アダルトグッズ

TENGAの種類別の洗う方法からQ&Aまで解説

オナニーのお供としておなじみのTENGAですが、

「このTENGAを洗うと使いまわせるんじゃない?」

と考えたことはないですか?

TENGAは何回も買うとなると決して安くはない買い物になりますから、なるべく使いまわして料金を安く抑えたいところですよね。

そこで、この記事ではTENGAははたして洗うことで使いまわすことができるのか、徹底解説していきます。

また

  • TENGAの種類
  • TENGAの洗い方
  • TENGAを繰り返し使う方法
  • TENGAに関するQ&A

もそれぞれ解説していきます。

この記事を読めば、気持ちいいTENGAをなるべくお得に使える方法を理解できます。

ぜひ最後までご覧ください。

TENGAとは?

初めにTENGAとは一体何なのか解説していきます。

カップルズ

TENGAはオナホールの1種

TENGAとは株式会社TENGAが開発しているオナホールの1種です。

TENGAは約60か国で販売されており、最も有名なオナホールといっても過言ではありません。

まぎれもないオナホールの代表格です。

基本的には使い捨てのオナホール

TENGAは基本的には使い捨ての使い切りオナホールです。

なので、洗うことを考慮されていない商品が多いです。

しかし、グレードアップした価格が高いものであれば洗うことで再利用できるタイプのTENGAもあります。

商品によってはコスパがめちゃくちゃいい

TENGAは商品によってはコスパがめちゃくちゃいいと言えます。

例えば、EGGタイプの6個セットであれば、3300円で購入できるので、一個あたり550円でコスパよくオナホールを楽しめます。

このように、複数のTENGAがパックになっているものはコスパが良い傾向にあります。

コスパのよいTENGAが欲しい人であれば、複数パックになっているものを買いましょう。

TENGAの種類

TENGAシリーズの種類を解説していきます。

TENGAシリーズの種類は以下の5種です。

  • カップ型TENGA
  • ホール型TENGA
  • フリップ型TENGA
  • エッグ型TENGA
  • ポケット型TENGA

それぞれ詳しく解説していきます。

カップ型TENGA

カップ型TENGAは最もスタンダードな形のTENGAです。

カップの先端にあるエアホールにより、チンコに吸い付くバキュームを実現しています。

カップ型TENGAは基本的に使い切りタイプで、種類展開が豊富です。

カップ型はスタンダードなTENGAではありますが、「TENGAプレミアム」という値段が少し高く高品質なものも発売されています。

プチ贅沢がしたいときにはTENGAプレミアムがおすすめです。

カップルズ

ホール型TENGA

ホール型TENGAは何度でも繰り返し使えるタイプのTENGAです。

繰り返し使えるので何度もTENGAを利用したい人にとってはコスパが良いですし、見た目もとてもオシャレです。

ローションは基本的に1回分のみしか付属していないため注意しましょう。

フリップ型TENGA

フリップ型TENGAは新テクノロジーが使われた高機能のTENGAです。

上下から密接にかみ合う凹凸により、より複雑に絡み合う感覚を味わえます。

強い刺激を求めている方にはおすすめのTENGAです。

エッグ(egg)型TENGA

エッグ(egg)型TENGAは卵のような形をしたかわいらしいTENGAです。

一見、小さすぎて使えないように見えますが、伸縮性がとても高く、使用時には伸ばして使えるためほとんどの方は問題なく使用できます。

とてもプルプルとしたオナホールで、やわらかいものに包まれる刺激が好きな方にとってはたまらない一品となっています。

ポケット型TENGA

ポケット型TENGAは、思い立った時にいつでも使えるポケットサイズの薄型TENGAです。

とにかく薄型であることが特徴で、ピタっと密着する感覚が好きな方におすすめです。

チャック付きの袋に入っており、使い終わった後も袋に入れておけば衛生的に後処理ができます。

洗うと再利用できる?TENGAの手入れ・洗い方を解説

TENGAは洗えば再利用できるのでしょうか。

TENGAの手入れ・洗い方を解説していきます。

使い捨てのカップ型・ポケット型・エッグ型は基本的には再利用のために洗うのは推奨されていない

カップ型・ポケット型・エッグ型のTENGAは、使い捨てすることが前提としてつくられているため、基本的には再利用のために洗うのは推奨されていません。

どうしてもTENGAを再利用したい人は、ホール型・フリップ型の再利用できるTENGAを購入することをおすすめします。

TENGAを再利用のために洗う行為はあくまで自己責任で行いましょう

TENGAを再利用することは、衛生的な行為とはいえません。

場合によっては雑菌が繁殖して男性器に悪影響を及ぼすこともあります。

TENGAの中に雑菌が繁殖することでかかってしまう恐れのある病気としては、「亀頭包皮炎」や「尿道炎」が挙げられます。

そのため、TENGAを再利用のために洗う行為はあくまで自己責任で行いましょう。

基本的なTENGAの洗い方

基本的なTENGAの洗い方の手順は以下の通りです。

  1. 水またはぬるま湯で中の精液を洗い流す
  2. 棒状の珪藻土で内部の水分をしっかりととる
  3. 直射日光避けしっかり乾燥させる

それぞれ詳しく解説していきます。

①水またはぬるま湯で中の精液を洗い流す

まず、水またはぬるま湯で中身の精液を洗い流します。

もし熱いお湯で洗い流してしまった場合、精液の成分に含まれる「熱変性」という性質によって精子が固まってしまうため、必ず水またはぬるま湯で洗い流しましょう。

熱変性とは?

熱変性とは、物質に熱が加えられることにより性質が変化する現象です。卵を加熱すると固いゆで卵になるのは、卵のタンパク質が熱変性をもっているからです。

精液が残っていると後々のTENGAの使用感が悪くなるため、しっかりと丁寧に洗い流すことが大切です。

②棒状の珪藻土で内部の水分をしっかりととる

精液を洗い流したら、棒状の珪藻土で内部の水分をしっかりとりましょう。

珪藻土とは、植物プランクトンの死骸が化石になった土のことで、とても吸水性に優れています。

珪藻土を使った珪藻土マットは有名で、使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

棒状の珪藻土はAmazonや100均で手に入ります。

棒状の珪藻土を利用してTENGA内部の水分をしっかりと吸ってください。

水分をしっかりととれないと、雑菌が繁殖して嫌な臭いや病気の原因になります。

③直射日光避けしっかり乾燥させる

最後に、直射日光を避けしっかりと乾燥させましょう。

直射日光はTENGAの劣化に直結するため、極力避けてください。

しっかりと乾燥させてから保管しなければ、カビ等の原因にもなります。

たまにドライヤーですぐ乾かそうとする人もいますが、ドライヤーはTENGAを劣化させてしまうことがあるため、なるべく使わないようにしましょう。

これで洗う回数激減!TENGAを繰り返し使う方法

TENGAを洗うのがめんどうくさいという方も多いでしょう。

そんな方のために、TENGAを洗う回数を激減させながら繰り返し使う方法を紹介します。

生挿入ではなくコンドームを使用してオナニーする

生挿入ではなく、コンドームを使用してオナニーすれば、精液がTENGAの中身に入らないため、TENGAを洗う回数を減らせます。

ただ、コンドームを使用してオナニーをすると、生でオナニーする場合と比較して気持ちよくないと感じることが多いため、オナニーのコスパより質を重視したい人はコンドームは使用しない方が良いです。

特に、もう既にTENGAを生で何度も使用している人は、コンドームを付けてTENGAを使用すると、気持ちいいと感じないことが多いです。

コスパよくコンドームを付けてオナニーするか、TENGAに何度もお金を払ってコンドームを付けずにオナニーするか、自分に合った選択をするようにしましょう。

ローションがあれば何度でもTENGAコンドームオナニーが可能

TENGAのコンドームオナニーはローションがあれば何度でも可能です。

コンドームオナニーとは、コンドームを自分で付け、オナニーをすること。

コンドームを付けることで、TENGAの中身に精液をつけずオナニーができるので、TENGAを再利用できます。

ローションだけであれば安価で手に入り、ローションさえ買えば何度でもできるため、TENGAのコンドームオナニーは非常にコスパが良いです。

とにかくTENGAをコスパよく使いたい人には、このTENGAのコンドームオナニーがとてもおすすめの方法になっています。

TENGAのコンドームオナニーのやり方

TENGAのコンドームオナニーのやり方を解説していきます。

TENGAのコンドームオナニーの手順は以下の通りです。

  1. TENGAにローションを注入する
  2. ペニスにコンドームをつける
  3. 挿入する
  4. 射精後コンドームを括る
  5. 数回に一回はTENGAを分解して裏返し洗浄をしてローションなどを落とす

それぞれ詳しく解説していきます。

TENGAにローションを注入する

まず、TENGAにローションを注入します。

ローションを入れた後に、TENGAをよくもみほぐすと、TENGAにローションをなじませることができます。

TENGAに入れるローションをどれにしようか悩んでいる方は、とりあえずTENGA公式から発売されている「TENGAホールローション」にしておけば間違いないです。

それぞれのTENGAに合ったローションがあるので、自分が使うTENGAに合ったローションを見つけるのもアリです。

ペニスにコンドームをつける

次に、ペニスにコンドームをつけます。

コンドームから精液がもれるとTENGAを再利用できなくなるので、もれないようにしっかりとつけましょう。

空気が入らないようにつけるのがポイントです。

また、勃起していないとコンドームが上手くつけれない場合があります。

その場合、手で少し性器を刺激し、勃起させてからコンドームを付けましょう。

挿入する

ペニスにコンドームをつけたら、早速TENGAへ挿入しましょう。

勢いよくつけるとコンドームがずれることがあるので、ゆっくりと挿入します。

この時点で全然気持ちよくないと感じたら、生のTENGAに慣れて、コンドームを付けた状態でのオナニーを脳が気持ちよく感じなくなっている可能性が高いです。

その場合、背に腹は代えられないので、TENGAを何度も再利用するのはあきらめて生で気持ちよくTENGAを使うことをおすすめします。

射精後コンドームを括る

射精したら、コンドームを括って衛生的に処分します。

射精した後、めんどうくさくなってコンドームを雑に扱ってTENGAの中に精液を落としてしまうことがしばしばあるようなので、最後まで丁寧に処分しましょう。

コンドームを括った後は、可燃ごみとして捨てれば問題ありません。

また、このタイミングで、コンドームから精液が垂れたりしていないか、TENGAの中身を軽くしておくとよいです。

数回に一回はTENGAを分解して裏返し洗浄をしてローションなどを落とす

コンドームオナニーによってTENGAを何度も再利用できますが、やはり数回に一回はTENGAを分解して裏返し洗浄をしてローションなどを落とした方が、衛生的です。

洗わずに何度も何度も使用していると、少しずつ汚れが蓄積していき、カビや雑菌の繁殖の原因になります。

カビや雑菌が繫殖すると、亀頭包皮炎や尿道炎など、性器から感染する病気にかかるリスクがあります。

自分の体のために、めんどうくさがらずTENGAを洗うようにしましょう。

TENGAに関するQ&A

TENGAに関するよくある以下の質問に答えていきます。

  • TENGAの使用回数は何回ですか?
  • テンガを洗う時にお湯を使ってもいいですか?
  • テンガを洗う際に気をつけることは?

同じ疑問を持っている人はぜひ参考にしてください。

TENGAの使用回数は何回ですか?

カップ型・ポケット型・エッグ(egg)型のTENGAの場合、推奨されている使用回数は一回です。

ただ、一回しか使えないのがもったいないと感じる場合は、前述したコンドームをつけての使用によって何度も再利用することができます。

ホール型・フリップ型のTENGAの場合、壊れない限りは通常の使い方で何度も使用できます。

なので、コンドームを付けず使用回数を気にすることなくTENGAを使いたい人は、少し値段は高いものの、長い目で見ればお得なホール型・フリップ型のTENGAの購入がおすすめです。

特におすすめなのは、TENGAスピナーという商品。

スピンギミックの搭載により、絞られるような感覚を味わえるTENGAです。

もちろん、何度も使えるタイプのものもあります。

どのTENGAを買おうか悩んでいる方はTENGAスピナーを購入してみてください。

テンガを洗う時にお湯を使ってもいいですか?

TENGAを洗うときにお湯は絶対に使ってはだめです。

なぜなら、精液が固まってしまう可能性があるから。

精液に含まれる成分には熱変性という性質をもつものが含まれており、精液にお湯がかかると精液が固まってしまいます。

精液が固まると、TENGAの中にこびりついたり、排水溝に上手く流れなくなったりするため、テンガを洗うときにお湯は使わないようにしましょう。

テンガを洗う際に気をつけることは?

TENGAを洗う際に気をつけることは以下の4点です。

  • 洗剤は使ってもいいが、強い酸性やアルカリ性の洗剤は使わない
  • 冷水やぬるま湯で洗う
  • ドライヤーや直射日光で乾かさない
  • 暗くて涼しいところで保管しておく

特に、「冷水やぬるま湯で洗う」「暗くて涼しいところで保管しておく」の2点はうっかり忘れてしまう人が多いです。これらを忘れてしまうと、TENGAの中の精液が固まってしまったり、TENGAがすぐに劣化してしまったりしてしまうので、気をつけましょう。

他の2点も忘れてしまうとTENGAに悪影響を及ぼすので、上に挙げた4点には必ず気をつけて手入れを怠らないようにすることが大切です。

TENGAの種類別の洗う方法からQ&Aまで解説まとめ

ここまでTENGAを洗う方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは

  • TENGAには洗って再利用できるタイプのものと使い切りタイプのものがある
  • TENGAを洗うときには冷水やぬるま湯で洗う
  • TENGAを洗うとき直射日光やドライヤーの使用は避ける
  • 使い切りタイプのTENGAでもコンドームを付けて使用すれば何度も再利用できる

です。

TENGAは上手く使えば、コスパよく快楽を味わえるアイテムなので、上手く工夫して使いましょう。

ただ、TENGAを再利用するときには、衛生面への配慮が必要な点は必ず忘れないようにしなければいけません。

Cheeekにはこの他にも多くの記事がございます。ぜひご覧ください。