MENU
性の悩み

オナニーが親バレした時の対処法とバレない対策を紹介!

バイブおすすめランキング

性欲の解消方法はエッチや風俗などたくさんありますが、その中でも一番誰もが簡単にできて、経験したことがあるのはオナニーです。
安心してオナニーをするためには、場所も大切ですよね。
家の中でオナニーをしていると、親が急に部屋に入ってきてバレた、親に偶然見られてしまった、そういう状況になった方も多いのではないでしょうか。
オナニーを親バレすることなく安心して気持ちよくやりたいですよね。
そうは思っていても実はオナニーが親バレした人は結構多いのが現実です。
しかし親バレは避けられないものではなく、対策すればちゃんと避けられるものなんですよ。
そこでこの記事では、

  • オナニーが親にバレてしまった時の対処法
  • オナニーをしていることが親バレしにくい対策
  • 親バレやオナニーが見られそうになった面白体験談

について徹底解説します!
この記事を読めば、あなたが知りたかったオナニーが親バレしないで済む方法を知ることができ、安心してオナニーに集中できます。
また、オナニーをしていることが親バレしてしまったとしても、うまくごまかすことができるようになります。
ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. オナニーをしていることが親や女兄弟にバレた時の対処法
    1. 正直に言ってしまう
    2. 気持ちがわかってくれる父親に相談する
    3. 股間の部分を痛がっているフリをする
    4. 着替え中のフリをする
    5. 強引に話を変えてごまかす
  2. オナニーしていることが親バレしにしにくい対策
    1. AVを見てオナニーをする時に両耳につけない
    2. オカズ(AV)はスマホやパソコンで見る
    3. 親の行動パターンを把握しておく
    4. パンツを全部下ろさずに隠せる状態にして親バレしないようにオナニーをする
    5. シコった後のティッシュの始末をきちんとしておく
    6. 鍵をかけれるところでオナニーをする
    7. オナニー後の消臭をしっかりとする
  3. 親バレやオナニーが見られそうになった面白い体験談
    1. 自分のオカズ(エロ本)が父親にバレてしまいました。怒られると思ったら父親が、「俺に見せてくれ」と言いました。父親もまだ興味あるんだなと感じました。
    2. 高校1年です。今、オナニーをしているのを見られました。親はメガネをかけていました。親は何も言わずに自分の部屋に戻りました。どんな顔をして親に会えばいいですか、、
    3. 夜にオナニーをしました。きちんと拭き取りました。ですが、翌朝に母親から「パンツになんかついてたよ」と言われて青あざめました。
  4. オナニーが親バレした時の対処法とバレない対策を紹介!のまとめ

オナニーをしていることが親や女兄弟にバレた時の対処法

オナニーをしていることが親バレてしまった時、あなたはどういう反応をとっていますか?
何もなかったように振る舞う、何か必死に弁明するなど反応は人によってさまざまかと思います。
親バレしただけでも恥ずかしいのに、変な言い訳を言って余計に恥ずかしい思いをしたという方も多いのではないでしょうか。
普通にしごくオナニーならまだいいですが、セックスのように腰を振ったり、おもちゃを使ったオナニーをしているところを見られたらさらに恥ずかしい思いをすることに・・・。
このように、親バレするのは誰にとっても避けたいことであり、とても恥ずかしく感じてしまうものですよね。
なんとかオナニーが親バレしてしまっても挽回する方法はないのか探している方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、ここではオナニーをしていることが親バレした時の対策や上手なかわし方を紹介していきます!

カップルズ

正直に言ってしまう

オナニーをしていることが親バレした時は、もう諦めて正直に言ってしまいましょう。
むしろ少し堂々としているのもいいかもしれません。
恥ずかしいかもしれませんが、親もあなたと同じくらいの年齢の頃はオナニーをしていたはずです。
もしかしたら親も親バレの経験があるかもしれません。
正直に言ってみると、意外と反応が薄かったりするものです。
少なくとも親は思春期や大人の性欲、オナニーをしていることなどを理解しているはずです。むしろあなたが気にしすぎなだけかもしれません。
正直に言っても恥ずかしさは消えてくれないかもしれませんが、それは時が解決してくるでしょう。

気持ちがわかってくれる父親に相談する

オナニーをしていることが親バレしてしまったときは、同じ男性である親父にこっそり相談しましょう。
母親に見られたら女性ということもあり、嫌悪感を持たれたのでは?と心配になりますよね。
なにより、女の人に見られると自分へのダメージも大きいです。
女性はオナニーの経験がない人もいるかもしれませんが、男性の父親には非常に高い確率でオナニーの経験があるはずです。
言うなれば父親は1番のよき理解者で、味方といえます。
親父であれば男として成長したと嬉しく思ってくれるかもしれません。
オナニーがしていることが親バレした時は、まず力強い味方の親父に相談してみましょう。

股間の部分を痛がっているフリをする

オナニーしているのが親にバレてしまった場合は、股間の部分を痛がっているフリや言い訳をしてごまかしてしまいましょう。
「痛い!」と大きな声をあげることで親も本当にそうなのかも?と信じて心配してくれるかもしれません。
もう反応が薄くて疑われてしまっていたとしても、痛がることを続けて押し通しましょう。疑いが晴れなくても呆れて問いただすことはやめてくれるかもしれません。
前もって痛い理由も用意しておくと信憑性も増してきますよ。

着替え中のフリをする

オナニーをしていることが親バレしてしまった時には、着替え中のフリをしてみましょう。
着替え中に親が偶然部屋に入ってきて、見られてしまうことはよくあるのではないかと思います。
その時を思い出して冷静に対処しましょう。
「着替え中なのに!」といつものように少し強気で言って、あたかも親の方が悪いという雰囲気にできればこちらのものです。
さらに、オナニーをするときには周りに数枚服を置いておけば着替えの最中という感じを出すことができて、さらにごまかしやすくなるでしょう。

カップルズ

強引に話を変えてごまかす

オナニーしている時に親バレしてしまった場合、強引に話を変えてごまかすのがいいでしょう。
このとき大切なのは瞬発力です。
オナニーをしているところを見られてしまい、問いただされそうになったら間を開けずにすぐに話を変えてしまいましょう。
こちらのペースにしてごまかしてしまうのです。
親に先にオナニーの話を出されては失敗です。
オナニーをしていることが親バレしたら、このことをすぐに思い出して、強引に話を変えてみましょう。

オナニーしていることが親バレしにしにくい対策

オナニーをしていることが親バレしてしまうのは誰でも嫌ですよね。
しかしそれもそもそもバレなければいいのです。
バレようのないオナニーをすればなんの心配もなくなります。
親バレしにくい対策を打てば親と気まずくなる必要も、自分がダメージを受ける必要もなくなり、オナニーの気持ちよさだけに浸れるようになります。
そこでここでは、オナニーをしていることが親バレしにくい対策を解説していきます!

AVを見てオナニーをする時に両耳につけない

AVを見ながらオナニーをする時は、集中したいため両耳にイヤホンをつけている人も多いのではないでしょうか。イヤホンを両耳にすることでAVの世界観に浸れるのもわかります。

しかし、イヤホンを両耳にしていると親の気配に気づくことは至難の業なのではないでしょうか。イヤホンを両耳にしていてはたとえボリュームを小さくしていたとしても周りの音は聞こえづらくなってしまいます。そうすると親が近づいてくる足音も聞こえなくなり、結果何も気づくことができず、オナニーが親にバレてしまうという事態が起こってしまいます。

親の近づく気配を逃さず親バレしないためにもAVを見ている時のイヤホンは片方だけするようにしてみましょう。

オカズ(AV)はスマホやパソコンで見る

オナニーをする時にはオカズが必要ですよね。
AVを観ながらのオナニーが好きな方も多いのではないでしょうか。
AVを観るときにはテレビの大画面でより詳細がわかるように観たいものです。
しかし、テレビの画面は大画面であるため、偶然親バレした時に一目瞭然でオナニーをしていることがわかってしまいます。
また、リモコン操作のため、慌ててうまく掴めなかったりどこに行ったかわからなくなるとずっとAVを流したままでオナニーを隠すこともままならなくなります。
しかし、スマホやパソコンであれば画面が小さく、操作も手早くできます。
スマホやパソコンでAVを見る時も念には念を入れて、オナニーをする時には画面をすぐ変えれるよう違う画面もあらかじめ用意しておくといいでしょう。

親の行動パターンを把握しておく

オナニーをしていることが親バレしにくくなる対策として、親の行動パターンを把握してくのがいいでしょう。
例えば、今日は朝からいない、今日は夜8時には家に帰ってくるなどあらかじめ親に直接予定を聞くのも確実かで良い方法です。
仕事をしている親だと行動パターンも読みやすいかもしれませんね。
親がやってくる予兆のことを親フラと言いますが、親フラを立たせないことがポイントになります。
また、親の行動パターンを把握しておくと、オナニーをする時間の計画も立てやすくなります。
親に突然オナニーをしていることがバレるという確率を格段に減らすこともできますね。
親の行動パターンを把握しておくことで、安心してオナニーを楽しむことができますし、AVも見放題になりますよ。

パンツを全部下ろさずに隠せる状態にして親バレしないようにオナニーをする

オナニーしていることが親バレしにくくなる対策として、パンツを全部下さないというものがあります。
オナニーをするときは足を広げたり、自分の好きな体制でしたりしたいのでパンツを中途半端に下ろしていると邪魔ですよね。
しかし、パンツを全て下ろしてオナニーをすると、親が突然来た時に対処に時間がかかり、結果親バレしてしまうということが起きかねないのです。
パンツを全て下ろさなければ、親が来ても即座にパンツを掴んで上に上げればいいのでなんとでも言い訳ができますし、親バレしないことが可能なのです。

シコった後のティッシュの始末をきちんとしておく

オナニーしているのを親バレしないようにするには、シコった後のティッシュの始末はきちんとしておきましょう。
たとえオナニーをしている最中を見られなかったとしても、勘のいい親はゴミ箱の中の大量のティッシュを見て気づくことがあります。
また、まだきちんとティッシュで包んでいるならいいですが、ティッシュから精液が見えてしまっていると言い逃れはできなく、親バレもしてしまいます。
どうしてもすぐに処分できない時は、ノートの紙やお菓子の袋など他のものに包んでゴミ箱に入れ、オナニーに使ったティッシュとはバレないように捨てましょう。

鍵をかけれるところでオナニーをする

オナニーしているところを親バレしないために、鍵をかけられる場所でオナニーをしましょう。
親バレしてしまうのは鍵のかかっていない場所でオナニーをしていて親が偶然通ったり、偶然部屋に入ってきてバレることが多いです。
親は部屋に入る時だいたいノックをしてくれないためです。
鍵のかかっている部屋でオナニーをすれば、親が突然入ってきてバレる心配もありません。
安心してオナニーができますね。
おもちゃを使うのもAVを見るのも自由で、幅広いオナニーをすることができます。所持してるのもバレにくいですよ。

オナニー後の消臭をしっかりとする

オナニーをしていることが親バレしないために、オナニー後の消臭はしっかりとしましょう。
オナニー後の臭いは他人にわかります。
しかし、その臭いは自分ではなかなか気づけないのです。
オナニーをしている最中を見られなくても臭いだけでオナニーしたんだなとバレてしまうのです。
具体的な対策としては、窓を開けての換気やファブリーズなどで消臭することです。
使った後のティッシュやゴミ箱も忘れずに消臭しましょう。
また、アロマなど他の匂いで消してしまうのも有効です。

親バレやオナニーが見られそうになった面白い体験談

ここまで、オナニーが親バレしてしまった時のごまかし方や親バレしにくい対処法を紹介してきました。
オナニーが親バレする経験は誰にでもありそうです。
実際オナニーをしていることが親にバレてしまった人は、どんな行動をとるのでしょうか?
ここからは、親バレしてしまった時の体験談や、オナニーを見られそうになった時の面白い体験談を紹介します。
世の中の同じ悩みを持つ人の体験談を見て、今後の対策の参考にしてみましょう。

自分のオカズ(エロ本)が父親にバレてしまいました。怒られると思ったら父親が、「俺に見せてくれ」と言いました。父親もまだ興味あるんだなと感じました。

オカズが見つかりオナニーをしていることが親バレしたが父親に俺も見せてくれと興味を示されたというこちらのエピソード。
オカズによってオナニーが親にバレてしまって恥ずかしい思いをするかと思いきやまさかですよね。
性欲に年齢は関係なく、父親もまだまだ現役ということです。
しかし、親バレしたことで父親の理解も得ることができたので結果オーライだったのではないでしょうか。
もしかしたらこれを機に性の話を相談できるようになるかもしれませんね。
例えばエッチの話や風俗の話など相談するのもいいかもしれません。
もしかしたら父親も興味あり、さらに仲良くなれるかも。

高校1年です。今、オナニーをしているのを見られました。親はメガネをかけていました。親は何も言わずに自分の部屋に戻りました。どんな顔をして親に会えばいいですか、、

オナニーをしていることが親バレして、何も言われなかったため次親にどんな顔をして会えばいいかわからないというこちらのエピソード。
親にオナニーがバレてしまったことで絶望してしまっているのが伝わりますが、高校1年の思春期ということもあって親も成長と理解してくれているのではないでしょうか。
思春期が始まるのは早い人では小学生から。小学生からオナニーをすると考えれば、高校生でオナニーをすることは何も変なことではありません。
もしかしたら親の方も次会った時にどんな顔をすればいいのか迷ってるのかもしれませんね。
次顔を合わせる時は、特にオナニーのことに触れることはしなくていいと思います。
特別なにも言わずに、普通どおりに過ごすのがいいです。
そうするのが親にとっても自分にとっても一番なのではないでしょうか。

夜にオナニーをしました。きちんと拭き取りました。ですが、翌朝に母親から「パンツになんかついてたよ」と言われて青あざめました。

夜にオナニーをしてきちんと精液を拭き取ったはずなのに母親にパンツになにかついていたと指摘されたというこちらのエピソード。
母親につっこまれた時の心情をお察しします。とても恥ずかしかったのではないでしょうか。
精液は拭き取ったつもりでも意外と残っていて、時間が経つと白く固まってしまい誰が見てもわかるようになってしまいます。
それが精液とは分からなくても、何か変なものがついていたと認識されてしまいますよね。
このエピソードの対策として、まずパンツに精液を出さないことです。ティッシュや他のものに出して、証拠を残さないようにするのがいいですね。

オナニーが親バレした時の対処法とバレない対策を紹介!のまとめ

ここまで、オナニーをしていることが親バレした時の対処法や親バレしにくい対策、オナニーが親バレした面白い体験談など紹介してきました。
この記事でのポイントは、

  • オナニーのバレ方次第では親に理解が得られることもある
  • オナニーを親バレしにくくするには親の行動パターンを把握したり事前の準備が大切
  • 世の中にはオナニーが親バレした人がたくさんいて、仲間が多い。

オナニーをすることは別に特別変なことではなく、当たり前のことです。セックスをするように、オナニーも誰でもします。ほぼ必ず全員が通る道なのです。
でもやっぱり一番身近な親にオナニーがバレることは恥ずかしいですよね。
オナニーが親バレしてしまいそうな状況にある方や、これからオナニーをする時に対策をしたいという方もぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね。
最後までご覧いただきありがとうございます。
cheeekにはこの他にもみなさんの参考になる記事が多くございます。ぜひご覧くださいね。

バイブおすすめランキング