歯がちんこに当たってしまうことがあります。しかし、ちんこを咥えられなくても男性は性的興奮や征服感を感じるので、まずは亀頭や裏スジを舌でペロペロしたりしてみましょう。慣れてきたらちんこを咥える練習をしてテクニックを磨いていきます。練習法は後述しますので、是非試してみて下さい。

舌をうまく使えていない

舌をうまく使えていないことによって、ちんこに歯が当たっていることもあります。舌で歯の当たる部分をカバーしたり、口の中にちんこを入れずにぺろぺろするだけでも男性は気持ちいいです。

男性器(ちんこ)の構造を理解しよう

フェラをする上で男性器の構造を理解することは大切です。男性器は次の5つに分かれます。

  1. 亀頭
  2. カリ
  3. 竿
  4. 裏スジ
  5. 睾丸

1.亀頭

亀頭は口の中にあることが最も多い部分です。皮が薄く、カリに次いで痛みを感じやすい場所です。喉奥までちんこを咥えたときに、奥歯が当たることがあるので注意しましょう。

2.カリ

亀頭の一部で最も出っ張った部分です。ちんこの中で、一番痛みを感じやすい場所。女性がちんこを口から出し入れしているときに、歯が引っ掛かってしまうことが主な原因です。

3.竿

棒状の部分。女性がストロークをしているときに、歯が一番当たりやすい場所です。しかし、亀頭やカリに比べて皮が厚いのでそこまで敏感ではありません。よほど鋭く歯を立てたりしない限りは大きな痛みは感じないので、意識しすぎなくても大丈夫です。

4.裏スジ

竿の裏側。下の歯が当たる可能性がありますが、舌を使ってカバーすれば滅多に当たることはありません。

5.睾丸

金玉がある場所です。舐めたり口に含んだりしますが、睾丸に歯が当たることはあまりありません。

フェラの時に歯が当たりやすい男性器(ちんこ)の部分は【亀頭】と【カリ】

フェラの時に女性の歯が当たりやすい部分は「亀頭」と「カリ」です。

亀頭は、最も口の中に入っていることが多い部分なので、歯が当たりやすいです。深いストロークでフェラをすると、奥歯が当たってしまうことがあります。奥歯は前歯に比べ、意識することが難しいので練習が必要です。

カリは皮が薄いため、歯が当たると一番痛みを感じやすい部分です。ちんこで最も出っ張っている部分なので、出し入れするときに歯が引っ掛かってしまうことが多いです。

フェラで歯が当たらない対処法を伝授

ちんこに歯が当たってしまう原因を理解していただけたところで、具体的な対処法を紹介していきます。

カップルズ

男性器(ちんこ)の構造を理解してフェラをする

フェラをする時に、男性器の構造を理解しておくことはとても大事です。どこが痛みに敏感なのか、歯が当たりやすいのかを頭に入れておけば、パートナーのちんこを傷付けてしまうことを防止できます。

唇を歯にかぶせてフェラをする

唇を前歯にかぶせてフェラをすれば、ちんこに歯が当たるのを防ぐことが出来ます。「入れ歯を外しているご老人」をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。最初は難しいかもしれませんが、練習してみて下さい。

「ほ」を言うように口を開いてフェラをする

「ほ」と言うように口を開く練習をしてみましょう。合唱部が歌うときのような口の開け方を意識すると分かりやすいです。口を縦に大きく開き、横は筋肉を緩めるようにしてみましょう。顎が疲れてきたらやり方を変えて、ぺろぺろ舐めたりすると良いですよ。

唾液をたくさんだして摩擦を減らしフェラをする

フェラをする時に最も意識するキーワードは「唾液」。唾液がローションの代わりになり摩擦を減らしてくれ、もし歯が当たったとしても痛みを軽減してくれます。また、ちんこに傷が付くのを防止できます。逆に摩擦が多い状態で歯が当たると、とても痛いので唾液量を増やすことは常に意識しましょう。

また、唾液量が多いとフェラの感度が上がります。彼氏も喜んでくれるし、感度が上がった状態で歯が当たったとしても痛みを感じずらいので意識してみて下さい。

歯を立てずに気持ちよくフェラをするための練習法

それでは実際に、歯を立てずに気持ちいいフェラが出来るようになる練習法を紹介します。いくつか試してみて、自分に合ったものを見つけて下さい。

男性器以外のハーモニカやバナナを使って練習する

男性器以外のハーモニカやバナナを使って、フェラの練習をする方法があります。

ハーモニカを使うと、男性器を横から咥えるフェラの練習が出来ます。実際にフェラをする時には、竿の側面や裏スジを唇で咥え上下します。これはペニスが大きくて、口に入らない時にも有効な方法です。

バナナを使った練習は、歯を立てずにするフェラを覚えるのに最も適した方法です。バナナは男性器に形が似ていてイメージがしやすいためです。バナナを咥えたり舐めたり様々な練習が可能。また、バナナは柔らかく歯が当たると跡が残るので改善の意識がつきます。

口を大きく開ける練習をする

口を大きく開けることが出来れば、ちんこに歯が当たるのを防ぐことができます。発声練習のように大きく口を開けて、アイウエオと言ってみましょう。口を大きく開けるのが苦手な方でも、日頃から練習を続けると出来るようになるので試してみてください。

飴で舌を自由に動かす練習をする

フェラはペニスを咥えて上下するだけではありません。口の中で舌を使ってちんこをペロペロと舐めまわすと、男性はとても気持ちいいです。飴を使って、舌の柔軟性を出す練習をしてみましょう。チュッパチャップスのような棒付きの飴だと、ちんこを出し入れする練習も同時に出来るのでオススメです。

ペットボトルを使い吸引力の練習

フェラの上達に吸引力は欠かせません。空のペットボトルを口に咥えて、潰れるまで吸い込む練習をしましょう。この練習で頬の筋肉が鍛えられ、バキュームフェラが出来るようになります。最初は350ミリの小さいペットボトルから始めてみて、慣れてきたら500ミリなど容量を大きくしていきましょう。

水を飲んでえずかない練習

喉の奥までちんこを咥える「喉奥フェラ」を好む男性は多いです。しかし、最初は「おえっ」とえずいてしまう女性も少なくありません。えずかないようにするため「喉奥に指を突っ込む」練習法があります。固形物を吐くのは苦しいので、あらかじめ水を飲んでおき吐く練習をしてみましょう。慣れると簡単に吐けるようになり、喉奥フェラでもえずかなくなります。しかし、荒く危険な練習方法なのであまりオススメはしません。自己判断で行いましょう。

実は、フェラの練習はキスにも応用できる

フェラの練習をすることによって、キスのテクニックも向上します。キスの経験が浅いと、歯と歯がぶつかったりしますよね。フェラの練習で舌や唇を上手く使えるようになると歯がぶつかることも減りますし、何より気持ちいいキスができるようになります。キスのテクニックが付くと、セックスの感度自体も上がるのでオススメです。

男性を虜にする更に気持ちいいフェラのやり方

次に、男性を虜にするほど気持ちいいワンランク上のフェラのやり方を解説します。このテクニックを身に付ければ、パートナーが喜ぶこと間違いなしですよ。

フェラ中に舌を「らりるれろ」を発音するように動かす

ちんこを口の中に含んだ状態で舌を「らりるれろ」と発音するように動かすと、男性はとても気持ちいいです。慣れるまでは実際に「らりるれろ」と小さく発音してみても良いと思います。上でも解説しましたが気持ち良いフェラは、ちんこを咥えて上下するだけではないので、舌をたくさん使いましょう。

舌で男性器(ちんこ)をぺろぺろしながらフェラをする

亀頭や裏スジをぺろぺろしながらフェラをすると、パートナーに顔が良く見えるのでオススメです。上目遣いをしながらフェラをすると男性は征服感や性的興奮を覚え、感度が上がるので、とても喜んでくれますよ。

たくさん水を飲んで唾液量を増やす

気持ち良いフェラをするためには、唾液の量を増やすことが大切です。水分が不足していると唾液量が減ってしまうため、日頃からこまめに水分を摂取するようにしておきましょう。唾液量が多いとローション代わりになり感度が上がるし、ジュポジュポといやらしい音が鳴ることで男性の性的興奮を高めてくれます。また、パートナーのちんこに傷が付くのも防止できます。水分摂取は意識しておきましょう。

みなさんの疑問・質問を集めてみた!

フェラに対するみなさんの疑問や質問を紹介します。

フェラしてもらった後、歯でちんこが傷ついていたらどうしたらいいですか?

パートナーにフェラをしてもらい、ちんこに傷が付いた場合は病院に行くことをお勧めします。亀頭や包皮に出来た傷口からバイ菌が入ると、亀頭包皮炎の症状が出る場合もあるので注意が必要です。亀頭包皮炎になると、ちんこが赤くただれたりします。

歯に矯正器具をつけて上手にフェラできますか?

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1918349.html?check_ok=1
矯正器具が付いていてもフェラをすることは出来ます。「矯正器具がちんこに引っ掛かってパートナーに痛い思いをさせないか」という不安から慎重になってしまうと思いますが、練習すれば器具が付いていても気持ちいいフェラが出来るようになります。舌や唇を使って器具が当たらないようにカバーしたり、工夫してみましょう。そうすれば矯正器具が付いていても支障はありません。

【まとめ】歯に当てずに上手にフェラをしよう!

今回は、フェラで歯が当たらないようにする方法について解説してきました。

ポイントは

  • 男性器の構造を理解してからフェラをする
  • ハーモニカやバナナを使って練習するとテクニックが上達する
  • フェラが上達するキーワードは「唾液」

です。

歯が当たらない気持ち良いフェラをマスターすればパートナーが喜んでくれ、今より良いセックスが出来ますよ。

是非試してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング