MENU
性の悩み

快活クラブでのオナニーは最高の快感?注意点から体験談まで丁寧に解説

バイブおすすめランキング

オナニーってどこでしてますか?
一般的には自分のお部屋やお風呂等でしてる方が多いのではないでしょうか。
自分だけの秘め事の時間ですから、使い慣れた空間で安心してオナニーをしたいという方が多いですよね。

しかし、毎回同じシチュエーションだと飽きてしまうのもまた事実。
セックスに雰囲気が大事なように、オナニーも新鮮な雰囲気でやりたくなるときがあります。

そんな時に利用する人が多いのが、快活クラブなどのネットカフェでのオナニー。
普段とは違った雰囲気の中で、いつもと違う新鮮な快感をリーズナブルに感じることが出来ると、意外と多くの方がネットカフェでオナニーをしています。

この記事ではネットカフェでのオナニーを「快活クラブオナニー」と題し、快活クラブオナニーについて以下の5点にわけて解説していきます。

  • 快活クラブでオナニーしても大丈夫なの?
  • なぜ快活クラブでオナニーしてしまうの?
  • 快活クラブでどんなふうにオナニーするの?
  • 快活クラブでオナニーがバレないようにするには?
  • 快活クラブオナニーの体験談

この記事を読めば、ネットカフェでのオナニー「快活クラブオナニー」について規約上の可否やバレない方法、バレないための対処法などが分かります。
ぜひ、最後までご覧ください。

目次
  1. 快活クラブなどの漫画喫茶でオナニーするのは大丈夫なの?
    1. 快活クラブの規約上はどうなのか
    2. 快活クラブでオナニーしたことある人は意外にもたくさんいる
    3. オナニーの場所に困っている人には男性にも女性にもおすすめの方法
  2. なぜ、快活クラブでオナニーしてしまうのか
    1. AVが見放題だから
    2. 個室ビデオ・ビデオボックスと同じ感覚で行っているから
    3. 近くに人がいる状態でするオナニーが興奮するから
    4. 快活クラブだと家ではできないVRオナニーができるから
    5. 完全個室だと誰も入ってこなくて安心だから
  3. 快活クラブでどんな風にオナニーしていることが多いの?
    1. 鍵付きの完全個室でオナニー
    2. 快活クラブでレンタルできるVRを使用してオナニー
    3. 快活クラブにアダルトグッズを持参してオナニー
    4. 快活クラブにオナホールを持参してオナニー
  4. 快活クラブでオナニーがバレしてしまう原因と対策
    1. AVの音量が大きすぎた
    2. オナニー時の声が漏れてしまった
    3. 射精後の精子の匂いでバレてしまった
    4. 足元の隙間から見られていた
    5. イヤホンが抜けてしまっていた
    6. アダルトグッズのバイブ音でバレてしまった
    7. 利用したのオナニーのゴミでバレてしまった
  5. 快活クラブでのオナニーに関する体験談
  6. 快活クラブでのオナニーは最高の快感?注意点から体験談まで丁寧に解説まとめ

快活クラブなどの漫画喫茶でオナニーするのは大丈夫なの?

新鮮な快感を得られる快活クラブオナニーですが、快活クラブ等の漫画喫茶でオナニーすることは規約上大丈夫なのでしょうか?

カップルズ

快活クラブの規約上はどうなのか

快活クラブでのオナニーは規約上禁止されているのでしょうか?
快活CLUBご利用ルールの中には、自慰行為(オナニー)を禁止する旨の記載はありません。
該当する可能性があるのは、

快活CLUBご利用ルール
3-8、他のお客様のご迷惑となる行為
5-2、他のお客様のご迷惑となる行為や大声
(引用:快活CLUBご利用ルール

の2点が考えられます。
この2点から、他のお客様の迷惑になる行為として、漫画喫茶でのオナニーは原則としてNGと考えるのが一般的です。
しかし、何事にも抜け道というのはあるもので、他のお客様に迷惑にならないように(バレないように)室内で大声を出さずにオナニーすれば問題はないと考える人もいます。
また、暗黙の了解で見て見ぬふりしてくれる店舗も多く、もし見つかったとしても、最悪でも出入り禁止となる程度ですませる場合がほとんどです。

とはいえ、基本的には禁止されている行為で、状況によっては公然わいせつ罪にあたる可能性もあり、通報されて警察沙汰になってしまったという事例もあります。
万一見つかってしまったら、開き直ったりせずに素直に謝って大きなトラブルにならないようにしましょう。

快活クラブでオナニーしたことある人は意外にもたくさんいる

快活クラブでのオナニーは原則としてNGとはいっても、実際に利用した人の声を聞くと快活クラブでオナニーしたことがある人は意外にたくさんいます。
考えてみれば動画や漫画などおかずに困らない、他とは遮断された空間ですから当然といえば当然ですね。

オナニーの場所に困っている人には男性にも女性にもおすすめの方法

雰囲気に快感も左右されるオナニーですから、普段とは違ったシチュエーションでのオナニーは今までと違う快感を与えてくれます。
また、部屋の壁が薄くて家族や近隣にバレてしまうのではないかとオナニーの場所に困っている人にとっては、男性にも女性にもおすすめできる方法といえます。

なぜ、快活クラブでオナニーしてしまうのか

快活クラブでオナニーする人は意外に多いことは前述しました。
それでは、なぜ快活クラブでオナニーしてしまう人が多いのでしょうか?
ここでは、その理由を考えていきます。

AVが見放題だから

快活クラブでオナニーしてしまう最大の理由は「AVが見放題だから」といえます。
オナニーするときに空想だけでできる人というのは意外と少なく、AV等のおかずを見ながらするという方が多数を占めます。
普段はスマホ等の小さい画面でAVを見ていると、そんなに大画面ではないとはいってもスマホよりは大きいパソコンの画面で見ると迫力もあり、最高のおかずになるのでオナニーをしてしまうという方が大勢います。

カップルズ

個室ビデオ・ビデオボックスと同じ感覚で行っているから

個室ビデオ・ビデオボックスと同じ感覚で快活クラブに行くからオナニーをしてしまうという人も沢山います。
ネカフェや満喫と違って個室ビデオ・ビデオボックスはオナニーをするために行くような場所といえます。
そこと同じ感覚でいけば当然快活クラブでもオナニーしてしまうというわけですね

近くに人がいる状態でするオナニーが興奮するから

露出癖があるわけではなくても、近くに人がいて「バレないかな?」とひやひやしながらオナニーをすると興奮するという人も多いようです。
そのスリルが、普段と違ったシチュエーションでのオナニーとなって、特別な快感を生み出すことになるのですね。

快活クラブだと家ではできないVRオナニーができるから

昨今話題になっているのが快活クラブの高性能VR「FOVE」。
VR使用料の660円を支払えば、1200タイトル以上(内大人向け1000タイトル)が無料で見られ、高性能パソコンと連動したVRの大迫力が無料で1200タイトル以上も楽しめます。(有料コンテンツもあります)
大迫力VRでのオナニーはまさに格別。今までにない快感をもたらしてくれるので、このVRオナニーがしたくて快活クラブに行くという方も少なくありません。

完全個室だと誰も入ってこなくて安心だから

快活クラブにはオープンシートと個室があります。
個室もパーテーションやごく薄い壁とスライドドアで仕切っただけのブース席と壁で仕切られた完全個室があります。
完全個室の場合、鍵付きの部屋もあり他の人が入ってくる心配がないため、安心してオナニー出来る環境だからオナニーしてしまうというい人も多くいます。

快活クラブでどんな風にオナニーしていることが多いの?

快活クラブでオナニーする方は意外と多いのですが、どんな風にオナニーをしているのでしょうか?
ここではその方法について考えていきます。

鍵付きの完全個室でオナニー

快活クラブで最も安心して楽しめるのは鍵付きの完全個室でのオナニー。
鍵をかけられるので他の人が入ってくる心配もなく、集中してオナニーを楽しむことができます。

快活クラブでレンタルできるVRを使用してオナニー

快活クラブで人気となっているのが、先ほどもご紹介したバーチャルリアリティ、通称VRシステムです。
660円でレンタルできるVRセットを利用して、VR席でセットに添付されたシリアルコードを入力することにより、大迫力のVRを楽しむことができます。
VRの迫力はまさに圧巻で、VRでのオナニーを体験すると病みつきになってしまう人も続出しています。

快活クラブにアダルトグッズを持参してオナニー

アダルトグッズがないとオナニーできないという女性も多数います。
中には快活クラブにアダルトグッズを持参してオナニーするという女性も。
アダルトグッズ自体の音や、自分が漏らす声等の音の問題があるので完全個室でないと難しいですが、快活クラブでのアダルトグッズを使ったオナニーであらたな興奮を見つける女性も多くいます。

快活クラブにオナホールを持参してオナニー

女性のアダルトグッズと同じように、快活クラブにオナホールを持参してオナニーする男性もいます。
オナホールを使ってオナニーをしているという背徳感と、周りにバレてしまうのではないかという背徳感の2つの背徳感の相乗効果で、普段味わえないような快感が得られると癖になってしまう男性も多いようです。

快活クラブでオナニーがバレしてしまう原因と対策

快活クラブでオナニーをしていると、やはり一番怖いのはバレてしまうことです。
ここではなぜオナニーしていることがバレてしまうのかという原因と、バレないようにするためにはどうすればいいのかという対策について考察していきます。

AVの音量が大きすぎた

快活クラブでは基本的にヘッドホン・イヤホンで音声を楽しむ方が多いのですが、鍵付き個室の場合ヘッドホン・イヤホンが常備されてなくスピーカーから音を出すこともあります。
スピーカーから音を出す場合、個室だからと音量を上げてしまうと周りの部屋に音が漏れてしまいAVを視聴してるとバレることも。
AVの視聴は禁止されていないので、見るだけなら問題はありませんがAVを見てるとオナニーしてるのでは?と疑われる原因になります

対策⇒AVを視聴する際は可能であればヘッドホンやイヤホンを利用しましょう。
ヘッドホン・イヤホンが常備されていない鍵付き個室でもスタッフに言えば貸出してくれます。
お気に入りのヘッドホンを持参するのも一つの方法。
ヘッドホンやイヤホンを利用しても音漏れする場合もありますので、一度耳からはずしてみて音漏れがないかチェックするようにしてください。

オナニー時の声が漏れてしまった

オナニーの時の声でバレてしまうこともあります。
男女共にオナニーで声がでてしまう人はいるのですが、特に女性の場合オナニーの際、声が漏れてしまいやすいので注意が必要です。

対策⇒オナニーで声がでてしまう人の場合は、ブース席でのオナニーは避け、鍵付きの個室等の壁で仕切られた部屋を利用するようにしましょう。
壁付の個室といっても防音を過信せずに、声が漏れないよう注意してください。

射精後の精子の匂いでバレてしまった

自分では気が付かなくても周りは意外と気になるのがオナニーで放出した精子の匂い
狭い空間だけに匂いで気づかれることも多々あります。

対策⇒間違いないのがコンドームを使用してオナニーする方法。
コンドームの中に射精して、終わったらコンドームを縛っておけば匂いが発生しにくくなります。
コンドームが用意できない場合はビニール袋を持参しましょう。
射精の際、ティッシュを何重にも重ねてペニスの先端にあて、そのティッシュに染み込ませるように射精し、射精しおわったらすぐにビニール袋にいれ口を縛っておけば、コンドームほどではなくても匂いを抑えることができます。

足元の隙間から見られていた

人の部屋を覗き見る行為自体どうかと思いますが、足元の隙間から見られていたためにオナニーしていたことがバレてしまったという事例もよく聞く話です。
特に女性の場合はスケベな男性から覗かれるリスクは高くなるので注意が必要です。

対策⇒確実なのは鍵付きの個室等、壁で仕切られた部屋を利用することです。
壁で仕切られた部屋であれば足元の隙間から覗かれる心配はいりません。

イヤホンが抜けてしまっていた

イヤホンが抜けてしまっていたことが原因でAVを見ていることが分かってしまうということも耳にします。
イヤホンが抜けてしまっても、音がイヤホンから聞こえているのか、直に聞こえているのは自分では意外と分かりにくいものです。
AVの音量が多すぎてバレてしまったという項目でも述べましたとうり、AVを見ること自体は禁止されていないので問題ありませんが、AVを見てるのがバレるとオナニーしているのではないかと疑われてしまう危険性はあります。

対策⇒まずは音の聞こえ方の変化に注意することが大事です。
また、周囲に音が漏れにくい壁で仕切られた個室であれば、万一イヤホンが抜けてしまって音が漏れていても、周りに音がバレない可能性もあります。

アダルトグッズのバイブ音でバレてしまった

快活クラブ等の満喫では音を立てないのがマナーのため、シーンと静まり返っていることが多くなっています。
そんな中でアダルトグッズのバイブ音がするとすぐに分かってしまいます。

対策⇒ブース席でのアダルトグッズの使用は避けて壁で仕切られた個室で使用するようにしましょう。
静音性の極めて高いアダルトグッズであれば隣まで音が漏れない可能性もありますが、極力避けたほうが無難です。

利用したのオナニーのゴミでバレてしまった

意外と盲点なのがオナニーの際に利用したゴミです。
精子の入ったコンドームや精子がたっぷり染み込んだティッシュ等は店員さんも片づけたくないですよね。
その場ではバレなくても次いったときに注意されたなどという、顔が赤くなるような話も聞きます。

対策⇒オナニーをする際に出たゴミは持ち帰るのが一番確実です。
とはいっても、精子の染み込んだティッシュを持ち歩くのも抵抗がありますね。
そこで現実的な対策としては、
・コンドームを使ってオナニーした際にはコンドームはキチンとティッシュに包んで捨てる。
・一度にティッシュを使いすぎない
という方法が考えられます。
ゴミ箱に捨ててあるティッシュをいちいち広げてみる店員さんもいないで、この対策をしておけばゴミが原因でオナニーしていたことがバレる可能性はグンと低くなります。

快活クラブでのオナニーに関する体験談

最後に快活クラブでのオナニーに関する体験談をご紹介させていただきます。
興奮した話や失敗談等様々ありますので、快活クラブオナニーの参考にしてください。

「イヤホンが」

たまに快活クラブに行ってネットしたり漫画を読んだりしています。
もちろんAVを見ながらのオナニーも。
先日快活クラブにいったさい、いつものようにイヤホンをつけてAVをみながらオナニーしてました。
まあ、満喫なんてみんなそんな使い方してるだろうと思っていたので自分が特別なことをしているという感覚はまったくありません。
ところが、しらないうちにイヤホンが外れていたらしく、AVの声が駄々洩れになっていたみたいで、注意しにきた店員と目と目が合ってしまいました。
目と目が合うのはよかったのですが下半身丸出しで右手はしっかりとちんこを握ったまま・・・
店員はオナニーのことには触れず、音が漏れているので気をつけてくださいとだけ言い残し去っていきました。
いっそ出禁にしてくれたほうがましだっての!まあもう行くことはないけど。

ペニスを握った姿で店員さんと鉢合わせ、気まずいですね。
イヤホンが抜けてしまっても気づかないということはよく聞く話です。
しかし、考えようによってはオナニーを注意されずに音漏れだけの注意で終わったことは運がよかったのかもしれません。
今後、もし他のネカフェでオナニーすることがあったら、音漏れには十分注意してください。

「恥ずかしすぎる」

私は壁が薄いので有名な某マンションに住んでいます。
人並に性欲はあるのでオナニーはしたいのですが、隣の人と顔を合わせることもあるので、もしオナニー中の声が聞こえたらと思うと中々できません。

そこで思いついたのが快活クラブ。
オナニーしたくなると快活クラブへいって性欲を満たしていました。
普段は鍵付きの個室を使っているのですが、その日はあいにく満室とのこと。
あきらめて帰ろうかとも思ったんだけど、生理前ということもあり性欲MAXで理性がどこかへふっとんでいた様子で、ブース席でも声さえ出さなければバレやしないだろうとたかをくくりブース席で始めてしまいました。
ブース席で声を出してはいけないという状況に興奮度もましたのか、いつもよりもかなり気持ちいい。
これが災いの素でした・・・オナニーの時はかならずイキたい私はその日も無事オーガズムをむかえました。ここまではよかったんです・・・
となりで誰かが話してるのが聞こえてきたので耳をすましてみると、だれかと電話してる様子。
ネカフェで電話なんてルールをしらないな。文句いってやろうかなと思っていると。
ひそひそ声で「マジだって!間違いないよ。だってグチュグチュ聞こえてくるし、息遣いも普通じゃないし」と話しています。
間違いなく私がオナニーしていたことを誰かに話している様子。
時間はたっぷり残っていたのですが、逃げるように帰ってきました。

恥ずかしすぎます。もう2度とあそこの快活クラブは使えません。

興奮していつもより濡れてしまっていたのですね。
隣の人のブース席内で電話するというルール違反もさることながら、デリカシーの無さにも憤りを覚えます。
ただ、ルール違反ということについてはお互い様といえるかもしれません。
ここは発想を変えて、マンションの隣人のように顔を合わせることのない、2度と会うことがない人で良かったと割り切って考えてください。

「隣の音が・・・」

マンガ好きの僕は読んでも読んでも読み切れないタイトル数と、個室でだれの目を気にすることもなく全巻一気に読める満足感で日常的に快活クラブを利用してます。

その日も普段と変わらずお気に入りの本を読んでいたのですが、ふと気づくと隣から物音が聞こえてきます。
なにかな?と思いよく聞いてみるとどうも女性の押し殺したうめくような声。
え!まさか!!と思いつつも再度聞いてみると、間違いなく喘ぎ声!
噂には聞いてたけどまさか自分が遭遇するとは・・・
リアリティある喘ぎ声に興奮し、自然と手はちんちんへ。
今までで一番気もちいいオナニーだったんじゃないかな?

それは興奮するシチュエーションですね。
実際に赤の他人の女の子がオナニーしている声を聞ける機会なんてそうそうはありません。
その興奮する中でのオナニーは気持ちよかったでしょうね。

「今では病みつきに」

大学の友人、下ネタ大好きトリオのA子とB子と私。
そんな3人が集まると話題は決まって下ネタ。

先日3人揃ったときも例にもれず下ネタになり「ネカフェでオナニーするとめっちゃ興奮するよ」とのA子の話にすっかり乗り気になってしまった私は、行きましたよ快活クラブへ。それもオナニーするだけのためにw

ネカフェオナニー初心者ということもあり選んだのは鍵付きの個室。
しっかりと壁で仕切られていて普通に個室でした。
だけどよーく聞くと隣の物音がわずかに聞こえます。
隣の音が聞こえるということはこちらの音も・・・などと考えながら、音をたてないように注意しつつ今回の目的であるオナニー開始。
普段なれない新鮮な場所ということもあってA子のいう通りめっちゃ興奮。
隣の音がわずかに聞こえてくることも興奮度UPする上、こちらも音をたててはいけないということも興奮につながったのか、いつもの何倍も気持ちいい!
今ではすっかり病みつきになって月に1度は快活クラブに通ってます。

鍵付きの個室とはいえ隣室の音も聞こえる状況でのオナニーは、こちらの音が聞こえてしまうのではないかと興奮しますね。
その興奮するシチュエーションがエスカレートしてブース席等でオナニーしてみたいという欲求にならないよう気をつけてください。
ブース席でオナニーして恥ずかしい思いをしてしまったという話はよく聞きます。

快活クラブでのオナニーは最高の快感?注意点から体験談まで丁寧に解説まとめ

ここまで漫画喫茶でのオナニー「快活クラブオナニー」を開設してきましたがいかがでしたでしょうか?

この記事のポイントは以下の5点です。

  • 快活クラブでオナニーしても大丈夫なの?
  • なぜ快活クラブでオナニーしてしまうの?
  • 快活クラブでどんなふうにオナニーするの?
  • 快活クラブでオナニーがバレないようにするには?
  • 快活クラブオナニーの体験談

この記事を読んで新たなオナニー空間、ネットカフェでの「快活クラブオナニー」について理解し、状況にあった判断をしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
cheeekには、この他にもオナニーやセックスに関する人気の高い記事が沢山あります。ぜひ、ご覧ください。

バイブおすすめランキング