性の悩み

1人エッチからパートナーとのエッチまで使える電マの使い方と注意点

バイブおすすめランキング

1人エッチやパートナーのエッチまで幅広い場面で使える電マ。しかし、誰かに使い方を教えてもらうわけでもなく、その使い方が正しいのかわからないですよね。正しい使い方や注意点を知らなければ、電マ本来の刺激や快感を得られません。また、使い方を誤れば時には危険な物になってしまうのも電マです。

そこでこの記事では、

  • エッチの際に電マがおすすめな理由
  • 男性女性別の電マの使い方
  • 電マ使用時の注意点

について解説します。

この記事を読んでいただければ、電マを正しく使えるようになること間違いなしです。ぜひ、最後まで御一読ください。

あなたは電マをどんな時に使いますか?

気軽に使えて快感を得られ、1人エッチの際に活躍することの多い電マ。読者の皆さんはどんな時に使いますか?実は電マは1人エッチはもちろん、それ以外の場面でも活躍できるアイテムです。

カップルズ

1人エッチの時の電マオナニーの時に

1人エッチの時の電マオナニーは、電マの最もオーソドックスな使い方と言えます。電マオナニーは女性が自分の膣やバストなどの性感帯に当てて行います。電マを性感帯に当てることで電マの振動から刺激を受け、快感を得られます。どんな時でも気軽に行えるため、非常にオーソドックスかつ人気な使用方法です。

パートナーとのエッチの際のスパイスに

女性が1人エッチで使うことが多い電マは、パートナーとのエッチの際に使うアイテムとしても人気です。上述の通り、電マでは女性が気軽に刺激や快感を得られます。そのため、セックスの際に使うことでいつも以上の快感をパートナーに与えることが可能です。いつも以上の快感を与えられる上、電マという1つのアイテムが加わったセックスは、マンネリ化を防止する大きなスパイスとなるでしょう。

最近は男性も1人エッチに使用することもある

電マは女性が1人エッチで使用するものというイメージが非常に強いですが、実は男性の1人エッチでも使用できます。電マは振動により強い刺激を与えられるアイテムであるため、女性だけでなく男性も電マで快感を得られます。

ペニスはもちろん、玉やアナル、乳首に電マを当てることで、いつものオナニーでは味わえない刺激を簡単に得られます。個人差はありますが、手でシゴかずに電マの振動だけでイケることもあるため、電マオナニーに興味のある男性はぜひ試してみてください。

どんなタイプの【エッチ】にも最適な電マ

電マは女性の1人エッチだけでなく、パートナーとのエッチや男性の1人エッチなど、どんなタイプのエッチにも最適なアイテムです。電マの振動は男女問わず性感帯へ刺激を与え、快感を得られます。そのため、1人ではなくパートナーと行うセックスの際に使っても、お互いを満足させることが可能です。

また、電マは基本的には性感帯に当てて使いますが、アタッチメントを取り付けることで膣内への挿入も可能になります。電マを挿入することで得られる膣内の刺激は、いつも味わうパートナーの指以上の快感を得られます。この他にも、電マのアタッチメントとしてはイボ形やヘラ状のものなど、様々なものが販売されています。そのため、通常の1人エッチやセックスだけでなく、少し変わったプレイにも最適なアイテムとなっています。

電マはアダルトグッズ初心者におすすめすぎるアイテム

アダルトグッズとしてはローターやディルドなど、電マ以外にも様々なアイテムが販売されていますが、その中でも電マは初心者に特におすすめのアイテムです。

カップルズ

なぜ電マは初心者におすすめなのでしょう?

電マが初心者におすすめの理由は主に3つあるため、ここからは、なぜ電マは初心者におすすめのアダルトグッズであるのかについて説明していきます。

気持ちいい感覚がまだ分からない状態の性感帯開発の練習に最適

電マは膣や胸などの性感帯に当てることで刺激や快感を得られるアイテムですが、それ以外の部位にも刺激を与えられるアイテムです。電マは「電動マッサージャー」の略で、元々は肩や腰などのマッサージ用に開発されたアイテムです。本来は体の凝りや痛みをほぐすために作られているため、膣や胸といった性感帯以外に当てても快感を得られるというわけです。

女性の性感帯としては膣や胸が有名ですが、実はそれ以外にも首や背中、足など、女性は全身が性感帯となり得ます。そのため、元々はマッサージ用に開発され、身体中に刺激を与えられる電マは、女性の体に眠っている性感帯開発の練習に最適なのです。自分の体の様々な部位に電マを当てることで、自分では気づけなかった意外な性感帯を発見することが可能です。様々な部位を性感帯として開発することで、全身感じやすい体となり、1人エッチはもちろん、パートナーとのセックスもさらに楽しめるようになります。ぜひ電マを使ってまだ気づけていない自分の体の性感帯開発の練習をしてみてください。

当て方が分からなかったりテクニックがなくても気持ち良くなれる

電マはアダルトグッズの中でも比較的快感を得られやすいアイテムだとされています。その理由は、電マの発生させる振動がローターなど他のアダルトグッズに比べて強いためです。電マは、元々は肩や腰などのマッサージ用に開発されており、基本的には性感帯への使用を想定されていません。そのため、他のアダルトグッズに比べて振動が強いです。

ローターなどであれば、電マよりも振動が弱いため性感帯への正しい当て方やテクニックを持ち合わせていなければ気持ちよくなれません。しかし、強い振動で刺激を与えられる電マであれば、当て方が分からなかったりテクニックがなくても気持ちよくなれます。

また、電マはヘッド部分が大きいことも快感を得られやすい理由の1つです。ヘッド部分が他のアダルトグッズに比べて大きいことで振動の発生する部分が広く、当てる位置を調節しなくとも強い快感を得られます。

例えばローターであれば、電マに比べて振動が弱く、振動する面積も小さいため、その分当て方やテクニックが重要になります。一方、電マであれば振動が強い上、ヘッド部分が大きいので、当て方やテクニックを持ち合わせていなくとも快感を得やすいです。

男性も女性も気持ち良くなれるアイテム

上述した通り、電マは女性だけでなく男性も気持ち良くなれるアイテムです。体のマッサージ用に開発された電マは、膣や胸などの女性の持つ性感帯以外の刺激もお手のものです。ペニスや玉、アナルといった男性の持つ性感帯を刺激して気持ち良くできるのはもちろん、それらの部位の開発にも打ってつけなアイテムです。

また、男性は女性に比べてアダルトグッズの使用経験がある方は少ない傾向にあります。アダルトグッズの使用に慣れていない方でも扱いやすく、刺激を得られやすい電マであれば、アダルトグッズの使用経験の少ない男性でも気持ち良くなれます。

電マは女性が気持ち良くなるためのアイテムだというイメージが強いですが、このように男女問わず気持ち良くなれるアイテムです。

電マのおすすめの使い方

振動が強くヘッド部分が大きいことで初心者でも快感を得やすい電マですが、正しい使い方をすることで、さらに強い快感を得ることができます。では、電マをどのように使うのが良いのでしょうか。ここからは、電マのおすすめの使い方を紹介します。

電マは時間をかけてゆっくりと焦らすのがおすすめ

オナニーの際にはクリトリスや乳首など、敏感で快感を得やすい性感帯をすぐに攻めたくなります。しかし、まずは体のそれ以外の部分に弱い振動で軽く電マを当て、時間をかけてゆっくりと焦らすのがおすすめです。パートナーとのセックスでもそうですが、最初から気持ちいい部分を触られるよりも、時間をかけて焦らされて触られる方が快感が何倍にも大きくなります。

また、ゆっくりと電マを体に慣らすことで、体全体の血行を促進してくれます。血行を促進することで体が冷えた状態よりも感度が上がり、気持ち良さを増幅させる効果があります。

初めはくすぐったいし、いかないのでじっくり時間をかけて気持ちいいに変えていく

まだ開発されていない性感帯は電マを当てると、初めは「気持ちいい」よりも「くすぐったい」という感覚が強くなります。しかし、じっくり時間をかけて電マを当てることで徐々に「くすぐったい」から「気持ちいい」という感覚に変わっていきます。性感帯を開発する際には、まずは下着などの上から弱い振動で当てていくのがおすすめです。弱い刺激から始めることで体を焦らし、徐々にもっと欲しいという感覚を強めていきます。

SMプレイの一環で拘束や固定具と一緒に使う

電マは、基本的には片手で持って自分の性感帯に当てますが、SMプレイの一環で拘束や固定具と一緒に使うのもおすすめです。SMプレイの際に拘束した女性に一方的に女性に電マを押し当てたり、固定具で女性の性感帯に電マを固定し、刺激を与え続けます。電マを使ったSMプレイはメジャーなプレイの1つで、AVなどで見る機会も多い男女ともに人気の高いプレイです。

行う際には1点注意が必要で、力加減に気をつけなければなりません。オナニーで使う時には自分の感覚に沿って電マを当てられますが、SMプレイの時にはパートナーに電マを当ててもらう形となります。プレイ中にもしっかりとパートナーと意思の疎通を行い、快感を得られるような当て方をしてもらわなければなりません。

女性はバックの体勢で当てるやり方でも気持ちいい

女性であれば電マを椅子などに固定して、バックの体勢で当てるやり方も気持ちいいのでおすすめです。四つん這いの状態で後ろから電マを当てるため、まるでバックで責められているような感覚でオナニーを楽しめます。固定した電マへと自分から体を当てにいくのは手で行うよりもしっかり当てるのが難しいですが、その分上手くいかないもどかしさを感じ、より一層気持ちを高めてオナニーできます。

【男性】亀頭に当てて潮吹きも可能

男性であれば亀頭に電マを当てることで潮吹きも可能です。男性が潮吹きをするには亀頭を攻め続けなければなりません。そのため手で行うのは難しく、なかなか上手くいかないものです。しかし、電マであれば亀頭に当てるだけで刺激を与え続けてくれるため、手で行うよりも簡単に潮吹きできます。

あらゆるエッチにおすすめの電マ

電マはあらゆるエッチにおすすめだと説明しました。しかし、世間で売られている電マの種類が非常に多く、実際どの電マを使えばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで、あらゆるエッチで使うのにおすすめの電マを紹介します。

 

おすすめグッズサイトで2年連続1位を獲得した人気沸騰中の電マ。部門でも3冠を達成するなど、その人気は凄まじいものです。20種類もの静音振動が設定されており、飽きのこない刺激で深いオーガズムをもたらします。さらにボディは100%防水設計で、お風呂などでも安心して使用できます。

商品名Chillhana 噂の電マ
価格1,600
本体重量185g
音・振動音:40db・振動:25種
特徴おすすめグッズサイトで2年連続1位を獲得した大人気商品

電マでのエッチの注意点

オナニーやセックスの際に扱いやすく、アダルトグッズとして非常に魅力的な電マですが、電マでのエッチの際にもいくつか注意点があります。

あまりハマりすぎるとsexの刺激でいけなくなる

上述したように、電マは元々マッサージ用に作られており、ローターなどのアダルトグッズと比べて振動による刺激が強くなっています。強い刺激から得られる快感は弱い刺激以上に気持ち良く、満足度も高いです。そのため、電マでのオナニーを1度経験するとハマってしまう女性も多くなっています。しかし、電マでのオナニーにハマってしまうと強い刺激でないと満足できなくなってしまい、電マ以外でのオナニーやパートナーとのセックスで物足りなさを感じてしまうようになります。セックスの刺激でいけなくなってしまうと、セックスの満足度が低くなり、パートナーとの関係悪化にも繋がります。電マオナニーは気持ちいいものですが、回数を減らしたり強い刺激を与えすぎないようにするなど、注意が必要です。

強く押し当てすぎるとクリトリスなどに小傷が入る可能性がある

肩や腰へのマッサージの使用を想定して作られている電マは、膣やクリトリスといったデリケートな部分への使用を想定されていません。そのため、膣やクリトリスへ直接電マを当ててしまうと、その強すぎる振動で小傷が入ることがあります。また、小傷が入らなくとも膣やクリトリスは非常に敏感であるため、痛みを感じる可能性もあります。まずは優しく当て、気持ちいいと感じる強さや当て方を確かめるのがおすすめです。

加減がわからないのでつい強くしてしまいトラブルの元になる可能性も

電マはパートナーとのセックスの場面でも使えますが、刺激が強すぎるゆえに、加減を誤ればトラブルの原因となることもあります。性感帯は敏感なため、加減がわからず強く当てすぎてしまうと痛がらせてしまいます。付き合いの長いカップルでも、相手の反応だけを見て加減を調節するのは非常に難しいです。慣れないうちはパートナーとしっかりコミュニケーションを取りながら電マを当てるのがおすすめです。

1人エッチからパートナーとのエッチまで使える電マの使い方と注意点まと

ここまで電マの使い方や注意点について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

この記事のポイントは、

  • 電マは女性のオナニーだけでなく、パートナーとのセックスや男性のオナニーでも使える
  • 電マは性感帯の開発や男性の潮吹きに最適
  • 他のアダルトグッズに比べて振動が強いため、使用の際は注意が必要

です。

    電マは使い方が分からなかったりテクニックがなくても気持ち良くなれると知って、安心した方も多いのではないでしょうか。初心者の方でも扱いやすいのであれば、使ってみようという気持ちになりますよね!これを機にオナニーやパートナーとのセックスに電マを取り入れてみてください。
    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    Cheek[チーク]にはこの他にも多くの記事がありますので、ぜひご覧になってください。
バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング