性の悩み

女性のおっぱいを刺激して感じる責め方・攻め方や注意するポイント

バイブおすすめランキング

男ならみんな大好きなおっぱいをsexの時には触りまくり、舐めまくりですよね。あなたも乳首に吸い付いたり、おっぱい全体を舐めたりしていると思いますが、その時女性はどう感じているのでしょうか。

大好きなおっぱいを揉んでいる時に、どうせなら女性にも気持ちよくなって欲しいですよね。でも、女性が本当に気持ち良いと感じる責め方って中々わからないと思います。

そこでこの記事では女性が感じるおっぱいの責め方について

  • 女性が感じるおっぱいの責め方
  • さらにエロくなる責め方のテクニック
  • 男性がおっぱいを刺激する際にやりがちなミス

を徹底的に解説しました。

この記事を読んでいただければ、セックスの時に女性があなたのおっぱいの刺激に悶えるようになります。責め方を覚えれば、エッチが上手い男性と思われること間違いないので、ぜひ最後までご覧ください

目次
  1. おっぱいで感じる女性は多い!
    1. 100人に聞いてみた
    2. 【結論】おっぱいを刺激することで女性は感じる
    3. 少数だが、お尻派もいる
  2. 【男性必見】女性がエッチの時に気持ちいいと感じるおっぱい(胸)の責め方・攻め方
    1. ①服の上から当たるか当たらないかの距離でおっぱい(バスト)を撫でる
    2. ②ブラジャー・下着の上から優しくおっぱい(胸)揉む
    3. ③服・ブラジャー(下着)を外して円を描くように優しくおっぱい(乳房)を愛撫
    4. ④スペンス乳腺・ミルクラインを刺激する
    5. ⑥乳輪や乳首を優しく撫でたり、舐めたりして刺激をする
  3. 【さらにエロい】女性が感じるおっぱいを刺激する方法・テクニック
    1. 基本はおっぱいを優しく揉む
    2. おっぱい(胸)を徐々に強く刺激していく
    3. おっぱいに自分自身の息で触れる
    4. 女性(彼女)の後から手を回しておっぱいを揉む
    5. 赤ちゃんのように優しく乳輪・乳首を吸う
    6. おっぱいや乳首をつまむ・こねる・つねるのような刺激方法のバリエーションを豊富にする
  4. 男性が女性のおっぱいを刺激するときに気を付けるポイント
    1. 力加減を勘違いして強く揉む
    2. いきなり、乳輪や乳首から刺激をする
    3. ずっと同じリズムで愛撫する
    4. AVのようにおっぱいや乳首を責める
    5. 性感帯は人それぞれということを理解しておく
  5. 読者のQ&A
    1. Q,女性は胸では感じないという話を聞きました。これは本当なのでしょうか?
    2. Q,最近、彼女の胸を揉むと張っているように感じます。これは僕が揉みすぎや力が強すぎるとかありますか?
  6. みなさんの声を紹介
  7. 女性のおっぱいを刺激して感じる責め方・攻め方や注意するポイントのまとめ

おっぱいで感じる女性は多い!

子供も大人もすべての男性が大好きなおっぱい。SEXの時に触ったり、舐めたりしない男性はほとんどいないでしょう。さて、そんなおっぱいですが女性はおっぱいで感じているのでしょうか。

男性が触っているときに女性はおっぱいで感じているのか気になりますよね。

カップルズ

100人に聞いてみた

感じる:87人 感じない:7人  無回答:6人

おっぱいを刺激されて気持ちイイと感じるかどうかを100人の女性に聞いてみたところ、87人もの方が感じると回答しました。これは男性にとって嬉しい結果です。

感じないと回答された方は7人です。エッチの時の感覚は人それぞれであるということが分かりますね。

【結論】おっぱいを刺激することで女性は感じる

おっぱいは上半身のクリトリスといえるほど、敏感な性感帯を持っています。なので、そこを正しく刺激できれば、女性は感じます。

しかし、その刺激の仕方や刺激する場所、タイミング、強さが間違っていれば女性は感じる事が出来ず、むしろ痛いと感じる事もあります。それが上手に出来れば、女性はおっぱいで感じ、あなたとのエッチが忘れられなくなるでしょう。

少数だが、お尻派もいる

おっぱいは子供も大人も男も女も大好きですが、中にはお尻派も存在します。おっぱい、乳首で感じる方同様にお尻を刺激する事で気持ち良さを感じることができます。

ただやはりおっぱいに比べて扱いづらく、性感帯として開発する必要があるため少数派となっています。

【男性必見】女性がエッチの時に気持ちいいと感じるおっぱい(胸)の責め方・攻め方

それではここから、女性がエッチの時についつい気持ちよくなってしまうおっぱいの責め方を解説していきます。すぐに完璧にできるようにはならないのが当たり前なので、一つ一つ実践して覚えていきましょう。

①服の上から当たるか当たらないかの距離でおっぱい(バスト)を撫でる

まずは服の上からです。エッチの時に女性のおっぱいの膨らみに興奮してすぐに脱がせて触る人がいますが、それは間違いです。

どんなに大きなバストがエロくて興奮しても、冷静にまずは服の上から刺激していきましょう。ポイントとしては思いっきり揉んだりするのではなく、当たっているのかわからないぐらい絶妙な距離でおっぱいを撫でてください。

揉んだりするのではなく、なでる様に刺激してください。そのゆったりとした刺激に女性はあなたの優しさを感じ、撫でられることで焦らされ、感度があがります。

カップルズ

②ブラジャー・下着の上から優しくおっぱい(胸)揉む

服の上から優しく撫でたら、ゆっくりと脱がしてブラジャー、下着の状態にしましょう。ブラジャーもすぐに外すのではなく、まずはその上からおっぱいをもんでいきましょう。

強く揉むとブラジャーの形が崩れてしまうので、必ず優しく揉みましょう。その際にブラジャーの柄などを褒めてあげると女性は嬉しくなって、興奮していきます。

③服・ブラジャー(下着)を外して円を描くように優しくおっぱい(乳房)を愛撫

ブラジャーの上から十分に刺激したら、外していきましょう。必ず優しく外すのを忘れないでください。

ブラジャーが外れて綺麗な乳首が見えても、絶対に触らないでください。ここでは、乳首を中心として円をイメージして、その円周上を優しく撫でる様に触っていきます。

まずは乳首から離れている部分を愛撫し、円を描く様に徐々に乳輪の方に近づいていきましょう。

④スペンス乳腺・ミルクラインを刺激する

スペンス乳腺とミルクラインを知っていますか?

どちらも胸にある性感帯のことを指します。

スペンス乳腺:乳房の横の付け根と脇の下との境目にある部分

ミルクライン:脇の下のくぼんでいる部分から乳首、恥骨までのカーブを描くライン

特にスペンス乳腺は胸のGスポット、おっぱいのクリトリスと言われるほど快感が得られる部分です。ミルクラインはその線上全てが性感帯というわけではなく、ライン上にいくつか気持ちよくなれる箇所があります。

乳首を刺激する前にスペンス乳腺とミルクラインを愛撫しましょう。

スペンス乳腺はその部分を上へ押し上げたり、背中から胸の中央へマッサージする意識を持つといいでしょう。ミルクラインは、人によって性感帯の場所が違うので、ライン上を優しくマッサージしたり、押してみましょう。

スペンス乳腺もミルクラインもすぐに感じるものではなく、最初はくすぐったさを感じる人が多いです。焦らずエッチの時に毎回丁寧時間をかけて刺激してみましょう。

⑥乳輪や乳首を優しく撫でたり、舐めたりして刺激をする

乳首周りを入念に刺激してきたことで女性は焦らされまくっていて、乳首の感度はとても高くなっています。女性もはやく乳首を触って欲しいと思ったり、刺激していないにもかかわらず乳首が勃起したりします。

しかし、まだ乳首には触らないでください。まずは乳輪です。乳輪の円周上を優しく撫でたり、舐めたりしましょう。乳首ギリギリなので、女性の感度や焦らされ感は最高潮に達します。

女性からお願いされたり、乳輪も十分に刺激したらついに乳首を触りましょう。乳首は正面と側面で感度が違います。まずは側面を優しく触ったり、舐めたりしましょう。徐々に正面を刺激しましょう。たっぷり焦らされた乳首を刺激すると、女性はその快感に悶えることでしょう。

【さらにエロい】女性が感じるおっぱいを刺激する方法・テクニック

ここからさらにエロいテクニック、いじり方を紹介します。前項までで解説した方法が基本になるので、まずはそれができるようになってから、新しいテクニックを身に付けるようにしましょう。

基本はおっぱいを優しく揉む

さらにエロいテクニックといっても、基本はとにかく優しく揉むことです。AVなどでは力強く揉んでいるシーンもありますが、あれは男性が興奮する為の演出です。

女性を感じさせる為にはとにかく優しく揉む必要があります。優しく揉まれるのは女性にも人気なので、これをまずは頭に叩き込んでください。

おっぱい(胸)を徐々に強く刺激していく

優しく揉むべきといえど、ずっと同じように優しく揉んでいれば女性も飽きてきてしまいます。優しくゆっくり揉むことで女性の感度と期待が高まったら、こちらも徐々に強く刺激していきましょう。

ただ、人によってはちょっと強くしただけで痛みを覚える場合もあります。生理などで胸が張っていたり、敏感になっているとすぐに痛くなってしまいます。その時はすぐに優しく揉むようにしてください。

おっぱいに自分自身の息で触れる

おっぱいを舐めたりしゃぶったりするときに、いきなり吸い付くのではなく自分の息を吹きかけてみましょう。舐められることを想像していた女性を焦らすことになり、さらにエロく感度が増します。

また、一度おっぱいをしゃぶった後に息を吹きかけるとひんやりして、刺激にちょっとしたアクセントを加える事が出来ます。

女性(彼女)の後から手を回しておっぱいを揉む

おっぱいを揉む時は女性の後ろから手をまわして揉んでみましょう。女性はあなたに体を預けてリラックスすることで、さらに快感に集中できるようになります。後ろから揉まれるのは女性自身が男性に包まれている感覚があるので女性に人気です。

そして後ろから揉むことであなたの手を最大限に使うことができ、女性もおっぱい全体を包まれている感覚になり、その安心感からさらに感度が上がります。

また、スペンス乳腺を手の腹で刺激しながら、指で乳首を刺激するなどの複数のポイントを刺激でき、女性はより快感を感じます。

赤ちゃんのように優しく乳輪・乳首を吸う

乳首を吸う時に思いっきり音を立てたり、むしゃぶりついていたりしませんか?

男の好きな様に乳首を吸われるのが好きな女性もいますが、ほとんどの方は痛いと感じてしまいます。なので、吸う時は赤ちゃんが吸う様に優しく吸いましょう。

赤ちゃんのように優しく吸うことで安心して吸われている箇所に集中でき、女性がより吸われていることに対してエロさを覚えるようになります。また、女性の母性を刺激する事にもなります。

おっぱいや乳首をつまむ・こねる・つねるのような刺激方法のバリエーションを豊富にする

ここまで解説した方法だけでも女性は十分快感を感じますが、ずっと同じことを繰り返していては飽きてしまいます。揉む、舐める以外にも、乳首をつまんだり、こねるように刺激するなどやり方にバリエーションを持たせましょう。

あまがみしたり、つねったり、押してみたりなどやり方は様々あります。どんな女性のおっぱいでも気持ちよくできるように、色々なやり方をマスターしておきましょう。

男性が女性のおっぱいを刺激するときに気を付けるポイント

ここからは男性が女性のおっぱいを刺激する時にやりがちな失敗、気を付けるべきポイントを解説します。これを知らないとひとりよがりのエッチをする男になってしまいます。

男性は女性のおっぱいに興奮して、女性の気持ちになって刺激する事を忘れる事が多いです。おっぱいや乳首は敏感な性感帯なので、注意すべきポイントがあります。これを読んで、次にエッチの時に必ず意識しましょう。

力加減を勘違いして強く揉む

AVでは男優が女優のおっぱいをエロく激しく揉んでいますよね。女優さんが感じている様に見えますが、あれは演出であり演技です。ただの素人の女性に強く揉んだら、痛いとしか思われません。

女性は痛いと思っても、男性が興奮しているので言い出せないものです。本当は気持ちよくないのに男性だけ勝手に盛り上がっているエッチは嫌ですよね。

おっぱいは必ず優しく揉みましょう。強く揉んでみるとしても、必ず女性の反応を伺いながら徐々に強くしていきましょう。

いきなり、乳輪や乳首から刺激をする

これは最悪です。乳首などを刺激して女性に喘いでもらいたい、すぐに舐めたい気持ちはわかります。しかし、いきなり刺激しても女性は気持ち良くないとしか思いません。むしろ、痛みを覚えてしまいます。

乳首は上半身のクリトリスともいえるほど敏感な性感帯です。いきなり触ってしまえば、痛みしか感じません。焦らして焦らして感度を上げてから刺激して、気持ち良さを感じることができます。

服を脱がして綺麗な乳首が見えても、すぐに刺激するのは絶対にやめましょう。

ずっと同じリズムで愛撫する

おっぱいの刺激方法を考えて、優しく揉むことを意識しすぎて同じリズムで単調な愛撫になってしまうことがあります。エッチは直接的な刺激と同じぐらいムードが大事です。長い時間作業のような刺激方法は止めましょう。

