性の悩み

これを見れば完璧!もう悩まないシコティッシュ問題の最善の解決策

バイブおすすめランキング

オナニーをした後に残る精子を拭いたティッシュ、シコティッシュの後処理に困っていませんか?もしそのままごみ箱に捨てているなら、まず同居人にオナニーをしたことがバレていると思って間違いありません。家族にオナニーをしたことがバレると非常に気まずい思いをすることになりますし、バレたのがパートナーであれば気まずいだけでなく相手を傷つけてしまう恐れがあります。
しかし実は、この危険なシコティッシュを確実に処理する正しい方法があります。
この記事では、

  • なぜシコティッシュでオナニーが他人にバレるのか?
  • 他人にバレないシコティッシュの捨て方
  • バレない捨て方と合わせてさらに完璧に処理する方法

ということを詳しく解説していきます。この記事をお読みいただければ、今後は彼女や家族にオナニーしたことがバレて気まずい思いをする心配がなくなりますから是非最後までお付き合いくださいね。

あなたのシコティッシュ処理方法大丈夫ですか?

オナニーをした後に、精子をティッシュで拭ってそのままごみ箱に捨てているだけの方も多いのではないでしょうか。しかしそれだけでは匂いやティッシュの形で他人にオナニーをしたことがバレてしまいます。内緒でオナニーをしている方にとってシコティッシュの後処理はとても大事な問題です。

カップルズ

オナニー後に後処理に困るシコティッシュ

ほとんどの方がオナニーで射精をした際にティッシュに出していると思いますが、そのティッシュをどうすればいいのかと後処理に困っている方は多いのではないでしょうか。ゴミはゴミ箱に入れればいいのですが、ただ捨てるだけでは済まないのがこのシコティッシュですね。

普通に捨てるだけではばれてしまいます

ゴミ箱に不必要に多くの枚数のティッシュが丸めて捨ててあれば、風邪でも引いていない限りは、そのティッシュの見た目だけでオナニーをしたことは他人にバレてしまいます。また、ゴミ箱のシコティッシュが直接目に入らなくても匂いで簡単にバレてしまいます。蓋つきのゴミ箱だとしても開けたときにバレてしまいますよね。
どちらにしても、普通にゴミ箱に捨てただけでは匂いと見た目からシコティッシュだとバレてしまうことは避けられません。

さまざまな人にヒヤリングしたシコティッシュのベストな捨て方をご紹介

みんなはどうやって他人にバレないようにシコティッシュの後処理をしているのか気になりますよね。そこで様々な人から後処理の方法を聞いてみました。そしてどの捨て方が正しいシコティッシュの処理方法なのかを紹介していきます。

みんながシコティッシュを捨てる際に気になっていること

一人暮らしであればそこまで気にせずシコティッシュを捨てても特に問題はありませんが、家族と同居している方、彼女や友人と同居中の方達が、「もしかしたらシコティッシュからオナニーがバレてしまうのでは」と思う理由は様々です。
ここでは、「この捨て方ではバレるのではないか」とみんなが思って気にしている点を並べて解説していきます。

不自然に丸まった独特の大きさと形

通常のティッシュの使い方としては、こぼしたものを拭く、鼻をかむといったところだと思いますが、その際には何枚も重ねて使うようなことはありません。ところがシコティッシュは精子を受け止めるために何枚も重ねて使います。その上丸めて捨てますから普通の使い方で捨てたティッシュと比べ、大きさや丸めた形が一目でわかるほど変わってきます。
普段よりも大きく不自然に丸まったゴミ箱の中のティッシュを見て、他人が思いつくことは一つです。

カップルズ

シコティッシュについた精子の匂い

オナニーをしたことのある誰もがご存じの通り、精子は独特で強い匂いを持っています。しかし人間の鼻は匂いにはすぐに慣れてしまいますから、部屋の中にいると精子の匂いは感じなくなってしまうことが多いのであまり気にならないかもしれません。しかしそれは自分の鼻に限ったことで、匂いが弱くなっているわけではありません。ですから後から部屋に入って来た人には匂いでバレてしまうのです。

あまりにも放置しているとコバエが寄って来る点

シコティッシュも放置しておくと腐敗臭が出てしまい、生ゴミ同様にコバエを引き寄せる原因になってしまいます。キッチンの生ゴミ用のゴミ箱にシコティッシュを捨てているならカモフラージュにもなりますが、これが部屋のゴミ箱となるとそうはいきません。生ゴミが捨てられていないはずの部屋のゴミ箱にコバエが寄ってきていたら、シコティッシュが捨てられていると思われてしまいます。

これでシコティッシュ問題とおさらばシコティッシュの捨て方一覧

ではどうすればバレずにシコティッシュを捨てられるのか。実はシコティッシュには正しい処理方法があります。ここではオナニーをしたことがバレずに済む確実なシコティッシュの処理方法や正しい捨て方を紹介していきます。
自分がやりやすい捨て方や、自分の環境に合った方法を選んで確実にシコティッシュの後処理をしていきましょう。

大きなペットボトルに詰めて匂い漏れしないように捨てる

大きなペットボトルであれば、シコティッシュを詰める時もそこまでの苦労はなく、大量にシコティッシュを詰めておくことができます。蓋をしっかり占めれば匂いでバレることもなく安全です。
ただ、大きなペットボトルですから見つかる確率が低いとは言えませんし、そのままゴミに出すというわけにもいきませんから捨てる時に苦労する可能性は否めません。
シコティッシュの後処理でペットボトルを使う場合はやむを得ないときにした方が無難かもしれません。

捨てずに燃やす

庭に焼却炉があるとか、焚火していても問題ないような環境であればよいのですが、そうでない方は部屋で灰皿にシコティッシュを入れて燃やしてしまう方法もあります。しっかり燃やせば灰しか残りません、精子の匂いは焦げ臭さに代わります。長時間シコティッシュを保有していることでバレる確率は上がりますからすぐ燃やしてしまえばバレる確率はほとんどなくなります
しかしティッシュを燃やすと煤や煙が出ますから、窓を開けたり、火の粉が飛ばないように工夫する必要があります。とにかく室内で火を扱うので、どうしても燃やさなければならないのであれば十分に注意して燃やすようにしましょう。

ゴミを捨てる前日に合わせてオナニー&捨てる

シコティッシュでオナニーがバレないようにするためには、どれだけ早く処理できるかにかかっています。ゴミ出しの日の前日などにオナニーをして、シコティッシュをそのまま袋か何かに入れて他のゴミと一緒に出してしまえばまずバレることはありません
好きな時にオナニーできないというデメリットもありますが、バレないことを一番に考えるならこの方法は確率が高く現実的でもあります。

まとめてコンビニやガソリンスタンドのゴミ箱で捨てる

ゴミ出しの日を一々気にしてオナニーするのはちょっと・・・と思うなら、コンビニのゴミ箱やガソリンスタンドなどのゴミ箱に捨てに行けばいつでも処理することができます。出かけるついでに持って行って捨てるだけなので簡単です。
ただ、捨てに行くつもりで忘れてしまうと元も子もありません。それから、家庭ごみを捨てることが禁じられている場合もありますから、捨て場所はよく確認してから捨てるようにしてください。

トイレットペーパーで拭き取ってトイレに流す

ティッシュはトイレに流すと詰まりの原因になってしまいますのでシコティッシュをそのままトイレに捨てることはできませんが、ティッシュの代わりにトイレットペーパーを使えばそのままトイレに流せます。すぐに処理できて簡単なのでおススメの処理方法です。
トイレに流しに行く途中に同居人に見られないように注意することと、トイレットペーパーの減りが異様に早くなってバレてしまうということがないように気を付けましょう。

トイレでオナニーしてそのまま流す

トイレでオナニーをして、ティッシュなどに射精するのではなくそのまま流してしまう方法です。一番楽な処理方法と言ってもいいほど簡単で、そもそもシコティッシュでオナニーがバレるということがない単純で効果的な処理方法です。
気を付けたい点としては、トイレが長くなることで疑われてしまうことと、意外と匂いが残ってしまうということです。できれば射精した瞬間に流したり、消臭スプレーなどを使って匂いをごまかしたりした方がより確実に処理できます。

ジップロックに入れてまとめて捨てる

シコティッシュをジップロックなどの密閉できる袋に入れて保管し、たまってきたらまとめて捨てます。しっかり密閉できるのでいくら貯めても匂いでバレることはありません。見つかりさえしなければ確実な処理方法と言えます。
ジップロックの減りが早いことに気づかれると疑われてしまうのと、ティッシュがいっぱい詰まったジップロックを見られてしまったら言い訳のしようもありませんから保管場所には十分注意してください。

シコティッシュの捨て方と合わせてしておきたい小技

オナニーをしたことがバレる確率をさらに下げるためには、先ほど紹介したシコティッシュの捨て方に追加の処理方法を合わせて実践すればより効果的な後処理方法になります。

窓を開けしっかりと換気

どんなにうまく処理しても、匂いは完全にゼロにはなりません。シコティッシュを確実に密閉するなどの匂い対策をしたうえで、部屋の窓を開けてしっかりと換気をすれば匂いでバレることはまずありません
匂いというものは自分では気が付かなくても、他の場所から来た人や一緒に暮らしている人にとっては敏感に感じる物だということを忘れずに後処理をすることが重要です。

リセッシュなどの消臭剤で消臭

雨で窓が開けられなかったり、窓のない空間で換気がうまくできない場合は消臭剤を使うのもおすすめです。部屋に消臭剤をまいたりシコティッシュに直接吹きかけて臭いを消してしまうこともできます。急に誰かが部屋に来ることになったときなどは消臭剤があると重宝します。
ただし、匂い付きの消臭剤の場合は精子の匂いと混ざって不快な匂いになってしまう場合もあるので無香料の物を使う方がいいでしょう。

香水をふりにおいを誤魔化す

良い匂いのする香水を自分にかけたり、2~3プッシュ部屋に振り撒くことで香水の匂いで精子の匂いをごまかせます。
香水も消臭剤と同様に、匂いに匂いを被せることによって不快な匂いになってしまう場合があります。香水は消臭剤よりも匂いが強いので、自分でも精子の匂いが分かるくらい香りが残っている場合は香水はやめて消臭剤にした方が無難です。

親バレする前にゴミをくくってまとめておく

シコティッシュを他のゴミと一緒にゴミ袋に入れてくくっておいて、あとはゴミ出しに持っていくだけの状態にしてしまえば、わざわざゴミ袋を開ける人もいないのでオナニーをしたことが親にもバレずに済みます。
ただ、ゴミ袋の外側から見えるところにシコティッシュを捨ててしまうと気づかれる可能性もありますから、捨てる時にはゴミの中心付近などゴミ袋の外側から見えないところに突っ込んでおけばなおバレにくいです。そしてまだゴミ袋にかなり空きがある状態でくくっておくと、もったいない、まだゴミが捨てられると思われて袋を開けられてしまう可能性がありますから、その危険をなるべく避けるためにゴミがなるべくいっぱいになってからシコティッシュを捨ててゴミ袋をくくるのがベストです。

まとめ

ここまでシコティッシュの正しい処理方法について詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか?
この記事の要点は

  • オナニーしたことがバレるのは匂いとシコティッシュ
  • 正しいシコティッシュの捨て方7選
  • シコティッシュの処理を完璧にする小技4選

ということです。この方法でシコティッシュを正しく処理すれば家族にバレて気まずい思いをすることも、パートナーにバレて相手を傷つけてしまうこともありません。みなさんが安心してオナニーをできるようになる一助となれば幸いです。
最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

バイブおすすめランキング
バイブおすすめランキング