MENU
性の悩み

最高のオナニーをするための準備と人気のオナニー方法まとめ

バイブおすすめランキング

もっとも簡単に気持ち良くなれる行為、オナニーをしたことのある方は男女問わず多いのではないでしょうか?しかし手軽にできる反面マンネリ化を感じたり、もっと気持ちいいオナニーをしたいと思ったことはありませんか?実は一言でオナニーと言ってもそのやり方には様々な方法があり、オナニーの仕方次第ではマンネリ化を防ぐだけでなく、さらに気持ち良くすることができます。
そこでこの記事では

  • 最高のオナニーをするための事前準備
  • 知らないと損をするオナニーのメリット
  • 人気のオナニー方法ランキング
  • 人には聞けないオナニーに関する心配事Q&A

ということを詳しく解説していきます。この記事をお読みいただければ、いつも以上に気持ちいい最高のオナニーができるようになりますから是非最後までお付き合いくださいね。

オナニーをすることのメリット

オナニーは気持ちいいということ以外にも様々なメリットがあるのをご存じでしょうか。オナニーをすることで得られるメリットを男性と女性に分けてそれぞれ解説していきます。

カップルズ

男性のメリット

男性にとってのオナニーはどんなメリットがあるのでしょうか?いくつかの代表的なメリットをあげ、一つずつ解説していきます。

前立腺がんの予防

2004年の米ハーバード公衆衛生大学院の論文発表によれば、1か月あたりの射精回数が4~7回の男性に比べて、21回以上の男性の方が前立腺癌の発症リスクが2割程度低かったといいます。
射精回数なのでオナニーだけでなく性行為による射精回数も含まれますが、オナニーのメリットといっても差し支えないでしょう。

勃起不全(ED)の予防・改善

EDの予防の第一は使う(勃起させる)ことです。筋肉を使わなければ筋肉が落ちていくように、ペニスも使わない時間が長ければ長いほど機能が失われていきます。1日1回勃起させるだけでも効果は十分にありますから、オナニーをすること自体がEDの予防や改善につながります。
ただし、強く握りすぎたり、強すぎる刺激を与え続ける、寸止めを繰り返すというような間違えたオナニーをしてしまうと逆にEDになってしまう可能性がありますので注意が必要です。

幸せホルモンの分泌

オナニーをすることで、主にオキシトシン、セロトニン、ドーパミンという3種類の幸せホルモンが分泌されます。このホルモンは幸せな気持ちになったり、やる気が出る、心が落ち着いてストレスが軽減されるなどの効能があります。

女性のメリット

男性だけでなく女性もオナニーをすることによるメリットは多数存在します。オナニーというと人には言いにくく後ろめたい感じを受けることがあるかと思いますが、オナニーをすることに対して「恥ずかしい」や「罪悪感」などを感じる必要は全くありません。正しいやり方で安心してオナニーを楽しんでください。

月経痛の改善

月経痛の原因は身体的な問題もありますが、それ以外にも精神面、特にストレスが大きく関係しています。オナニーをすることでリラックスできたり、ストレスが軽減されるので月経痛が和らぐといった効果があるといわれています。

女性ホルモンの増加により美容・美肌の効果がある

オナニーをして気持ち良くなることで、オキシトシンやDEHAといったホルモンが多く分泌され、美容の大敵であるストレスを緩和させる効果があります。そしてこの2つのホルモンは若返りのホルモンと呼ばれており美肌効果が期待できます。他にもセロトニンやドーパミンなどの幸せホルモンが、自律神経を活発化して肌の生まれ変わりを促進する効果があります。

リラックスでき寝付きが良くなる

オナニーをすることで分泌されるセロトニンがリラックス効果をもたらし、オキシトシンなどのホルモンがストレスの緩和を促進します。またオキシトシンが分泌されることで睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンも増加しますから、オナニーをすると寝つきが良くなるということにつながります。

最高のオナニーをするための準備

最高に気持ちいいと思えるオナニーをするためには、オナニーのやり方も考える必要もありますが、実はオナニーをする前の準備も重要な要素になってきます。そこでここではオナニーの準備を具体的に説明していきます。

オナ禁をして性欲を溜める

オナニーは簡単にできてしまいますから、マンネリ化や快感に慣れてしまうというデメリットがあります。そこで前準備としてオナニーを一定の期間禁止すればそのデメリットを軽減させ、オナニーをした時の快感度がいつも以上に上がります。オナニーをしたいという欲求を溜めることで精神面でも肉体面でも敏感になり感度が上がります

自分好みのラブグッズを揃える

オナニーの気持ち良さは人それぞれですが、快感のレベルを爆上げするためには大人のおもちゃ(ラブグッズ)が必須と言えるほどおすすめです。人の手では決してできない動きや、気持ち良さに特化した振動や感触で、今までに味わったことがないほど気持ちいいオナニーができることは間違いありません。

バイブ

男性器を模した挿入用のアダルトグッズをディルドと呼び、そのディルドに振動する機能や回転するスイング機能をプラスしたものをバイブレーター、またはバイブといいます。主に女性が使う挿入用のアダルトグッズで、挿入したまま振動させたり、スイング機能を使っていろいろな刺激を味わうことができます。

オナホ

男性用のアダルトグッズで、女性器(膣)を模した形をしており男性器を挿入して使うためのアダルトグッズです。中の感触は本物の挿入感を追求したものや、本物の感触とは全く違う快感のみを追求したものなど数多くのオナホがあります。中には吸引機能や振動機能が付いたものもあり、形状も女性器だけではなくお尻型やトルソー型など様々です。オナホの一種でフェラホと呼ばれる口型のフェラチオの感触や見た目を追求したオナホも人気があります。

電マ

電動マッサージャーの略で、もともとは肩や腰などに当て強い振動でコリをほぐす電気マッサージ器です。この電気マッサージ器の振動をオナニーに使うのが電マオナニーでもちろんそのままでも使えますが、オナニー用にコンパクトなサイズでアダルトグッズとして販売されているものを主に電マと呼びます。

カップルズ

雰囲気のある部屋にしてみる

オナニーをする場所の雰囲気も気持ちの面では重要な要素です。他人を気にせず安心してオナニーできる環境であることはもちろんの事、エッチな気分を盛り上げるような音楽を流し、照明を調節して雰囲気を出すなどの工夫をしてみたり、リラックスできるようにインテリアを整えてみるのも効果的です。

最高に気持ちいいオナニーの仕方や方法を紹介

準備が整ったらいよいよ実際にオナニーをするのですが、まずは正しいオナニーの仕方、オナニーをする際の注意点をおさらいしておきましょう。間違ったやり方をしてしまうと早漏や遅漏、EDや膣内射精障害になるリスクが上がってしまいます。

男性の場合

  1. リラックスできるように環境を整える
  2. 座ったままのオナニーがベストな体勢
  3. 視覚や聴覚を意識して勃起するまで手を使わない
  4. 握る力は弱めにする
  5. 必要に応じてアダルトグッズを使う

強すぎたり長時間にわたっての刺激を続けないように注意することが必要です。

女性の場合

  1. リラックスできるように環境を整える
  2. 手やラブグッズを洗って清潔な状態にする
  3. クリトリスや膣内などオナニーする場所によって方法が変わる
  4. クリトリスオナニーは初心者にもおすすめの王道オナニー
  5. 下着の上から触る
  6. 下着を脱いでクリトリスの周りから触っていく
  7. クリトリスへ直接刺激を与えていく

最初は気持ち良く感じられない女性も多いです。ゆっくりと優しく触って感度を上げていきましょう。逆に強すぎる刺激に慣れてしまうとイキにくい体質になってしまう恐れがあるため注意しましょう。

最高のオナニーの種類ランキング

オナニーの種類は想像以上に多くあります。ただ性器を触るだけではなく、どこを刺激するか、どうやって刺激するか、どんな場所でオナニーするか。興奮するポイントや性感帯は人それぞれです。ここからはオナニーの種類をランキング形式で解説していきますから、自分に合った最高に気持ちいいオナニーを見つける際の参考にしてくださいね。

1位:オナホオナニー

オナホールを使った男性のオナニー方法です。男性は挿入すること自体に興奮するのでオナホはアダルトグッズの中でも特におすすめです。振動機能や吸引機能のついた電動式のオナホは気持ち良さに特化していますし、お尻型やトルソー型など、見た目で興奮できるもの、腰振り可能でリアルなセックスに限りなく近い物まで様々です。

2位:電マオナニー

電マを使ってクリトリスを刺激する女性用のオナニーです。指を使ったオナニーや、パートナーとのセックスでもイッたことがない女性でも比較的簡単にオーガズムに達することができる可能性が高い、初心者向けでもあり王道でもあるオナニー方法です。もちろんクリトリスだけでなく、他の性感帯に当てて使うこともできます。

3位:チクニー

チクニーは乳首を刺激するオナニー方法です。乳首は誰でも比較的感じやすく、局部を刺激しながら乳首もいじるというように、他の部分でのオナニーと併用するのにとても相性のよい性感帯です。時間はかかりますが、しっかりと開発していけば乳首をいじるだけでオーガズムに達することができるようになります。

4位:前立腺オナニー

別名ではアナニーと呼ばれている、アナルから指や専用の器具を挿入して前立腺を刺激するオナニー方法です。上手く刺激することでとても強い快感を味わうことができ、射精を伴わずに絶頂を迎えられるため、女性のように何度も連続してイクという、メスイキができます。ただし、イケるようになるまでには準備や経験が必要で、ケガのリスクもありますから慎重に時間をかけて慣れていく必要があります。

5位:亀頭オナニー

サオの部分を握ってしごくのではなく、亀頭とカリの部分だけを刺激してオナニーする方法が亀頭オナニーです。亀頭は非常に敏感な部分のため、直接触るのではなくローションや唾液などで潤わせてから触るようにします。亀頭とカリの部分をなぞったり擦ったりして通常のオナニーよりも時間をかけて刺激するようにしていきましょう。

6位:皮オナニー

皮オナニーは、亀頭に皮をかぶせたままの状態でこするオナニーなので真正包茎の男性がオナニーをすると必然的に皮オナニーになります。そうでない方はカリや亀頭の部分にあえて皮を被せて、サオ(ペニス本体)を握って上下に手を動かしたときに伸び縮みする皮が亀頭やカリに当たるように動かします。サオ部分への刺激だけでなく皮の摩擦で亀頭やカリまで刺激できるので普通のオナニーの数倍気持ちいいといわれています。

7位:コンドームオナニー

コンドームをつけてオナニーする方法をコンドームオナニーと言います。基本的にはコンドームの中にローションを入れ、そのままペニスに被せてオナニーをします。普通のオナニーに比べると、フェラをされている時や挿入している時の感触に近い気持ち良さがあります。コンドームを付けたまま発射するので、周りを汚したりせず後処理が楽な点もメリットです。

8位:野外オナニー

屋内ではなく外(野外)でするオナニー方法です。さえぎるもののない空間で開放感が味わえたり、誰かに見られるかもしれないスリルや快感が得られます。ただし、野外で性器を出したり、服の上から触っているところを見られるのは完全に違法行為です。野外オナニーは外から見られる心配のない高い塀で囲まれた庭や、周りから見られることのない作りのベランダなど、他人に見られないことが前提になります。

9位:催眠オナニー

音声や思い込みなどで自己暗示・催眠状態でするオナニーを催眠オナニーと言います。暗示にかかることで普段のオナニーよりも強烈な快感を得ることができ、上級者は一切自分の体に触らなくても絶頂を迎えることができるようになります。YouTubeで「催眠ボイス 男性(女性)」で検索するといくつも出てきますので試しに聞いてみるとわかりやすいです。

10位:電気オナニー

電気オナニーは体に微弱な電流を流して肩こりや血行促進、痛みの緩和や疲労回復などに使われる低周波治療器を性感帯に当てて快感を得るオナニー方法で、別名低周波オナニーとも呼ばれています。ピリピリっとした痛気持ちいい感覚や、自分の意思とは無関係に動く刺激が他人に愛撫されているようで普段とは違った快感を楽しめます。

Q&A

オナニーや性に関する悩みは知人には聞きずらいもの。誰にも聞けないオナニーに関するよくある悩みや心配事をQ&Aで方式で回答して解決していきます。

Q,1日のオナニーの適正な回数は何回ですか?

A,男性は40歳を超えたあたりからはホルモンのバランスを一定に保つために週に一回程度が良いとされています。男女ともにいえることですが、性欲や回復力などは人それぞれで、連例によっても変わってきますから、一概に何回が適正とは言えません。女性はしたいときにするというスタンスで問題ありませんが、やりすぎにより感じにくくなってしまったりイキにくくなってしまうことがありますから注意が必要です。

Q,ラブグッズを使いまくってオナニーをするのは、セックスに影響ありますか?

A,ラブグッズは快感に特化しており、また自分で好きなところを責めることができるため単純な快感度で言えばセックスよりも気持ちいいといえます。オナニーをし続けることによって刺激も強くなっていきますから、ある一定のラインを超えるとパートナーとのセックスでは満足できなくなってしまう恐れがあります。

Q,オナニーのしすぎはよくないですか?

A,1日中オナニーの事を考えてしまって他のことに集中できなくなってしまったり、やらなければいけないことを後回しにするほどオナニーをしすぎるのはよくありませんが、実は問題なのは回数よりもオナニーのやり方です。オナニーをする前にしっかりと手やラブグッズを清潔にしないと尿道炎や膣内炎などになってしまう可能性があります。
また、特に気を付けたいのが強い力でペニスを握ってオナニーしたり、俗にいう足ピンオナニーや床オナ、アダルトグッズなどの強い刺激を伴うオナニーを続けると、膣内射精障害や不感症、イキにくい体質になってしまうため危険です。

まとめ

ここまで最高に気持ちいいオナニーについて解説してきましたがいかがでしたか?
この記事では特に

  • 最高のオナニーは環境を整えるところから
  • 人気のオナニーのやり方10選
  • オナニーのメリットやデメリット
  • オナニーに関する悩みや心配の解決方法

ということについて詳しく解説してきました。この記事がみなさんの最高のオナニーの一助になれば幸いです。最後までお読みいただきまして本当にありがとうござました。

バイブおすすめランキング