また、おっぱいの刺激もずっと同じでは慣れてしまいます。時々違う個所を刺激したり、強さを変化させたり、舐めるなど同じリズムにならないように注意してください。

AVのようにおっぱいや乳首を責める

アダルトビデオは男性が興奮するために作られています。AV女優さんが感じるときのような揉み方をやっても、素人の女性は感じないどころか痛みを覚えてしまいます。

ひとりで興奮してAVを真似するのは絶対にやめましょう。女性にアダルトビデオしか見てない揉み方の下手な人という評価をされてしまいますよ。おっぱいの刺激だけでなく、セックス全体もAVの真似をするおはやめましょう。

性感帯は人それぞれということを理解しておく

気持ちいい乳首の触り方やスペンス乳腺の愛撫の方法などを調べて、実践しても思ったように感じてくれない事はあります。それはやり方やタイミングが間違っていることもありますが、そもそもその人の性感帯が間違っていたということがあります。

全ての女性が同じ部分で気持ちいいと感じる事はありません。人によって性感帯はそれぞれ違います。そこを理解し、sexの時は目の前の女性の反応を伺いながら気持ち良い部分を探していくことを意識しましょう。

読者のQ&A

ここからは女性のおっぱいを感じさせる事で悩んでいる読者のQ&Aに答えていきましょう。

Q,女性は胸では感じないという話を聞きました。これは本当なのでしょうか?

これは良く聞く悩みです。乳首以外の脂肪の部分を刺激しても女性は感じません。肉体的に快感を覚える事はありませんが、精神的な快感はあり得ます。胸では感じないというのは、脂肪を揉まれているだけでは、気持ち良いわけではないということでしょう。

特に巨乳の方は脂肪が多いので、乳房だけを揉まれていても感じる事はありません。巨乳を思いっきり堪能したら、必ず最後は乳首を刺激してみてください。きっと気持ちよくなってくれます。

Q,最近、彼女の胸を揉むと張っているように感じます。これは僕が揉みすぎや力が強すぎるとかありますか?

女性の乳房は生理前に張るようになるのは普通の事です。それ以外に恋人に揉まれ続けていると母性が刺激され、女性ホルモンなどの関係から大きくなったりすることもあります。

おっぱいマッサージなども存在するので、優しく揉んで気持ちよくなっていることでバストアップしているのかもしれません。ただ、彼女が痛みを感じている場合はバストアップなどではないので、注意しましょう。

みなさんの声を紹介

ここでTwitter上のおっぱいの責め方や感じ方に関する皆さんの声を紹介します。

おっぱいといえば重量感とハリですね。重量感を感じると揉みごたえがあって最高です。ただハリがあっても強く揉むのはNGなので気をつけましょう。

おっぱいは優しく揉むのが鉄則と解説しましたが、強めに揉まれる方が好きという女性を発見しました。エッチし慣れていて、揉まれ慣れている人は強めにもまれる方が好きな場合もあります。優しすぎると気持ちよくないパターンも覚えておきましょう。

また、乳首を刺激する時は人差し指だけでなく親指も使って両方向から刺激すると気持ちイイみたいですね。ぜひ実践してみましょう。

おっぱいは男性も女性も大好きです。女性でもおっぱいを揉まれたり、舐められるのが好きな人は多いのでエッチする相手のおっぱい欲がどれぐらいなのか確認してもいいかもしれませんね。

女性のおっぱいを刺激して感じる責め方・攻め方や注意するポイントのまとめ

今回は女性が感じるおっぱいの攻め方から、女性が気持ち良くない注意すべきポイントまで解説しました。

おっぱいの攻め方のポイントは以下の通りになります。

  • まずは服の上から撫でる
  • ブラジャーの上から優しく揉む
  • ブラを外したら円を描くように揉む
  • スペンス乳腺やミルクラインを刺激する
  • 乳輪⇒乳首の順番で触ったり、舐める

おっぱい揉むときに男性がしがちなミスは

  • 強く揉む
  • いきなり乳首を刺激する
  • 同じリズムで揉む
  • AVの真似をする
  • 性感帯はみんな同じだと思っている

この記事で解説したことを覚えて実践していれば、きっと女性はおっぱいで感じるようになります。おっぱいのいじり方が上手だと、膣もたっぷり濡れてより良いセックスができるようになります。

すぐに身に付くものではありませんが、毎回女性が気持ちよくなることを意識しながらsexの度にやってみてください。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング