性の悩み

あのオーガズムをもう一度、夢精をしたい人必見!夢精の原因と成分まとめ

バイブおすすめランキング

誰しも一度は、幼少期や思春期のころに夢精を経験したことがあるのではないでしょうか。

しかし、大人になってから夢精をする機会は少なくなってしまいますし、しようと思ってもなかなか難しいですよね。果たして、大人になってからでも夢精はできるのでしょうか。

とはいえ、大人にあってからでも夢精ができる方法はいくつかあります。あの気持ちよい感覚をまた味わいたいという男性はとても多いでしょう。

そこで本記事では、大人の夢精について

  • 30代や40代でも夢精はできるのか
  • 夢精の原因や成分
  • どうすれば夢精ができるのか
  • 夢精を防ぐ方法

以上のことについて、解説していきます。

本記事を読めば、大人でも夢精はできるのか、どうすれば夢精ができるようになるかがわかるようになります。ぜひ、最後までご覧ください。

幼少期はすると焦るあの「夢精」大人になってしたいって人はいませんか?

幼少期に多くの男性が夢精を経験していると思います。普通のオナニーとは違って、無意識に射精をする感覚はなんともくせになりますよね。ですが、幼少期と比べて、大人になってから夢精をする経験はほとんどなくなってしまいます。大人になってからも夢精をしたいという方はたくさんいるのではないでしょうか。

カップルズ

いざしたら困るんだけど久々にしたいと思ってしまう夢精

夢精をしてしまうと、衣服や寝具が汚れてしまうので事後処理に困ってしまいますよね。ただ、普通のオナニーとは違った夢精ならではの気持ちよさや、射精をする際の感覚はくせになりますよね。幼少期に夢精をしたときの記憶がいまだに残っているという男性もとても多いと思います。夢の中でエッチなシチュエーションを見ている最中に夢精をすると、なおさら最高ですよね。

30代や40代になると夢精出来なくなってしまう?

大人になると夢精をする回数が大きく減ってしまいますが、30代や40代でも夢精は可能です。ただ幼少期や思春期に比べると夢精はしにくくなってしまいますので、きちんとした夢精のコツやポイントを知っておくことが大切です。久しぶりに夢精の感覚を味わってみたい、という男性は、あきらめずにトライしてみましょう。

経験したことない方でもできる夢精のやり方をお教えします

とはいえ、幼少期や思春期の頃から、一度も夢精を体験したことがないという男性も少なからずいらっしゃると思います。そんな男性でも夢精が体験できるやり方について、コツやポイントをお教えします。30代や40代になってからでも夢精はできるのか、と疑問に思っている男性は、これから紹介する夢精のやり方を参考にしてみてください。

そもそも夢精とは?最高に気持ちいいって本当?

エッチな夢を見ながら射精ができる夢精はとても気持ちが良いものです。ただ、そもそも、夢の中という無意識の状態で射精をする夢精とは、いったいなぜ起こるのでしょうか。また、夢精は普通のオナニーとは違ってすごく気持ちよいというのは本当なのでしょうか。

夢精とはなんなの?夢精の時に出て来る液の成分は?

夢精は、睡眠中に性的興奮を感じることで射精をしてしまう現象です。無意識に手で射精をしていることもあれば、自然と射精してしまうこともあります。夢精をした段階で眠りから覚めてしまうこともあれば、目覚めるまで夢精に気づかないこともあります。また夢精時に出て来る液は、通常は精嚢に溜まる精液が3日ほど経過してあふれると体内にタンパク質として吸収されるのですが、体内に吸収されなかった分の精液が夢精の成分として出て来ます。

カップルズ

夢精をしやすい時期や年代

夢精をしやすい時期や年代は、思春期にあたる10代あたりといえます。理由としては、10代は活発に精液が作られることもそうですが、古くなった精液を吸収する機能が弱いことが挙げられます。精嚢に精液が溜まってしまうと、夢精として体外へ排出されることが多いため、10代は夢精をしやすいです。かえって30代や40代になると、古くなった精液を吸収する機能が強くなるため、夢精が起こりにくくなります。

夢精の原因

夢精の原因は大きく分けて、性的興奮・疲れ・精液が溜まりすぎが挙げられます。エッチな夢を見ることで性的興奮を感じ、無意識にペニスをいじってしまったり、物理的な刺激で夢精してしまうこともあります。また疲れを感じていると、勃起のコントロールが難しくなってしまい、睡眠中に夢精として射精してしまうことがあります。さらに、精液は3日で満タンになるといわれており、この期間を過ぎると、体内に吸収されなかった精液が夢精として体外へ排出されることがあります。

夢精をしたいと思ってもコントロールできるの?

夢精は、基本的にはコントロールができません。ただ、夢をコントロールできる明晰夢を見る方法を身に着ければ、夢精を予防したり起こしたりなどコントロールできることがあります。

  • 1日に数回今が現実か夢かを確認する
  • 入眠から5時間後に起床して数分後に再度眠る
  • 5時間後の起床時に次に夢を見るときは夢の中にいると唱える

ことで明晰夢が見られます。明晰夢を見ることで夢の中でも意識をコントロールできるので、夢精もコントロールが可能になります。

実際に夢精は気持ちいいのか

夢精は無意識な状態で起こることがほとんどですが、天にも昇る気持ちよさが味わえるとしてネットで話題になっています。射精をするタイミングでは、夢でも同じような体験をしていることが多く、同じタイミングで射精することがあります。夢を見て無意識になっている状態で夢精をするときの感覚は、普通のオナニーよりも気持ちいいですし、何度も味わいたくなるくせになる感覚があります。

【夢精をしたい男性必見】夢精をしやすくする方法

大人になると、夢精の数が減ってしまい、まったく起こらなくなったという方もいるでしょう。幼少期や思春期に味わった夢精の感覚を、大人になって方も経験したいという方はとても多いと思います。では、30代40代の大人の男性でも、夢精をしやすくするにはどうすればいいのでしょうか。

オナ禁をする

オナ禁をして精液を貯めておくことで、体内に吸収されなかった精液が夢精として出て来ることがあります。作られた精液は精嚢にストックされるのですが、精液のストックはおよそ3日で満タンになるといわれています。そのため、最低でも3日以上のオナ禁をすることで、夢精ができる可能性は高くなるでしょう。この期間は、なるべく性的興奮を刺激するようなものを遠ざけ、別のことに没頭できる時間を作りましょう。

寸止めオナニーを数回繰り返した後に寝る

寝る前に寸止めオナニーを数回繰り返すことで、夢精を起こしやすくなります。睡眠中や睡眠前に性的な興奮を感じることで夢精は起こります。そのため、寸止めオナニーをすることで性的興奮を高めて、睡眠中でもエッチな夢を見られるようにできます。ただし、うっかり射精してしまうと夢精ができませんので、やりすぎないようにしましょう。

スクワットなどの軽い運動をする

スクワットなどの軽い運動をすることで、性欲の強さに影響するテストステロンが分泌されて性欲を刺激できます。スクワットだけでなくとも、筋トレや有酸素運動でもテストステロンは高められます。ただし、激しい運動を行ってしまうと体に負担がかかってしまうので、気持ちよさを感じる程度の運動にとどめておきましょう。

亜鉛やテストステロンなどが摂取できる食材を頻繁に摂取する

性欲を高めたり、精液の分泌を助ける亜鉛やテストステロンが摂取できる食材を積極的に摂ることでも、夢精を促せます。運動をする習慣がなかったり、仕事柄外にできる機会が少ない方におすすめです。もし栄養素を考えて食事を摂取することが面倒な場合は、サプリメントで必要な栄養素だけを効率的に摂取するのも良いでしょう。

金冷法で精巣・精嚢をパンパンにする

金冷法は、睾丸をシャワーなどの冷水で冷やす方法のことです。こうすることで、精巣や精嚢の働きが活性化し、性欲を高めたり精液の分泌を助けてくれます。睾丸を包む陰嚢は、ほかの臓器よりも体温が低いため、温度が高くなってしまうと働きが弱くなってしまいます。そのため、金冷法で冷やすことで、精力が高まって夢精ができる可能性が高まるということです。

寝る前にAVやエロ漫画などの興奮するものを読んで寝る

寝る前にAVやエロ漫画で性的興奮を刺激することで、睡眠中にエッチな夢を見て夢精ができる可能性が高まります。夢精はエッチな夢を見て性的興奮を刺激されることで起こります。そのため、寝る前にあらかじめAVを見たりエロ漫画を見て性的興奮を刺激しておくことで、夢精が促せるということです。

逆に夢精を防ぐ予防の仕方としては上記とは真逆のことをするべし

逆に夢精の予防の仕方が知りたいという方は、

  • 2~3日に1度、定期的にオナニーをする
  • 運動を控える
  • 亜鉛やテストステロンを摂取しない
  • 金冷法を実践しない
  • 寝る前に性的刺激を興奮させるものを見ない

夢精はとても気持ちいいものですが、事後処理が面倒で、目覚めた後に後悔してしまう男性も少なくありません。無意識に起こってしまうので完全なコントロールは難しいですが、予防できる可能性は高くなりますので、予防の仕方が気になっていたという方は、参考にして夢精を防ぎましょう。

あのオーガズムをもう一度、夢精をしたい人必見!夢精の原因と成分まとめ

いかがでしたでしょうか。30代や40代になると夢精ができないとあきらめていた方も、コツや方法を知れば、夢精をできる確率が高くなります。

本記事の内容をまとめると

  • 夢精は30代や40代でも可能
  • 夢精は夢によって性的興奮を刺激されることで起こる
  • 夢精は体内に吸収されなかった精液が成分になっている
  • 夢精はコントロールが可能
  • 夢精は6個のコツを抑えると成功率が高まる

夢精は幼少期や思春期に自然と経験している男性も多く、夢精のあの感覚は今でも覚えているという男性はとても多いと思います。普通のオナニーと比べても段違いに気持ちよく、一度経験してしまうとくせになりますよね。大人になって夢精の感覚を体験してみたい、という方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング